ガスも電気もまとめてお得!東京ガス「ずっともプラン」

PR企画

ガス自由化で光熱費を見直し!ガス・電気をまとめるとどれだけおトクになる!?

価格.comが料金プランを徹底比較

2017年4月から都市ガスの小売全面自由化(ガス自由化)がスタートし、家庭や事業所においては、光熱費見直しのまたとないチャンスが到来する。これにともない、新規参入事業者が新たな料金メニューを続々と発表しているが、こうした新料金メニューに切り替えた場合、現在契約している大手ガス会社の料金メニューよりもお得になるかと言うと、そうとは限らないようだ。

ガス自由化で新規事業者の新サービスも登場

電力の小売自由化(電力自由化)からちょうど1年、2017年4月からいよいよ始まる都市ガスの小売全面自由化(ガス自由化)。これまでは居住地域で決められたガス会社としか契約できなかったが、4月以降は、複数のガス会社の料金メニューやサービスを比較して、自由にガス会社を選べるようになる。電力の自由化にガス自由化が加わることで、光熱費全体をお得に見直す絶好の機会だ。なお、契約先の変更は基本的にWebや、申込書での申し込みだけで済み、切り替えの手間はほとんどかからない。

東京ガス「ずっともプラン」
ガス自由化でこれまでと変わることと、変わらないことを簡潔にまとめたのが上の表だ。自由にガス会社を選べるようになるため、さまざまな料金メニューの登場が期待される。いっぽう、ガス管の敷設やガスメーターの取り替えは不要で、検針やガス管の保安は引き続き従来からのガス会社が行うことになる

電力自由化の時と同様、ガス自由化に合わせて複数の新規参入業者が新料金メニューや独自サービスを発表している。だが、新規参入事業者のサービスにすぐに飛びついてしまうのは早計かもしれない。というのも、現在契約している料金メニューや毎月のガス使用量によっては、現在契約している大手ガス会社のほうがお得になるケースも少なくない。

料金比較の際、特に気を付けたいのが「一般料金」という表記である。新規参入事業各社のホームページには「一般料金より毎月○○円もお得!」といったうたい文句が躍るが、この「一般料金」という表記は、たとえば関東1都6県の場合なら、東京ガスの一般料金メニューのことを指すことがほとんどだ。しかしながら、東京ガスが提供しているガス料金メニューは、この一般料金メニューだけでなく、一般料金と特定のガス機器を使用している場合に適用される「湯ったりエコぷらん」「暖らんぷらん」「エコウィルで発電エコぷらん」「エネファームで発電エコぷらん」があり、すでにこれらに加入している場合はガス料金がかなりお得になっており、新規参入事業者の料金メニューに切り替えると、むしろ割高になることもあるのだ。

東京ガスのお得なガス料金メニュー

東京ガス「ずっともプラン」
東京ガスは特定のガス機器などを使用することで、料金がお得になるガス料金メニューを多数用意している。もしこれらに加入しているのであれば、新規事業者の料金メニューに切り替えるより、お得になっているケースも多い

このように、一般料金のほかに、お得なガス料金メニューを提供している東京ガスだが、2017年4月1日からは、現在使用しているガス機器によらず、誰でも申し込みができる新料金メニュー「ずっともガス」が追加され、消費者の選択肢が広がる。

「ずっともガス」のお得なポイントは、ガス料金請求額1,000円につき5ポイントの「パッチョポイント」が付与されることだ。「パッチョポイント」とは、東京ガスのWebサービス「myTOKYOGAS」会員向けのポイントサービス。貯まったポイントは「d ポイント」、「Ponta」「Tポイント」などの各種提携ポイントや、東京ガスのオリジナルグッズと交換できる。一般料金メニューと比べてガス料金自体が安くなるわけではないが、ポイント分がお得になる仕組みだ。ただし、1か月間のガス使用量が0〜20㎥の場合、つまりガスをほとんど使わない家庭では、従来の一般料金メニューよりも料金が高くなるので、この点には注意したい。

ガスと電気をまとめた「ずっともプラン」でさらにお得に暮らしをサポートしてくれる各種サービスも利用可能

ところで、東京ガスは2016年4月の電力自由化以降、ポイントサービス付きのお得な電力料金メニュー「ずっとも電気」とともに、ガスと電気をまとめて契約することでさらなる割り引きが受けられる「ガス・電気セット割」を提供している。さらに上述の「ずっともガス」が加わることで、より利用状況にあった料金メニューの組み合わせが可能になる。そこで、「ずっともプラン」や「ずっとも電気」の具体的なメリットをチェックしていこう。

すでに開始されている「ずっとも電気」とこれらにガスを組み合わせた「ずっともプラン」は市場から高評価を得ており、「ずっとも電気」の契約件数はすでに64万件を突破しているという。価格.comのクチコミ掲示板にも「東京ガスに切り替えてよかった」という声が多数寄せられている。

価格.comに寄せられた東京ガスの電気料金メニューに切り替えた人の声

  • サービスの説明時や申し込み前の問い合わせ対応など、とてもていねいで信頼できる企業だと感じました。

  • 申し込みをしてすぐに訪問していただき、手続きも説明もわかりやすく納得してから契約ができました。今までは電気とガスで別々に請求書がきていましたが、1枚の請求書にまとめられているのもわかりやすいです。

  • 東京ガスは大手で安心できますよね。サービスも豊富で、すぐ駆けつけてくれるのは心強いです。スマートメーターになったのでガス検針の時に電気代もわかるようになり、クレジット払いもシンプルになったのがうれしいです。

  • 店舗で契約しましたが、説明などがわかりやすくていねいでした。また、電話で困りごとの相談に応じてくれました。

※2017年3月13日時点、価格.com「電力会社・プランの切り替え評判レポート」の一部を抜粋・編集しています。

なお、「ずっともプラン」の割り引きメニューは2種類ある。ガスと電気をセットで契約することで電気の基本料金が割り引きになる「ガス・電気セット割」と、ガスと電気に加え、東京ガス経由で提携プロバイダーのインターネットサービスを契約すると、プロバイダーの料金が割り引きされる「東京ガストリプル割」だ。「ガス・電気セット割」に加入した場合の電気の基本料金の割り引き額は、年間3,240円(税込)。また両メニューともに、「ずっともガス」単体契約の場合、1,000円につき5ポイント付与される「パッチョポイント」が、「ずっとも電気」とセット契約することで、15ポイント付与されるようになるなど、お得さがさらに増す(2019年3月まで)。

また、「ずっともプラン」には、「パッチョポイント」以外にもさまざまな特典がある。これまでもガス・電気セット契約者はクックパッドの「人気順検索」や、「生活まわり駆けつけサービス」を無料(2018年3月まで)で利用できたが、2017年4月1日以降は、これらに加えて、給湯器やコンロの故障時の出張費が無料になる「ガス機器トラブルサポート」がスタート。ほかにも、「くらし見守りサービス」を月額500円で利用できるなど、従来のガス・電気サービスの枠を超えた、日々の暮らしをサポートするサービスがさらに拡充されるのだ。

東京ガス「ずっともプラン」
ガス・電気・各種サービスなどをまとめた東京ガスの料金メニュー「ずっともプラン」では、2017年4月1日以降、「ずっともガス」と「ずっとも電気」をセットで契約することで、「パッチョポイント」の付与ポイント数が増加する

クックパッドの人気順検索

東京ガス「ずっともプラン」
「ずっともプラン」の「ガス・電気セット割」が適用されていれば、クックパッドの「人気順検索」なども利用できる

東京ガスの「ずっとも安心サービス」

東京ガス「ずっともプラン」
上記サービスの詳しい内容については、東京ガスのホームページをチェックしていだきたい

「ずっともプラン」はどれだけ安くなるのか?3名の価格.comスタッフがシミュレーションで検証

では、東京ガスの「ずっとも電気」に切り替え、最適なガス料金メニューにすることで、実際にどのくらい光熱費を節約できるのか。具体的に検証するため、東京ガスがサイト上で提供する、東京ガスの「ガス・電気 料金シミュレーション」を使用して、価格.comスタッフ3名の家庭の年間光熱費(ガス・電気代)を切り替え前/後で比較してみることに。さて、どれほど安くなるのだろうか?

※お客さまのご使用状況によっては料金メリットがでない場合があります。

共働き世帯の価格.comスタッフAの場合
  • スタッフA
  • 結婚2年目で旦那と2人暮らし。共働きで昼間はどちらも家にいないので光熱費は少ないほうですが、それでも安くなるのかな? 年間数百円程度の節約ならわざわざガスや電力会社を替えるほどではない気も……。
  • 家族構成: 2人暮らし年間ガス使用量: 約306㎥
  • 住まい: 東京地区 1LDK契約中の電気プラン(会社): 30A(大手電力会社)
  • 口座振替: 利用あり年間ガス使用量: 約3,222kWh
  • 契約中のガスプラン: 一般料金
東京ガス「ずっともプラン」
  • スタッフA
  • 正直言って半信半疑だったので、こんなに安くなるのは素直に驚き。「ずっともガス」と「ずっとも電気」の合わせ技のメリットは想像以上ですし、「パッチョポイント」もかなりお得ですね。ガスと電気の請求書を1枚にまとめられるのも、家計簿をつけている主婦としてはありがたいです。
小さい子どもの居る価格.comスタッフBの場合
  • スタッフB
  • 娘がまだ2歳と小さいこともあって、夏も冬も、エアコンは比較的多めに使っています。少しでも電気代を抑えられればと、実は1年前、電力自由化の開始に合わせて電気を東京ガスに切り替えました。
  • 家族構成: 3人暮らし(夫婦、子ども)年間ガス使用量: 約496㎥
  • 住まい: 東京地区 2LDK契約中の電気プラン(会社): ずっとも電気(東京ガス)
  • 口座振替: 利用あり年間ガス使用量: 約5,042kWh
  • 契約中のガスプラン: 一般料金
東京ガス「ずっともプラン」
  • スタッフB
  • もともと「ずっとも電気」を利用していたので、割り引き額自体は想定内です。でも簡単に切り替えられるのなら、やっぱり少しでもお得な「ずっともガス」を利用したいです。電気のみの契約でも利用できますが、「クックパッドの『人気順検索』が使えるのはポイント高い」と妻もよろこんでいました。
2世帯住宅の価格.comスタッフCの場合
  • スタッフC
  • いわゆる2世帯住宅で、両親が1階に、僕たち家族が2階に居住しています。温水床暖房を使っているので、ガスの料金プランは「暖らんぷらん」に加入しています。
  • 家族構成: 5人暮らし(夫婦、両親、子ども)年間ガス使用量: 約746㎥
  • 住まい: 東京地区 4LDK(戸建て住宅)契約中の電気プラン(会社): 60A(大手電力会社)
  • 口座振替: あり年間ガス使用量: 約6,430kWh
  • 契約中のガスプラン: 暖らんぷらん
東京ガス「ずっともプラン」
  • スタッフC
  • ガスと電気の両方を東京ガスにするだけでここまで光熱費が安くなるとは! 驚きを通り越して「もっと早く知りたかった」とちょっと後悔すらします。我が家の場合だと、ガスは新しい「ずっともガス」ではなく、現在の「暖らんぷらん」のほうがお得なんですね。水まわりのトラブルがちょくちょくあるので「生活まわり駆けつけサービス」にも魅力を感じます。また、東京ガスに今回シミュレーションしたプランについて電話で問い合わせてみましたが、わかりやすく説明してくれたので助かりました。

まとめ

以上、東京ガスの「ずっともガス」と「ずっとも電気」、そしてそれらをセットで契約する「ずっともプラン」の仕組みや料金設定について解説してきた。東京ガスの契約者であれば、すでにお得なメニューを契約しているケースもあるため、必ずしも新規ガス会社へ移行する必要はないということ、また、東京ガスの「ずっともプラン」によって光熱費をさらに節約し、便利なサービスも利用できることがおわかりいただけたはずだ。まずはぜひ一度、「東京ガスのガス・電気 料金シミュレーションツール」を使って、家庭の光熱費全体の見直しを検討してみてほしい。