ファーウェイの8.4型Androidタブレット「MediaPad M3」徹底レビュー

PR企画

エンタメ機能にすぐれたSIMフリー8.4型Androidタブレット ファーウェイ「MediaPad M3」が実現する 迫力のサウンドとこだわりの映像美

SIMフリー端末市場で、年々存在感を高めているファーウェイ。スマートフォンだけでなく、タブレット端末においても魅力的なモデルを次々と投入し、価格.com上でも高い人気を集めている。そんなファーウェイから2016年12月16日に発売された8.4型Androidタブレット「MediaPad M3」は、高音質、高画質を実現するとともに、オクタコアCPUを搭載することで高い処理性能を備えた、完成度の高い1台だ。ここでは、そんな「MediaPad M3」の実力を徹底レビューしていこう。

上質なエンターテインメント体験を可能にする こだわりの音質と画質をチェック

ファーウェイの「MediaPad M3」は、片手で持てるコンパクトなボディに、WQXGA(2560×1600)解像度の高精細な8.4型液晶ディスプレイや、高音質デュアルスピーカー、パワフルな処理能力を誇るオクタコアCPUなどを搭載した、高性能なAndroidタブレットだ。ラインアップは、ゴールドのボディカラーを採用したストレージ容量64GBの「プレミアムモデル」(SIMフリーモデル)と、シルバーのボディカラーを採用したストレージ容量32GBの「スタンダードモデル」2機種(SIMフリーモデル/Wi-Fiモデル)の、計3機種。なかでも注目したいのが、上位機種の「プレミアムモデル」だ。

MediaPad M3
MediaPad M3

「MediaPad M3」のボディサイズは約124.2(幅)×215.5(高さ)×7.3(厚さ)mmで、重量は約310g。今回は、ゴールドのボディカラーを採用したストレージ容量64GBの「プレミアムモデル」をレビューしていく。なお、「プレミアムモデル」には、専用カバーとAKGのイヤホン「AKG H300」が付属する(右写真)

まずは、「MediaPad M3」の大きな特徴のひとつである音質面からチェックしていこう。本機は、本体の上下に1つずつスピーカーを搭載した、デュアルスピーカーを採用。縦画面で広がりのある音が楽しめるのはもちろん、エンターテインメントコンテンツの視聴時など横画面にした場合は、スマートチャンネルスイッチ機能により、ステレオ感がより強調される。また、2つのスピーカーには空気の振動を増幅させるための大型の空気室「アコースティックチャンバー」が設けられており、低域をパワフルに鳴らしてくれるのも魅力だ。

これだけでもタブレット端末のスピーカーとしては十分にハイレベルだが、「MediaPad M3」の音質へのこだわりはほかにもある。音楽CDの約6.5倍の情報量を持つ192kHz/24bitの音源再生が可能な専用のオーディオチップ「AK4376」のほか、音の歪みや割れを抑えながら低域を強調する「Smart PA」や、位相変調技術を用いてサラウンド感を高める「SWS3.0」といったファーウェイの独自技術を搭載することで、さらなる高音質化が図られているのだ。

実際に本機でジャズ(ボーカル入り)を再生してみたところ、ボーカルがクリアに聴こえたほか、ベースやドラムの低域に十分な迫力があり、聴いていてとても心地よかった。続いてクラシック音楽も再生してみたが、こちらも楽器ごとのニュアンスの違いまで細かく描き出してくれた。また、どちらの音源でも、「Smart PA」の効果なのか、ボリュームを上げても、音が歪んだり、ノイズが気になることはなく、高音質が楽しめた。

MediaPad M3
MediaPad M3

「MediaPad M3」は、本体の上下に1つずつスピーカーを搭載。サウンドチューニングは世界的なオーディオブランドである「harman/kardon」が担当している

MediaPad M3

専用のオーディオチップ「AK4376」を搭載。音楽CDの約6.5倍の情報量を持つ192kHz/24bitの音源再生も行える

MediaPad M3

実際にさまざまな音源を聴いてみたが、低域はしっかりと厚みがあり、中高域は伸びやか。音量を上げても音割れすることなく、上質なサウンドを鳴らしてくれた

MediaPad M3
MediaPad M3

「プレミアムモデル」には、本機のために開発されたAKGのイヤホン「AKG H300」が付属。外出先での映画や音楽鑑賞も高音質で楽しめる

次は映像面をチェックしよう。本機はディスプレイに、WQXGA(2560×1600)解像度の8.4型IPS液晶を搭載。画素密度が359ppiと高いため、写真もWebサイトの文字もキレイに映し出してくれる。もうひとつ印象的だったのが、画面への没入感の高さ。左右のベゼル幅を狭くした狭額縁デザインの採用によって、ボディ前面に占める液晶ディスプレイの画面占有率が約82%あるため、画面に集中しやすいのだ。

さらに、ファーウェイ独自の画像最適化技術「ClariVu-Super Resolution」もチェックしておきたい。これは、使用するシーンや視聴環境に合わせて画質を自動調整してくれるもので、太陽光の下でも文字や写真が見やすい「Sun View」と、目の疲れの原因とされるブルーライトを約80%カットしてくれる「Eye care」という2つのモードが用意されている。日中の屋外で、「Sun View」モードをオンにして動画を視聴してみたが、日向でも鮮やかな発色と高い視認性が確保されるため実用性が高いと感じた。

MediaPad M3

ディスプレイには、WQXGA(2560×1600)解像度の8.4型IPS液晶を搭載。画素密度は359ppiと高いため、ジャギーやドット感を感じさせない表示が可能だ

MediaPad M3

映像視聴を行った際に印象的だったのは、高コントラストな表示を実現しながら、中間の階調もしっかりと確保されていたこと。IPSパネルの採用によって、斜めの位置から画面を見ても明るさや色合いがほとんど変化しないのもうれしい

MediaPad M3

照度センサーで周囲の明るさを検知し、自動で輝度やコントラストを最適化してくれるのが画像最適化技術「ClariVu-Super Resolution」の「Sun View」モードだ。晴れた日の屋外でタブレット端末を使用するときは、見やすい角度を探すのに苦労するが、このモードを使えば鮮やかな発色と高い視認性を自動で確保できる

「Eye care」OFF

MediaPad M3

「Eye care」ON

MediaPad M3

「Eye care」は、目の疲れの原因とされるブルーライトを約80%カットしてくれるモード。長時間Webブラウジングを行う際や、電子書籍を閲覧する際に適している

精巧に削り出されたメタルフレームボディは 美しく、高級感のある仕上がり

ファーウェイのスマートフォンやタブレット端末は、デザイン性の高さにも定評があるが、「MediaPad M3」のボディデザインもその例に漏れず美しい。5軸CNC(コンピューター数値制御)加工で仕上げられたメタルフレームボディは、高級感があり、スタイリッシュ。エッジを削り落としたダイヤモンドカット加工が側面に施されているほか、ナノモールディング技術によって金属と樹脂のつなぎ目をなくすなど、細部までこだわり抜かれたデザインだ。

さらに感心したのは、これらの緻密な作り込みが、見た目のよさだけでなく、機能性の向上にも寄与していること。メタルフレームは堅牢性を高めるとともに、サラリとした心地よい手触りを生み出しているし、側面のダイヤモンドカットは指先がエッジになじみやすくしてくれている。こうした機能美を体現するデザインが、「ファーウェイの端末はデザイン性が高い」というユーザーからの評価につながっているのだ。

MediaPad M3
MediaPad M3

5軸CNC加工によって仕上げられたメタルフレームのボディ背面は、丸みを帯びたラウンド形状になっている(左写真)。側面にはエッジを削り落としたダイヤモンドカット加工が施されており、光の当たり方によって輝きが変化する(右写真)

MediaPad M3
MediaPad M3

左右のベゼル幅が狭い狭額縁デザインのため、片手でラクに持てる。本体を横向きにしての両手持ちも試してみたが、メタルフレームのサラリとした質感が心地よく、ホールド感も良好だった

MediaPad M3

「MediaPad M3」は、最薄部約4.6mmというスリムなボディのため、書類などの荷物で空きスペースがほとんどなくなったビジネスバッグにも収納しやすい

MediaPad M3

メインカメラ・インカメラともに800万画素のカメラを搭載。普段の何気ない日常のスナップから、旅行の思い出、さらにはインカメラでのセルフィまで、納得のクオリティで撮影できる

オクタコアCPU搭載でサクサク動作 使い勝手のよい指紋センサーにも注目

動画や音楽などのエンターテインメントコンテンツを思う存分楽しむためには、高い基本性能が不可欠だが、「MediaPad M3」はその点も申し分ない。CPUには、ファーウェイが開発した最新オクタコアCPU「Kirin 950」を採用。ストリーミング動画再生など負荷の大きな場合は2.3GHzの高性能コアが、負荷が小さな場合には1.8GHzの省電力コアがメインで作動することで、パワフルな処理能力と低消費電力を両立させている。また、搭載されるメモリーは4GB、ストレージは64GB、OSはAndroid 6.0(Marshmallow)となっている。

スタミナ面では、5100mAhの大容量バッテリーに加え、前述の省エネ設計のCPUや、独自の節電技術「Huawei Smart Power 4.0」によって、HD動画再生時で最大約11時間の長時間駆動を実現しているという。今回は、休日に外出先に本機を持ち出し、フルHDの動画再生やWebブラウジングなどたっぷり使ってみたが、10時から18時まで8時間ほど使用しても、バッテリー残量は18%とまだ余裕があった。毎朝フル充電しておけば、日中かなりハードに使っても、バッテリー切れに悩まされる心配はないだろう。

MediaPad M3
MediaPad M3

ベンチマークテストアプリ「AnTuTu Benchmark」を使ってパフォーマンスを確認してみたところ、トータルスコアで「75838」というハイスコアをマーク(左画面)。同じく「AnTuTu Benchmark」でバッテリー性能も確認してみたが、トータルスコアは「7478」で、表示されるランキングでは第3位となった(右画面)。この結果から、高い処理能力と低消費電力を両立していることがわかる

MediaPad M3

「MediaPad M3」は64GBの内蔵ストレージに加えて、最大256GBまで対応するmicroSDメモリーカードスロットも用意。なお、microSDメモリーカードスロットと、nano SIM対応のSIMカードスロットは、本体右側面に格納されている

さらに、ファーウェイ製の端末が多く搭載する指紋センサーにも注目したい。「MediaPad M3」の指紋センサーは本体下部のホームボタンと一体化されており、センサーに指を軽くタッチするだけで瞬時にロック解除が行える。少し弱めにタッチしたり、角度を変えて指を当てたりしてみたが、指紋認証に失敗することはなく、その精度は非常に高いと感じた。また、この指紋センサーを使って、さまざまな操作が行えるのも便利。タップが「戻る」ボタン、ロングタップが「ホーム」ボタン代わりになるほか、左右スワイプで起動したアプリを一覧表示させることも可能になっている。

MediaPad M3

「MediaPad M3」の指紋センサーは本体下部のホームボタンと一体化されており、軽くセンサーにタッチするだけで瞬時にロックを解除できる

指紋センサーでの操作動画をチェック!

多彩なジェスチャー操作が行えるのもファーウェイの指紋センサーの特徴。上の動画の通り、「MediaPad M3」では、センサータップで「戻る」、左右スワイプで「起動したアプリの一覧表示」が行える

より低価格なモデルが欲しい人は、シルバーボディの「スタンダードモデル」をチェック

「MediaPad M3」には、シルバーのボディカラーを採用した「スタンダードモデル」も用意されている。ストレージ容量は32GBとなり、専用カバーとイヤホン「AKG H300」は付属しないが、そのほかの機能やスペックは今回レビューした「プレミアムモデル」と同等。価格.comでの最安価格はLTEで36,740円(2016年12月15日時点)のため、より低価格なモデルが欲しい人は、こちらを選ぶのがよいだろう。なお、「スタンダードモデル」には、LTEとWi-Fiの2機種が用意されており、利用環境や用途に応じたモデルが選べるのも魅力だ。

MediaPad M3 スタンダードモデル

「MediaPad M3」発売記念イベント
「HUAWEI Presents 星空のイルミネーション」開催中!

「HUAWEI Presents 星空のイルミネーション」開催中!

ファーウェイ「MediaPad M3」の発売記念イベント「HUAWEI Presents 星空のイルミネーション」が、2017年1月29日まで、六本木ヒルズ森タワー52F・東京シティビューで開催中だ。イベントでは、「MediaPad M3」のタッチ&トライが行えるほか、スペシャルシートに座りながら、「MediaPad M3」をはじめとするファーウェイのタブレット端末でJ-WAVEのオリジナル音源を楽しむこともできる。ぜひイベントに足を運んで、「MediaPad M3」の魅力を体感していただきたい。

期間:2017年1月29日まで(新製品のタッチ&トライは2016年12月25日まで)
場所:六本木ヒルズ森タワー52F 東京シティビュー スカイギャラリー3内

まとめ

以上、ファーウェイのSIMフリー8.4型Androidタブレット「MediaPad M3」をレビューしてきたが、音質や画質、処理性能、バッテリースタミナなど全方位で高い性能を備えていることが確認できた。なかでも特筆すべきは、高音質のデュアルスピーカーと、WQXGA(2560×1600)解像度の高精細な8.4型液晶ディスプレイによって、家の中でも、外出先でも、上質なエンターテインメント体験ができた点だ。また、見た目の美しさと機能性を両立したボディデザインや、オクタコアCPUのサクサクとした処理性能にも満足した。近年発売されたファーウェイのSIMフリー端末の多くは、価格.com上でも高い人気を集めているだけに、この新しいタブレット端末の発売を待っていたという人も多いはずだ。「MediaPad M3」は、そんなユーザーの期待にもしっかりと応えてくれる、完成度の高い1台に仕上がっていた。

エンタメ機能にすぐれたSIMフリー8.4型Androidタブレット

モデル プレミアムモデル スタンダードモデル
型番 BTV-DL09 BTV-DL09 BTV-W09
カラー ゴールド シルバー
CPU
(チップセット)
Kirin 950 オクタコア
メモリー 4GB
ストレージ 64GB 32GB
OS Android 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1
ディスプレイ 8.4型IPS液晶(2560×1600)
外部メモリー microSDメモリーカード(最大256GB)
カメラ
(インカメラ/アウトカメラ)
800万画素
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac 準拠
LTE LTE-FDD:Band 1/3/5/7/8/19/20/28
LTE-TDD:Band 38/39/40/41
W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19
TD-SCDMA:Band 34/39
GSM:850/900/1800/1900MHz
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約124.2×215.5×7.3mm
重量 約310g