プリンターの賢い選択!ブラザーインクジェット複合機の魅力に迫る!

PR企画
2017年モデル「プリビオ DCP-J973N」登場 プリンターの賢い選択!ブラザー インクジェット複合機の魅力に迫る!

価格や性能、機能などをじっくりと吟味したうえで、「これなら間違いない」と思える製品を選ぶ。そんな、買い物上手な“賢い”消費者が多く訪れる価格.comにおいて、「プリンタ」カテゴリーの売れ筋ランキング上位の常連となっている実力派家庭用インクジェット複合機がある。それが、ブラザーの「プリビオ」シリーズだ。本企画では、2017年10月に登場する「プリビオ」シリーズ最新3モデルの中から、フラッグシップモデルの「プリビオ DCP-J973N」に注目。同シリーズの従来モデルの製品ページに寄せられたユーザーレビューをヒントに、「プリビオ」シリーズの魅力と、なぜ“賢い”消費者に選ばれているのか、その理由を探っていきたい。

価格.comユーザーも絶賛する高コストパフォーマンス

価格.comには“賢い”消費者が多く訪れる。ここで言う賢さとは、確かな選択眼、つまり本当に価値のあるモノを見極められる目を持っているということ。製品理解が深いのはもちろん、より高い性能や品質をより安く手に入れるためのコツを十分に心得ていることである。本特集で注目したのは、そんな買い物上手な価格.comユーザーから支持を集め、「プリンタ」カテゴリーの売れ筋ランキング上位の常連となっている実力派の家庭用インクジェット複合機。2017年10月にラインアップがリニューアルされるブラザーの「プリビオ」シリーズだ。

リニューアルによって登場する2017年モデルは3製品。進化のポイントとしては、写真印刷の美しさを向上させる印刷モードが搭載されたことや、多彩なモバイルプリントを可能にするブラザー独自のモバイル端末用アプリ「Brother iPrint&Scan」や「Brother 年賀状プリント」が強化されたこと、さらには、本体の使い勝手を向上させるために物理キーを採用したことなどがあげられる。

ここでは、最新3製品の中から、ミドルレンジモデルの「プリビオ DCP-J973N」(以下、DCP-J973N)に注目。進化のポイントを具体的にチェックするとともに、「目の肥えた価格.comユーザーはなぜ『プリビオ』シリーズを選ぶのか?」という疑問を解き明かしていこう。

プリビオ DCP-J973N

価格.com上でも人気が高いブラザー「プリビオ」シリーズの最新モデル、「DCP-J973N」。従来モデルの製品ページに寄せられたユーザーレビューをチェックしながら、その魅力をじっくりと探っていくことにしよう

価格.comユーザーレビュー抜粋

プリビオ DCP-J973N

量販店の店員さんに相談したところ、機能十分、コスパもスゴイということで、数多くのモデルの中からブラザーをすすめられました。

プリビオ DCP-J973N

インクコストに不満があったのでブラザーに乗り換えましたが、3か月ほど使用してみての感想は「大正解」です。

プリビオ DCP-J973N

4色インクなので6色インクより安く、コスパはいいですよね。

プリビオ DCP-J973N

ブラザーは伝統の4色インクで、ランニングコストも安いと思います。また、ブラザーはプリンター本体の価格も安いので、総合的に見て経済性はトップクラスだと思います。

※2017年8月14日時点、価格.com「プリビオ DCP-J968N」「プリビオ DCP-J567N」の製品ページに投稿されたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

インクジェット複合機選びに一家言も二家言もある価格.comユーザーが、「プリビオ」シリーズを選ぶその理由はどこにあるのか? それを探るため、従来モデルの「プリビオ DCP-J968N」および「プリビオ DCP-J567N」の製品ページに寄せられたユーザーレビューをチェックしてみたところ、「コストパフォーマンスの高さ」を支持する声がとても多いことに気付かされた。「インクコストに不満があったのでブラザーに乗り換えました」「4色インクなので6色インクより安い」「経済性はトップクラスだと思います」など、そのコストパフォーマンスの高さを理由に「プリビオ」シリーズを選択し、実際に使って満足したというコメントが数多く寄せられているのだ。

ユーザーレビューからもうかがい知れる通り、低ランニングコストを支える大きな要因となっているのが、使い切ったインクだけ1色ずつ交換できる4色独立カートリッジの採用だ。もちろん、最新モデル「DCP-J973N」にもこの4色独立カートリッジが採用されており、1枚あたりのインクコストはA4カラー文書で約8.4円、1回のインク交換で印刷できる枚数は、カラーインクがA4用紙で約500枚、ブラックインクが約375枚といずれも低ランニングコストを実現している。このように、印刷可能枚数まで公表していることを含め、「『プリビオ』はインク代が安くて、しかも長持ち」という感覚をもたらしているのだろう。

また、4色独立カートリッジ以外にも、インク消費量を約50%節約できる「インク節約」モードをこの価格帯のモデルでは唯一搭載していたり、「自動両面印刷」と「ページレイアウト」を組み合わせることで用紙コストも大幅に削減できたりするなど、ランニングコストを抑えるための工夫が数多く取り入れられているのも「プリビオ」シリーズの強みだ。
※通常モードと比較した場合。

プリビオ DCP-J973N

インク交換の頻度とコストを低減してくれる、ブラザーの4色独立カートリッジ

A4カラー文書

プリビオ DCP-J973N

A4カラー文書1枚あたりのインクコストと、1回のインク交換で印刷できる枚数を上の表で確認してみてほしい。「DCP-J973N」なら、インクコストを低く抑え、インク交換の手間も大幅に減らせることがよくわるはずだ。また、インクカートリッジは従来通り、インクを1色ずつ交換できる4色独立型。どれか1色がなくなったらすべて交換、といったむだがなく、経済的にインクを使用できるのがうれしい

インク節約モード通常モード

プリビオ DCP-J973N

「通常モード」より約50%もインク消費量を抑えられる「インク節約モード」を搭載。通常よりも淡く印刷されるが、文字や画像の輪郭が強調されるので、視認性が著しく低下することはない。画質を求められない文書や、一度しか使わない地図などの印刷には十分な品質だろう

プリビオ DCP-J973N

最大4ページ分の原稿を1枚にまとめられる「ページレイアウト」と、「自動両面印刷」を組み合わせれば、最大8ページの原稿を1枚の用紙に集約することができる。印刷時間と用紙コストの削減に効果があるうえ、資料を保存したり、持ち歩いたりする際にかさばらないのもこの機能の利点だ

使って検証! 「4色インクでも十分キレイ」は本当か?

価格.comユーザーレビュー抜粋

プリビオ DCP-J973N

印刷品質に不満はありません。L判写真印刷も試しましたが十分キレイだと思います。

プリビオ DCP-J973N

他社の4色インクモデルを使っていましたが、こちらのほうが断然キレイです。2L光沢紙に写真を印刷してみましたが、最高画質での印刷であれば十分満足できるものでした。

プリビオ DCP-J973N

年賀状やテキスト印字では特に不満はないです。店頭で「プリビオ」の写真出力サンプルを見たときに、意外に好感を持ちました。

※2017年8月14日時点、価格.com「プリビオ DCP-J968N」「プリビオ DCP-J567N」の製品ページに投稿されたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

コスト面における4色独立カートリッジの優位性はよくわかったが、インクジェット複合機の本分とも言える「画質」についてはどうだろう? インク色が6色ではなく、4色という点に少々不安を感じる人もいるのではないだろうか。しかし、ユーザーレビューをチェックしてみると、「十分満足できる」「特に不満はない」といった声が多く、4色インクでも十分にキレイだと感じている人が多いことがわかる。この画質の高さも、「プリビオ」シリーズが選ばれているポイントのひとつなのだ。

では、4色インクながら高画質を実現できるのはなぜか? その秘密はブラザーが独自開発した「できる4色インク」の採用にある。シアン、マゼンタ、イエローには写真やイラストを色鮮やかに表現できる染料系のカラーインクを、ブラックには文字がにじみにくい顔料系のブラックインクを使用することで、写真も文書も高品質に印刷できるのだ。また、シアンの染料濃度に改良を加え、色再現領域を2013年モデル比で約13%拡大したことで、より引き締まった深い黒で明暗を表現できるという。

プリビオ DCP-J973N

「DCP-J973N」に搭載された「できる4色インク」は、マゼンタ、シアン、イエローに発色がよく色彩表現豊かな染料系インクを、ブラックににじみにくく文字などをシャープに印刷できる顔料系インクを採用している

プリビオ DCP-J973N

2013年度モデルに比べて色再現領域が約13%向上しており、より黒が引き締まった、高コントラストな写真印刷が可能となっている

文字の見やすさ

まずは文書印刷を試してみた。顔料系のブラックインクを採用しているため、「興味喚起」「皆様」といった画数の多い漢字のトメ、ハネまでシャープに印字できているうえ、グラフの細い折れ線や目盛り線にもかすれなどは見られず、クッキリ鮮明。これならフォントを必要以上に大きくせずとも高い視認性が保てる

顔料インクのにじみにくさ

水に溶けにくいのも顔料インクの特徴。ここでは印刷した文書に水性のマーカーでラインを引いてみたが、文字がにじむこともなければ、マーカーの先が黒く汚れてしまうこともなかった

そしてもうひとつ、人気の写真用紙である富士フイルムの「画彩(かっさい) 写真仕上げ Pro」に最適化された写真印刷モードが新搭載されたことも見逃せない。その効果を確かめるべく、実際に「画彩 写真仕上げ Pro」を使って写真印刷を行ってみたが、暗部の締まりや濁りの少なさ、色の彩度などが美しく、鮮やかで印象的な1枚に仕上がった。

プリビオ DCP-J973N

「画彩 写真仕上げ Pro」に写真を印刷してみた。細部をよく見てみると……

プリビオ DCP-J973N

遠景の木の茂みや水面に映る橋の色合いに注目すると、濁りが少なく、色の抜けもよいことがわかる。こうした細部の色彩の美しさや精細さが写真全体のメリハリや奥行感につながっている印象だ

使い勝手のいい本体設計。
モバイル連携強化でさらに使いやすく!

価格.comユーザーレビュー抜粋

プリビオ DCP-J973N

コンパクトで見た目もいいですし、操作パネルの角度を変えられるのも気に入っています。スマートフォンのデータも簡単に印刷できるなんて、有線プリンターを使っていた私には感動もの。久しぶりに気持ちのいい買い物ができました。

プリビオ DCP-J973N

最高画質での印刷でなければかなり速いと思います。写真入りの年賀状を最高画質で印刷すると、それなりに時間はかかりますが、イラストと文章主体であれば十分速いし、印刷品質も問題ないです。

プリビオ DCP-J973N

手差しトレー、ADF、無線LANなど必要な機能をひととおり備えているのに、このサイズなのは評価できると思います。印刷機能が豊富なのも大変気に入りました。

※2017年8月14日時点、価格.com「プリビオ DCP-J968N」「プリビオ DCP-J567N」の製品ページに投稿されたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

すぐれたコストパフォーマンスと画質に加え、「プリビオ」シリーズは使い勝手の点でも価格.comユーザーから高い評価を得ている。たとえば、「DCP-J973N」の本体サイズは400(幅)×341(奥行)×172(高さ)mmとコンパクトなうえ、給排紙やインク交換、タッチパネル操作などは本体前面からスムーズに行うことができる。さらに、USBポートとLANポートが本体内部に配置されているので、配線もスッキリ。本体の背面や側面にコネクター分のスペースを空けておく必要がないため、リビングルームの棚の中や、テレビラック、書斎のデスクの上など、さまざまな場所にすんなり設置することができた。もちろん、ブラザー製品らしいクセのないスクエア型デザインは、必要以上にその存在を主張することがなく、こだわりのインテリアとも違和感なく調和してくれる。サイズや本体設計だけでなく、デザイン面でも置き場所を選ばないだろう。

「DCP-J973N」の本体サイズは、400(幅)×341(奥行)×172(高さ)mm。コンパクトかつスタイリッシュな本体デザインは、設置場所が限られる家庭用インクジェット複合機にとって大きなメリットになるはずだ。なお、カラーバリエーションにはホワイトとブラックの2色を用意

本体内部にUSBポートとLANポートが装備されており、ごちゃごちゃしがちな配線をスッキリとまとめられる。また、インク交換や給排紙は本体前面から行えるため、いったん設置場所を決めてしまえば、基本的に本体を動かす必要はない

2.7型TFTカラー液晶パネルのタッチ操作も本体前面から行える。操作パネルは垂直から水平まで4段階の角度調節が可能となっており、利用シーンや設置環境に合わせて使いやすい角度に設定できる。また「DCP-J973N」では、操作ボタンが従来のタッチキーから物理キーに変更され、定評のある操作性が一段と向上した

ボディはコンパクトで、しかも本体背面や側面にスペースを確保する必要がないため、棚の中やラックの上など、ちょっとしたスペースにもすんなり収まった。複合機を設置するためにわざわざ専用の棚を買い足したりする必要はないだろう

L判用紙とA4用紙を同時にセットできる2段構造の給紙トレーを搭載するため、文書印刷と写真印刷を切り替えるたびにいちいち用紙を入れ替える手間がない。背面には、封筒や厚紙などを給紙できる手差しトレーを装備する

プリビオ DCP-J973N

USBメモリー、SDメモリーカード、メモリースティック、マルチメディアカードのそれぞれに対応したスロットを本体前面左に装備。各記録メディアに保存したデータをパソコンレスで直接印刷できる

「プリビオ」シリーズの使い勝手に関するユーザーレビューをチェックしていて、「やっぱり価格.comユーザーは目のつけどころが違う」と感心したのが、ADF(自動原稿送り装置)の搭載を評価するコメントだ。というのも、同価格帯のモデルでADFを搭載しているのは、実は「DCP-J973N」だけなのである。スキャンやコピーの際、原稿台カバーを持ち上げて、1枚1枚原稿をセットするのはやはり面倒。そう考えると、本体価格を抑えながら、きっちりADFも搭載してくるブラザーの姿勢は高く評価できるというわけだ。このほか、プリンターの基本性能となる印刷速度も、A4普通紙モノクロが約12枚/分、カラーが約10枚/分と十分な速さを備えている。これなら、一度に大量の印刷を行う場合でも、長い時間待たされてイライラすることは少ないだろう。

プリビオ DCP-J973N

同価格帯のモデルで唯一ADFを搭載するのもメリット。A4普通紙なら最大20枚まで連続で読み取れるので、複数枚の資料のコピーやスキャンもボタン操作ひとつでスピーディーに行える

実際の印刷速度をチェックするため、地図やイラストなどが含まれる右のA4カラー資料(PDFドキュメント)を12枚、パソコンから無線LAN経由で印刷してみた。結果は、ファーストプリント(1枚目の印刷完了)までが10秒23、さらに、印刷完了までが1分5秒33と、ほぼスペック通りのタイムとなった。写真印刷ではもう少し時間がかかるとはいえ、家庭用インクジェット複合機としては文句のないスピードだと言えるだろう

また、家庭用インクジェット複合機の使い勝手をチェックするうえで、スマートフォンやタブレット端末との連携機能は、今や外せない項目のひとつとなっている。その点でも、「DCP-J973N」は、ブラザー独自のモバイル端末用アプリ「Brother iPrint&Scan」 (iOS/Android対応)を使ったワイヤレスプリントが可能となっており、端末内の写真やPDFファイル、Webページなどをパソコンを介さずに印刷することができる。

さらに、新アプリ「名刺作成アプリ」や「レーベル作成アプリ」が追加され(レーベル作成アプリは2017年12月から提供予定)、スマートフォンからの名刺印刷やレーベル印刷が手軽に行えるようになったのも注目すべき進化点だ。このほか、年賀状作成アプリ「Brother 年賀状プリント」には喪中はがきやDM作成用のテンプレートが追加され、年末年始だけでなく通年で活用できるアプリへと進化した。ブラザーは家庭用インクジェット複合機にいち早く無線LAN機能を搭載したメーカーとしても知られるが、その「一日の長」があるからこそ、ミドルレンジモデルながら無線LANを使ったモバイル端末との連携機能がここまで充実しているのだろう。

プリビオ DCP-J973N

「Brother iPrint&Scan」を使えば、スマートフォンやタブレット端末内の写真や文書の印刷、スキャンデータの取り込みなどが行えるだけでなく、端末上でインク残量や製品情報を確認することもできる。ちなみに、モバイル端末上でインク残量を確認できるのも、同価格帯モデルでは「DCP-J973N」だけ。「プリビオ」シリーズが支持されるのは、こうした「価格以上の機能」が随所に採用されていることも大きな要因なのだろう

プリビオ DCP-J973N プリビオ DCP-J973N プリビオ DCP-J973N

新アプリ「名刺作成アプリ」を試してみた。用意されたテンプレートから好みのデザインを選び、仕上がりをプレビューしながら会社のロゴや顔写真を加えるだけと、使い方はいたって簡単。落ち着いたデザインからポップなものまで多彩なテンプレートが用意されているので、店舗カードや各種教室の案内カード、さらには、就活仲間と交換する自己紹介カードなど、名刺以外にもさまざま用途で便利に使えそうだ

プリビオ DCP-J973N プリビオ DCP-J973N プリビオ DCP-J973N

「デザインテンプレートを選ぶ」→「スタンプや写真を選ぶ」→「印刷する」のわずか3ステップでオリジナルの年賀状が作成できる「Brother 年賀状プリント」(写真は2017年版)。喪中はがきやDM作成用のテンプレートも追加された

まとめ

今回のレビューを通じてわかったのは、目の肥えた価格.comユーザーの多くが、家庭用インクジェット複合機に対し、@コスト、A画質、B使い勝手の3点を重要視しているということ。そして、それら3点を高い次元で満たしているからこそ、ブラザーの「プリビオ」シリーズは“賢い選択肢”として支持されているということである。4色独立カートリッジの採用によりインクコストが低く抑えられ、富士フイルムとの連携により画質にも満足でき、さらには、設置性、印刷速度、スマートフォンとの連携といった使い勝手にも納得できる。これが「プリビオ」シリーズの魅力であり、最新モデル「DCP-J973N」では、その完成度に一段と磨きがかかっていた。本モデルは、これからも賢い消費者から選ばれ続けるインクジェット複合機となるだろう。

プリビオ DCP-J973N
多機能を備えたミドルレンジモデルDCP-J973N
価格.comで最安価格をチェック
カラー ホワイト/ブラック
モニター 2.7型TFTカラー液晶 タッチパネル
最小液滴量 1.5pl
プリント解像度 最大6000×1200dpi
A4文書プリント速度 約10/12ipm(カラー/モノクロ)
L版写真プリント速度
(普通モード)
約14秒/枚
A4文書ブリントコスト
(インク+用紙)
約8.4円/約2.7円(カラー/モノクロ)
L版写真プリントコスト
(インク+用紙)
約18.6円(税抜)
スキャナー光学解像度 1200dpi(主走査)×2400dpi(副走査)
レーベルプリント CD/DVD/ブルーレイディスク
ダイレクトプリント
対応メディア
USBメモリー、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、メモリースティックDuo/PRODuo、マルチメディアカード/plus
外形寸法 400(幅)×341(奥行)×172(高さ)mm
質量
(インクカートリッジ含む)
約8.6kg
プリビオ DCP-J973N
機能を厳選したスタンダードモデルDCP-J572N
価格.comで最安価格をチェック
プリビオ DCP-J973N
ファクス機能付きのコンパクトモデルMFC-J893N
価格.comで最安価格をチェック

© Kakaku.com, Inc.