徹底討論! トヨタ「ランドクルーザー プラド」が“買い”の理由

PR企画
驚異的なリセールバリューの高さにも注目 ビッグマイナーチェンジで魅力を増したトヨタ「ランドクルーザー プラド」が“買い”の理由

ファミリー層が選ぶべきクルマとして、多くの人が真っ先にイメージするのはミニバンだろう。しかし、広い室内や荷室、家族みんなが「カッコいい」と思えるデザイン、そして走破性の高さなどを考えると、今人気のSUVもファミリー層にとって有力な選択肢となるはずだ。今回は、そんなSUVの代表格とも言えるトヨタの本格SUV「ランドクルーザー プラド」に注目。2017年9月にビッグマイナーチェンジを受けた最新モデルをじっくりとチェックしながら、中古車事情に精通した日本自動車鑑定協会の加藤大悟氏と、モータージャーナリストの岡崎五朗氏に、「ランドクルーザー プラド」が“買い”の理由を語っていただいた。

  • 日本自動車鑑定協会 鑑定士 加藤 大悟氏
  • 日本自動車鑑定協会 鑑定士
    加藤 大悟

特定非営利活動法人 日本自動車鑑定協会に所属する中古車鑑定士。日ごろは、「Goo鑑定師」として、公正で中立な立場から、「ランドクルーザー プラド」をはじめ、数多くの中古車の鑑定を行っている。中古車市場の動向を間近で見つめる “中古車のプロ”として本企画に登場。

  • モータージャーナリスト 岡崎 五朗氏
  • モータージャーナリスト
    岡崎 五朗

日本自動車ジャーナリスト協会理事。大学在学中から執筆活動を始め、卒業と同時にフリーランスのモータージャーナリストとして活動を開始。自動車専門媒体を中心に、各メディアで活躍中。「生活をともにして気持ちがいいかどうか」が、クルマを評価するうえでの最大の関心事項。

不動の人気を誇る本格SUVがビッグマイナーチェンジ!

家族みんながゆったり乗れて、荷物もたっぷり積めるミニバンがファミリー層にぴったりのクルマであることは間違いない。しかし、ファミリー層が選ぶべきクルマとして、実はもうひとつ魅力的な選択肢があることも忘れてはならない。5人乗りと7人乗りが選択でき、広々とした室内や荷室はもちろん、見た目のカッコよさや、悪路をものともしない高い走破性も備えた、SUVである。

なかでも、「正統派SUV」として多くのファンを獲得しているのが、トヨタの「ランドクルーザー プラド」だ。昨今、アーバンライフに特化したスタイリッシュなSUVも数多く存在すると思うが、こちらはその逆。地球上のあらゆる道でもタフに走り抜けるすぐれた走行性能と、強靭な足回りを備えた本格SUVで、デザイン性や居住性、積載性、安全性などにおいても妥協がない。それゆえ、本物志向のドライバーからの評価が高く、時代が移り変わろうともその人気は衰え知らずなのだ。

そんな「ランドクルーザー プラド」が2017年9月にビッグマイナーチェンジされたが、具体的にどこがどう進化したのか? まずは、モータージャーナリストの岡崎五朗氏にその進化ポイントを解説してもらおう。

2017年9月にビッグマイナーチェンジを受け、正統派SUVとしての魅力がさらに高まった「ランドクルーザー プラド」。今回の撮影車は、7人乗りモデルとなる「TZ-G(クリーンディーゼル)」だ。ボディサイズは約4,825(全長)×1,885(全幅)×1,880(全高)mm  ※オプション装着車

「トヨタ車のなかで『ランドクルーザー プラド』が一番好きかもしれない」と語る岡崎氏は、ビッグマイナーチェンジの概要を次のように説明する。「まずはデザインの刷新ですよね。全グレードでLED化されたヘッドランプは、フロントグリルとヘッドランプをひと括りにした直線的なラインによって力強さが増しています。よりワイルドに、でもスマートに。エクステリアはそんな印象ですね。インテリアに関しては木目調の加飾がうまくあしらわれ、質感がアップしています」。
※「TZ-G」:ステアリングホイールとオーナメントパネルの木目調が標準装備
※「TX“Lパッケージ”」:オーナメントパネルの木目調が標準装備

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

ビッグマイナーチェンジで変更されたポイントのひとつが、フロントマスクのデザイン。中央のグリルに入る縦のラインが太くなり、押し出し感が強まったほか、左右のヘッドライトが水平基調にレイアウトされ、より凛々しい目つきとなった

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

インパネは、悪路走破中に車体の傾きを把握しやすい水平基調のレイアウトになっている。「整然とレイアウトされた操作系パネルや各種スイッチは使いやすいですし、木目調の加飾など、デザイン性もしっかりと考えられたインテリアに仕上がっていますね」と岡崎氏
※「TZ-G」:ステアリングホイールとオーナメントパネルの木目調が標準装備
※「TX“Lパッケージ”」:オーナメントパネルの木目調が標準装備

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

3列目シートを格納すると広大なラゲージスペースが出現する。バックドアは横開き式を採用。高い走破性に加え、使い勝手のよいインテリアとスペースも備えている

さらに、先進安全機能「Toyota Safety Sense P」が新搭載されたのも今回のビッグマイナーチェンジにおける大きなトピックだ。「Toyota Safety Sense P」は、走行中、前方のクルマや歩行者を検知して衝突回避をうながす「プリクラッシュセーフティシステム」や、道路上の白線から逸脱する可能性がある場合に警報で注意をうながす「レーンディパーチャーアラート」、先行車との車間距離を保って追従走行する「レーダークルーズコントロール」といった先進安全機能をパッケージしたもの。その中で岡崎氏が「ぜひ一度体感してみてほしい」と強調したのが、先行車を追従しながらアクセル/ブレーキ操作を自動制御してくれる「レーダークルーズコントロール」だ。

「ペダル操作をクルマに任せると眠くなってしまうのでは? という声を耳にすることがありますが、私は逆だと思っています。常に前を走るクルマと一定の車間距離を保ってくれるわけですから、ペダル操作に気を使わなくて済む。ペダル操作の負担が減ればそのぶん運転の疲労も減り、結果として、もっと安全に気を配れるのではないかと。『ランドクルーザー プラド』は大切な家族を乗せるファミリーカーとしての顔も持っていますから、こうした先進安全機能が搭載されたことは非常にありがたいですよね」(岡崎氏)

今回のビッグマイナーチェンジでは、トヨタの衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が全グレードに標準装備された。フロントウインドウ上部に取り付けられた単眼カメラと、フロントグリル中央のロゴ部分に内蔵されたミリ波レーダーを併用し、クルマだけでなく、歩行者までも検知してさまざまな衝突回避支援を行う

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

「Toyota Safety Sense P」の主な機能は、@約10km/hで走行中に前方のクルマを、約10〜80km/hで走行中に前行の歩行者を検知して衝突回避をうながす「プリクラッシュセーフティシステム」、Aウインカー操作を行わずに道路上の白線から逸脱する可能性がある場合に警報で注意をうながす「レーンディパーチャーアラート」、Bハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、C先行車との車間距離を保って追従走行する「レーダークルーズコントロール」の4つだ

“ランクル”を知る2人のプロフェッショナルがその魅力を語る

さて、ここからは本題である「ランドクルーザー プラド」が“買い”である理由を探っていくとしよう。そのひとつとして、読者に知っておいてほしいのが「ランドクルーザー プラド」のリセールバリューの高さだ。価格.comの中古車検索ページにおいて「ランドクルーザー プラド」を検索してみると、現行モデル(今回のビッグマイナーチェンジモデルを含む2009年モデル)だけでも602台の登録があり、最も低価格な車両でさえ、1,998,000円(諸経費別)という高値が付けられている(2017年10月13日時点)。発売から8年が経った今もなお、これだけの高値で取り引きされているというのはちょっと驚きだ。

ではなぜ、「ランドクルーザー プラド」はこれほどまでにリセールバリューが高いのか? その疑問を加藤大悟氏と岡崎五朗氏にぶつけてみた。中古車事情に精通した中古車鑑定士と、モータージャーナリストの2人は、この状況をどう見ているのだろうか?

“中古車市場での「プラド」の人気、相場の高さは別格です”

価格.com

まずお聞きしたいのが、中古車市場における「ランドクルーザー プラド」の人気の高さと、そもそも中古車はどのように値付けされているのかという点です。

加藤氏

近年、世界的にSUVの人気が高まっていますが、中古車市場でもそれは強く感じています。ただその中でも「ランドクルーザー プラド」はやはり別格と言いますか、国内需要、海外需要ともに安定して高値で取り引きされていますね。日本の中古車価格は基本的にオークション相場によって決定されていて、人気の高さ、つまり「どれだけ欲しい人がいるか」で値段が決まる仕組みになっています。そのオークションには多くの海外輸出バイヤーも参加していて、彼らが付ける値段も日本の中古車相場に影響を与えるのです。「ランドクルーザー プラド」は、日本だけでなく、海外でも絶大な人気がありますから、そのぶん中古車相場も高くなるというわけですね。

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

「オークションでは海外輸出バイヤーが付ける値段が相場に大きく影響してきます。なかでも、海外で高い需要がある『ランドクルーザー』や『ランドクルーザー プラド』は、常に高値で取り引きされていますね」と、加藤氏は説明する

岡崎氏

確かに、仕事でインドネシアやタイ、ニュージーランドなどに行った際に「ランドクルーザー プラド」の姿をひんぱんに見かけたのを覚えています。海外にはまだまだ道路が整備されてない地域もありますし、故障したからといって日本のようにロードサービスが駆けつけてくれるわけでもない。そうした国や地域では、“どんなところでも走れて、壊れないクルマ”として知られる「ランドクルーザー プラド」の走破性や耐久性がとりわけ重宝されるのでしょうね。いっぽうで、これだけ道路の整備された日本でも「ランドクルーザー プラド」は人気が高い。加藤さんは、その理由をどうとらえていますか?

加藤氏

所有する満足感やステータス感に加えて、いざというときの安心感が支持されているのではないでしょうか。私は渓流釣りが好きで山道をクルマで走ることが多いのですが、タイヤがぬかるみにハマって立ち往生してしまうなどの、アクシデントに見舞われた経験が結構ありまして……。でも「ランドクルーザー プラド」なら険しい山道でも安心してハンドルを握れますよね。

岡崎氏

満足感やステータス感という意味では、最近は街乗りに軸足を置いたクロスオーバーモデルの種類が多くなった今だからこそ、SUVの原点とも言えるタフネスさを備えた「ランドクルーザー プラド」に乗ることに満足感やステータス感があるのかもしれません。その硬派なキャラクターこそが魅力で、それを選ぶセンスのよさをアピールできるということですね。

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

「海外に行くと、『え? ホントに?』と思えるぐらい道路が整備されていないところがあります。でもそういった場所でこそ、『ランドクルーザー プラド』のポテンシャルが発揮されますよね。特に、最近多いモノコック構造とは違い、ラダーフレーム構造の『ランドクルーザー プラド』なら、ちょっとやそっとの悪路なんてものともしない。海外で、そんなシーンを目にすると、日本人として誇らしい気分になります」と岡崎氏

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

“どこにでも行けて、必ず帰ってくることができるクルマ”とも称される「ランドクルーザー プラド」には、ラダーフレーム構造に加え、前後輪の駆動をコントロールするフルタイム4WDシステムなど、悪路走行に特化した装備が惜しみなく投入されている

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

最上位グレード「TZ-G」には、ぬかるみ、砂利、岩場など、路面の状況を瞬時に判断し、エンジン出力やブレーキ制御を最適化して、スタックしないよう運転をサポートしてくれる「マルチテレインセレクト」が装備される
※メーカーオプション

“ハイクオリティが上質な乗り味や高級感につながる”

価格.com

悪路や未舗装路などの走行を得意とする本格SUVには、「走破性は高いけど快適性はそこそこ」というイメージがありますが、「ランドクルーザー プラド」においてはどうですか?

岡崎氏

実はその点もこのクルマのすごいところなんですよ。クルマに乗り込んで駐車場から出る時に、小さな段差がよくあるじゃないですか。そこですぐにわかるんです。「あ、これはほかのクルマと作りが違う」って。それぐらい乗り心地がいい。これは、シャシーとボディ骨格の間で振動を吸収するラダーフレーム構造によるところが大きいですね。さらに、ボディの鉄板が分厚いとか、サスペンションの取り付け部分が堅牢に設計されているとか、極限の悪路を走っても壊れないように作られているから、すべてに余裕があるんです。たとえば300馬力のスポーツカーに乗ったとしたら、常に300馬力を使って走るわけじゃないですよね? でも、普通に走っているだけでも、パワーにおける余裕が感じられる。「ランドクルーザー プラド」の性能の高さもそれと同じなんだと思います。そのハイクオリティこそが、上質な乗り味や走るよろこびにつながっているんじゃないでしょうか。

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

「ただ壊れないだけではなく、運転していて気持ちがいい。国内で『ランドクルーザー プラド』を運転していて感じるのは、砂漠やデコボコの道を走破できるほどのオーバークオリティが、実は上質な乗り味につながっているということです」と岡崎氏(写真左)

加藤氏

そういう意味では、本当に贅沢なクルマと言えますよね。でも、贅沢だからといって、「一般庶民には買えないクルマ」というわけではないんですよね。新車購入時には、それなりの値段がしますが、クルマの価格というのは最終的に、買った値段から、売った値段を引いたものになるわけです。そう考えると、リセールバリューの高い「ランドクルーザー プラド」は、決して高い買い物ではないように思います。私の知り合いには、投資目的で「ランドクルーザー プラド」を買った人もいるくらいですから(笑)。

岡崎氏

一般的なドライバーが投資目的でクルマを買うのは、なかなか難しいかも知れませんが、「このオプションを付けておけば売るときに高く売れる」という装備などはあったりしますか?

加藤氏

海外輸出バイヤーは、より充実した装備の「ランドクルーザー プラド」を求める傾向にあります。海外で「ランドクルーザー プラド」が欲しいという人の多くは高級志向が強いので、「本革シート」「ムーンルーフ」「カーナビ」の“三種の神器”が装備されていると、特に高値で取り引きされますね。日本では大衆車のイメージがある「カローラ」だって、海外では当たり前のように本革シート仕様で売られていたりするんですよ。
※「TZ-G」「TX“Lパッケージ”」に標準装備

岡崎氏

なるほど。たとえば新車購入時にオプション装着費として30万円使ったとしても、売るときに50万円高く売れればむしろお得ですもんね。もちろん、乗っている間はその装備によって満足感が得られるわけですし。要するに、「ランドクルーザー プラド」の中古車を買う人が何を求めているかを考えることも大切だと。まさに“需要”が「ランドクルーザー プラド」の高いリセールバリューを作り出しているということがよくわかりました。

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

撮影車の「TZ-G」には本革シートが標準装備される。シートカラーは写真の「ニュートラルベージュ」のほかに「ブラック」の設定もある。2列目シートに座った岡崎氏は「ラグジュアリー感が高くていいですね」と、3列目シートに座った加藤氏は「低床化設計のため、足元も比較的余裕があります」と、「ランドクルーザー プラド」の室内空間を高く評価していた

“先進安全機能が加わったことで、リセールバリューがさらに高まる”

価格.com

「ランドクルーザー プラド」にファミリー層が乗ることを考えた場合、ほかに選択の決め手になるようなポイントはありますか?

岡崎氏

安全・安心というのはファミリー層のクルマ選びにとって最も重要な点ですから、「Toyota Safety Sense P」が新搭載されたことは大きな決め手になるでしょうね。先ほどの“三種の神器”の話で言えば、そこにもうひとつ先進安全機能がプラスされることで、リセールバリューがさらに高まるかもしれませんしね。

加藤氏

その可能性は十分にありますよね。アジア圏やアラブ圏などでは、先進安全機能の本格的な普及はまだまだこれからですが、付いているほうが高く売れる、という時代はすぐにやってくると思います。先進安全機能が装備されている中古車と、されていない中古車があったら、それは前者のほうが付加価値が高くなるはずです。

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

「これからの中古車市場では、先進安全機能の有無も高値で取り引きされるポイントのひとつになってくるでしょう」と語る加藤氏。岡崎氏も「そうですね。車種、ボディカラー、装備に加えて、先進安全機能が付いているかどうかは、中古車においてとても重要なチェック項目になってくるはずです」と同意見

岡崎氏

あとは実際に販売店に足を運んで、家族みんなで試乗してみることが大切です。ひとつ言えるのは大きいクルマには大きいクルマのよさがあるということ。たとえば目線が高く長距離の運転でも疲れにくいのもそうですし、守られている感覚もそう。「ランドクルーザー プラド」の場合は四角いフォルムなので見切りもいいですしね。実際に乗ってみると、想像以上に取り回しやすく感じるはずです。それに最近は女性もSUVを好むようになってきていて、運転が上手な人も多い。土日しか運転しない旦那さんよりも、平日に毎日運転する奥さんのほうがうまい、なんていうケースが実はよくあるんですよ。そういう意味では、むしろ旦那さんのほうが気をつけて運転しないといけないかもしれませんね(笑)。

加藤氏

女性が「ランドクルーザー プラド」を運転しているとカッコいいんですよね。つい最近も「ランドクルーザー プラド」に乗られている女性のお客様にお会いしたんですけど、なんというか、乗りこなしている感じがすごくすてきで。ですから私も、まずは家族みんなで販売店に足を運んでみるのがいいと思います。リセールバリューの高さだけでなく、実際に見て、乗ってみれば、家族の誰もがこのクルマを気に入るはずですから。

まとめ

リセールバリューの高さはもちろん魅力だが、ファミリーカーは、ご主人だけでなく、奥さんやお子さんまで、家族みんなが満足できなければ、購入に至るのは難しいだろう。言い換えれば、そういう満足感が得られるからこそ、「ランドクルーザー プラド」は、新車市場でも、中古車市場でも高い人気を誇り、ファミリー層にとっても有力な選択肢のひとつとなっているのである。

“生きて帰ってこられるクルマ”と言われる高い走破性や堅牢性はもちろん、ビッグマイナーチェンジによって迫力を増したエクステリアデザインや、高級志向の外国人も納得のインテリアデザインや装備、そして新搭載された先進安全機能「Toyota Safety Sense P」など、対談の中で語られた要素に対して「ちょっと贅沢すぎるのでは?」と感じる人がいるかもしれないが、こうした余裕こそが高い満足感へとつながっているのだ。

乗っているときも、売るときも、常にファミリー層を満足させてくれること。これこそが「ランドクルーザー プラド」が“買い”だと言える最大の理由だろう。

トヨタ公式サイト「ランドクルーザー プラド」
webCG特集へ

© Kakaku.com, Inc.