座ってバランスをとるだけの体幹トレーニング パナソニック「コアトレチェア」を試す

PR企画
体の不調はインナーマッスルの衰えが原因かも!? 座ってバランスをとるだけの体幹トレーニング パナソニック「コアトレチェア」を試す!

「下腹が出てきた」「姿勢が悪くなった」「太りやすくなった」――など、40歳を過ぎたころから気になってくるボディラインのゆるみ。なんとかしたいと思ってはいるものの、ハードなトレーニングを毎日続けるのはハードルが高い。そう思っている人に注目してほしいのが、パナソニックのトレーニング家電「コアトレチェア」だ。V字に揺れ動く椅子型のマシンに座りバランスをとるだけで、鍛えるのが難しいインナーマッスルを手軽かつ効果的にトレーニングできるという。そのトレーニングメカニズムから効果まで、実際に製品を使いながら確かめていこう。

座ってバランスをとるだけでインナーマッスルが鍛えられる!

コアトレチェア EU-JC70-R [レッド]
コアトレチェア
EU-JC70-R [レッド]
価格.comで詳細・クチコミをチェック!

自宅でインナーマッスルを鍛えて若々しさを維持する

「ぽっこりと下腹が出てきた」「肩や腰が重い」「姿勢が崩れてきた」「太りやすくなった」など、40歳を過ぎたころから多くの人が体型の崩れや体の不調を感じてくるもの。本格的にトレーニングしようと一念発起するものの、ひとりで正しくトレーニングを行うのは難しく、それを継続するのも容易ではない

いつまでもキレイで若々しくありたいと思ってはいても、加齢とともにボディラインはゆるみ、お腹はぽっこりと出てくるもの。鏡に映った自分の姿を見て、ガックリと肩を落とした経験がある人も多いはず。このほか、年齢を重ねると、「肩や腰が重くなった」「姿勢が悪くなった」など、体の変化に悩むことも増えてくる。

原因のひとつとして、体の深層にある筋肉、インナーマッスルの衰えが指摘されるが、独学でこの筋肉を鍛えるのは簡単ではない。自宅で鍛えようにも正しいやり方がわからないし、重い負荷のかかるトレーニングは若いころのようには行えない。とはいえ、健康づくりをサポートしてくれるトレーナーがいるスポーツジムに通い、成果を出すにはやる気と忍耐力も必要。そんなことをあれこれ考えた結果、「歳だから仕方ない」とトレーニングをあきらめてしまった人も多いはずだ。

そこで注目したいのが、2017年9月11日時点で、価格.com「フィットネスマシン」カテゴリーの売れ筋/注目ランキングの上位(それぞれ3位、2位)にランクインしている、パナソニックのトレーニング家電「コアトレチェア EU-JC70」(以下、コアトレチェア)。V字に動く本機に座ってバランスをとるだけで、上半身の腹横筋や内腹斜筋、下半身の内転筋や骨盤底筋などのインナーマッスルを鍛えられるという、話題のアイテムだ。

パナソニック「コアトレチェア」

「コアトレチェア」の本体サイズは70(幅)×74〜88(高さ)×86〜95(奥行)cm。写真のレッドに、ブラウンを加えた計2色のカラーバリエーションが用意されている。テーブルチェアおよそ1脚分のスペースに設置できるうえ、家具のようなデザインなので、リビングルームに設置しても部屋の雰囲気を損ねないのがうれしい

パナソニック「コアトレチェア」

製品開発を監修したのは、さまざまなトップアスリートの専属トレーナーを務めているトレーナー、木場克己氏。本機にはノウハウを知り尽くしたプロのトレーニングメソッドが反映されているので、「このやり方で合っている?」と不安になる必要はない。そのトレーニングもチェアに座りながらバランスをとるだけと簡単なので、体を鍛えるために、一生懸命頑張る必要もないのだ

パナソニック「コアトレチェア」 パナソニック「コアトレチェア」

[対象者] 40〜60代女性11名
[使用コース] 下腹・骨盤底筋コース
[運動条件] 1回15分を1日2〜3回、週3回、13週間
[計測機器] ペリトロン
[実験場所] パナソニック プロダクト解析センター
女性にとってうれしいデータもある。多くの女性が悩みを抱えがちな、子宮や膀胱を支える骨盤底筋のトレーニング効果が医師によって確認されているのだ。パナソニックの調査では、「コアトレチェア」を使った3か月間トレーニングによって骨盤底筋の筋力が平均58%アップしたとのこと。これはなんとも頼もしいデータだ

座ってバランスをとるだけでインナーマッスルが鍛えられる!

コアトレチェア EU-JC70-R [レッド]
コアトレチェア
EU-JC70-R [レッド]
価格.comで詳細・クチコミをチェック!

座ってバランスをとるだけなのに、なぜ効果がある!?

では、「コアトレチェア」のトレーニングメカニズムをチェックしていこう。座面がV字を描くように揺れるというのが本機の基本動作で、揺れたり、傾いたりする座面に対し、反射的にバランスを取ろうとすることで、体幹の表層(アウターマッスル)と深層(インナーマッスル)に負荷がかかり、座りながらこれらの筋肉が鍛えられるという仕組みだ。

トレーニングのための座り方は、①シートが平らな状態では「座って」、②シートの中央が盛り上がった状態では「またいで」の2つ。座り方の違いによって、上半身、下半身と刺激される部位も変わるため、体幹となるさまざまな筋肉を鍛えられるというわけだ。また、シートは前後5段階で傾斜を調節でき、前傾のときは前に倒れそうになる体を垂直に起こそうとして背中側の筋肉が刺激され、後傾のときはお腹側の筋肉に負荷がかかる。なお、揺れの速さは9段階で調節でき、これによって負荷の大きさを変えられる。

「コアトレチェア」はこんなふうに動く

トレーニング中は、動画のように座面がV字に揺れる。このチェアの動作自体はいずれの座り方においても共通。シートの傾斜と揺れの速さをそれぞれ5段階で調節することで、鍛えたい筋肉や負荷が変わる仕組みだ

座ってコアトレ

またいでコアトレ

シートが平らな状態では、普通に腰を下ろして座る。お腹周りの腹直筋や腹斜筋などを中心に、主に上半身が鍛えられる(左写真)。シート中央が盛り上がった状態では、またがってトレーニング。内ももの内転筋や、骨盤底筋など、主に下半身の筋力アップに効果的だ(右写真)。いずれの場合も、背もたれにはもたれかからず、背筋を伸ばし、頭を動かさず、視線をしっかりと前方にキープするのが基本姿勢となる

パナソニック「コアトレチェア」

シートは前後5段階で傾斜。前傾のときは背中側の筋肉に負荷がかかり、後傾のときはお腹側の筋肉に負荷がかかる。鍛えたい筋肉を的確に鍛えられるのがうれしい

トレーニングを開始すると腰の左右にあるエアーバッグが大きくふくらみ、まるでトレーナーが支えてくれているように体がしっかりと固定される。「コアトレチェア」に座ったまま体をひねったり、足を上げたりしてもバランスを崩すことはなく、常に正しい姿勢でのトレーニングが可能となる

パナソニック「コアトレチェア」

トレーニングコースの選択やシートの傾斜、揺れの速さなどは、右の肘かけ上に設けられたボタンで操作する。TVのリモコンのように、手元で簡単に操作できるのが便利だ。ひとつひとつのボタンも大きく、操作に迷いにくい。すべてのコースで音声ガイダンスが流れ、どんな動作をとるのか、わかりやすく教えてくれるのもよい

パナソニック「コアトレチェア」

体に触れるチェア部分は表面が革素材で覆われ、しっとりかつサラサラとした肌触りが心地いい。インテリアと調和するデザインなので、リビングルームに設置してテレビを見ながらトレーニング、というのもよさそうだ。これなら毎日実践しても飽きにくいし、時間の節約にもなる

座ってバランスをとるだけでインナーマッスルが鍛えられる!

コアトレチェア EU-JC70-R [レッド]
コアトレチェア
EU-JC70-R [レッド]
価格.comで詳細・クチコミをチェック!

確かに簡単、これなら続けられる!価格.comが「自動コース」をリアル体験

トレーニングを成功させる鉄則は「継続」。どんなに「簡単なので続けやすい」と言われるトレーニング方法でも、毎日、実際に続けられるものはそう多くはないもの。というわけでここからは、40代男性、40代女性、30代女性の3名のスタッフに1週間「コアトレチェア」を試してもらい、その使用感を語ってもらった。

なお、「コアトレチェア」には、「全身コアトレコース(弱・強)」「おなか・ウエストコース(弱・強)」「下腹・骨盤底筋コース(弱・強)」の3種類6つの「自動コース」があり、それぞれに5分、10分、15分のメニューが用意されている。3名には、それぞれ気になるコースを選んでもらい、1日1回、15分のトレーニングを行ってもらうことにした。はたして、彼らはどのような感想を抱いたのだろうか?

40代男性スタッフA「全身コアトレコース」を体感

姿勢の崩れが気になっているという40代男性のスタッフAは、「全身コアトレコース(弱)」を試してみることに。このコースは、全身のインナーマッスルをバランスよく刺激できるコースで、上半身の腹直筋や腹横筋、腹斜筋、下半身の内転筋や骨盤底筋を中心に鍛えることにより、美しい姿勢を作る効果があるという。

「コアトレチェア」に座るやいなや、「むむ、これは効果がありそうです」とスタッフA。忙しい平日は仕事から帰ると食事をして寝るだけ、休日もゴロゴロするばかりで運動らしい運動はしていないそう。「激しい運動をする気力も体力もないので、座るだけでいいのは助かります。背筋を伸ばしながら姿勢をキープしたり、足を上げたりするのは思っていた以上に負荷のかかる動作ですが、背筋がピンッと伸びた感覚があり、姿勢がよくなった気がしました。長時間のデスクワークが原因なのか、妻にはしょっちゅう『また猫背!』と指摘されていて、なんとかしなきゃと思っていたので、姿勢に効くのはありがたいです」。

「15分のトレーニングでも最初は予想外にハードでした。でも3日、4日と続けていくうちに慣れてきて、気分よくトレーニングできるようになりました。15分で必ず終わるので、精神的な負担が少ないのもよかったのかもしれません。個人的には、両手を頭の後ろに組んで背筋を伸ばすポーズをとるところが、お腹や背中周りの筋肉を鍛えるのに効果的だと感じました」。

パナソニック「コアトレチェア」

「1週間使ってみて背筋が真っ直ぐになってきたように感じています。妻から姿勢を指摘されることも減りそうです」と、スタッフAは満足気だ

40代女性スタッフB「おなか・ウエストコース」を体感

40代女性のスタッフBが試したのは、「おなか・ウエストコース(強)」。腹直筋や腹横筋、腹斜筋といったお腹周りのインナーマッスルを鍛えることで、スッキリとしたウエストラインを目指すコースだ。「運動不足解消のため月に2回ほどママさんサッカーに参加していますが、その程度の頻度では、ウエストラインのゆるみはどうにもなりません。そんな悩みがあったので、『コアトレチェア』のことは調べたことがありました」とスタッフB。

「実際に使ってみると、革素材で座り心地はいいですし、エアーバッグが両側から腰を固定してくれるので、チェアの上で動作をしても安定感がありました。トレーニング中に『次は両手を前へ』『両足を前へ』と音声で指示をしてくれるのがわかりやすく、1つのポーズを30秒キープしたあとに『ラクにしてください』と休憩が入るため、疲れにくくていいですね。運動が苦手な人やシニアにも向いているのではないでしょうか」。

スタッフBが特に驚いたと言うのは、「コアトレチェア」を使い始めた次の日に筋肉痛になったこと。トレーニング中、「運動負荷はそれほど高くなさそう」と感じていただけに、これは予想外の出来事だったという。「最初は、筋肉を“鍛える”というよりは“ほぐす”という印象だったんです。だから翌日、筋肉痛になって初めて、ちゃんと鍛えられていたことを実感しました。続けていけば、腹筋がついてくる気がします。簡単で続けやすいうえ、しっかりと鍛えられることを考えると、スポーツジムに通うより、確かによさそうですね」。

パナソニック「コアトレチェア」

トレーニングを1週間続け、お腹をさすってみると「あ、違ってきたかも」。普段使うことのない筋肉に自然に力を入れてトレーニングできていたのか、わずか1週間でもウエストラインが引き締まった気がするとのこと。「これは、サッカー友達にも紹介しないと(笑)」とスタッフB

30代女性スタッフC「下腹・骨盤底筋コース」を体感

30代女性のスタッフCの悩みは、出産後の体のケア。骨盤底筋の重要性はママ友の間でもよく話題に上るものの、どのように鍛えたらよいかがわからなかったという。そんなスタッフCが試したのは、「下腹・骨盤底筋コース(強)」。骨盤底筋や内転筋など、下半身の筋肉を引き締め、ヒップアップ効果も期待できるというコースだ。

「子育ての合間にストレッチや筋トレなどをしていましたが、自分ではペースを作るのが難しいですし、このやり方が合っているのか、正直不安もありました。でも、『コアトレチェア』のトレーニングは、しっかりとプロに監修されているので、安心感がかなり大きいですね」。

「試してみると、ビックリするくらい簡単! これなら育児や家事で忙しくても続けられそうです。女子的な目線で言うと、デザインがかわいいのもポイントが高いですね。使ってみて感心したのは、座面が変形するところ。コースの途中で座面が盛り上がったり、平らになったりしながら動くので、1か所だけじゃなくて、下半身のいろんな筋肉が刺激されている感覚があり、運動後は下腹あたりがポカポカしてきました。終わったあとにじんわり汗ばむ程度の、心地よいトレーニングだったので、多くの人が明日も続けようと思えるんだと思います」。

パナソニック「コアトレチェア」

お尻の筋肉に刺激が入ることでヒップアップ効果も期待できるという。「確かにウエストから下半身にかけて引き締まった感覚が。わずか1週間ですが、効果があったかもしれません。それともうひとつ、毎日きっちり運動できているからか、朝も普段よりスッキリ目覚められるようになりました」

リフレッシュのための「ストレッチコース」も搭載

上記3種類6つの「自動コース」のほか、疲れがたまりやすい腰や骨盤周りの筋肉を心地よく伸ばしてくれる「ストレッチコース」(5分、10分、15分)も搭載。トレーニング前に5分の「ストレッチコース」を実施し、筋肉を適度にほぐすことで、トレーニング効果がさらにアップするという。もちろん、仕事で疲れた体のリフレッシュや運動後のクールダウンに使用できるのもうれしい。このほか、設定をカスタマイズ登録できる「お好みコース」も搭載。「コアトレチェア」に慣れてきたら、自身の体や目的に合わせて好みの設定を行ってトレーニングするとよさそうだ。

パナソニック「コアトレチェア」

トレーニング効果アップをはじめ、仕事で疲れた日のリフレッシュや、運動後のクールダウンにぴったりな「ストレッチコース」。シートの背もたれや、左右、座面にあるエアーバッグが連動してふくらみ、疲れがたまりやすい腰回りや骨盤周りをじっくり伸ばすことができる

座ってバランスをとるだけでインナーマッスルが鍛えられる!

コアトレチェア EU-JC70-R [レッド]
コアトレチェア
EU-JC70-R [レッド]
価格.comで詳細・クチコミをチェック!

まとめ ― パナソニック「コアトレチェア」

健康や美容の維持に毎日の運動が効果的なことは、多くの人が理解しているはず。しかし、時間や手間、気力や体力のことを考えると、しっかりとしたトレーニングを毎日続けるのは難しい。「トレーニング」や「運動」と聞くだけで、やる気がなくなる人もいるのではないだろうか。

そんな人にこそ、「コアトレチェア」に注目してほしいと感じた。座ってバランスをとるだけなので気軽に始められるし、プロに監修されたトレーニング内容は効果的でもある。特に、体を内側から支える役割を持つインナーマッスルは重要な筋肉ではあるものの、体の深層にあるため鍛えるのが難しいと言われるが、そんなインナーマッスルも「コアトレチェア」なら無理なく鍛えられるのだ。トレーニングの手軽さについては、今回「コアトレチェア」を試した3名のスタッフもしっかりと実感できたよう。いつまでも若々しい体を保ち、すがすがしい気持ちで毎日を過ごすために、「コアトレチェア」の簡単かつ本格的なトレーニングを実践してみてはいかがだろうか。

© Kakaku.com, Inc.