世界初の冷却機構を搭載!Palitのハイエンドグラボ

PR企画
世界初の冷却機構 TURBO JET4 technologyを搭載
抜群の冷却性能と静音性を誇るウルトラハイエンド・グラフィックボード
GeForce GTX

Palit「GeForce(R) GTX 1080 Ti GameRock Premium」の真価を検証!

NVIDIAの公式パートナーであるPalitは、コストパフォーマンスにすぐれたグラフィックボードを数多く展開する、世界トップクラスの市場シェアを誇るメーカーだ。その主力製品は「価格.comプロダクトアワード」の「グラフィックボード」部門において3年連続で金賞を獲得するほどの人気ぶりを見せている。そんなPalitから、「GeForce® GTX10」シリーズ最上位のGPUを搭載したウルトラハイエンドモデル「GeForce® GTX 1080 Ti GameRock Premium」が登場。本記事では、その真価を徹底検証していこう。

独自の二重反転ファン「TURBO JET 4 technology」が圧倒的な冷却性能を実現!

高性能なGPUを搭載したハイエンドクラスのグラフィックボードでは、高負荷処理時の発熱によるパフォーマンス低下が気になるもの。この課題を解消するべく、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」に搭載されたPalit独自の冷却システムが「TURBO JET 4 technology」だ。同システムは、風力の拡散(ボルテックス効果)を抑制する独自設計の「Anti-Vortex Design」を採用したのがポイント。2つの吸気口に、傾きが異なる100mm径のファンを2枚ずつ重ねて設置し、それぞれを反対方向に回転させることで空気の流れを集中化し、エアフロー効率を高めている。また、空気の流れがスムーズになり、風切り音などの騒音レベルを低減できるのも大きなメリットだ。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • 「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」は、メタリックブルーのクールな印象のカバーと、大口径の2つの吸気口が見ためのうえでの大きな特徴。PCI Express 3.0x16スロットに接続する

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

ファンは航空機のジェットエンジンにヒントを得た二重反転タイプ。ファンブレードがそれぞれ反対方向に回転することで、ボルテックス効果を抑制し、エアフロー効率を高める

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • 「TURBO JET 4 technology」のデュアル・ダブルファンでは、回転方向の異なる2つのファンが気流の拡散を抑制することで、従来のダブルファンに比べ、空気の流れを集中化させて冷却効率をアップさせている

また、ファンの直下には面積の広いアルミニウム製のヒートシンクが搭載されており、集中的に吸気される気流でしっかり放熱する。ヒートシンク最厚部の厚さは約25mmで、冷却性能も抜群だ。さらに、GPUの温度が60℃未満ではファンが停止する準ファンレス設計「0-dB Tech」により、低負荷時は静かに動作する。なお、排熱部には六角形を網状に配した「ハニカムブラケット設計」を採用し、空気の流量を最大15%増やすことに成功した。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

2基のファンの直下にはヒートシンクがあり、効率的な放熱を行う仕組み(左写真)。2つのヒートシンクを結ぶ3本のヒートパイプは銅製で太く、熱伝導性が高い(右写真)

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

低負荷時はファンが停止(左写真)するため無音。GPUの発熱が60℃を超えると左右のファンが同時に回り始める(右写真)

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • 排熱部にはハニカム構造のブラケットを採用。外部インターフェイスにDisplayPort×3、HDMI出力ポート×1、デュアルリンクDVIポート×1を備えており、拡張性も十分だ

実際の冷却性能を確認するため、付属アプリの「THUNDER MASTER」でGPUのコア温度を計測してみた。まず、アイドル時のGPUコアの温度は約35℃と、ミドルクラスのグラフィックボードと比べてもかなり低い。次に、GPUに高い負荷がかかる4K動画の再生を行ってみたが、それでも約45℃と余裕たっぷり。そこで、さらなる高負荷状態で試すべく、ベンチマークプログラム「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を最高品質・4K画質で実施したところ、約77℃まで上昇したものの、80℃を超えることはなかった。さらに注目したいのは、ベンチマーク実施後の温度変化だ。終了してからわずか30秒ほどで、約77℃から約50℃まで一気に低下。Palitこだわりの「独自」冷却ファン機構「TURBO JET 4 technology」の威力をハッキリと見せつけられる結果となった。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

アイドル時のGPUコア温度はわずか約35℃で、ファンは止まったまま(左写真)。4K動画を再生しても45℃程度までしか上がらず、ファンも回らない(右写真)

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を最高品質・4K画質で動作させると、GPUコア温度は約77℃まで上昇(左写真)しファンが稼動したが、終了後わずか30秒ほどで約50℃まで低下(右写真)。ファンの回転もストップした

抜群の冷却性能が確認できたところで、ファンの静音性をチェックしてみよう。今回は40dB程度の室内環境で、至近距離から騒音計で測定した。まず、「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を最高品質・フルHD画質で動作させ、ファン回転数1,100rpm前後時のノイズを測ってみると、45dB以下という低い値だった。この程度なら、PCケースのふたを閉じればファンの稼働音はほとんど聞こえない。次に、最高品質・4K画質で動作させ、ファン回転数1,600rpm前後時のノイズを測ってみたが、それでも稼働音は50〜53dB前後にとどまった。このレベルのノイズなら、CPUファンやケースファンの音に紛れるので、騒音が気になるほどではないだろう。二重反転ファンによる送風のおかげで、ファン回転時でも高い静音性が実現できるのだ。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を最高品質・フルHD画質で実行すると、ファンノイズは最大44.6dBを記録(左写真)。最高品質・4K画質で実施しても、最大で53.1dBにとどまった(右写真)

また、外観デザインにもこだわりが光る。「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」にはLEDが搭載されており、内部温度の状況に応じて色が変化するようになっている。デフォルト状態では、50℃未満で緑、50〜80℃で青、80〜90℃でオレンジ、90℃以上で赤に発光するようになっており、直感的に温度を確認することが可能。なお、付属アプリ「THUNDER MASTER」で自由に色をカスタマイズすることもできる。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

緑や青などのクールな色合いでグラフィックボード側面のロゴまわりと基板のフチに設置されたLEDが輝くようになっている

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • 付属アプリ「THUNDER MASTER」を使えば、約1680万色の中からオリジナルの点灯カラーを設定することも可能だ

「GeForce GTX 1080 Ti」の高OCでハイクラス3Dゲームも抜群のなめらか感

続いて、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」の処理性能を確認していこう。まず注目したいのは、搭載されているGPU「GeForce GTX 1080 Ti」だ。最新の「GeForce GTX 10」シリーズの中でも最上位にあたり、標準モデルでもパワフルな処理性能を発揮するが、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」ではそのパフォーマンスを最大限に引き出すべく、コア周波数を100MHz以上もオーバークロック。ベースクロックで1,594MHz、ブーストクロックで1,708MHzにも達する。いっぽう、メモリーは大容量の11GB GDDR5Xを搭載。4Kなど高解像度ディスプレイでのゲーミングやなめらか感を左右する負荷の高いアンチエイリアスも難なく処理できる。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

GPUには「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」(左写真)を採用。メモリーにはMicron Technology製の11GB GDDR5X(右写真)を搭載する

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

システムチェックツール「CPU-Z」で「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」を確認すると、コアクロックが1,594MHzとオーバークロックされていることがわかる(左画面)。なお、リファレンスモデルの「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」は1,480MHz(右画面)だ

続いて、実際の処理性能を確認するため、ベンチマークテストを複数実施することに。検証に使用するデスクトップPCの構成は、CPUが「インテル Core i7-7700K プロセッサー」、メモリーは8GBのDDR4、ストレージは1GB HDDとなる。また、接続したディスプレイは4K対応の28型モデルだ。同時にリファレンスモデルとなる「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」でも同じベンチマークテストを実施し、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」との処理性能の差を確認した。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

グラフィックボードの性能を存分に引き出すため、「インテル Core i7-7700K プロセッサー」搭載のパソコンと4K対応ディスプレイを用意(左写真)。参考までにリファレンスモデル「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」のスコアも確かめてみた(右写真)

まずは、ハイエンドなグラフィックボードにとっては比較的負荷が軽めの「PCMark 8」のCreativeベンチマークテストから。「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」ではスコア5,504を記録し、「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」の5,477をわずかに上回った。5,500を超えるスコアは相当なクリエイティブ性能を保証するものだが、グラフィック系の項目の中には測定上限に達しているものもあり、両者の実力の差を明らかにするには、より高負荷なベンチマークテストが必要になる。試しに「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」を最高品質・4K画質でテストしてみたが、どちらも上限近いスコアをたたき出したため、こちらもほとんど参考にならなかった。

「PCMark 8」のCreativeベンチマークテスト結果

  • GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

「PCMark 8」のCreativeベンチマークをテストすると、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」はスコア5,500を突破(左画面)。「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」もかなりのハイスコアとなる5,477をたたき出したが、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」にはおよばなかった(右画面)

「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」のベンチマークテスト結果

  • GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」では、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」(左画面)と「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」(右画面)のいずれも上限に近いハイスコアをたたき出した

そこで、より高負荷な3Dグラフィック処理が必要になる「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」でテストしてみることに。まず最高品質・フルHD画質でテストしてみたところ、どちらもスコア18,000を超える高い数値をマークしたものの、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」のほうが300ポイント近くスコアを伸ばす結果になった。より負荷のかかる最高品質・4K画質で再テストするとその差はさらに広がり、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」が700ポイント以上も上回った

「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の
ベンチマークテスト結果

  • GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

最高品質・フルHD画質での評価は「非常に快適」。そのスコアは「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」が18,919(左画面)で、「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」が18,646となった(右画面)

  • GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

最高品質・4K画質のテストでも「非常に快適」。スコアについては、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」が9,620を記録(左画面)し、「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」の8,906を大きく上回る結果となった(右画面)

さらに、高負荷がかかる「バイオハザード6 ベンチマーク」でもテストを実施。このテストも総じて「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」が「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を上回り、最高品質・フルHD画質で約500ポイント、最高品質・4K画質では1,500ポイント以上もの大差がついた。このように、グラフィック処理の負荷が高ければ高いほど「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」の優位性が明らかになってくる。最高品質の4K画質で高負荷な3Dゲームをプレイする場合なら、高オーバークロック設定の「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」を選んだほうがよさそうだ。

「バイオハザード6 ベンチマーク」のベンチマークテスト結果

  • GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

最高品質・フルHD画質では「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」のスコアは28,602(左画面)だが、「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」は500ほど低い28,111(右画面)だった

  • GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

最高品質・4K画質では、いずれも最高ランクの「S」評価だが、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」のスコアは16,460と高く(左画面)、「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」の14,939を突き放した(右画面)

ハイスペック製品を支えるPalitのブランド力と信頼性

「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」がすぐれたパフォーマンスを発揮することは上記で確認できたが、これだけパワフルなグラフィックボードでも、価格.com最安価格は95,000円台(2017年6月7日時点)と、10万円を切っているのがうれしい。このように高い品質とコストパフォーマンスを両立できるのは、1988年設立の老舗メーカー、Palitだからこそと言えるだろう。

「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」に搭載されている独自の「Anti-Vortex Design」や「TURBO JET 4 technology」に代表されるように、Palitはほかのメーカーにはない革新的な技術開発を続けている。その開発・製造施設は「ISO9001」や「WHQL」の認証を取得しており、高品質で互換性の高い製品を安定的に供給。ローエンドからウルトラハイエンドまで幅広いラインアップの製品を手の届きやすい価格で生産しているのだ。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • 1992年に設立された中国工場は、万全の生産体制により、1日最大800万コンポーネントの量産体制を実現している

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • 「VMODTECH AWARDS」や「PERFORMANCE AWARD」など、Palitの製品は世界中で数多くの賞を受賞してきた

より求めやすい「GeForce GTX 1080 Ti Super JetStream」もチェック!

NVIDIAの最上位GPU「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載したPalitのグラフィックボードは、今回紹介した「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」だけではない。ファンの枚数を減らし、1,556MHzにベースクロック数を落とした下位モデル「GeForce GTX 1080 Ti Super JetStream」も提供されている。スペックを抑えた分、価格も割安になっており、価格.com最安価格は89,000円台(2017年6月7日時点)。少しでも安く、高性能なGPUを搭載したグラフィックボードを手に入れたい人に、ぜひチェックしていただきたい製品だ。

  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

「GeForce GTX 1080 Ti Super JetStream」はシルバーを基調としたメタリックな外観(左写真)。「CPU-Z」で確認すると、ベースクロックが1,556MHzであることがわかる(右写真)

  • 「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮の
    リベレーター ベンチマーク」
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」
  • 「バイオハザード6 ベンチマーク」
    Palit「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」

「ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」(左写真)、「バイオハザード6 ベンチマーク」(右写真)をそれぞれ最高品質・4K画質で実施したところ、「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」ほどではないが、「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を大きく上回るスコアをマークした

まとめ

「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」の真価を検証してきたが、特筆すべきはやはりその冷却性能の高さだ。独自開発された世界初の「TURBO JET 4 technology」と大型のヒートシンクにより、高負荷状態のグラボが発する高熱をあっという間に下げる様子は圧巻だった。こうしたすぐれた冷却性能があるからこそ、高オーバークロック設定の最高位GPU「GeForce GTX 1080 Ti」の処理性能がいかんなく発揮されているのだろう。それにもかかわらず、静音性にすぐれているのもうれしい。ハイクラスの3Dゲームをプレイするなど、高負荷のグラフィック処理を最高レベルのクオリティと速さで行いたい人にも、ぜひチェックしてほしい製品だ

製品情報

「GeForce GTX 1080 Ti GameRock Premium」のスペック

GPU NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
バスインターフェイス PCI Express 3.0 x16
ビデオメモリー GDDR5X 11GB
メモリーバス 352bit
メモリークロック 11,000MHz
ベースクロック 1,594 MHz
ブーストクロック 1,708 MHz
映像出力インターフェイス DisplayPort×3/HDMI出力ポート×1/デュアルリンクDVIポート×1
幅×高さ×奥行 285×133×58 mm (2.5スロット専有)
補助電源 8ピン×2