日本初のネットショッピング専用Visaプリペイド「V-PreC@」徹底活用術

  1. ホーム
  2. マネー
  3. 日本初のネットショッピング専用Visaプリペイド「V-PreC@」徹底活用術

日本初のネットショッピング専用Visaプリペイド「V-PreC@」徹底活用術

急速に市場規模を拡大し、今や多くの人々が日常的に利用するようになったインターネットショッピング。しかし、その利便性と引き換えに、個人情報の漏えいなどが一部で起こっているのも事実で、オンライン決済のために、クレジットカードの情報を入力することに対して、不安を感じているユーザーも少なくないだろう。そこで注目したいのが、ライフカードが開発した、日本初のネットショッピング専用Visaプリペイド「V-PreC@(ブイプリカ)」だ。ここでは、インターネットショッピングを、より便利に、より安全に利用することができる「V-PreC@」の機能を詳しくチェックするとともに、ユーザータイプ別の活用術をレクチャーしていこう。

オンライン決済のスタイルを変える! 日本初のネットショッピング専用Visaプリペイド「V-PreC@」

インターネットショッピングにおけるオンライン決済の際、日頃使っているクレジットカードの番号や自分の名前を入力するのに抵抗がある、という人は少なくない。そんな人たちに向けて開発された「V-PreC@」は、インターネット上で購入できる、日本初のネットショッピング専用Visaプリペイドだ。実物のプラスチック製カードが手もとに届くわけではないが、「V-PreC@」には通常のクレジットカードと同様に16ケタのカード番号や有効期限などが与えられ、Visaブランドのクレジットカードと同様に、世界中のVisaオンライン加盟店で利用することができるのである。一般的なクレジットカードと異なるのは、「V-PreC@」が、事前に購入金額(券種)を選んで購入するプリペイドカードだという点。そのため、継続的な支払いが必要となる公共料金や、月額利用料などの決済には使用できないので、ご注意いただきたい。

「V-PreC@」の券面

「V-PreC@」の券面
「V-PreC@」の券面に記載される内容は、通常のクレジットカードと基本的には同じ。クレジットカードの場合、名義は実名でなければならないが、「V-PreC@」の場合は、最大10文字までのニックネームによる登録が可能だ。インターネット上で実名を入力するのに抵抗があるユーザーにとっては、安心感が高まる仕様である
「V-PreC@」の詳細・購入はこちら

事前の審査も本人確認資料も不要でクレジットカード未所有者でも利用が可能に

「V-PreC@」の購入にあたっては、事前に「V-PreC@」の公式サイトにてアカウントを開設する必要がある。アカウントの開設は無料で、登録の際の審査や本人確認資料などは不要。アカウントを取得すれば、「V-PreC@」はすぐに購入でき、支払いが完了すればオンライン決済に即時利用できるという流れだ。

「V-PreC@」には、3千円、5千円、1万円、2万円、2万9千円という5つの券種に加え、ギフト用のみ500円、1千円の2つの券種も用意されているので、購入の際は、目的に合わせて必要な金額の券種を選択すればよい。購入時点であらかじめ利用限度額が決まっているので、使いすぎ防止にも役立つ。有効期限は購入から1年間だが、購入金額を使いきった時点で、その「V-PreC@」はカード番号も含めて無効になる。再び利用したい場合には、改めて「V-PreC@」を購入するわけだが、購入のつど新しいカード番号が付与されるので、「自分のカード番号がどこかで悪用されてしまうかも知れない」といった心配をする必要もないのである。なお、改めて「V-PreC@」を購入する際には、事前に持っていた「V-PreC@」の残高が加算できるので、無駄がない。

また、「V-PreC@」の購入代金は、クレジットカードでのオンライン決済はもちろん、コンビニ支払いや「ペイジー(Pay-easy)」を利用したインターネットバンキング支払いにも対応している。これにより、クレジットカードを所有していないユーザーでも、「V-PreC@」を使ってオンライン決済が可能となるため、これまで代引きや銀行振込しか選べなかったユーザーにとっては、支払いの選択肢が広がる利用価値の高いサービスといえるだろう。

「V-PreC@」の購入金額と手数料

購入金額500円1千円3千円5千円1万円2万円2万9千円
購入手数料(通常)100円100円200円300円500円800円900円
ライフカードでの購入手数料0円0円0円0円0円0円0円
「V-PreC@」には、3千円から2万9千円まで、5つの券種が用意されているほか、ギフト用のみ、500円、1千円の2つの券種も用意されている。購入にあたっては手数料が必要となるが、ライフカードを利用して購入する場合は、常時その手数料が無料に。ライフカード自体の年会費も永久無料なので、「V-PreC@」購入の際にはぜひ活用したいものである
「V-PreC@」の詳細・購入はこちら

クレジットカードの使い勝手を上回る!?多彩な安心機能と便利機能を装備

日頃使っているクレジットカードに代わって、オンライン決済に利用することができる「V-PreC@」だが、装備する安心機能はほかにもある。そのひとつが「メール通知機能」。「V-PreC@」を購入した際には「購入確認メール」を、そして「V-PreC@」を利用した際には「利用確認メール」をアカウント開設の際に登録したメールアドレスへ配信してくれるサービスだ。ほかにも、「有効期限お知らせメール」などがあり、「購入確認メール」以外は、配信が必要か不要かを選ぶこともできる。

また、「V-PreC@」を利用しないときにはカードにロックがかけられる「セキュリティロック機能」や、プリペイドカードとしては初となる「VISA認証サービス(3-Dセキュア)」にも対応しているので、万が一の不正利用に対してもしっかりと自己防衛ができるうえ、ゲームサイトなど、本人認証が必要なサイトでの利用も可能だ。

さらに、利用明細は、会員専用の「Myページ」のみで閲覧可能なWeb明細のため、プライバシーもしっかりと守られている。一般的なクレジットカードと比較しても、同等以上といえる安心機能と便利機能を装備した「V-PreC@」で、快適なインターネットショッピングを満喫してほしい。

クレジットカードと「V-PreC@」の比較

クレジットカード「V-PreC@」
カード発行形態プラスチックカード完全バーチャル型
(プラスチックカードの発行なし)
審査ありなし
本人確認資料必要不要
引き落としタイミング後日商品購入時
(加盟店により一部例外あり)
銀行口座登録必要不要
利用開始タイミングカード到着後購入後すぐ
(「V-PreC@」の購入代金の支払完了後)
利用限度額与信額の範囲内購入金額の範囲内
カード記載氏名本人確認資料記載の氏名ニックネーム登録可
一般的なクレジットカードと「V-PreC@」の違いを整理してみた。比べてみると、「V-PreC@」の利便性の高さや利用にいたるまでの簡易さ、スピーディさがよくわかる。とはいえ、高いセキュリティ機能が装備されているので、購入後は安心してインターネットショッピングを楽しむことが可能だ

個性に合わせて選べるデザイン

個性に合わせて選べるデザイン
「V-PreC@」のデザインは個性に合わせて選べる9種類が用意されている。最大で5枚まで同時に所有することができるので、「買い物用」「コンテンツダウンロード用」「ゲーム用」など、用途ごとに「V-PreC@」のデザインを使い分けてもいいだろう。また、贈り物として利用できる「V-PreC@ Gift」には期間限定デザインも用意される
「V-PreC@」の詳細・購入はこちら

海外サイトでのコンテンツダウンロードからギフト利用までユーザータイプ別「V-PreC@」使いこなしガイド

「ネットでカードの情報を入力するのは不安……」というオンライン決済慎重タイプ

「ネットでカードの情報を入力するのは不安……」というオンライン決済慎重タイプ

何度も利用しているネットショップや、有名企業のオンラインショップなら安心だが、初めて買い物をするなじみのないショップで、オンライン決済をするのは不安、というユーザーには、日頃使っているクレジットカードの情報を入力する必要のない「V-PreC@」がぴったり。「V-PreC@」に付与されたカード番号とニックネームで買い物ができるので、安心してショッピングを楽しむことができるのだ。また、「セキュリティロック機能」や「VISA認証サービス(3-Dセキュア)」にも対応しているので、万が一の不正利用対策にもなり安心だ。

「日常的に海外サイトでコンテンツをダウンロードしている」というオンライン決済積極活用タイプ

「日常的に海外サイトでコンテンツをダウンロードしている」というオンライン決済積極活用タイプ

海外サイトでのネットショッピングは、国内サイトを利用するとき以上に不安がつのるもの。それでも、欲しいアイテムやコンテンツを手に入れたいという場合には、海外サイトでのオンライン決済を利用することもあるだろう。そんなとき、頼もしい味方になってくれるのが「V-PreC@」だ。自分のカード番号や名前が、どこでどのように利用されているのか、自分では調べようもない海外サイトだけに、オンライン決済積極活用派タイプには、安心をもたらしてくれる「V-PreC@」の導入をぜひ検討いただきたいものだ。

「ネットで買い物するたびに銀行に走るのはもうイヤ!」というクレジットカード未所有タイプ

「ネットで買い物するたびに銀行に走るのはもうイヤ!」というクレジットカード未所有タイプ

使いすぎが心配なユーザーや、現金主義のユーザーなど、クレジットカードを所有していないユーザーにとって、インターネットショッピングのたびに、銀行に料金を振り込みに行ったり、代引きのために事前に現金を用意したりするのは、たいへん手間のかかる面倒なことである。「V-PreC@」なら、コンビニやインターネットバンキングでの支払いにも対応しているので、18歳以上であれば、クレジットカードを所有していなくても購入できる。支払いが完了すれば、すぐにオンライン決済が利用可能なので、インターネットショッピング本来の「便利さ」を感じながら、買い物を楽しむことができるはずだ。

「ネットショッピングだと、つい買いすぎてしまう……」というカード請求書恐怖症タイプ

「ネットショッピングだと、つい買いすぎてしまう……」というカード請求書恐怖症タイプ

オンライン決済の便利な点のひとつに、売り手側と買い手側の間で、直接現金のやり取りをする必要がないことがあげられる。しかし、「お金を払って買った感」が希薄なだけに、ついつい予算より高価なものを購入してしまったり、必要以上に買いすぎてしまうこともあるだろう。そんな「クレジットカードの請求書を見るのが怖い」というユーザーでも、「V-PreC@」なら安心。「V-PreC@」は、3千円、5千円、1万円、2万円、2万9千円と5つの券種(ギフト用のみ、500円、1千円の2つの券種も用意)の中から、事前に必要な金額を選んで購入するプリペイド式なので、限度額以上の買い物はできないのだ。これなら買いすぎの心配も必要ない。

「カードの利用明細はだれにも見られたくない」というプライバシー絶対重視タイプ

「カードの利用明細はだれにも見られたくない」というプライバシー絶対重視タイプ

サプライズで渡そうと思い、インターネットで購入した妻へのプレゼント。でも、自宅に郵送されてきたクレジットカードの利用明細を妻に見られて、せっかくの計画が台なしになってしまった……。そんな経験をお持ちのユーザーはいないだろうか? 「V-PreC@」は、アカウント開設時に「Myページ」が作成され、購入履歴などの利用明細はその中でしか見ることができないため、プライバシーをしっかり守ることができる。「Myページ」にアクセスするためには、IDとパスワードがもちろん必要だ。これならサプライズも計画どおりに実行できるだろう。

「相手の好みのコンテンツをギフトとして贈りたい」というプレゼント利用タイプ

「相手の好みのコンテンツをギフトとして贈りたい」というプレゼント利用タイプ

音楽や動画、ゲームなどのコンテンツをギフトとして贈りたいが、相手の好みがよくわからない……。プレゼントを贈る際にはよくある悩みだろう。そんなときにも「V-PreC@」は役に立つ。購入した「V-PreC@」は、ギフトとして贈ることも可能なので、受け取った相手は、限度額の範囲で好きなものを選び、購入することができるのだ。遠方に住んでいて、なかなか会えない家族や親せきなどに、「バーチャルお年玉」や「バーチャル新築祝い」、「バーチャル出産祝い」として「V-PreC@」を贈れば、よろこばれると同時に、そのハイテクさに尊敬の念を抱かれること間違いなしである。

「V-PreC@」の詳細・購入はこちら