ダイハツ「トール カスタム」の“使える度”を詳細チェック!

PR企画

軽自動車で培った技術を随所に盛り込んだ

ダイハツ「トール カスタム」の“使える度”を価格.comが詳細チェック!

軽自動車メーカーのフロントランナーとして知られるダイハツが、軽自動車の開発・製造で培った技術を余すことなく注ぎ込んで作り上げたというコンパクトカー「トール」&「トール カスタム」。2016年11月の発売以降、テレビCMなどでもたびたびその姿を目にするが、はたしてその実力はどれほどのものなのか? 本特集では「トール カスタム」をピックアップし、価格.comスタッフが家族でドライブへ出かけてみることに。軽自動車で培ったノウハウが取り入れられたパッケージングや取り回しのよさはもちろん、デザイン性や走行性能、さらには安全性まで、その“使える度”をファミリー目線で詳しくチェックした。

“軽のダイハツ”が作ったコンパクトカー「トール」&「トール カスタム」はどんなクルマ?

軽自動車メーカーとして市場を牽引してきたダイハツから、軽自動車ではなく普通乗用車となる「トール」&「トール カスタム」が発売された。このニュースを、2016年11月に耳にした筆者は、「どうして軽自動車じゃなくて、普通乗用車をダイハツが作ったの?」と、少し疑問に感じたものだ。

もちろん、「軽自動車では少し手狭になってきた」というユーザーを取り込むため、軽自動車よりも車格の大きな普通乗用車を用意しておきたい、というメーカー側の考えは理解できる。だが、このクルマは、「タンク」&「ルーミー」という名称でトヨタへ、さらに、「ジャスティ」という名称でスバルへ、OEM供給されてもいる。なぜ普通乗用車メーカーのトヨタやスバルではなく、軽自動車メーカーのダイハツがこのクルマの開発・製造を担当したのだろうか……。

しかしこの疑問は、カタログを細かくチェックすると、すぐに払拭された。コンパクトカーのジャンルに属する「トール」&「トール カスタム」は、取り回しやすそうな、3,725(全長)×1,670(全幅)×1,735(全高)mmというボディサイズを実現しているのだが、その中に「これでもか」というほど、多彩なシートアレンジや便利な収納などが盛り込まれているのだ。こうしたアイデア満載のクルマ作りは、「大きく使える小さなクルマ」を作り続けてきたダイハツが最も得意とするところ。軽自動車メーカーならではのさまざまな技術が注ぎ込まれたこのクルマは、トヨタやスバルではなく、ダイハツにしか作れないクルマだったのである。

とはいえ、カタログを見て「ふむふむ」と納得しているだけでは、本当の“使える度”はわからない。そこで今回は、ノーマルの「トール」とは異なる意匠が施された「トール カスタム」の「Gターボ“SA II”」というグレードに乗り込み、筆者(30代男性)と、その妻(30代)、さらにはわが子(4歳)とともに、都内から千葉県の「マザー牧場」までドライブに出かけてみた。男性目線だけでなく、女性目線や子ども目線を含め、家族総出で、このクルマをレビューしようと言うわけだ。まずは、「トール カスタム」のエクステリアデザインからチェックしていこう。

ダイハツ「トール カスタム」
“軽のダイハツ”が自社開発・自社製造したコンパクトカーとして話題を呼んでいる「トール」&「トール カスタム」。今回の試乗車は「トール カスタム Gターボ“SA II”」で、ボディカラーはレーザーブルークリスタルシャインだ

「トール」&「トール カスタム」は「コンパクトなのに大きく見える」をコンセプトにデザインされたというが、なるほど確かに、エクステリアは堂々としたたたずまいで、その迫力はミニバンさながら。こうした存在感の強さは、広く取られたガラスエリアや、リヤに向かって駆け上がるボディ側面のキャラクターラインなどによって形成されているほか、今回レビューする「トール カスタム」においてはフロントマスクに上質なメッキグリルやボディ同色のフロントスポイラーが採用され、押し出し感も強調されている。これだけアグレッシブかつ品のあるルックスなら、愛車に「カッコよさ」を求める男性も納得だろう。

ダイハツ「トール カスタム」
ダイハツ「トール カスタム」
いい意味でコンパクトカーらしくない堂々としたたたずまいだが、ボディサイズは3,725(全長)×1,670(全幅)×1,735(全高)mm。取り回しやすい5ナンバーサイズの規格内に余裕で収まっている ※「トール カスタム」の全長は3,725mm、「トール」の全長は3,700mm。
ダイハツ「トール カスタム」
デザイン的な迫力を生み出しているのが、横のラインを基調にメッキパーツで立体的に造形されたフロントグリルだ。押し出し感の強いミニバンテイストのデザインは、とかく「かわいらしさ」が重視されがちな従来のコンパクトカーとは明らかにベクトルが違っており、ファミリーカーにも「カッコよさ」を求める男性のニーズにもしっかりと応えてくれる
ダイハツ「トール カスタム」
サイドビューを引き締める、専用の15インチアルミホイール。スタイリッシュかつ力強い「トール カスタム」のキャラクターを足元から演出している

価格.comスタッフ家族が乗って体感「トール カスタム」の居住性と実用性

堂々とした存在感とスタイリッシュな雰囲気を放つエクステリアデザインはずっと見ていたくなるが、「ママ、早く行きたい!」と子どもの機嫌もそろそろ怪しくなってきたので、「トール カスタム」に乗り込んでみることに。と、ここで早くも「ダイハツらしさ」を実感することとなった。妻いわく、ワンタッチで後席ドアの開閉が行える「両側パワースライドドア」のおかげで、右手にバッグを抱え、左手で子どもの手を引いていても、乗車がとてもスムーズに行えたとのこと。子どもを抱っこしていたり、ベビーカーを押していたり、子どものいるファミリーは乗車ひとつでも苦労するものだが、これならいちいち荷物を地面に置かなくて済むし、隣のクルマにドアがぶつからないかとヒヤヒヤすることもない。「ささいなことだけど、こういう細かい気配りは大事」と、妻も納得の様子だ。

さらに、車内に乗り込んですぐに感じたのが、室内空間が想像以上にゆったりとしていること。運転席と助手席の間には十分な余裕があるほか、後席も足元、頭上ともに広々としたスペースが確保されているので、足を組んでリラックスできるのはもちろん、チャイルドシートに座った子どもの世話もラクに行うことができた。そして、妻の心をガッチリとつかんだのが、運転席・助手席間の横移動や、前席・後席の縦移動がスムーズに行える「フロントシートウォークスルー」である。後席の子どもの様子を見るためにわざわざ乗り降りする必要がなく、助手席から後席にサッと移動できるのはなんとも便利。たまには助手席でドライブを楽しみたいけど、「乗り降りが面倒で……」と、子どもが生まれてからは後席が指定席になってしまっている世のママたちなら、このありがたみがよくわかるのではないだろうか。

ダイハツ「トール カスタム」
「トール カスタム」の後席ドアには運転席側、助手席側ともに電動で開閉する「両側パワースライドドア」が標準装備されているため(「X “SA II”」と「X」は助手席側のみ)、両手がふさがっていたり、子どもの手を引いていたりしてもワンタッチでドアを開閉できる。いちいちキーをバッグから取り出さなくていいのは想像以上に便利で、「これ、ほんとに助かる」と、妻も納得の様子
ダイハツ「トール カスタム」
ダイハツ「トール カスタム」
開口幅の大きなスライドドアとステップ高366mmの低床フロアのおかげで乗り降りもラクラク。さらにBピラー内側には、上が大人用、下が子ども用にグリップの太さを変えた2段構造の大型乗降用アシストグリップが装備されており、妻はもちろん、4歳の子どもでもすんなり乗り降りできた
ダイハツ「トール カスタム」
軽自動車の全幅は1,480mm以下という規格があるが、「トール カスタム」は5ナンバーサイズの普通乗用車のため、全幅は1,670mmとなっている。運転席に筆者が、助手席に妻が座ってみたが、シート間にゆとりがあり、かなり広々とした印象を受けた
ダイハツ「トール カスタム」
「ママ、のど乾いた」と後席から子どもの声。ここで活躍したのが、運転席・助手席間の横移動はもちろん、前席・後席の縦移動もスムーズに行える「フロントシートウォークスルー」だ。後席への移動のためにわざわざ乗り降りするのは面倒だが、これなら車内移動があっという間。雨の日にも重宝しそうだ
ダイハツ「トール カスタム」
身長180cmの筆者が運転席に座った状態でも、リヤシートの足元は広々。チャイルドシートに座った子どもの足が前席のシートバックに当たってしまうこともない。頭上スペースにも余裕があるので、子どもの世話もラクに行えた
ダイハツ「トール カスタム」
「トール カスタム」の室内は広さと上質さがうまく融和している印象で、決して「使いやすさだけ」ではない。センターメーターの採用により視覚的に広がりが感じられるほか、センターコンソールのフチや、左右のエアコン吹き出し口周囲にはシルバー加飾が、ドアトリムやダッシュボードには落ち着きのあるブルーの配色があしらわれるなど、随所に質感の高さが感じられるパーツが採用されている
ダイハツ「トール カスタム」
目的地の「マザー牧場」に到着。都内からは1時間半ほどのドライブだったが、広い室内でくつろげたおかげか、あっという間に到着したように感じた。大人にとって快適なドライブは、子どもにとっても快適だったようで、「マザー牧場」到着後は、元気があり余っているのか、さまざまな動物たちと触れ合い、はしゃぐ姿が印象的だった

「マザー牧場」で動物との触れ合いを満喫した後は、妻のリクエストにより、買い物へ行くことに。この道中では、特に実用性に関する多くの「使える」を実感することとなった。

たとえば、積載性。「トール カスタム」の後席は、最大240mmのロングスライド機構と、ダイブイン機構が採用された6:4分割可倒式となっているため、荷物の量が多い時には後席を前方へスライドさせてラゲージスペースを拡大することができるほか、後席を足元空間にすっぽりと格納できるダイブイン機構により、家具などの大きな荷物を積み込むこともできる。

ほかにも、後席のシートバックやラゲージフロアを汚さずに自転車などが積めるよう、デッキボード裏面に防汚シートが内蔵されていたり、小物入れをはじめ気の利いた収納が数多く用意されていたりと、ダイハツならではのアイデア装備が満載。こうした“生活密着型”の作り込みも、「トール カスタム」が従来のコンパクトカーとはひと味違う、ダイハツにしか作れないクルマと評されるゆえんなのだろう。

ダイハツ「トール カスタム」
妻が買い物に行っている間、筆者はシートをフルフラットにして、子どもに絵本を読み聞かせ。子どもは、広いフラットスペースの出現に大よろこびで、絵本に集中していたのは、ほんのわずかな時間だったが(笑)
ダイハツ「トール カスタム」
妻が購入してきたのは、衣装ケースと組み立て式のラック。前者はかなりの容積があり、後者はかなりの長さがあるが、「トール カスタム」のラゲージスペースに収まるのだろうか?
ダイハツ「トール カスタム」
約540(幅)×400(奥行)×615(高さ)mmの衣装ケースはラゲージスペースに余裕で積み込むことができた。組み立て式のラックは長さが約1,250mmあったが、後席片側をダイブインさせることで、問題なく積載完了。こうした大きな荷物を積み込んでも、しっかりと居住スペースが確保できるのも「トール カスタム」のいいところ
ダイハツ「トール カスタム」
ダイブイン機構を使って後席を足元空間に格納し、さらにデッキボード裏面にある防汚シートを広げれば、室内を汚すことなく荷物を積載できる。土や泥が付いた子ども用の自転車や靴のほか、園芸用の土や肥料、大型のプランターなどを積むときにも便利そうだ
ダイハツ「トール カスタム」
ダイハツ「トール カスタム」
ダイハツ「トール カスタム」
ダイハツ「トール カスタム」
ほかにも、500mlの紙パック飲料に対応したカップホルダーや、バッグなどが置けるセンターフロアトレイ、前席シートバックに備えられたシートバックテーブル※1、後席シート横のトレイ式デッキサイドトリムポケット&ボトルホルダーなど、ユーザー目線で考え抜かれた“使える”装備が室内のいたるところに用意されている ※1 シートバックテーブルはコンフォートパックとして全車にメーカーオプション。

ママは安心、パパも納得 運転しやすいボディサイズとパワフルな走行性能

走行時の“使える度”で言うと、まずは何より、取り回しのよさに驚いた。運転がそれほど得意ではない妻いわく、「まるで軽自動車のよう」とのことだが、それもそのはずで、「トール カスタム」の最小回転半径は4.6〜4.7m※2。ダイハツの軽自動車「タント」の最小回転半径が4.4mなので、その差はわずか0.2〜0.3mしかない。「軽自動車並み」という感覚は、まさにその通りなのである。

それからもうひとつ、狭い道の走行や駐車が苦手な妻でも安心して運転できたのは、オプション装備の「パノラマモニター」によるところも大きい。「パノラマモニター」とは、車両の前後左右に搭載されたカメラで撮影した映像を合成し、クルマを真上から見たような映像をセンターコンソール上部の4.2型カラーマルチインフォメーションディスプレイや、ダイハツ純正ナビの大画面に表示してくれる機能のこと。抜群の小回り性能と「パノラマモニター」の組み合わせにより、細街路での運転や車庫入れまでスイスイ行えたというわけだ。

また、パワートレインについても確認しておこう。「トール カスタム」には996ccの直列3気筒エンジンが搭載されており、ターボ車の最高出力は98PS、最大トルクは14.3kg・m。組み合わされるトランスミッションはCVTとなる。1,500ccクラスのトルクを発揮するだけあって、その走りは想像以上にパワフル。実際、低中速域ではアクセルペダルをそっと踏み込むだけで軽やかに走行できたほか、高速域ではグイグイと加速し、高速道路でもスムーズに流れに乗ることができた。また、背の高いクルマにつきものもロールもほどよく抑えられており、走行時の安定感も高かった。
※2 14インチタイヤ装着車の場合は4.6m、15インチタイヤ装着車の場合は4.7mとなります。

ダイハツ「トール カスタム」
ダイハツ「トール カスタム」
すぐれた居住性や積載性を発揮しながら、全長を抑えることで4.6〜4.7mという軽自動車並みの最小回転半径を実現しているところも「ダイハツならでは」のポイントだろう。クルマの周囲を映像で確認できる「パノラマモニター」のおかげもあって、狭い道の運転が苦手な妻も「初めて乗ったクルマとは思えないほど左右の感覚がつかみやすくて、運転しやすかった」とのこと
ダイハツ「トール カスタム」
ダイハツ「トール カスタム」
普段なら「パパ、お願い」と運転を交代する車庫入れだが、ここでも「パノラマモニター」が活躍。映像と目視で確認しながら、一発でスムーズに駐車できた
ダイハツ「トール カスタム」
高速道路では、996ccエンジンとは思えないほどのパワフルな走行フィールが感じられた。アクセルを少し踏み込むと、ターボの恩恵もあってグイグイ加速。車体をスムーズに前に押し出してくれるので、合流や追い越しの際もスーッと流れに乗れた。街中でも高速道路でもまったく力不足は感じなかった

さらに、フロントガラス内側上部に備えられた単眼カメラと、フロントグリル内のレーザーレーダー、車体後部のソナーセンサーで周囲の状況を検知するダイハツの先進安全装置「スマートアシストII」が用意されているのも大きな魅力だ。

「スマートアシストII」とは、①先行車と衝突の危険が高まった場合、緊急ブレーキが発動する「衝突回避支援ブレーキ機能」、②車両に加えて前方の歩行者も認識し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示で知らせる「衝突警報機能」、③走行中、道路上の前方車線を認識し、車線から逸脱しそうになると、警報を発して逸脱回避操作をうながす「車線逸脱警報機能」、④前方・後方に障害物がある状態でアクセルを踏み込んだ場合、踏み間違いを認識してエンジン出力の抑制と、ブザー音&メーター内表示で警告を発してくれる「誤発進抑制制御機能」、⑤前のクルマが発進したことに気付かない時、ブザー音とメーター内表示で知らせてくれる「先行車発進お知らせ機能」の5つによって、安全運転をサポートしてくれるもの。毎日の送り迎えや週末の買い物、レジャーなどで家族を乗せる機会が多くなることを考えると、「スマートアシストII」の搭載は心強い限りだ。

ダイハツ「トール カスタム」
約60km/h以上で走行中、フロントガラス上部の単眼カメラが道路上の白線を検知。ウインカー操作をせずに車線からはみ出しそうになると、ピピッという警告音とメーター内表示でドライバーに知らせてくれる「車線逸脱警報機能」が発動した。転ばぬ先の杖として、集中力が散漫になりがちな長距離ドライブなどで威力を発揮してくれそう
ダイハツ「トール カスタム」
ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故のニュースが盛んに取り上げられている昨今だが、「スマートアシストII」には前方・後方への誤発進を防ぐ「誤発進抑制制御機能」も備えられているので安心だ

子どもが大きくなってきたり、2人目が生まれたりすると、軽自動車ではちょっと手狭に感じてしまうことがある。とはいえ、3列シートのミニバンでは大きすぎるし、コンパクトサイズのハッチバックでは使い勝手に物足りなさを感じてしまう、という人は意外と多いのではないだろうか。

今回、レビューを行った「トール カスタム」は、そんなファミリー層にうってつけのクルマだ。ボディサイズはコンパクトだが、中は広々。多彩なシートアレンジや、気の効いた収納などによって使い勝手も抜群だ。さらに、デザインはスタイリッシュで押し出し感が強く、走行性能は十分に満足のいくパワフルさ。そのうえ、安全装備も充実している。

ダイハツが軽自動車で培った技術やノウハウを余すことなく注ぎ込んだ「トール」&「トール カスタム」は、これまで軽自動車に乗っていた人はもちろん、ミニバンやハッチバックからの乗り替えでも、納得できる完成度の高さを誇っている。その実力と“使える度”の高さをぜひ体感してみてほしい。