自由化を機にガスも電気も大阪ガスが選ばれている理由とは?

PR企画
ガス自由化を機に再確認しよう

大阪ガスが選ばれている理由とは?

関西での電力切り替え先No.1

2017年4月にスタートする都市ガスの小売全面自由化(ガス自由化)を機に、「どのガス会社と契約すべきか?」検討している人も多いはず。そこで本特集では関西圏にスポットを当て、昨年2016年4月に始まった電力の小売全面自由化(電力自由化)において、関西電力管内で電力切り替え先No.1※1の実績を上げている大阪ガスに注目。本記事では、ガス料金がお得になる新メニュー「もっと割料金」をはじめとするお得なガス料金メニュー「GAS得プラン」や、「大阪ガスの電気」の魅力、充実のサポート体制などを紹介するとともに、大阪ガスが多くの人から選ばれている理由を解き明かしていく。

※1 電力広域的運営推進機関発表のスイッチング件数(関西電力エリア)と大阪ガスへのスイッチング数より算出/低圧契約による実績値(2016年9月30日時点)/大阪ガスのホームページより抜粋

2016年4月の電力自由化で示された
大阪ガスのお得さと信頼性

1905年(明治38年)から、関西圏を中心に都市ガスの供給を行っている大阪ガス。その110年を超える歴史は、関西圏に暮らす一般家庭の人々や、同地方で操業する企業に寄り添い、信頼を築き上げてきた歴史でもある。そんな大阪ガスが、地元の人々から愛され、支持されていることを顕著に表しているのが、昨年2016年4月に始まった電力自由化におけるスイッチング(他電力会社からの切り替え)数だ。

大阪ガスでは、電力自由化にともなって「大阪ガスの電気」の販売をスタート。関西電力管内の新規参入企業としては契約件数No.1※1となる、約25万件もの契約を獲得したという(2017年1月4日時点)。この背景には、ガスと電気の料金を一括で支払える利便性や、充実のサポート体制だけでなく、従来から業務用の電力を販売してきた実績や、 “エネルギーのプロ”としての信頼性の高さがあると言える。

  • 大阪ガス
  • 110年以上にわたって、関西圏に暮らす一般家庭の人々や、同地方で操業する企業に寄り添ってきた大阪ガス。2016年4月にスタートした電力自由化におけるスイッチング数からも、高い支持を獲得していることがわかる

電力自由化において、大阪ガスがいかにお得なプランを提供し、いかに信頼できる事業者であるのかを確認するため、価格.comの「電気・ガス料金」カテゴリーにおける、「電力会社・プランの切替評判レポート」に寄せられたユーザーの声をチェックしてみよう。

大阪ガスに対する「電力会社・プランの切り替え評判レポート」
ユーザー
大阪ガスは以前から地域担当の方がいて、定期的に訪問や、説明などをしてくれるのでわかりやすく、簡単に変更手続きができました。料金も大幅に安くなりましたので大変満足しています。年間通しての料金の違いを確認するのが楽しみです。
ユーザー
切り替えるまでは、本当に安くなるのだろうかと不安でしたが、実際に電気代が安くなっているのを目の当たりにすると、やっぱり切り替えてよかったと思います。切り替え手続きもすべてWeb上で行えたし、スマートメーターを取り付けるのもそんなに時間がかからなかったし、手続きにかかるこちらの負担はゼロで済みました。
ユーザー
地元ガス会社であり、なじみがあります。サポートや将来性においての不安もないですし、「長期2年割引」に加入したのでお得さも実感できています。また、Web上で日々の使用量がリアルタイムに近い状態で確認できるので、節約にも役立っています。
ユーザー
大阪ガスから「シミュレーションしてみませんか?」との話があったので、試しに依頼してみたところ、すぐに返事があり対応が素早かったです。

※2017年3月7日時点、価格.com「電力会社・プランの切り替え評判レポート」において、大阪ガスに対して投稿されたユーザーレポートの一部を抜粋・編集しています。

このように、電力のスイッチングにおいても評判のよい大阪ガスが、さらに本領を発揮しそうな機会が、2017年4月から始まるガス自由化だ。大阪ガスと言えば、ガス機器の修理を24時間365日受け付け、約200か所の出動拠点から約1,300名におよぶサービスマンがスピーディーに駆けつけ、トラブルに対応してくれるなど、万全のサポート体制を整えていることでも知られている。その結果のひとつとして、第三者の調査会社が行った給湯器修理サービスの顧客満足度調査においても総合満足度1位※2に選ばれている。

そんな、高い安心感を提供してきた大阪ガスが、ガス自由化を機に新メニュー「GAS得プラン もっと割料金」をスタートさせるという。次章以降で、既存メニューも含めた、その具体的な内容や、ガスと電気をセット契約することで受けられる、さらなる割り引きなどについて詳しく見ていこう。

※2 楽天リサーチ調べ。全国20〜69歳の男女(持ち家)に2015年9月18日〜29日、インターネットで調査。サンプル数は2400(12社×各社200)。

ガスの小売自由化に向けて
新料金メニュー「GAS得プラン もっと割料金」登場

大阪ガスが2017年4月からスタートさせる新料金メニュー「GAS得プラン もっと割料金」。大阪ガスの供給区域内で都市ガス13A(天然ガス)をすでに使用している人なら、このメニューに申し込むための条件は特になく、解約金なし、移行手数料なし、契約期間の設定なしで申し込むことができる。

このプランでの割り引きは一律ではなく、ガスの使用量に応じて行われる。月々のガス使用量が約20m³を超えると、一般料金よりもお得になり、ガスの使用量が多ければ多いほど、メリットが大きくなっていくというものだ。ちなみに一般家庭の月々の平均的なガス使用量は、家族の人数やライフスタイル、季節などによっても異なるが、おおむね30m³程度と言われている。つまり、約20m³を超えるとお得になる「GAS得プラン もっと割料金」は、多くの家庭でそのメリットが実感できるメニューだと言えそうだ。

ちなみに下のグラフは、年間のガス使用量が600m³と、比較的ガスの使用量が多い家庭において、一般料金と「GAS得プラン もっと割料金」では、1年間にどれだけガス料金に違いが出るのかを試算したもの。その差額は約3,400円で、一般料金よりも約4%お得になるようだ。ガスは生活している限り必要なものだけに、1年間で約3,400円もお得になるというのは、実にありがたい。

一般料金と「GAS得プラン もっと割料金」の1年間のガス料金比較
大阪ガス

年間ガス使用量を600m³と仮定して、一般料金と「GAS得プラン もっと割料金」の1年間の差額を試算してみると、「GAS得プラン もっと割料金」のほうが約3,400円お得に。これが長期間積み重なると、かなり大きな差になってくる

※ガス料金は大阪ガスの2017年1月分として、仮に試算したもの。
※ガス料金は原料費調整額および消費税相当額が含まれています。
※単位料金は原料費調整制度により毎月見直しを実施します。

「GAS得プラン」既存メニューは
一般料金に比べて約33%お得になる場合も!?

ここまで、新メニューの「GAS得プラン もっと割料金」について見てきたが、「GAS得プラン」には、ガス自由化以前からさまざまな料金メニューが用意されており、すでに多くの家庭で利用されている。

そのひとつが「GAS得プラン」の「マイホーム発電料金」だ。たとえば、ガスから取り出した水素と空気中の酸素との化学反応で発電を行いながら同時にお湯も作る「エネファーム」を使用している場合には、一般料金に比べて約33%※3もガス料金がお得になる。

ほかにも、ガス冷暖房のハウス空調を使用している場合に加入できる「ハウス空調料金」では約25%※3、ガス温水床暖房を使用している場合に加入できる「床暖料金」では約21%※3、さらに、エネルギーを有効利用する給湯器「エコジョーズ」を使用している場合に加入できる「エコジョーズ料金」では約4%※3、一般料金に比べてお得になるという。

これらに浴室暖房乾燥機「カワック」や、ミストサウナ+浴室暖房乾燥機「ミストカワック」、2口以上のガスコンロの使用があれば、さらなる割り引きが適用されるので、こうしたガス機器を使用している人や、新しい家にこうしたガス機器の導入を考えている人は、ぜひ大阪ガスのホームページをチェックするか、大阪ガスに問い合わせてみてほしい。

※3 割引率はいずれも、一定のガス使用量をベースに、夏期料金や冬期料金などが適用された場合の試算例です。使用量に応じて一般料金に比べたお得さは変動します。2017年1月時点。

大阪ガス

「GAS得プラン」には、「マイホーム発電料金」「ハウス空調料金」「床暖料金」「エコジョーズ料金」など、快適で環境にやさしい機器を使用することでガス代がお得になるさまざまなメニューが用意されている

満足度の高い「大阪ガスの電気」
ガスと電気をセットで契約することで、ガス料金がさらにお得に

続いては、2016年4月からスタートしている「大阪ガスの電気」についても見ていこう。「大阪ガスの電気」の料金面での特徴は、たくさん電気を使う家庭にとってお得な料金設定になっていることだ。さらに、前章で紹介したユーザーレポートにもあった通り、大阪ガスのホームページ上や、大阪ガスへの電話連絡、さらには約200拠点あるガスのお店に連絡すると、自宅まで説明に来てくれてその場ですぐに切り替えられる手続きの簡単さもポイントだ。

また、「大阪ガスの電気」では、環境負荷が小さくクリーンな天然ガスを使用した火力発電を中心に、太陽光発電や風力発電、バイオマス発電などの再生エネルギーによるFIT電気などを組み合わせて供給していることを評価する声も多い。

大阪ガス

“エネルギーのプロ”として、すでに全国や海外で発電事業を進めている大阪ガスグループ。国内の電源規模は約184万kWにもおよぶ

肝心の料金プランについてだが、「大阪ガスの電気」のたくさん電気を使う一般家庭向け基本プラン「ベースプランA」に申し込んだ場合、関西電力の「従量電灯A」に比べて最大2%、「長期2年割引」適用で最大4%、電気代がお得になるという。また、大阪ガスの都市ガスと「大阪ガスの電気」をセットで契約すると最大3%、「長期2年割引」適用で最大5%、電気代がお得になる。このお得さにひかれて、大半の顧客が「長期2年割引」と「ガスセット割引」を選んでいるそうだ。

大阪ガス

※おトク率は再生可能エネルギー発電促進賦課金および燃料費調整額を除いた関西電力従量電灯Aの電気料金(2017年1月時点の適用単価)からの比較となります。

さらに注目すべきなのは、「GAS得プラン もっと割料金」と「大阪ガスの電気」をセット契約した場合だ。前章で、「GAS得プラン もっと割料金」に申し込むと、一般料金よりもガス料金が約4%お得になるとお伝えしたが、「大阪ガスの電気」とともにセット契約すると、ガス料金からさらに3%の割り引きが受けられるのだ。

それを試算したのが下のグラフ。「GAS得プラン もっと割料金」と「大阪ガスの電気」をセット契約すると、一般料金のガスと、従来の関西圏の地域電力会社である関西電力の「従量電灯A」を使用している場合に比べ、1年間で約12,100円も光熱費がお得になるというのだ。簡単な手続きをするだけで、これほどの割り引きが受けられるのなら、すぐにでも切り替えない手はないだろう。

「GAS得プラン もっと割料金」と「大阪ガスの電気」をセット契約した場合の試算例
大阪ガス

2017年4月にスタートするガスの新メニュー「GAS得プラン もっと割料金」と、2016年4月にスタートし、多くの人から高い評価を得ている「大阪ガスの電気」をセット契約すると、これまでにないお得さが味わえる。これは、すぐにでも大阪ガスのホームページをチェックすべきだろう

※ガス料金は大阪ガスの2017年1月時点単価。
※ガス料金は原料費調整額および消費税相当額が含まれています。
※電気料金は関西電力、大阪ガスともに2017年1月時点単価。
※電気料金には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金および消費税相当額を含みます。(2017年1月時点)
※お客さまのガス・電気の使用パターン・使用量によってはお得にならない場合がございます。
※料金メリットは一定の試算条件に基づくものとなります。

大阪ガス

大阪ガスでは、会員専用サイト「マイ大阪ガス」を用意しており、ログインするとガスと電気の料金や使用量をグラフで比較できる。こまめにチェックすることで、日々の省エネ意識を高めることができそうだ。なお、料金や使用量が更新されると、登録したメールアドレス宛てにメールが届くので、チェック忘れの心配もない

ガスや電気だけじゃない!
住まいのトラブルに対応してくれる「住ミカタ・サービス」&「住ミカタ・プラス」

大阪ガスでは、ガスや電気の提供だけでなく、さまざまな住まいの“困りごと”に対応してくれる「住ミカタ・サービス」も提供している。この「住ミカタ・サービス」では、エネルギーや住宅設備関連のプロである大阪ガスならではのノウハウを活用した水まわり修理サービスや、エアコン修理サービス、また、住まいの修理サービスを提供。さらに、修理サービスだけでなく、ハウスクリーニングや省エネリフォームの相談、防災・防犯サービスの紹介、飲料水の宅配サービスまで、幅広いサービスメニューを用意している。「この“困りごと”はどこへ連絡をすればよかったかな?」と悩む必要はなく、大阪ガスがワンストップで対処してくれるのは心強い。

また、「GAS得プラン」を利用している人には、こうした住まいの“困りごと”が起こった際に、大阪ガスのサービスマンが駆けつけ、一時対応を無料で行ってくれる「住まいの駆けつけサービス」や、健康相談をはじめ、レシピコンテンツや省エネレポートなど、暮らしに役立つ情報を提供してくれる「暮らしの応援サービス」が、月々216円(税込)で利用できる「住ミカタ・プラス」を用意。わずかな料金で、大きな安心と利用価値の高い情報を手に入れることができる。

なお、今「住ミカタ・プラス」に申し込むと、利用料が2018年3月分まで無料になるキャンペーンを行っているので、ガスと電気の料金に加え、サポートサービスでもそのお得さを実感してみてほしい。

大阪ガス

修理資格を持った約1,300名のサービスマンが、約200か所の出動拠点にスタンバイしており、素早く住まいの“困りごと”に対応してくれる。なお、ガス機器のメンテナンスは、午後3時までに受け付けを行うと、当日にサービスマンが訪問してくれるという
※平日は19時まで(日曜・祝日は17時まで)訪問。1月1日〜3日は除きます。

まとめ

以上、2017年4月のガス自由化を機にスタートする新メニュー「GAS得プラン もっと割料金」や既存メニューの詳細をはじめ、2016年4月に始まった「大阪ガスの電気」、ガスと電気をセット契約することで受けられるお得な割り引き、さらに、「住ミカタ・サービス」や「住ミカタ・プラス」といったサポートサービスなど、大阪ガスのサービスの魅力を探ってきた。その結果わかったのは、関西圏に暮らす一般家庭の人々や、同地方で操業する企業に寄り添い、信頼を築き上げてきた大阪ガスならではの質の高さだ。

今、「どのガス会社と契約すべきか?」検討している人はもちろん、昨年の電力自由化時に、電力会社の切り替えを行わなかった人にとっても、大阪ガスと契約するメリットは大きい。毎日使うガスや電気だけに、料金面はもちろん、安心感においても“間違いのない選択肢”と言えそうな大阪ガスのサービスを検討してみてはいかがだろうか?