三菱電機のエアコン「霧ヶ峰Style」 美しいデザインと快適さに感動!

PR企画
「グッドデザイン・ベスト100」(※)受賞モデルに、待望の新色が登場 三菱電機のルームエアコン「霧ヶ峰Style」美しいデザインと快適さに感動!

とかく実用性ばかりが注目されがちなエアコンに、「美しいデザイン」という新たな価値を持ち込み、市場で異彩を放っている製品がある。それが、三菱電機のライフスタイルエアコン「霧ヶ峰Style」だ。2017年11月、そのフラッグシップモデル「FLシリーズ」に、待望の新色「オニキスブラック」が追加される。ここでは、「FLシリーズ」のデザインに対するこだわりはもちろん、快適機能や省エネ性能、清潔機能といったエアコンとしての基本性能もしっかりチェックしていこう。

スクエアボディと、美しいカラーに視線が釘づけ

近年の家電市場では、高い機能性に加えて、見た目のよさも兼ね備えた「デザイン家電」と呼ばれる製品が注目を集めている。特に、キッチン家電や掃除機などにこうした製品が多いが、とかく実用性ばかりが求められがちなエアコンにも、デザイン性を求めていいはず――。そんな想いをカタチにしたのが、三菱電機のライフスタイルエアコン「霧ヶ峰Style」だ。

2017年11月、そんな「霧ヶ峰Style」のフラッグシップモデル「FLシリーズ」に、ユーザーから要望が多かったブラック系の新色「オニキスブラック」が追加される。これに、従来からの「ボルドーレッド」と「パウダースノウ」を加えた全3色の中から、好みやインテリアの雰囲気に合わせたカラーを選ぶことができるのだ。

MSZ-FL6318S-K

「FLシリーズ」のカラーバリエーションは、従来からの「ボルドーレッド」と「パウダースノウ」に、新色の「オニキスブラック」を加えた全3色が用意される

カラーバリエーションの拡充によって、さらに魅力をアップさせた「FLシリーズ」。そのデザイン性は、各方面から非常に高く評価されている。たとえば、価格.com「FLシリーズ」製品ページのユーザーレビューとクチコミには、「ホワイト以外のエアコンがあるのは三菱電機くらい。オシャレでカッコいいです」「今までにない四角い感じがカッコいい」といった賞賛の声が寄せられるなど、多くのユーザーが満足していることがうかがえる。また、「2016年度グッドデザイン賞」の「グッドデザイン・ベスト100」に、エアコンで唯一選出されていることも、本機のデザイン性の高さの証となるだろう。

価格.com上でもデザインが高評価!ユーザーレビュー・クチコミをチェック

  • ホワイト以外のエアコンがあるのは三菱電機くらい。オシャレでカッコいいです。とにかくデザインがいい。
  • リビングルームにて使用。とにかく目立ちます。こういうエアコンもたまにはいいと思います。「グッドデザイン賞」を受賞したのがダテじゃないくらいカッコいいです。
  • 同クラスモデルの中では値が張りますが、その差を埋めるだけの価値がスタイリッシュなデザインにあると思います。
  • 昨今の家庭用エアコンは、省エネ性を追求するいっぽうで、本体は大型化。そのサイズ感を目の錯覚で紛らわせるかのような丸みを帯びたフォルムが主流となるなか、四角く、角が立ったフラットなデザインは異端な存在と言えます。インテリアとしてインパクトを持たせながらも、決して浮かないデザインに仕上がっています。

※2017年10月23日時点、価格.com「FLシリーズ」の製品ページに寄せられたユーザーレビュー・クチコミを抜粋・編集しています。

それでは、「FLシリーズ」の室内機のデザインを詳しく見ていこう。最近のエアコンの室内機は、前方へのせり出しによる圧迫感を軽減するため、丸みを帯びたデザインが採用されることが多い。これに対して、「FLシリーズ」では、直線や平面を基調としたシンプルなスクエア形状が採用されている。また、熱交換器などの基本設計をイチから見直すことで、奥行233mmという薄さを実現。このスクエアで薄型のボディが、住空間の基本となる壁や床、天井の直線と調和し、さまざまなインテリアに違和感なく溶け込んでくれるのだ。

「FLシリーズ」の室内機のサイズは、890(幅)×307(高さ)×233(奥行)mm。吸気口は上部が主だが、フロントパネルの正面中央にもデザインアクセントとして配置されている。また、昨今のエアコンの中では奥行きがスリムなため、圧迫感を感じることは少ない

「オニキスブラック」をダイニングに、「ボルドーレッド」をリビングルームに設置してみたが、どちらもモダンなインテリアにしっかりと溶け込んでくれた。また、電源オフ時には、本体底面に装備されたフラップや、赤外線センサーが本体内部に格納されるのも、美しさを高めているポイントだ

また、室内機のフロントパネルの質感にも特筆すべきものがある。新色の「オニキスブラック」と、今回のレビューで使用した「ボルドーレッド」のフロントパネルは、透明アクリル樹脂の裏面にヘアライン加工とメタリック塗装を施した特別な仕上げとなっており、上質な漆器のようにツヤやか。透明アクリル樹脂の裏面のヘアライン加工に、パネルの表面から入った光が複雑に反射することで、見る角度によって繊細に色合いが変化するのも特徴だ。また、もう1色の「パウダースノウ」のフロントパネルは、透明アクリル樹脂の裏面にヘアライン加工を施し、そこにパール塗装を重ねることでスタイリッシュに仕上げられている。

MSZ-FL6318S-K

複雑な工程で仕上げられた「オニキスブラック」と「ボルドーレッド」のフロントパネルは、見る角度によって、繊細に色合いが変化する

MSZ-FL6318S-K

リモコンにも、室内機のフロントパネルと同じカラーが採用されている

MSZ-FL6318S-K

「FLシリーズ」では、外観の美しさを損ねないよう、配管を横から通すための「切り欠き」が廃止されている。なお、横から配管を通したい場合は、「切り欠き」の付いた付属のプレートを使用する。こうした細かなこだわりも、「FLシリーズ」のデザイン性が高く評価されている要因だ

このほか、「霧ヶ峰Style」には、機能を絞り込むことでさらなるコンパクト化とお求めやすい価格を実現した「Sシリーズ」もラインアップされている。リビングルームには「FLシリーズ」を、子ども部屋や寝室には「Sシリーズ」をと、設置する部屋の大きさなどに合わせて製品を選択することができるのだ。このように、家中のエアコンを「霧ヶ峰Style」で統一すれば、住空間のオシャレ度がグンと高まりそうだ。

MSZ-FL6318S-K

コンパクトな「Sシリーズ」は、子ども部屋や寝室にピッタリだ。室内機のサイズは、798(幅)×295(高さ)×252(奥行)mm。カラーバリエーションには、「シャンパンゴールド(台数限定色)」と「パウダースノウ」の2色が用意される

独自のテクノロジーで高い快適性と省エネ性を実現!

ここまで、「FLシリーズ」のデザイン性を詳しく見てきたが、本機がただオシャレなだけのエアコンなのかと言えば、決してそうではない。三菱電機ならではの快適機能や省エネ性能をしっかりと備えており、賢く節電しながら、快適な室内環境を作り出してくれるのだ。

価格.com上でも快適機能省エネ性能が高評価!ユーザーレビュー・クチコミをチェック

  • 赤外線センサー「ムーブアイ極」が人の動きをしっかりとキャッチして、いつでも室内を快適にしてくれます。大人だけでなく子どもも快適です!
  • 「ムーブアイ極」のおかげですぐにちょうどいい室温になります。
  • 「ムーブアイ極」によって、部屋の間取りや人の表面温度を検知し、風向きや風量を変えてくれるのは驚きました。
  • 省エネ性の高いエアコンにもかかわらず、暖房の立ち上がりが早く、すぐに暖かくなります。足元からポカポカする感じで気持ちがいいですね。

※2017年10月23日時点、価格.com「FLシリーズ」の製品ページに寄せられたユーザーレビュー・クチコミを抜粋・編集しています。

まず、高い快適性を実現する機能として注目したいのが、「FLシリーズ」に搭載されている赤外線センサー「ムーブアイ極(きわみ)」だ。このセンサーは、部屋全体を3,008エリアに分割し、0.1℃単位で温度を測定する能力を持つため、部屋にいる人の位置をはじめ、手先や足先などの温度変化や、床・天井・壁など住空間の温度まで緻密に把握することができる。この高度なセンシング技術によって、寒いと感じている人には温風を当て、暖かいと感じている人には温風を当てないという、快適な状態を作ってくれるのだ。

「FLシリーズ」の赤外線センサー「ムーブアイ極」は、室内機右底面に搭載されている。普段は室内機内部に格納されているが、エアコンを起動すると姿を現し、約160°回転しながらお部屋をセンシングしてくれる

MSZ-FL6318S-K

「ムーブアイ極」は、温冷感が表れやすい人の手足や足先の温度を、0.1℃単位で測定可能。また、体感温度に影響する周囲の環境もしっかりと見張ることで、快適な状態を作ってくれる

そんな「ムーブアイ極」でセンシングした温度情報をもとに、狙った場所に風を届ける役割を果たすのが、前後左右4枚のフラップが独立して動く「匠フラップ」と、左右別々に動作するルーバーの2つ。これらを使って風の強さや角度をたくみに操ることで、最適な風を届けることができるのだ。

「ムーブアイ極」によって得た温度情報と、「匠フラップ」やルーバーが連動することで、最適な風を届けられる

さらに、「FLシリーズ」は省エネ性も極めて高い。なかでも注目したいのが、「ムーブアイ極」でセンシングした温度情報をもとに、夏は体感温度に合わせて「冷房」と「爽風(風だけ)」運転を自動で切り替える「ハイブリッド運転」と、冬は天井付近にたまる暖かい空気を循環させることで、むだな運転を省き、消費電力を抑制する「サーキュレーターモード」だ。また、人の不在を検知すると約3分後に自動でパワーを抑える「スマートセーブ」機能や、約3時間後に自動で運転を停止する「スマートオフ」機能も搭載されており、人の体感温度や動きを検知しながら、賢く節電してくれる。

なお、「FLシリーズ/MSZ-FL3618」(冷暖房とも主に12畳)は、エアコンの省エネ性の指標となる「APF(通年エネルギー消費効率)」で「6.5」という高い数値をマーク。これは、一般的なハイスペックモデルの省エネ性の最低ラインとなるAPF値「6」を上回るとともに、「霧ヶ峰」シリーズの上位モデル「Zシリーズ/MSZ-ZW3617」(冷暖房とも主に12畳)の「6.6」にも肉薄する数値となっている。このように、「FLシリーズ」は、デザイン性を重視した薄型ボディながら、さまざまな省エネ機能によって、上位モデルに迫る省エネ性を実現しているのだ。

MSZ-FL6318S-K

冷房時には、体感温度に合わせて「冷房」と「爽風(風だけ)」を自動で切り替える「ハイブリッド運転」が作動。「爽風(風だけ)」時には、エアコンの中で消費電力が最も大きいコンプレッサーが停止し、消費電力を大幅に削減できる

MSZ-FL6318S-K

天井付近にたまった暖気を循環させて室内を暖める「サーキュレーターモード」では、運転のむだを省くことで消費電力を削減できる。なお、体感温度が低くなってきた場合は、自動で暖房運転に切り替わる仕組みだ

エアコン内部の汚れを抑制できるうえ、お掃除も簡単

「FLシリーズ」では、室内機の奥行きを抑えるため、あえてフィルター自動掃除機能(お掃除ロボット)を搭載していない。しかし、室内機の内部には、手入れのしやすさに配慮したさまざまな技術が盛り込まれており、高い清潔性を実現している。このあたりは、長年にわたって消費者のニーズと向き合ってきた老舗メーカーならではの工夫と言えるだろう。

価格.com上でも清潔性が高評価!ユーザーレビュー・クチコミをチェック

  • 「ハイブリッドナノコーティング」など、室内機内部の清潔性にもしっかりと配慮されています。カビが生えにくく、とても助かっています。
  • エアコンを衛生的に使用できる工夫がさまざまあります。「帯電ミクロフィルター」が搭載されており、ちょっとした空気清浄機の役割を担ってくれるのもうれしいです。
  • 内部をキレイに保て、いつでも清潔なためか、ニオイはまったく気になりません。

※2017年10月23日時点、価格.com「FLシリーズ」の製品ページに寄せられたユーザーレビュー・クチコミを抜粋・編集しています。

「FLシリーズ」が高い清潔性を実現しているひとつめの要因は、ユーザーレビューでも「カビが生えにくく、とても助かっています」と支持されていた、「ハイブリッドナノコーティング」にある。“ハイブリッドナノ”とは、ホコリなどの親水性汚れを防ぐフッ素粒子と、油などの疎水性汚れを防ぐ親水性薄膜をナノレベルで組み合わせたもの。このコーティングを室内機内部の熱交換器やファン、通風路に施すことで、ホコリや油など性質の異なるさまざまな汚れの付着を抑制できるのだ。

MSZ-FL6318S-K

汚れが付きやすい熱交換器やファン、通風路などに「ハイブリッドナノコーティング」を施すことで、室内機内部をキレイな状態に保つことができる

また、フラップが簡単に外せる「はずせるボディ」も見逃せない。これは、運転停止中にリモコンの「お掃除アシスト」ボタンを3秒間長押しすると、自動でフラップが開き、フラップが簡単に取り外せるようになるというもの。また、ルーバーを左右に引き出すこともできるため、室内機内部のファンや通風路にもしっかりと手が届き、掃除しやすい。早速試してみたが、驚くほど簡単にフラップを取り外せ、一般的なエアコンでは手の届きづらい室内機内部の奥まで手軽に拭き掃除することができた。

室内機内部の掃除手順は非常に簡単。リモコンの「お掃除アシスト」ボタンを3秒間長押ししてフラップが開いたら、フラップを取り外す。あとはルーバーを左右に引き出して、やわらかい布で内部を拭き掃除すればOKだ

MSZ-FL6318S-K

掃除のタイミングは、室内機右底面のクリーンランプで知らせてくれる

MSZ-FL6318S-K

「FLシリーズ」では、空気中に浮遊するPM2.5※や花粉をしっかりとキャッチする「帯電ミクロフィルター」を搭載。部屋の空気を清潔に保つこともできる
※PM2.5とは、2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。本エアコンで、0.3μm〜2.5μmの粒子を約50%キャッチ。28m3の試験空間での60分後の効果(三菱電機調べ)。換気等による屋外からの新たな粒子の侵入は想定されていません。0.3μm未満の微小粒子状物質は、除去未確認。また、空気中の有害物質をすべて除去できるものではありません。

まとめ

ここまで、「霧ヶ峰Style」のフラッグシップモデル「FLシリーズ」をレビューしてきた。直線や平面を基調としたスクエアフォルムや、複雑な工程で仕上げられたツヤやかなフロントパネルなど、細部までこだわり抜かれたデザインは想像以上にスタイリッシュで、従来のエアコンとは一線を画す美しさがあった。そして今回、新色の「オニキスブラック」が追加されたことで、さらに選択の幅が広がったのもうれしい。このほか、単にデザイン性にすぐれているだけでなく、快適機能や省エネ性能、清潔機能といったエアコンとしての基本性能も申し分なかった。そんな「FLシリーズ」なら、住空間をもっと快適でスタイリッシュに演出してくれるはずだ。

価格.com製品情報をチェック

家電量販店用エアコン
住宅設備用エアコン

※「霧ヶ峰Style Sシリーズ」は設備向けでは「霧ヶ峰Style AXVシリーズ」となります。 (「AXVシリーズ」には「シャンパンゴールド」はラインアップされておりません。 「ボルドーレッド」「パウダースノウ」の2色のラインアップとなります)

© Kakaku.com, Inc.