東芝「TransferJet™搭載SDHCメモリーカード」徹底レビュー

PR企画
  1. ホーム
  2. カメラ
  3. SDメモリーカード
  4. 東芝「TransferJet™搭載SDHCメモリーカード」徹底レビュー

パソコンやスマホに近づけるだけでデジカメ写真や動画を高速送信!

東芝「TransferJet™搭載SDHCメモリーカード」徹底レビュー

難しい設定や複雑な操作をすることなく、通信したい機器同士を近づけるだけで高速通信が行える日本発の近接無線転送技術「TransferJet™」(トランスファージェット)。この技術を搭載した対応アダプターなどがすでにリリースされているが、このほど東芝から、世界初※1となるTransferJet™搭載SDHCメモリーカード「SD-TJA016G」が登場した。本メモリーカードをデジタルカメラにセットしておけば、対応アダプターを取り付けたスマートフォンやパソコンに近づけるだけで、撮った写真や動画をワイヤレスで高速に取り込めるのだ。本特集では、そんな「SD-TJA016G」の使いやすさや便利さを徹底検証してみた。 ※1:SDA規格に準拠した、世界初のTransferJet™搭載SDHCメモリーカードです。(2015年6月30日現在)

価格.comでTransferJet™搭載SDHCメモリーカードの最新価格・クチコミをチェック!

近接無線転送技術「TransferJet™」搭載
SDHCメモリーカードがついに登場!

TransferJet™は、誰もが簡単・快適に高速ワイヤレス通信が行えることを目指して開発された近接無線転送技術だ。「近接」の名の通り、通信したいデバイス同士を約3cm以内の距離に近づけることで使える手軽な無線転送技術で、高速なデータ送信速度も魅力だ。また、Wi-FiやBluetoothなどの無線通信を使用するときのような面倒な設定もいらないため、誰でも簡単に使える。

TransferJet™規格の通信速度は、理論上、最大実効スループットが375Mbps。広く普及した有線接続のインターフェイス規格USB2.0の最大転送速度は480Mbpsなので、ワイヤレス通信でありながら、これに近い通信速度で快適にデータを送信できるわけだ。簡単に使えて高速、何ともいいことづくめの技術である。

そんな便利で使い勝手のいいTransferJet™は現在、各種デバイスに装着してTransferJet™を使用可能にする対応アダプターや搭載スマートフォン「ARROWS NX F-04G」などが販売されている。そうした中、ついに登場したのが、世界で初めてSDHCメモリーカードにTransferJet™を搭載した、東芝の「SD-TJA016G」だ。

東芝「SD-TJA016G」

デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮った写真や動画を、簡単にパソコンなどに高速送信できるTransferJet™搭載SDHCメモリーカード「SD-TJA016G」。その使い勝手のよさから、カメラファンが待ちに待った製品と言えそうだ

TransferJet™の持ち味である通信の「簡単さ」や「高速さ」は、実はSDメモリーカードとの親和性が高い。なぜなら、一般的なSDメモリーカードの場合、カード内に保存した写真や動画をパソコンに移そうとすると、デジタルカメラのカードスロットからSDメモリーカードを取り出し、移行先のパソコンのカードリーダーに挿して……と何かと手間がかかっていたからだ。その点、TransferJet™搭載の「SD-TJA016G」なら、対応アダプターを取り付けたパソコンなどにデジタルカメラを近づけるだけ。TransferJet™によって自動でワイヤレス接続され、写真や動画を簡単に送信することができる。

東芝「SD-TJA016G」

デジタルカメラで撮影した写真をパソコンなどに取り込む場合、SDメモリーカードをデジタルカメラから取り出し、カードリーダーにセットしてなど、いろいろと面倒があったことは否めない。これを解決してくれるのが、「SD-TJA016G」なのだ

価格.comでTransferJet™搭載SDHCメモリーカードの最新価格・クチコミをチェック!

送信は驚くほど簡単!
デジタルカメラをパソコンやスマホに近づけるだけ

それでは、TransferJet™が本当に簡単に使えるのか、「SD-TJA016G」をデジタルカメラにセットして、使い勝手を確かめてみたい。

「SD-TJA016G」の便利な点は、普通のSDメモリーカードと同じようにデジタルカメラのカードスロットに入れるだけで、TransferJet™機能が利用できること。特別な設定はいっさい必要ない。そして、撮影した写真を受け取る側の設定も簡単だ。まず、送信先のデバイスに外付けのTransferJet™対応アダプターをセットし、あらかじめインストールしておいた専用ソフトウェア「TransferJet™ Utility」を起動するだけ。あとは、「SD-TJA016G」の入ったデジタルカメラと対応アダプターを約3cm以内の距離に近づければ、「SD-TJA016G」の中のデータがTransferJet™で送信される。驚くほど簡単だ。これなら、デジタル機器の設定が苦手な人でもスムーズに使いこなせるに違いない。

東芝「SD-TJA016G」

「SD-TJA016G」の見た目は一般的なSDHCメモリーカードと同じだが、内部にはTransferJet™通信用のデバイスやプロセッサーなどが搭載されている。なお、SDメモリーカードとしての記憶容量は16GBで、スピードクラスはClass10だ

TransferJet™対応アダプター

「SD-TJA016G」のデータを受け取る側のデバイスには、TransferJet™対応アダプターが必要になるケースがほとんどだろう。とはいえ、パソコンなどで使用できるフルサイズのUSBタイプ(TJ-UA00B:写真左)から、Android™スマートフォンやタブレット端末で使用できるMicroUSBタイプ(TJ-MU00B:写真中央)、iPhoneやiPadで使用できるLightningタイプ(TJ-LT00A:写真右)まで、幅広く用意されている

東芝「SD-TJA016G」

「SD-TJA016G」の使い方も一般的なSDメモリーカードと同じ。デジタルカメラやデジタルビデオカメラのカードスロットに挿入するだけ。ちなみに、TransferJet™は、対応する機器が通信距離範囲に入ってきたときだけ通信を行う仕組みなので、カメラのバッテリーの消耗が少ないのもメリットだ

専用ソフトウェア「TransferJet™ Utility」

パソコンにデータを送信する場合は、事前に東芝の公式ホームページから専用ソフトウェア「TransferJet™ Utility」をダウンロードして、インストールしておく必要がある。スマートフォンやタブレット端末にデータを送信する場合は、専用アプリ「TransferJet™ Utility」が必要となるので、各アプリマーケットからあらかじめダウンロードしておこう
対応アダプターを受信側のデバイスに装着すると、必要なドライバーソフトが自動でインストールされる。その後、インストールしておいた専用ソフトウェア「TransferJet™ Utility」(右画面)を起動すれば、受信準備は完了

東芝「SD-TJA016G」

あとは「SD-TJA016G」を挿入してあるデジタルカメラを対応アダプターに近づけるだけ。試しに写真10枚を送信してみたが、10秒もかからずに送信が終わってしまった。送信された1枚目の写真はパソコン上で自動再生されるので、きちんと送られたかどうかもすぐにわかる

個人的にありがたいと思ったのは、受信デバイス側に取り付ける対応アダプターに、iPhoneやiPadで使用できるLightningタイプ「TJ-LT00A」が用意されていること。デジタルカメラで撮った写真を、一般的な周辺機器との連携性が低いiPhoneやiPadに送るには、通常、パソコンなどを経由させる必要があるが、「TJ-LT00A」をセットすれば、デジタルカメラに入った「SD-TJA016G」から直接写真を送れるようになる。しかも、取り込まれた写真は自動的にiPhoneやiPadの「カメラロール」に整理されるので、SNSへのアップなども簡単だ。

なお、注意しておきたいのは、SDメモリーカードスロットが金属などで覆われているデジタルカメラの場合、「SD-TJA016G」が使えないことがあること。お持ちのデジタルカメラが「SD-TJA016G」に対応しているかどうかは、東芝の公式ホームページに掲載されている「動作確認機器一覧」であらかじめ確認しておこう。

ここまでパソコンを使って使い勝手を試してみたが、もちろんタブレット端末やスマートフォンにも送信できる。実際に、Lightningタイプ「TJ-LT00A」をiPadに挿入して写真を送信したり(左写真)、MicroUSBタイプ「TJ-MU00B」をAndroid™ スマートフォンの「Zenfone2」に挿して試してみたが(右写真)、デバイス同士を近づけるだけで撮った写真がしっかりと送信された

TransferJet™ Tool

東芝のオフィシャルホームページには、「SD-TJA016G」用の設定ソフトウェア「TransferJet™ Tool」も用意されている。「SD-TJA016G」のフォーマットは、カメラ本体ではなく、本ソフトで行う必要があるので注意したい。この後に説明する2種類の送信モードのオン・オフ設定も、このソフトで行える

ここまで送信の簡単さについて確認したが、続いてTransferJet™の圧倒的な通信速度について検証してみよう。TransferJet™規格は、理論上、実効スループットが375Mbpsとのことだが、実際にどれだけの速さを実現しているのか。「写真2枚(JPEG):合計約9.87MB」「写真20枚(JPEG):合計約99.3MB」「動画1本(MP4:約1.07GB)」をそれぞれ送信して、ストップウォッチで計測してみた。

なお、今回検証に使用したデジタルカメラは、キヤノン「EOS Kiss X7i」、ノートPCは、東芝「dynabook KIRA V83」(CPU:インテル Core i5-4210U、メモリー:8GB、ストレージ:128GB SSD、OS:Windows® 8.1 Update 64bit、USB3.0ポートに「TJ-UA00B」を接続)。計測した時間は、送信のステータスバーが表れてから消えるまでの間だ。

結果は下の表の通り。さすがに最大実効スループット375Mbpsには到達しなかったが、十分な速さであることは確認できた。これなら、大量に撮った写真も、長時間撮影した動画も、ストレスを感じることなく送信できそうだ。

計測結果

送信ファイル 送信時間 送信速度
写真(JPEG)2枚 約9.87MB 4秒31 約18.32Mbps
写真(JPEG)20枚  約99.3MB 19秒75 約40.22Mbps
動画(MP4)1本 約1.07GB 3分28秒09 約41.13Mbps

今回の計測結果の中で特に注目したいのは、「写真20枚」(約99.3MB)の送信時間。写真1枚当たりに換算すると、1秒以下の時間で送信されたことになる。また、フルHDの動画は約3、4分間の撮影でも1GBレベルの容量になることがあるので、この送信時間の短さは頼もしく感じられた。通信の安定性もよく、送信中に接続が途切れたり、送信速度が急激に落ち込んだりすることもなかった ※ファイル容量や通信距離により送信時間は変化します。

価格.comでTransferJet™搭載SDHCメモリーカードの最新価格・クチコミをチェック!

こんなシーンで役立つ!
「一括送信」と「選択送信」を賢く使い分けよう

「SD-TJA016G」には、2種類の送信モードが備わっている。ひとつは撮りためた写真や動画をまるごと送る「一括送信」、もうひとつはデジタルカメラ側で選んだ写真だけを送る「選択送信」だ。

一括送信

「一括送信」は、「SD-TJA016G」に保存されているデータのうち、未送信の写真や動画のすべてがまとめて送信されるモード。つまり、初回はメモリーカード内のすべてのデータを送信し、次からは、新たに撮影した写真や動画だけが送られる仕組みだ。同じデータを2度送信しないような仕組みが備わっているので、受信デバイス側のストレージ容量をむだに圧迫することもない。

上記の青く囲った部分は、最初に「一括送信」で送信した写真データ。赤く囲った部分が、新たに撮影した写真を差分として「一括送信」した写真データとなる。前回の送信時よりも日時情報が新しい画像データが差分として認識される仕組みだ。写真データのバックアップに最適な機能と言えるだろう

選択送信

もうひとつの送信モード「選択送信」は、デジタルカメラのDPOF機能を使って選択した写真(JPEG)を送信するモードだ。DPOFとは、メモリーカードに入っている画像のうち、どれをプリントするかといった情報を指定するためのデジタルカメラの機能。デジタルカメラのメニュー画面に「プリント選択」などといった項目があれば、それがDPOF機能となる(※DPOF機能に対応していないデジタルカメラもありますのでご注意ください)。撮ったその場で友だちに写真を渡したいときや、すぐにSNSにアップしたいときなどは、この「選択送信」を使うと便利だ。

特定の写真だけを送信したいときに便利なのが「選択送信」だ。上記は、「EOS Kiss X7i」のDPOF機能を使って、スマートフォンへ写真を転送したところ。同じ写真を何度でも送ることができるので、家族や友だちなど複数の人とシェアしたいときに便利だ。なお、動画ファイルなどは「選択送信」に対応しておらず、送信できるデータはJPEGのみとなる

これら2つの送信モードを賢く使い分ければ、さまざまなシーンで活用できそうだ。たとえば、旅行先で撮った写真をその場でスマートフォンに「選択送信」して、SNSで公開するといった楽しみ方が考えられるだろう。スマートフォンで撮った写真をそのままアップする場合と比べても、かかる手間はほとんど変わらず、より仕上がりのいい写真を載せられるので、満足度も高まるはずだ。

また、結婚式や同窓会などのイベントで写真を撮ったときは、大画面のタブレット端末に送信して映し出し、みんなでワイワイ言いながら眺めるのも楽しいだろう。ちなみに、タブレット端末の大きな画面に写真を映し出すと、デジタルカメラのディスプレイで見るよりも「ピントは合っているかどうか?」「色はちゃんと出ているか?」などが細かくチェックできる。うまく撮れていなかったら、その場ですぐ撮り直しができるのがありがたい。

また、デジタルカメラをおしゃれな革のケースなどに入れて撮影する人もいるが、機種によってはケースを装着するとカードの出し入れがしにくくなることもある。その点、「SD-TJA016G」ならカメラに入れたままデータを送信できるので、いちいちケースを外す面倒もない。メモリーカードの容量がいっぱいになったときや、撮った写真をまとめてパソコンにバックアップしたいときは、「一括送信」ですぐに送信できるのも便利だ。このように、「SD-TJA016G」が1枚あれば、写真撮影や、撮った写真を「見せる」楽しみが格段に広がるのである。

価格.comスタッフが「SD-TJA016G」を体験!

旅行先で出会った風景や料理を撮影し、その場でスマートフォンを使ってSNSにアップすることを楽しみのひとつにしている人も多いだろう。せっかく公開するのなら、スマートフォンのカメラ機能ではなく、本格的なデジタル一眼カメラなどで撮影した美しい写真をアップしたい。とはいえ、外で写真をスマートフォンに送信するのは大変。そこで役立ったのが「SD-TJA016G」だ。「選択送信」機能を使ってアップしたい写真を選ぶだけで、簡単にスマートフォンへ送信できた。今までとはひと味違う美しい写真が投稿できるようになったので、フォロワーの反応がこれまで以上によくなるかも!?
撮影したばかりの写真をその場でしっかりと確認したり、その場にいる人と共有したりしたいと思うこともあるはず。そんなときも「SD-TJA016G」は大活躍する。「選択送信」でタブレットに写真を送信すれば、大画面に映し出された写真を見ながら、みんなで楽しむことができるだろう。豊富な対応アダプターが用意されているので、Android™端末や、iPhone、iPadを問わず、さまざまな端末にデータを送信できる
夢中になって写真を撮っていたら、いつの間にかSDメモリーカードの容量がいっぱいになってしまったというのはよくある話。せっかくの旅行なのに、これ以上写真が撮れないとなると残念だが、「SD-TJA016G」なら、撮った写真をその場でタブレット端末やスマートフォンへ「一括送信」して、データを消せば容量を確保できる。もちろん、パソコンへの「一括送信」でバックアップを取ることも簡単だ
せっかくなので、価格.comのカメラマンにも試してもらった。特に評価していたのは送信速度の速さ。さらに、「撮った写真をすぐにタブレット端末に送信すれば、立ち会っている編集者にその場でピントや色味などを確認してもらえるので、助かります。三脚を立てて同じピントで複数の写真を撮影する場合など、セットしたカメラに触ることができなくても、『SD-TJA016G』なら送信したい端末を近づけるだけでデータを送れるのが便利ですね」と、その利便性の高さにも興味津々だった

価格.comでTransferJet™搭載SDHCメモリーカードの最新価格・クチコミをチェック!

まとめ

日本発の最先端テクノロジーとして世界から注目されている近接無線転送技術、TransferJet™。その技術を世界で初めてSDHCメモリーカードに搭載した東芝の「SD-TJA016G」は、写真を撮る楽しみ、見るよろこびを大きく変えてくれる製品と言えそうだ。

技術の進歩とともにデジタルカメラで撮影できる写真や動画のサイズはどんどん大きくなっているが、高速通信が可能な「SD-TJA016G」ならストレスを感じることなく、写真や動画をさまざまなデバイスに送信できる。しかも、デジタルカメラをスマートフォンやパソコンに近づけるだけで、こうした送信作業が完了してしまうのだから、便利なことこのうえない。SDメモリーカードのデータ移動が面倒だと思っている人には、ぜひこの「SD-TJA016G」を試してもらいたいものである。その手軽さにきっと驚くはずだ。

製品紹介

SD-TJA016G
TransferJet™搭載SDHCメモリーカード SD-TJA016G
価格.comで「SD-TJA016G」の最新価格をチェック!
  • TJ-UA00B
  • TransferJet™対応アダプター
    (USBタイプ)
    TJ-UA00B

    価格.comで「TJ-UA00B」の最新価格をチェック!

  • TJ-MU00B
  • TransferJet™対応アダプター
    (MicroUSBタイプ)
    TJ-MU00B

    価格.comで「TJ-MU00B」の最新価格をチェック!

  • TJ-MUA00B
  • TransferJet™対応アダプター
    (USB/MicroUSBセットパック)
    TJ-MUA00B

    価格.comで「TJ-MUA00B」の最新価格をチェック!

  • TJ-LT00A
  • TransferJet™対応アダプター
    (Lightningタイプ)
    TJ-LT00A

    価格.comで「TJ-LT00A」の最新価格をチェック!

  • ※TransferJet およびTransferJet ロゴはTransferJet コンソーシアムがライセンスしている商標です。
  • ※IOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ※iPhone、iPad、iPod、Lightning 、Apple及びAppleロゴは、Apple Inc.の商標です。App Store は、Apple Inc.のサービスマークです。
  • ※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※AndroidおよびGoogle Playは、Google Inc.の商標です。
  • ※対応OS:Windows® 7, 8、Android™ 4.0〜4.4、iOS7.1, 8.3 一部対応していない機器もあります。ご購入前に、お使いの機器に対応しているか東芝サイトにてご確認ください。 (動作確認機器一覧