価格.comのクチコミを分析してわかったダイハツ コンパクトカーの選び方

PR企画

求める条件にピッタリな1台が見つかる 価格.comのクチコミを分析してわかった ダイハツ コンパクトカーの選び方

年度末の3月は、自動車メーカー各社の決算に加えて、消費者側でも翌月の自動車税課税を控え、新生活に向けて購買意欲が高まる時期でもあることから、クルマの需要と供給が一気に高まる。そんな商戦期を前に、現在、クルマの新規購入や買い替えを検討している人に注目してほしいのが、充実のラインアップを誇るダイハツのコンパクトカーだ。本企画では、価格.comのダイハツ・車種ページのクチコミを分析し、「室内空間」「デザイン」「走り・燃費」という3つのポイント別に注目すべきモデルをピックアップ。各モデルの特徴や魅力もしっかりと紹介するので、ぜひクルマ選びの参考にしていただきたい。

クルマの新規購入や買い替えは年度末が狙い目!
充実のラインアップを誇るダイハツ車に注目

クルマには、“買いどき”がある。特に新車は時期によって値引き額が大きく異なるため、より安くクルマを手に入れたいなら、最も値引きが期待できるタイミングを逃さないことが重要だ。では、その買いどきがいつなのかといえば、年度末の3月にほかならない。

その理由は、国内の自動車メーカー各社の決算月が3月であるため。この時期に1台でも多くクルマを売ることで、売上高や利益を多くして決算の数字をよくしたいというのは、どこでも同じ。そのため、車両本体価格の大幅値引きなど、好条件が引き出しやすくなるのだ。なお、3月にクルマを購入すると、契約年度の自動車税が免除されるのも、消費者にとってはメリットとなる。

ただし、年度内に契約すれば大幅な値引きが期待できるかといえば、そういうわけでもない。クルマは登録(※陸運局に申請してナンバーを取得すること)して初めて販売台数としてカウントされるため、大幅な値引きが期待できるのは、決算月の3月中に登録が完了したクルマだけ。一般的に登録車(普通乗用車)の登録には1週間ほどかかると言われており、販売台数が増加する年度末になると、さらに時間がかかることもある。また、車種によっては、納期が長期化しているものもあるようだ。登録車ではない軽自動車の場合は、手続きが簡素なため、書類さえ揃っていれば当日にナンバーを取得できるが、いずれにせよ、年度内に登録を済ませるためには、3月に入ってからあわててディーラー通いを始めるのではなく、少なくとも2月のうちにはクルマ選びや商談をスタートさせておきたいところだろう。

そんな年度末を控え、現在、クルマの新規購入や買い替えを検討している人に注目してほしいのが、充実のラインアップを誇るダイハツのコンパクトカーだ。ダイハツ車は、価格.com「自動車・バイク」カテゴリーの「軽自動車 人気・注目ランキング」のトップ10に5モデルがランクイン(2017年1月25日時点)するなど、価格.com上での人気や注目度も高い。また、最近では、自社開発・自社生産のコンパクトカー「トール」と「トール カスタム」を発売し、軽自動車以外の車種ラインアップも拡充させている。ここでは、価格.comのダイハツ・車種ページのクチコミを分析(※)し、「室内空間」「デザイン」「走り・燃費」という3つのポイント別に注目すべきモデルを紹介。本特集を参考にして、自分のニーズにピッタリなダイハツ車を見つけていただきたい。

ダイハツ
ダイハツ

クルマを安く手に入れたいなら、自動車メーカー各社の決算期が近づく2〜3月が狙い目。本特集では、価格.comのクチコミを分析し、各モデルの個性を明らかにしていく

※クチコミの分析方法
クルマの特徴を示すキーワードとして、「室内空間」「デザイン」「走り」「燃費」「家族」の5つに着目し、各車種ページに、それらに関連するクチコミがどれくらい寄せられているかを調査。そのキーワードの登場頻度から、車種ごとに上記5項目を1〜5点でスコアリングした。

広くて使いやすいクルマが欲しい! という人は必見 「室内空間」に関するクチコミが多かった車種はコレ!

まず、「室内空間」に関するクチコミが多かったのは、「タント」「ウェイク」「トール&トールカスタム」の3モデル。普通乗用車(コンパクトカー)の「トール&トールカスタム」はもちろん、軽自動車の中でも全高1,700mm以上のスーパーハイト系にカテゴライズされる「タント」と「ウェイク」も広々とした室内空間を特徴としているため、なにかと話題に上ることが多いようだ。

車種別クチコミボリューム分布

豊富なラインアップを誇るダイハツ車の中でも「室内空間」に関するクチコミが多かったのがこの3モデル。上の表で示したクチコミ分析結果をもとに、各車種の個性や特徴を明らかにしていこう

価格.comユーザーのクチコミ抜粋

  • タント
    室内の広さは格別で、運転席からの見晴らしもよいです。とても快適な居住空間に、妻も喜んでくれています。
  • ウェイク
    室内空間が広く、友達にも好評です。天井が高く、黒のカラーリングを採用しているからかもしれませんが、ほかの軽自動車より圧倒的に広く感じます。車高の高さはダテじゃない。
  • トール&トールカスタム
    室内は広くて、大人の乗車も余裕だと思います。買い物や近所のお出かけなど、荷物を積んでの移動(街乗り)にいいと思います。
  • ※2017年1月31日現在、価格.comのクチコミの一部を抜粋・編集しています。

スーパーハイト系軽自動車の先駆けとして高い人気を誇る「タント」は、室内空間に関するクチコミの中でも、特に「便利」というワードで語られることが多かった。確かに、3,395(全長)×1,475(全幅)×1,750(全高)mmの取り回しのよいボディには、室内空間に広々としたスペースを生む助手席&後席の「シート ロングスライド機構」など、便利な機能が多数搭載されており、室内の広さや利便性を求める人にとってピッタリの1台と言える。また、「家族」に関するクチコミが多かったのも印象的。こちらは、助手席側のBピラーを前後のドアに内蔵することで、幅1,490mmもの広いドア開口部を実現した「ミラクルオープンドア」が、ファミリー層の関心を集めているのだろう。

タント
タント

広々とした室内空間を実現した「タント」は、軽自動車とは思えないほど、後部席の頭上や足元スペースに余裕がある(左写真)。助手席側に備えられた「ミラクルオープンドア」は、通常は前後のドアの間にあるBピラーを、前後のドアに内蔵することで、剛性をキープしつつも幅1,490mmものドア開口が可能になっている(右写真)

「ウェイク」の室内空間の広さはすでに多くの人に認知されているが、価格.comのクチコミを見ても、やはり「広い」「デカイ」というワードで多く語られていた。実際に、室内スペースは、2,215(室内長)×1,345(室内幅)×1,455(室内高)mmとかなり広々としており、ラゲージスペースにたくさん荷物を積んで大人4人が乗車した場合でも、頭上や足元のスペースには余裕がある。このほか、「デザイン」に関するクチコミも意外と多かった。「ウェイク」といえば、実用性重視のクルマと思われがちだが、“かわいい系”が多いほかの軽自動車とは一線を画す、存在感のあるエクステリアデザインをまとっており、見た目のよさを重視する人のニーズにもしっかりと応えているようだ。

ウェイク
ウェイク

広々とした「ウェイク」の室内空間は、大人4人が乗り込んでも、頭上や足元のスペースにたっぷりと余裕がある。また、多彩なシートアレンジが可能なうえ、ラゲージスペースは圧倒的な収納力を備えているのもありがたい。ボディサイズは3,395(全長)×1,475(全幅)×1,835(全高)mmで、ほどよい存在感があるエクステリアデザインもポイントだ

「トール」&「トール カスタム」は、5人乗車が可能な普通乗用車(コンパクトカー)。それだけに、価格.com上でも、「軽自動車よりも広いコンパクトカーが欲しい人にはピッタリかもしれません」など、室内空間の広さや居住性を高く評価するクチコミが数多く寄せられていた。また、ただ室内が広いだけでなく、ラゲージスペースに積み込む荷物の量に合わせて後席を前後に動かせる、最大240mmのシートスライド機構や、後席が前方に格納されるダイブイン機構など、多彩なシートアレンジができるのもありがたい。このほか、「走り」「安定性」に関するクチコミも多く、一般的な軽自動車と比べて、排気量でも、出力でも、トルクでも大きく上回るコンパクトカーならではの走りのよさが関心を集めていることがわかった。

トール カスタム
トール カスタム

「トール カスタム」は、身長180cmの価格.comスタッフが運転席に座った状態でも、リヤシートの足元が広々。頭上スペースにも余裕があるため、子どもの世話などもラクに行える(左写真)。また、エンジンは996ccの直列3気筒エンジンを搭載し、「トール」と「トールカスタム」それぞれに自然吸気エンジン(NA)とターボエンジンを用意。その走りは想像以上にパワフルで、低速域から高速域まで、普段使いで不満に感じる場面は少ない(右写真)

機能はもちろん見た目も大事! という人は必見 「デザイン」に関するクチコミが多かった車種はコレ!

続いて、「デザイン」に関するクチコミが多かったのは、「ムーヴ キャンバス」と「キャスト アクティバ」の2モデル。レトロでかわいい「ムーヴ キャンバス」、力強さと遊び心をあわせ持ったクロスオーバーテイストの「キャスト アクティバ」と、その味付けは異なるものの、どちらもデザインに特徴のあるクルマだけに、価格.com上で話題を集めていたのも納得だろう。

車種別クチコミボリューム分布

豊富なラインアップを誇るダイハツ車の中でも「デザイン」に関するクチコミが多かったのがこの2モデル。上の表で示したクチコミ分析結果をもとに、それぞれの個性や特徴を明らかにしていこう

価格.comユーザーのクチコミ抜粋

  • ムーヴ キャンバス
    外観はレトロなデザインで、インテリアも素晴らしい。最新の安全装備やワンランク上の質感はカタログではわからないので、ぜひ実車を見に行ってほしいです。ちなみに、ツートンカラーと単色カラーでは全然別の車に見えますので、ツートンカラーを見に行って下さい。
  • キャスト アクティバ
    エクステリアはネットや車雑誌を見て想像していた以上で、一般的なコンパクトカーよりも質感が高くカッコ良かったです。フォグランプ周りもタフさを表現しているようです。インテリアも、もう軽自動車のレベルではないと思いました。
  • ※2017年1月31日現在、価格.comのクチコミの一部を抜粋・編集しています。

「ムーヴ キャンバス」は、デザインに関するクチコミの中でも、特に「女性」「かわいい」というワードで語られることが多かった。そのエクステリアデザインを詳しく見ると、レトロバスを思わせる丸みを帯びたボディや、キラキラとしたメッキパーツ(※メイクアップグレードに標準装備)、ツートンの組み合わせに遊び心を感じる“ストライプスカラー”など、かわいく、オシャレなデザインが随所に盛り込まれており、確かに女性にピッタリな1台と言える。また、やや意外だが、「家族」に関連するクチコミも多かった。電動でドアが開閉する「両側パワースライドドア」や、後部席足元に装備された収納ボックス「置きラクボックス」など、便利な機能が搭載されているため、価格.comユーザーはファミリーカーとしても使える1台と見ているのだろう。

ムーヴ キャンバス
ムーヴ キャンバス

「ムーヴ キャンバス」のボディサイズは、約3,395(全長)×1,475(全幅)×1,655(全高)mm。写真の「パールホワイトIII×ファインミントメタリック」をはじめとするストライプスカラーは、かわいらしさを求める女性にピッタリ(左写真)。また、両手に荷物を抱えているときに便利な「両側パワースライドドア」を搭載。狭い駐車場でもラクにドアを開けて子どもをチャイルドシートに乗せられるなど、ファミリー層も重宝する機能だ(右写真)

「キャスト アクティバ」のエクステリアデザインは、精悍なヘッドライトや、量感あふれるフロントグリルとフェンダー周り、水平基調のサイドシルエットなど、個性いっぱい。価格.com上でも、「デザイン性の高さは魅力的」「斜めから見た感じがカッコよくて好きです」など、好意的なクチコミが数多く寄せられていた。また、デザインと同じくらい多かったのが、「室内空間」「走り」に関するクチコミ。室内空間はオプションでボディカラーに合わせたアクセントカラーへとカスタムでき、ダイハツの独自技術「フォースコントロール」によって、快適な乗り心地と爽快な走りを実現するなど、見どころの多いモデルだけに、デザインだけでなく、室内空間や走りに興味を示すユーザーも多いようだ。

キャスト アクティバ
キャスト アクティバ

「キャスト アクティバ」のエクステリアは、フロントとリヤのバンパーアンダーガードや、ガンメタリック塗装のサイドドアモールなどを備えることで、うまくクロスオーバーのエッセンスを取り込んでいる(左写真)。また、室内空間の広さも十分なもの。なお、ダッシュボードやドアトリムのアクセントカラーは、標準のシルバーのほか、6色のオプションカラーも選択できる(右写真)

やっぱりクルマは走りが重要! という人は必見 「走り」や「燃費」に関するクチコミが多かった車種はコレ!

最後に、「走り」や「燃費」に関するクチコミが多かったのは、「ムーヴ カスタム」と「ミラ イース」の2モデル。軽自動車というと、取り回しはよくても、走りの質が物足りないというイメージがあるが、この2モデルには、「加速に不満はありませんし、坂道もスムーズ。低燃費なのもいいですね」など、総じて好意的なクチコミが寄せられており、多くの人がその走りや燃費に満足している様子がうかがえた。

車種別クチコミボリューム分布

豊富なラインアップを誇るダイハツ車の中でも「走り」や「燃費」に関するクチコミが多かったのがこの2モデル。上の表で示したクチコミ分析結果をもとに、それぞれの個性や特徴を明らかにしていこう

価格.comユーザーのクチコミ抜粋

  • ムーヴ カスタム
    NA車ですが、普通の流れに乗る程度の加速には不満はありません。坂道も以前乗っていた軽自動車のNA車に比べ、結構スムーズに上っていきます。
  • ミラ イース
    燃費が最高です。国道走行が大半でしたが、時速50〜60km走行でガソリン1Lあたり30.8km走れました。エンジン制御や、オルタネーターが大きく影響しているようです。
  • ※2017年1月31日現在、価格.comのクチコミの一部を抜粋・編集しています。

「ムーヴ カスタム」で圧倒的に多かったのは、走りに関するクチコミ。なかでも、「乗り心地」というワードで語られることが多かった。その乗り心地を支えているのが、「ムーヴ カスタム」に搭載されたダイハツの独自技術「フォースコントロール」。これは、あらゆる路面や速度域で快適かつ上質な走りを実現してくれる技術で、クルマ好きの人はもちろん、クルマに乗る機会が少ない人でも、一般的な軽自動車との乗り心地の違いが実感できる。また、最高出力38kW(52PS)、最大トルク60N・m(6.1kg・m)のNA車に加えて、最高出力47kW(64PS)、最大トルク92N・m(9.4kg・m)のターボ車が用意されているのも、走りにこだわる人にとってはうれしいポイント。このほか、「室内の座席の足元には広いスペースが確保されています」など、室内空間に関するクチコミも多く寄せられていた。

ムーヴ カスタム
ムーヴ カスタム

ダイハツの独自技術「フォースコントロール」を搭載し、乗り心地や走りの安定感を高めた「ムーヴ カスタム」。先進予防安全機能「スマートアシストII」を搭載し、2015年には独立行政法人自動車事故対策機構(JNCAP)による「予防安全アセスメント」で、軽自動車として初めて最高ランクの「ASV+」を獲得するなど、安全性にも定評がある(左写真)。室内空間も広々としており、リヤシートに身長178cmのスタッフが座っても、足下には十分ゆとりがある(右写真)

「ミラ イース」は、低燃費で環境性能が高く、かつ低価格な“第3のエコカー”をコンセプトに開発された、ダイハツの軽自動車。ダイハツの低燃費技術「e:Sテクノロジー」を搭載し、車体の軽量化や、排出CO2の削減、停車直前に一定の条件が揃うと走行中でもエンジンを停止するアイドリングストップ機能などによって、従来の軽自動車とは一線を画す、35.2km/L(JC08モード・2WD車の場合)の圧倒的な低燃費を実現している。価格.com上でも、「今さらながら、燃費はすごいですね!!」「ミライースはカッコつけでなく環境意識を持つ人が乗る車です」というスレッドが立てられるなど、その低燃費性や環境性能には多くの関心が集まっていた。燃費や環境性能を重視する人にもってこいの1台と言えるだろう。

ミラ イース
ミラ イース

「ミラ イース」のボディサイズは、約3,395(全長)×1,475(全幅)×1,490(全高)mm(2WD車の場合・4WD車は全高1,500mm)。低燃費性や環境性能がすぐれているのはもちろん、下位グレードのDで税込766,286円(メーカー希望小売価格)の低価格を実現しているのもポイント。エクステリアは親しみやすいシンプルなデザインに仕上げられているため、老若男女問わず気軽に乗りこなせそうだ

まとめ

以上、価格.comのダイハツ・車種ページのクチコミを分析し、「室内空間」「デザイン」「走り・燃費」という3つのポイント別に注目すべきモデルを紹介してきた。一見、似たように見える軽自動車だが、モデルによってさまざまな個性があることがおわかりいただけただろう。また、これだけ多くの魅力的なモデルをラインアップしているからこそ、ダイハツは、日本の軽自動車市場を牽引するメーカーとして、ユーザーから絶大な支持を集めてきたのだ。クルマを安く購入しやすいと言われる年度末の3月を控え、クルマ、特にコンパクトカーの新規購入や買い替えを検討している人は、幅広いラインアップを誇るダイハツ車の中から、自分のニーズにピッタリな1台を見つけていただきたい。