この夏、購入したい最新モデル8選!「Windows 10」搭載 注目ノートPC特集

PR企画
最新のCreators Updateでパソコンがおもしろくなった

この夏、購入したい最新モデル8選 「Windows 10」搭載 注目ノートPC特集

♯myヒーローPC

6月といえば、夏のボーナス。自分へのご褒美として、あれこれ購入しようと考えている人も多いのではないだろうか? そんな人に注目してほしいのが、最新のノートパソコン。機能や性能が異なるさまざまなモデルの中から、自分のライフスタイルにピッタリの1台を見つければ、毎日の生活がもっと楽しくなるはずだ。本企画では、この夏のパソコン選びをサポートすべく、「Windows 10」を搭載したノートPCの最新モデルを厳選して紹介。ビジネスに、プライベートに、フル活用できるモデルが揃っているので、ぜひ好みの1台を見つけてもらいたい。

今、最新のモデルを選ぶべき理由

ノートパソコンは趣味を充実させたり、仕事を効率化させるためには欠かせない重要アイテム。「今年こそは夏のボーナスで最新のノートPCを買おう」と心に決めている人も多いに違いない。2017年の夏も、さまざまなパソコンメーカーから魅力的な最新ノートPCが登場しているが、そのほとんどのモデルが、最新OS「Windows 10」を搭載したものだ。とはいえ、この夏、ノートPCを新規購入したり、買い換えたりする人の中には、初めて「Windows 10」に触れるという人もいるだろう。そこで、まずは、「Windows 10」の基本的な点をおさらいしておこう。

まず、最新OS「Windows 10」は、従来の「Windows 7/8」よりもOSの起動やファイルコピー、Webブラウジングなどの動作が高速に行えるうえ、セキュリティ機能も強化されているので、より快適かつ安全に仕事や趣味に使える。「Windows 7」との比較情報がマイクロソフトのWebサイトで紹介されているので、チェックしてみよう。

また、「Windows 10」では、「Windows 8」で廃止されたスタートメニューが復活したほか、「Windows 10」専用に開発された新しいWebブラウザー「Microsoft Edge」や、パーソナルアシスタントAIの「Cortana」など、多くの便利な新機能が盛り込まれている。

なかでも注目したいのが、この春から提供をスタートした「Windows 10 Creators Update」で加わった新機能「ペイント 3D」だ。特に、手書き入力機能「Windows Ink」と組み合わせたときの楽しさは格別。また、もうひとつの注目機能である生体認証機能「Windows Hello」では、顔をかざすだけ、指でなぞるだけでサインインできるため、面倒なパスワード入力はもう必要なくなる。

「ペイント 3D」

「Windows」に長らく搭載されてきた「ペイント」が進化し、新たに「ペイント 3D」というツールが加わった(※「ペイント」も従来通り搭載)。3Dに馴染みのない人でも手軽に3Dが遊べるツールで、標準で用意されている男性や女性、犬、猫、魚の3Dオブジェクトにペンで文字や絵を書き込んだり、ステッカーを貼ったりすることができる。

  • Windows 10
  • Windows 10

完成した3Dオブジェクトは、「Remix 3D」という3DのSNSで公開できるほか、ほかの人が公開しているオブジェクトを「ペイント3D」で読み込むことも可能。また、「ペイント3D」で作った3Dオブジェクトを「DMM.make」の3Dプリントサービスに入稿すれば、モノとして手に取って触れることができるようになる

「Windows Ink」

手書き入力機能「Windows Ink」は、主にタブレット端末や、タブレットスタイルで使うことの多い2in1 PC向けの機能。メモを取るのに最適な「付箋」、絵を描くのに適した「スケッチパッド」、キャプチャした画面に文字や絵を書き込める「画面スケッチ」という3つの機能が用意されており、デジタルペンを使って、素早くメモをとったり、絵を描いたりできる。「付箋」にビジネスのTo Doリストを書き込んだり、「画面スケッチ」を使ってプライベートの旅行の地図を作成したりなど、さまざまな場面で活躍しそうだ。また、ノートアプリ「OneNote」をはじめとした「Microsoft Office」アプリにも、この機能を使って手書き入力をすることが可能だ。

Windows 10

「Windows Ink」は、ペン入力に対応したタブレット端末や2in1 PC向けの機能だが、指先でのタッチやマウスでの書き込みも可能だ

「Windows Hello」

「Windows Hello」は、パソコンに搭載された顔認証用のカメラや指紋認証センサーを使ってログオンできる生体認証機能。あらかじめ登録しておいた顔や指紋と一致すれば、パスワードレスでOSにログオンできるのがメリットだ。これまでのパスワード認証は、入力が面倒なだけでなく、パスワードを忘れてしまったり、盗み取られたりする危険性もあったが、「Windows Hello」を使えば、こうしたリスクを低減することができる。セキュリティをしっかりと担保しつつ、よりスピーディーにログオンできる使い勝手のよい機能なのだ。

  • Windows 10
  • Windows 10

あらかじめ登録しておいた顔や指紋の情報と照合することで、パソコンにログオンできる生体認証機能「Windows Hello」。なお、顔認証においては、顔を立体的に識別する仕組みとなっており、顔写真を使った不正なログオンを防げる

2017年夏注目の「Windows 10」搭載 最新ノートPCをチェック

「Windows 10」の新機能を理解したところで、続いては、これをOSに搭載したノートPCの中から、
2017年夏に注目したい8モデルを厳選して紹介していこう。

  • 東芝「dynabook V62 V62/B PV62BMP-NJA」
  • 約17時間バッテリー駆動の12.5型コンバーチブルPC
  • 東芝「dynabook V62 V62/B PV62BMP-NJA」
  • 価格.comで詳細をチェック
  • Hello Ink タッチスクリーン
    • CPU:インテルCore i5-7200Uプロセッサー(2.50 GHz -最大 3.10GHz)
    • メモリー:8GB
    • ストレージ:128GB SSD
    • 液晶サイズ:12.5型 フルHD(1920×1080)
    • カラー:オニキスメタリック
  • その他スペック違いのモデルはこちら
  • dynabook V72 V72/B
    PV72BMP-NJA
    dynabook V82 V82/B
    PV82BMP-NJA
  • ※1 3モデルともに指紋認証対応、「V82」は顔認証にも対応。
    ※2 「V62」はペンが別売りとなります。
  • NEC「LAVIE Hybrid ZERO HZ550/GA」
  • 約831gの軽さを実現した13.3型コンバーチブルPC
  • NEC「LAVIE Hybrid ZERO HZ550/GA」
  • 価格.comで詳細をチェック
  • Hello Ink タッチスクリーン
    • CPU:インテルCore i5-7200Uプロセッサー(2.50 GHz -最大 3.10GHz)
    • メモリー:4GB
    • ストレージ:256GB SSD
    • 液晶サイズ:13.3型 フルHD(1920×1080)
    • カラー:ムーンシルバー/メテオグレー/プレシャスゴールド
  • その他スペック違いのモデルはこちら
  • LAVIE Hybrid ZERO
    HZ750/GA
  • 富士通「FMV LIFEBOOK UH75/B1」
  • 約777gの超軽量13.3型モバイルノートPC
  • 富士通「FMV LIFEBOOK UH75/B1」
  • 価格.comで詳細をチェック
  • Hello Ink タッチスクリーン
    • CPU:インテルCore i5-7200Uプロセッサー(2.50GHz -最大 3.10GHz)
    • メモリー:4GB
    • ストレージ:128GB SSD
    • 液晶サイズ:13.3型 フルHD(1920×1080)
    • カラー:ピクトブラック/サテンレッド
  • その他スペック違いのモデルはこちら
  • FMV LIFEBOOK UH90/B1
    FMVU90B1B
  • 富士通「FMV LIFEBOOK SH90/B1 2017年1月発表モデル」
  • 高速で堅牢、スタミナも十分な13.3型モバイルノート
  • 富士通「FMV LIFEBOOK SH90/B1 2017年1月発表モデル」
  • 価格.comで詳細をチェック
  • Hello Ink タッチスクリーン
    • CPU:インテルCore i5-7200Uプロセッサー(2.50 GHz -最大 3.10GHz)
    • メモリー:4GB
    • ストレージ:256GB SSD
    • 液晶サイズ:13.3型 WQHD(2560×1440)
    • カラー:スパークリングブラック/アーバンホワイト