好みに合わせて選べるダイハツ新「キャスト」3つの個性に迫る!

PR企画
「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」好みに合わせて選べる ダイハツ「キャスト」3つの個性に迫る!

クルマは、単なる移動手段としてだけでなく、自分の個性を表現するアイテムのひとつとして選びたい人もいるだろう。だからこそ、画一的なスタイルを打ち破った、楽しさや遊び心が感じられる軽自動車があってもいいのではないだろうか? そんな発想のもと、2015年9月に発売され、以来着実に支持を拡大してきたのがダイハツ「キャスト」である。本企画では、軽自動車のデザインに一石を投じた「キャスト」の魅力を、2017年10月の一部改良を期に改めてチェック。異なるデザインの魅力を持った、「キャスト スタイル」「キャスト アクティバ」「キャスト スポーツ」という3タイプそれぞれの個性に迫るとともに、進化した予防安全機能「スマートアシストV」についてもチェックしていく。

ダイハツ「キャスト」ってどんなクルマ?

軽自動車の取り回しのよさや、燃費のよさ、維持費の安さには大いに共感するものの、ことデザインについては「どれも似たようなもの」と考えている人も多いのではないだろうか。限られた規格の中でスペースを広げていくとどうしてもデザインは画一的になりがちだが、全高1,700mmを超える「スーパーハイト系」の人気ぶりが示す通り、広さと実用性の優先が昨今の軽自動車のトレンドとなっている。そんな中、広さや実用性だけではなく、楽しさや遊び心といった新たな方向性で脚光を浴びているのが、2015年9月に登場したダイハツ「キャスト」である。

「キャスト」のルックスは見れば見るほど、多様性があり魅力的だ。立体感のあるフォルムや、丸目のヘッドランプ、ボディとルーフに異なる色を採用したツートンカラーなど、スパイスとなる要素をデザインに盛り込むことで、“カッコかわいい”「キャスト」ならではの個性がしっかりと表現されている。

モダンクラシックなテイストの「キャスト スタイル」、アクティブなクロスオーバーテイストの「キャスト アクティバ」、見た目も走りもスポーティーな「キャスト スポーツ」という、個性の異なる3タイプのモデルが用意されているのも魅力のひとつ。豊富に用意された単色カラーのほか、ダイハツの独自技術「デザインフィルムトップ」によるツートンカラーなど、3タイプそれぞれに用意された豊富なボディカラーから自分好みのものを選べば、人とは違う、自分仕様の「キャスト」でカーライフを楽しむこともできる。自分らしさを大切にし、デザインにこだわりを持つ人から広く支持される理由はここにある。

そんな「キャスト」に、2017年10月、商品改良が施された。これを機会に、「キャスト スタイル」「キャスト アクティバ」「キャスト スポーツ」という3タイプそれぞれの魅力を、改めてチェックしてみよう。

ダイハツ「キャスト」

「キャスト スタイル」「キャスト アクティバ」「キャスト スポーツ」という、個性の異なる3モデルがラインアップされるダイハツ「キャスト」。それぞれの個性の違いはどんなところにあるのだろうか?

「キャスト」に用意される3つの個性を詳細チェック!

洗練された品のよさが漂うキャスト スタイル

ダイハツ「キャスト スタイル」

通勤や買い物といった街乗りがメインで、流行にとらわれず、上質でスタイリッシュなデザインを求める人にピッタリなのが「キャスト スタイル」だ。ボディカラーには「キャスト スタイル」独自の深みのあるカラーが用意され、今回の商品改良では、ダイハツがかつて販売していたクラシックテイストの軽自動車「ミラジーノ」で人気を博した、深みのあるグリーン系のボディカラーを新たに追加。本カラーは、落ち着きのあるモダンクラシックな雰囲気を醸し出している。

また、今回の商品改良で格子状に変更されたメッキフロントグリルや、メッキバンパーモール、メッキドアアウターハンドルなど、随所に配されたメッキデザインパーツがシックなスタイリングに上質さをプラスしており、都会的な街並みにスタイリッシュに溶け込んでくれる。信号待ちの際、ショーウインドウに映った自分のクルマの姿に思わずにんまりしてしまいそうな、心に満足感を与えてくれるエクステリアデザインと言えるのではないだろうか。

インテリアに目を移しても上質な雰囲気は変わらない。特徴ある3トーンインパネに加え、エアコンの吹き出し口の外周やカーナビ装着部の縁にシルバー加飾を配しているほか、インパネガーニッシュにはショートヘアライン柄を、オーディオパネルにはファインブラック樹脂を採用。さらに、インパネガーニッシュとドアトリム表皮は、オプションで好みに合わせて「アクセントカラー(バーガンディ)」に変更することもできる。

ダイハツ「キャスト スタイル」

各所にメッキデザインパーツを散りばめた「キャスト スタイル」の上質感漂うルックス。さりげない遊び心がポイントで、かわいさと大人っぽさが絶妙にブレンドされたその雰囲気は、都会の街並みによく映える。なお、ボディサイズは、3,395(全長)×1,475(全幅)×1,600(全高)mm

ダイハツ「キャスト スタイル」

「キャスト スタイル」には、単色で7パターン、「デザインフィルムトップ」によるツートンカラーで8パターンものボディカラーが用意されており、計15種類の幅広い選択肢から自分好みのカラーを選択できる。なお、今回の商品改良では新色となる「ダークエメラルドマイカ」が追加された

ダイハツ「キャスト スタイル」

今回の商品改良により、メッキフロントグリルのパターンが繊細な格子状に変更された。これによってフロントフェイスの上質さが一段と高まった印象だ

バンパーガーニッシュや、バンパーモール、ドアアウターハンドルなど、随所にメッキパーツがあしらわれており、上質感や大人っぽさが感じられる

ダイハツ「キャスト スタイル」

15インチアルミホイールを標準装備(※)。シャープなデザインの8本スポークが足元を引き締めてくれる
※「X」「X SAV」を除く。

ダイハツ「キャスト スタイル」

シンプルで実用的、しかし厳しい見方をすれば「ちょっともの足りない」ことも多い軽自動車のインテリア。しかし、「キャスト スタイル」はここでも上質さをしっかり表現している。インパネ内のボタン類を使いやすく並べながら、エアコンの吹き出し口の外周やカーナビ装着部の縁にシルバー加飾がさりげなく配置され、乗り込んだ瞬間に、ワンランク上の上質感が伝わってくるインテリアデザインだ

インパネガーニッシュの色はグレードごとに「ブラウン」「シルバー」のほか、メーカーオプションとして「バーガンディ」を用意。自分好みの空間にアレンジできる
※「X」「X SAV」「G SAV」「Gターボ SAV」が対象。

ダイハツ「キャスト スタイル」

フロントドアガラスには、紫外線を約99%カットする「スーパーUV&IRカットガラス」を採用。紫外線対策に敏感な女性も安心してドライブが楽しめるのはもちろん、赤外線カットによって、強い日差しによる車内の温度上昇を最小限に抑えられるのも利点だ

遊び心あふれるヤンチャさが魅力のキャスト アクティバ

ダイハツ「キャスト アクティバ」

「キャスト アクティバ」を端的に表現するなら、「遊び心にあふれたクルマ」となるだろう。他の2モデルよりも約30mm高い最低地上高をはじめ、前後のバンパーアンダーガードや、存在感のあるガンメタリック塗装の全周モール、そして大型フォグランプと、SUVのエッセンスを巧みに取り入れたそのスタイリングは、見るからに遊びに適した雰囲気。力強さや躍動感が実にうまく表現されている。このルックスなら、アウトドアやスポーツなどアクティブな趣味を持つ人や、街中でパッと目を引くクロスオーバーテイストのデザインを求める人のニーズを満たせるだろう。

もちろん、アクティブさばかりを強調しているわけではなく、愛嬌のある丸目のLEDヘッドランプや、ポップさが感じられるボディカラーによってデザイン的なバランスも取られている。「アクティブだけどスマート」「ヤンチャだけどどこか品がある」、そんなバランス感覚を心得た“遊びの上級者”という印象だ。

ダイハツ「キャスト アクティバ」

アクティブな雰囲気のクロスオーバーテイストに仕立てられた「キャスト アクティバ」。ショルダーラインからルーフにかけてゆるやかに絞り込まれた台形フォルムにより、コンパクトな車格以上の安定感と力強さが感じられる

ダイハツ「キャスト アクティバ」

明るいカラーやアースカラーなど、アクティブなキャラクターにマッチするボディカラーが用意される。カラーは単色7パターンのほか、「デザインフィルムトップ」によるツートンカラー12パターンの計19種類を用意。今回試乗した「レモンスカッシュクリスタルメタリック」のほか、「オフビートカーキメタリック」が新色として設定された。この新色に合わせて内装の「アクセントカラー」にも「イエロー」と「カーキ」が用意されている

ダイハツ「キャスト アクティバ」

メッキ加工が施されたフロントグリルには3本のシルバーラインが追加され、上質さはもちろん、「キャストアクティバ」らしいクロスオーバーテイストの躍動感がより強く感じられる顔つきとなった

ボディ外周を見まわすと、フロントとリヤに装備されたバンパーアンダーガードや、ボディ下部の樹脂ガーニッシュ、ガンメタリック塗装の全周モールなど、クロスオーバーのエッセンスがふんだんに盛り込まれているのがわかる。眺めているだけでアウトドアやレジャーに出かけたい気分になる

ダイハツ「キャスト アクティバ」

かたまり感のある立体的なボディに、丸目のLEDヘッドランプがうまくミックスされることで、力強く、それでいて愛嬌のあるルックスとなっている。カッコよさと愛らしさ、ワイルドさとスマートさなど、相対する要素がバランスよく取り入れられた巧みなデザインだ

ダイハツ「キャスト アクティバ」

インテリアは本革巻きのステアリングといい、シルバー加飾が施されたインパネといい、シンプルだが質感が高く、品のよさが伝わってくる。撮影車の「アクセントカラー」にはボディカラーと同じ「イエロー」が採用されていた

インパネガーニッシュとドアトリム表皮は、オプションでボディカラーに合わせた「アクセントカラー」へと変更できる(「Gターボ “プライムコレクション SAV”」「G “プライムコレクション SAV”」は標準装備でブラックかボディカラー対応色が選択可)。このほか、グレードごとに「ネイビー」「イエロー」「ブルー」「レッド」「ホワイト」「ブラック」「カーキ」の7色が用意されている

ダイハツ「キャスト アクティバ」

メーターのベースカラーや目盛りのフォントも商品改良による変更点のひとつ。文字盤は黒く、数字のフォントサイズはより大きくなり、視認性が向上している

走る楽しさを全身にまとったキャスト スポーツ

ダイハツ「キャスト スポーツ」

「キャスト スポーツ」の根幹にあるのは、そのネーミングからもうかがい知れるスポーツマインドと、それによって生まれる走りへの期待感だ。フロントマスクにはスポーティーな雰囲気がただよう専用デザインのグリルを備え、そこにチェッカーフラッグをモチーフにした「キャスト スポーツ」専用エンブレムが取り付けられている。また、LEDイルミネーションが内蔵されたエアロバンパーにはレッドピンストライプが配され、このラインがサイドストーンガードから、リヤのエアロバンパーへと伸びているのもイカしている。標準ではボディと同色となるドアミラーや、リヤクォーターパネルのカラーを、オプションで赤色パネルに変更することも可能だ。

このほか、「キャスト」シリーズでは唯一設定される16インチアルミホイール(2WD車のみ。4WD車は15インチアルミホイール)や、専用チューニングが施されたスポーツサスペンションなども備え、見た目的にも、性能的にも、「スポーティーな走り」を期待せずにはいられない仕上がりとなっている。

運転席に座ると、必要十分なサイズのシートが体をほどよくホールドしてくれる。シートは適度な硬さで「しっかり感」があるため、長距離走行でも疲れにくいはずだ。ステアリングは、イタリアの自動車関連製品メーカー、MOMO製の革巻き仕様。パドルシフト付きのため、CVTながら思い通りの変速タイミングでクルマを操ることもできる。また、筆者が個人的に気に入ったのが、2眼メーターの文字盤。このベースカラーにも赤が使われているのだが、その色が実に渋くていいのだ。運転中、チラッと視線を送ると「スポーティーなクルマで走りを楽しんでいる」感が高まるし、落ち着いた赤のため、視認性も高い。他の2モデルにはない、「キャスト スポーツ」ならではのポイントだ。日常的な街中での走行に加え、高速道路や、ワインディングで、軽快なドライブを楽しみたい人はもちろん、走行時の気分を高揚させてくれるスポーティーな内外装を求める人、人とはちょっと違う、存在感のある軽自動車に乗りたい人などにとってはうってつけのクルマと言えるだろう。

ダイハツ「キャスト スポーツ」

「キャスト スポーツ」はその名の通り、デザイン、走りの両面においてスポーツテイストが盛り込まれたモデルだ。随所にあしらわれた赤いデザインアクセントがスポーツマインドを表している

ダイハツ「キャスト スポーツ」

ボディカラーには、「パールホワイトIII」「ブラックマイカメタリック」「ブライトシルバーメタリック」の単色3パターンのほか、「デザインフィルムトップ」によるツートンカラーを3パターンの計6種類を用意。このほか、ドアミラーとリヤクォーターピラーパネルを「ボディ同色」「ブラック」「レッド」から選ぶこともできる

フロントグリルには「スポーツ」を表す、赤い「S」のエンブレムが、リヤコンビネーションランプ下には「キャスト スポーツ」のロゴがあしらわれる

フロントのエアロバンパーから、サイドストーンガード、リヤのエアロバンパーまで、ボディ下部をぐるりと一周するように走るレッドピンストライプ。走りへの期待感をかき立ててくれる心憎いあしらいだ

ダイハツ「キャスト スポーツ」

「キャスト スポーツ」の2WD車には、シリーズ唯一となる16インチアルミホイールと専用チューニングのスポーツサスペンションが標準装備され、すぐれた接地性、操作性を発揮。スポーツの名にふさわしい軽快なドライビングを実現してくれる。なお、4WD車の足回りは「キャスト スタイル」と共通の15インチアルミホイールとなる

ダイハツ「キャスト スポーツ」

インパネは黒×赤を基調とし、全体的に引き締まった印象

ダイハツ「キャスト スポーツ」

ステアリングはイタリアのMOMO製革巻き仕様で、レッドステッチがあしらわれる。しっとりとした質感のため握りやすいうえ、見た目にもスタイリッシュだ

ダイハツ「キャスト スポーツ」

7速マニュアルモードの変速操作を行うパドルシフトが装備されているため、CVT車ながらMT車感覚のシフトアップ/ダウンも可能。「操る楽しさを味わいたい」という人にはうれしい装備だ

ダイハツ「キャスト スポーツ」

タコメーター(左)とスピードメーター(右)の文字盤は渋めの赤で、目盛りのフォントと指針は白。スポーティーさが際立つ配色なのはもちろん、視認性も申し分ない

進化した「スマートアシストV」を新搭載

ここまで3タイプそれぞれの個性を見てきたが、最後は3タイプに共通する話題であり、今回の商品改良の最大のトピックでもある「スマートアシストV」(以下、スマアシV)の搭載についてチェックしていこう。

ダイハツ独自の先進予防安全機能「スマートアシスト」の最新バージョンとなる「スマアシV」は、フロントウインドウ上部に備わるステレオカメラと、車体後部のソナーセンサーを用いて、先行車や歩行者、障害物などをとらえ、ドライバーに注意をうながしたり、緊急ブレーキを作動させたりするものである。先行車との衝突の危険性が高まった場合に、衝突警報を発したり、緊急ブレーキで減速したりする「衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)」をはじめ、「車線逸脱警報機能」「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」「先行車発進お知らせ機能」「オートハイビーム」の5つの機能をパッケージング。「衝突回避支援ブレーキ機能」が歩行者にも対応するなど、従来の「スマアシU」から、さらに安全性が高められている。

しかし、「いざという時に安心です」と言われてもいまひとつピンと来ない人も多いはず。というわけでもう少し具体的に、「スマアシV」がその効果を発揮するシーンを考えてみよう。たとえば最近よく耳にする、シニアドライバーのアクセルとブレーキの踏み間違いによる交通事故について。かくいう筆者も以前、急いで駐車場からクルマを出そうとした際、一瞬だがペダルを踏み間違えそうになり、「危なかった……」と冷や汗をかいたことがある。そんな時に「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」があれば、壁などへの衝突事故を防げる可能性は高い。また、「スマアシV」は前進時だけでなく後退時にも急発進を抑制してくれるので、駐車場から出る時なども安心感が高い。

また、夜間、街灯の少ない道路や山道を走行する場合でも、「オートハイビーム」が備わっていれば、ロービーム/ハイビームをひんぱんに切り替えることなく運転に集中できるほか、「先行車発進お知らせ機能」があれば、後続車のクラクションで信号が赤から青に変わっていることに気づき、あわてて急発進、なんていうひと幕も減るだろう。こうした先進予防安全機能には「お世話にならないこと」が一番だが、やはりあるとないとでは精神的な安心感が大きく違ってくる。すぐれたデザインや走りをより安心して楽しめるという意味でも、進化した「スマアシV」の搭載は「キャスト」の強力な購入動機のひとつになるはずだ。

ダイハツ「キャスト」

フロントウインドウ上部に備えられたカメラだが、従来の「スマアシU」では単眼カメラだったものが、「スマアシV」では世界最小サイズ(※)のステレオカメラに変更された。これにより、前方の認識精度が向上し、各機能の対応速度域が拡大
※2017年10月現在。ダイハツ工業(株)調べ。

ダイハツ「キャスト」

走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起。さらに危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与する「衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)」。車両だけでなく、歩行者に対しても作動するのは心強い

ダイハツ「キャスト」

約60km/h以上で走行中、ウインカーを出さずに車線をはみ出しそうになると「車線逸脱警報機能」が作動。フロントカメラが白線を感知し、メーター内表示と警報ブザーで知らせてくれる

ダイハツ「キャスト」まとめ

広くて使い勝手のいい軽自動車は生活の足として欠かせない存在であり、日常使いでは特に不満を感じることもないはずだ。でもやっぱり、便利に使えることだけがクルマの存在意義ではないだろう、とも思う。自分らしさを表現できる遊び心にあふれたデザインや、何気ない移動が「手段」から「目的」に変わるような、ワクワクする走り。そういうものが、いつの時代も変わらない、クルマの楽しさなのではないだろうか。今回あらためて注目した「キャスト」は、こうしたクルマの本質の部分に気づかせてくれるとともに、「キャスト スタイル」「キャスト アクティバ」「キャスト スポーツ」という個性の異なる3タイプのモデルを取り揃え、千差万別の好みやライフスタイルにピッタリと寄り添ってくれることがわかった。そしてもちろん、新搭載された「スマアシV」による高い安全性をはじめ、広さや燃費、実用性といった要素にもなんら不足はない。眺める楽しさや走る楽しさはもちろんだが、まずは3タイプのうちどの「キャスト」が好みか、選ぶ楽しさから体感してみてはいかがだろうか。

© Kakaku.com, Inc.