| HOME |
アキバ総研 アキバ早ミミ情報
>>2004年9月30日(木)
Transmeta「Efficeon」オンボードMini-ITXマザー登場!
 
画像拡大 画像拡大
画像拡大 画像拡大
 CPUにTransmeta製低消費電力CPU「Efficeon」をオンボード搭載したMini-ITX(17×17cm)マザーボードがアキバに初登場した。

 今回登場したのは「Efficeon TM8600」をオンボード搭載したマザーボードでIBASE Technology社製の「MB860F-1G-M716」という製品。搭載された「Efficeon TM8600」は動作クロックが1GHzとなっている。

 Transmetaの「Efficeon」は、以前同社より発売されていたモバイル向けCPU「Crusoe」の後継モデルという位置付けで、Cruose同様、低消費電力が魅力のCPUだ。

 本製品に搭載された「TM8600」は130nmプロセスルールで製造される第1世代の「Efficeon」。ちなみに現在、90nmプロセスルールで製造される第2世代の「TM8800」も存在するが、こちらは10月中にもシャープから搭載ノートPC「メビウス」の秋冬モデルが発売されるとのこと。

 省電力・低発熱がウリの「Efficeon」だが、今回登場した搭載マザーボード「MB860F-1G-M716」も、完全なファンレス仕様となっているなど、「Efficeon」のメリットを生かした作りとなっている。

 また、「Efficeon」は、2次キャッシュに1MBのメモリを搭載。CPUコアにノースブリッジを内蔵し、DDR400メモリにも対応する。ほかにも、「Crusoe」にも搭載された省電力機能「LongRun」を発展させた「LongRun2」が採用されており、従来からの、駆動電圧やクロックをユーザーの使用状態に応じて動的に変化させる機能のほか、CPU内部から漏洩する「リーク電流」を抑える機能が追加されている。

 「MB860F-1G-M716」の主な仕様だが、CPUには前述の通り、Transmeta製「Efficeon TM8600」(1GHz)を搭載。メモリは「PC3200(DDR400)」SODIMMに対応したスロットが1本(最大1GB)用意される。また、拡張スロットは、PCIスロットを1本搭載。サウスブリッジはALi「M1563M」。その他、オンボード機能として、VGA(ATI「M7CSP-16(ビデオメモリとして16MB内蔵)」)、TV出力、サウンド、USB2.0、ギガビットLANが標準搭載される。

 なお、入荷したのは「ぷらっとホーム」で、価格は62,800円。

 価格的にはは少々高いものの、省電力、低発熱を期待するユーザーにとっては興味深い製品であることに違いはないだろう。
 
この話題について話し合おう!口コミ掲示板はこちら
口コミ掲示板

□IBASE Technology
http://www.ibase-i.com.tw/
□「MB860」製品説明ページ
http://www.ibase-i.com.tw/mb860.htm

□Transmeta
http://www.crusoe.jp/
□「Efficeon」製品説明ページ
http://www.crusoe.jp/efficeon/

□シャープ
http://www.sharp.co.jp/
□「メビウス MURAMASA MP」
http://www.sharp.co.jp/mebius/lineup/mp/index.html

□アキバ総研 今週の新入荷(価格情報)
http://kakaku.com/akiba/product/04/newpro20041002.htm

□関連記事
Pentium M普及なるか!?「LM-671」シリーズのニューモデル2機種登場!(2004年4月10日版)
RadiSysからAGPスロット付きPentium M用MicroATXマザーボード登場!しかもバルク!(2004年3月25日版)
COMMELLから電源にACアダプタを採用した「Pentium M」マザーボード登場!(2004年3月2日版)
「Mobile Pentium4-M」マザー初登場!CPU、CPUクーラーも同時発売!(2003年8月1日版)
Socket478対応17cm四方の超小型Pentium4マザー登場!(2003年6月12日版)

pictures by:
ぷらっとホーム

Copyright (C) 株式会社カカクコム All Rights Reserved.  since1997