富士通の液晶一体型デスクトップPC FMV「ESPRIMO FH90/A3」徹底検証

PR企画

こだわりの画質と音質によってエンタメ性を極めた 富士通の液晶一体型デスクトップPC FMV「ESPRIMO FH90/A3」徹底検証

インテル Core i7 プロセッサー搭載  Intel Inside 圧倒的なパフォーマンスを

リビングルームや書斎などに設置し、家庭用のメインマシンとして使用されることの多い液晶一体型デスクトップPC。なかでも、今回取り上げる富士通 FMV「ESPRIMO(エスプリモ)FH90/A3」(以下、FH90/A3)は、27型の大画面とハイレゾ対応2.1chスピーカーを搭載し、エンターテインメントコンテンツを思う存分楽しめるのが魅力。また、充実した基本スペックを備え、使い勝手にもすぐれるなど、トータルの完成度も高い。ここでは、そんな多彩な魅力を備えた「FH90/A3」の実力を徹底レビューしていこう。

エンタメ性を極めた液晶一体型デスクトップPC  価格.comで FMV「ESPRIMO FH90/A3」の最新価格をチェック

27型の大画面とハイレゾ対応2.1chスピーカーでテレビ番組もブルーレイタイトルも思う存分楽しめる

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

高い処理能力や、使い勝手のよさ、充実したエンターテインメント機能など、総合力の高さに定評のある富士通の液晶一体型デスクトップPC。その最新フラッグシップモデルとして登場したのが、今回取り上げるFMV「ESPRIMO(エスプリモ)FH90/A3」だ

それでは、「FH90/A3」の特徴を詳しく見ていこう。まず注目すべきは、液晶一体型デスクトップPCの中で最大の画面サイズ(2016年12月2日時点、価格.com調べ)となる、27型の液晶ディスプレイを搭載していることだ。27型は、現在の主流である21.5型や23型と比べて、文書やWebページの文字が大きく見やすいのはもちろん、写真や動画の表示の迫力が大きいというメリットがある。現在、21.5型や23型といった標準的な画面サイズを使用している人なら、27型の大画面がもたらす恩恵をはっきりと実感できるだろう。

また、単に画面サイズが大きいだけでなく、表示品質も申し分ない。「FH90/A3」に採用される液晶ディスプレイは、フルHD(1920×1080)解像度の27型ワイドで、約7mmの狭額ベゼルを採用しているため、没入感高く映像が楽しめる。また、広視野角と高輝度・高色純度を兼ね備えた「スーパーファインVX IPS液晶」によって、色鮮やかで美しい映像を映し出してくれるのもポイント。画面を斜めから見たり、上から見下ろしたりしても、色や輝度の変化はほとんどなく、画面の隅々までクッキリと表示される。家族みんなで写真や動画を高画質で楽しむことができるだろう。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

「FH90/A3」は、フルHD(1920×1080)解像度の27型ワイド液晶ディスプレイを搭載。27型ワイドのディスプレイは、液晶一体型デスクトップPCの中で最大の画面サイズであるのに加え、表示品質もすぐれている

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

「FH90/A3」には、使用中のソフトに応じて自動でおすすめの画質に調整するオートモードが搭載されている。花の写真を表示させてみたが、ご覧の通り、全体がより明るく、見やすい表示になった

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

「自動整列ボタン」(写真中央)を押すだけで、デスクトップ画面上のウインドウを自動整列できる「ウインドウ自動整列」機能も用意。文書作成時に開いていた4つのウインドウを自動整列させてみたが、27型の大画面のおかげで、ひとつひとつのウインドウに表示されている文字も見づらくない

充実したエンターテインメント機能を備えているのも「FH90/A3」の特徴だ。映像面では、地上・BS・110°CSデジタル放送に対応した3波テレビチューナーや、BDXL対応ブルーレイディスクドライブが搭載されており、テレビ番組やブルーレイタイトルを存分に楽しめる。実際に視聴してみると、27型の大画面に映し出される映像には、想像以上の迫力と臨場感があり、非常に満足度の高い映像体験が行えた。

また、録画機能も気になるところだが、「FH90/A3」は大容量の約3TBのHDDが搭載されており、地上デジタル放送の番組を最高画質で約390時間分も録画できる。さらに、本機に搭載されるBDXL対応ブルーレイディスクドライブを使えば、録画した番組をディスクに焼いて保存しておくことができるため、録画番組のライブラリー化にも役立つ。このほか、録画した番組を録画した機器以外でも楽しめる著作権保護技術「SeeQVault」に対応しているのもうれしいところ。「SeeQVault」に対応した外付けHDDやmicroSDメモリーカードなどを利用すれば、画質を劣化させることなく録画番組をコピーして対応機器での視聴が可能だ。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

3波(地デジ/BSデジタル/110度CS)対応のダブルチューナーを搭載しているため、2番組同時録画も行える

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

本体前面に、BDXL対応ブルーレイディスクドライブが装備されており、ブルーレイタイトルの再生だけでなく、写真や動画をディスクに書き込んで保存することもできる

「FH90/A3」は音質にもこだわっており、パイオニアと共同開発したハイレゾ対応2.1chスピーカーを搭載。本体前面左右に搭載された4Wのフルレンジスピーカーによってキレのよいサウンド再生が可能なほか、10Wのウーハーも搭載されているので低域にも迫力がある。実際にクラシックやジャズのハイレゾ音源を再生してみたところ、「専用のオーディオ機器にも引けをとらないのでは?」と思うほどの臨場感があり、大音量で鳴らした際の音のひずみもほとんどなかった。音楽鑑賞はもちろん、テレビ番組やブルーレイタイトルを楽しむのにも適した、高品質なスピーカーと言えるだろう。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

本体前面に大口径4Wスピーカー2基を、その間には10Wのウーハーを搭載。本体背面には低音を増強させるためのバスレフポートも設けられている

エンタメ性を極めた液晶一体型デスクトップPC  価格.comで FMV「ESPRIMO FH90/A3」の最新価格をチェック

27型液晶搭載でも省スペース設計!使い勝手のよい“フロントアクセス”にも注目

前述の通り、27型の大画面を採用しているのが「FH90/A3」の特徴のひとつだが、普段、23型の液晶一体型デスクトップPCを使用している筆者からすると、最初は「ボディサイズが大きくて、置き場所に困るのではないか?」という不安を感じた。しかし、実際に「FH90/A3」を設置してみたところ、そのボディは想像以上にスッキリとした印象。特に、27型液晶ディスプレイを搭載しているにもかかわらず、横幅はかなりコンパクトな約616mmに収まっていたのは驚きだった。これほどコンパクトなボディを実現できた要因は、約7mmという狭額ベゼルを採用した点にある。ベゼル幅が狭いため、27型の液晶ディスプレイを搭載しながらも、ボディサイズはそれほど横に広がらないというわけだ。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

「FH90/A3」は約7mmの狭額ベゼルを採用(左写真)。ディスプレイ部の厚さは最薄部で約19mmと薄く、斜めから見てもスマートな印象を受ける(右写真)

また、「FH90/A3」は使いやすさも徹底的に追求されている。なかでも特徴的なのが、USB3.0ポートやSDメモリーカードスロット、BDXL対応ブルーレイディスクドライブなど、頻繁に使うインターフェイスを本体前面にまとめた“フロントアクセス”だ。これによって、USBメモリーやSDメモリーカード経由でデータのやり取りがストレスなく行えるほか、ブルーレイタイトルの再生も楽だ。また、ヘッドホン出力端子とマイク入力端子に金メッキを施すことで、さり気なくボディの高級感も向上させている。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

本体前面左側には、ヘッドホン出力端子、マイク入力端子、USB3.0ポート×2、SDメモリーカードスロットが、本体前面右側には、電源ボタン、映像入力切り替えボタン、BDXL対応ブルーレイディスクドライブが装備される

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

本体背面は、上段にUSB3.1 Type-Cポート、USB3.0ポート×2、HDMI入力ポート×1を、下段にアンテナ端子、LANポート、miniB-CASカードスロットを装備。HDMI入力ではゲーム機などと接続して大画面で楽しむこともできる(左写真)。最新規格のUSB3.1 Type-Cポートは端子形状に表裏がなく、スムーズな接続が可能だ(右写真)

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

液晶ディスプレイの上部にはWebカメラを装備。スライド式のため、未使用時は本体内部にスッキリと収納できる。なお、このWebカメラは「Windows 10」の生体認証機能「Windows Hello」に対応しており、高精度な顔認証によるログインが行える

付属のキーボードの使用感も確認していこう。「FH90/A3」に付属するワイヤレスキーボードは、指の力の強さに合わせて、キーの重さが3段階で調節された「3段階押下圧」や、キートップ中央をくぼませることで指へのフィット感を高めた球面シリンドリカルキートップが採用されているため、心地よくタイプできた。キーボードを使わないときは本体下に収納しておけるなど、机上のスペースをスッキリ確保できるのもうれしい。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

「FH90/A3」のワイヤレスキーボードはひとつひとつのキーが離れたアイソレーション型。ミスタッチしにくいのはもちろん、見た目もスタイリッシュだ。指の力の強さに合わせて、キーの重さが3段階に調整された「3段階押下圧キーボード」のため、疲れにくいのもポイントとなる。さらに、3mmのキーストロークが確保されており、打鍵感も良好だった

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

キーボードを使わないときは本体下部にスッキリと収納できる

エンタメ性を極めた液晶一体型デスクトップPC  価格.comで FMV「ESPRIMO FH90/A3」の最新価格をチェック

高性能CPUと大容量メモリー搭載でサクサク動作  専用ソフトで写真や動画の本格編集も意のまま

「FH90/A3」のスペック面を見ると、パソコンの処理能力を左右するCPUには、高機能クアッドコアの「第6世代インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー」(2.60GHz-最大3.50GHz)を、メモリーには、従来のDDR3規格に比べて、データ転送の帯域幅が最大2倍に拡張された「DDR4」規格(SDRAM PC4-17000)の8GBメモリーを搭載。また、データを保存するストレージには大容量の約3TB HDDが用意されており、写真や動画データもたっぷり保存しておける。搭載されるOSは、最新の「Windows 10 Home 64ビット版」だ。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

ベンチマークテストで「FH90/A3」の処理能力をチェックしていこう。まず、CPUとグラフィックの処理性能を計測する「CINEBENCH R15」のスコアは「642cb」。ハイエンドなデスクトップPC向けCPUには及ばないものの、十分なCPU/グラフィック性能であることが確認できた。続いて、パソコンの総合的な性能を測る定番ベンチマークテストソフト「PCMark 8」でスコアを計測したところ、一般的なPC作業における性能指標となる「Home」テストで、「2.999」ポイントというハイスコアをマークした

(※)今回の検証には開発中の装置を使用しました。販売製品のベンチマークテスト結果は異なる場合がございます。

さらに、「FH90/A3」には、写真編集ソフト「Corel PaintShop Pro X8 for FUJITSU」や、動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector 14 for FUJITSU」といった、プライベートを充実させるソフトがプリインストールされている。「Corel PaintShop Pro X8 for FUJITSU」は、プロのカメラマンやデザイナーが使う写真編集ソフト並みの高機能なもので、デジタルフォトの加工を十分に行える。動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector 14 for FUJITSU」には、ユーザーのレベルに合わせた編集が可能な「イージーエディター」や「フル機能エディター」などが用意されている。別途ソフトを購入しなくとも、これらを使って本格的な写真や動画の編集が行えるのは非常にありがたい。

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

「FH90/A3」にプリインストールされている、写真編集ソフト「Corel PaintShop Pro X8 for FUJITSU」(左写真)と、動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector 14 for FUJITSU」(右写真)。いずれも本格的な編集機能を備えており、デジタルカメラなどで撮影した写真や動画などを、作品として仕上げることができる

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector 14 for FUJITSU」で動画のエンコーディングも行ってみたが、約100MBのフルHD動画をMOV形式からAVI形式に変換したところ、約25秒という速さで変換が完了。作業中のCPU使用率は59%、メモリー使用率は43%と余裕があり、負荷の高い処理もしっかりとこなせることが確認できた

エンタメ性を極めた液晶一体型デスクトップPC  価格.comで FMV「ESPRIMO FH90/A3」の最新価格をチェック

「富士通WEB MART」のカスタムメイドモデルなら、自分仕様にカスタマイズができる!

富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」

富士通の直販サイト「富士通WEB MART」では、今回取り上げた FMV「ESPRIMO FH90/A3」のスペックを自分好みに変更できる、カスタムメイドモデル FMV「ESPRIMO WF2/A3」も用意されている。メモリーは4GB/8GB/16GBから、ストレージは約1TB HDD/約2TB HDD/約3TB HDD/約256GB SSD+約1TB HDD/約256GB SSD+約3TB HDDから選べるほか、テレビチューナーの有無や、「Microsoft Office」ソフトの有無、光学ドライブ(スーパーマルチドライブ/BDXL対応ブルーレイディスクドライブ)も選択可能。「コストを抑えたい」「よりハイスペックを求めたい」など、自分のニーズに合った1台が選べるのが魅力だ。なお、「富士通WEB MART」と連動した価格.com限定モデルなら、通常よりもお得に最新機種の購入が可能。こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

FMV「ESPRIMO WF2/A3」を価格.comでチェック

まとめ

以上、富士通の液晶一体型デスクトップPC FMV「ESPRIMO FH90/A3」の実力を詳しく確認してきたが、筆者が特にすばらしいと感じたのは、エンターテインメント性の高さだ。27型フルHD液晶ディスプレイと、ハイレゾ対応2.1chスピーカーが実現する映像・音質体験は、従来の液晶一体型デスクトップPCではなかなか味わえないものであったし、地上・BS・110°CSデジタル放送に対応した3波テレビチューナーを備えているため、テレビ代わりになるのもうれしい。また、27型の大画面を採用しながら、ボディはスタイリッシュでコンパクト。使い勝手を追求した“フロントアクセス”や、充実した基本スペックを備えるなど、全方位で完成度の高い1台に仕上がっていた。家庭用のメインマシンとして満足できる1台を求める人にとって、かなり有力な選択肢となることは間違いない。冬のボーナスで家庭のメインパソコンの購入を検討している人に、ぜひチェックしてほしい製品だ。

製品紹介

品名 富士通 FMV「ESPRIMO FH90/A3」 価格.comで最新価格をチェック 富士通 FMV「ESPRIMO WF2/A3」 価格.comで最新価格をチェック
CPU 第6世代 インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー(2.60GHz-最大3.50GHz)
OS Windows 10 Home 64ビット
メモリー 8GB(DDR4 SDRAM PC4-17000) 4GB/8GB/16GB(DDR4 SDRAM PC4-17000)
※選択可能
ストレージ 約3TB HDD 約1TB HDD/約2TB HDD/約3TB HDD/約256GB SSD+約1TB HDD/約256GB SSD+約3TB HDD
※選択可能
光学ドライブ BDXL対応ブルーレイディスクドライブ BDXL対応ブルーレイディスクドライブ/DVDスーパーマルチドライブ
※選択可能
グラフィック インテル® HDグラフィックス530(CPUに内蔵)
ディスプレイ 27型ワイド・フルHD(1920×1080)スーパーファインVX IPS液晶
Webカメラ HD Webカメラ(約92万画素)
テレビチューナー 地上・BS・110度CSデジタル×2
(ダブル録画、AVCREC対応)
地上・BS・110度CSデジタル×2
(ダブル録画、AVCREC対応)/なし
※選択可能
スピーカー 2.1chステレオスピーカー(4Wスピーカー×2、10Wウーハー)
ネットワーク 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1、
有線LAN(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
Office Office Home and Business Premium Office Home & Business Premium/Office Personal Premium/なし
※選択可能
外部インターフェイス USB3.1 Type-Cポート、USB3.0ポート×4、LANポート、ヘッドホン出力端子、
マイク入力端子、miniB-CASカードスロット、SDメモリーカードスロット、HDMI入力ポート
ボディサイズ(幅×奥行×高さ) 約616×227×470mm(本体最小傾斜時)
約616×227×468mm(本体最大傾斜時)
重量 約12.5kg
カラー オーシャンブラック

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

富士通の公式サイトでFMV ESPRIMO FH90/A3の詳細をチェック