デルのSSD搭載スタンダードノートPC特集

PR企画

これからのストレージはSSDが主役 高速レスポンスが気持ちいい! デルのSSD搭載スタンダードノートPC特集

今、パソコンを購入する人に必ずチェックしてほしいのが、データを保存しておくためのストレージだ。従来、ストレージには大容量なHDDが用いられてきたが、現在はフラッシュメモリーを使った高速な「SSD」を採用するモデルが増えてきた。この背景にあるのはズバリ、SSDの低価格化だ。このトレンドをいち早くとらえたPCメーカー、デルは15.6型クラスの大型液晶を搭載したスタンダードノートPCにもSSD搭載モデルを多数ラインアップ。ハイスペックなプレミアムモデルから価格重視のシンプルモデルまで、メインPCにおいても高速ストレージの恩恵が受けられるようにしている。本特集では、そんなデルのSSD搭載スタンダードノートPCの中から注目の6モデルをチョイスした。

  • 大容量SSD搭載の
    ハイスペック&プレミアムモデル
  • New XPS 15

  • New XPS 15
  • New XPS 15

主なスペック
液晶ディスプレイ 15.6型4K(3840×2160)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-7700HQ
プロセッサー(2.80GHz-3.80GHz)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050
メモリー 16GB(DDR4 PC4-19200)
ストレージ SSD 512GB
光学ドライブ なし
主なスペック
液晶ディスプレイ 15.6型フルHD (1920×1080)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i5-7200U
プロセッサー(2.50GHz-3.10GHz)
グラフィック インテル HD グラフィックス 620
メモリー 4GB(DDR4 PC4-19200)
ストレージ SSD 256GB
光学ドライブ なし
主なスペック
液晶ディスプレイ 15.6型フルHD (1920×1080)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-7500U
プロセッサー(2.70GHz-3.50GHz)
グラフィック AMD Radeon R7 M445
メモリー 8GB(DDR4 PC4-19200)
ストレージ SSD 256GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
主なスペック
液晶ディスプレイ 14型フルHD (1920×1080)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i5-7200U
プロセッサー(2.50GHz-3.10GHz)
グラフィック インテル HD グラフィックス 620
メモリー 8GB(DDR4 PC4-19200)
ストレージ SSD 256GB
光学ドライブ なし
主なスペック
液晶ディスプレイ 15.6型フルHD (1920×1080)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-7700HQ
プロセッサー(2.80GHz-3.80GHz)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050Ti
メモリー 8GB(DDR4 PC4-19200)
ストレージ SSD 128GB、HDD 500GB
光学ドライブ なし
主なスペック
液晶ディスプレイ 15.6型WXGA(1366×768)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i3-7100U
プロセッサー(2.40GHz)
グラフィック インテル HD グラフィックス 620
メモリー 4GB(DDR4 PC4-19200)
ストレージ SSD 128GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

サクサク快適! SSD搭載モデルのメリット

SSD搭載モデルを選ぶべき3つの理由

  • HDDに比べて転送速度が高速
  • 駆動部分がないため静か
  • 駆動部分がないため衝撃に強い

パソコンにとって、データの貯蔵庫となるストレージ。このパーツには長らく低価格・大容量が特徴のHDDが用いられてきたが、最近になってNAND型フラッシュメモリーを用いた「SSD(Solid State Drive)」と呼ばれる高速ストレージが採用されるケースが増えてきた。あるIT系調査会社の調べによると、2016年に登場した11.6〜13.3型液晶を搭載したモバイルノートPCの約6〜8割がSSD搭載モデルであったというほどだ。

そんなSSD搭載モデルのメリットは、高速かつ静かに動作し、衝撃でデータが失われにくいこと。磁性金属の円盤(プラッター)上で磁気ヘッドを動かし、データを読み書きするHDDのように、メカニカルな駆動部品を持たないため、上記のような利点があるのだ。特にその高速性の恩恵は大きく、SSD搭載モデルのパソコンを実際に利用したことがある人の多くが「もうHDD搭載モデルには戻ることができない」との感想を述べている。

いっぽう、SSDはその価格の高さがデメリットとされてきたが、それも年を追うごとに解消されつつある。本特集で紹介したデルのノートPCを見てもわかるように、256〜512GBほどの実用的な容量を搭載したモデルが手ごろな価格で購入できるようになりつつある。メインマシンとして使用するスタンダードノートPCでも快適性を求めたい人は、これから積極的にSSD搭載モデルを検討してほしいと思う。