業界初!「熱交換器加熱除菌」機能搭載の「nocria X」

PR企画
業界初※1!「熱交換器加熱除菌」※2機能で清潔性向上! エアコン内部も部屋の中も清潔&快適に 富士通ゼネラルのエアコン「nocria」Xシリーズが常識をひっくり返す

冷房が必要な季節になって久々にエアコンを運転させたら、何やらカビくさい空気が……。そんな不快な思いをしないためには、快適性や省エネ性に加えて、高い清潔機能を備えたエアコンを選びたい。こうした点から注目したいのが、業界で初めて※1「熱交換器加熱除菌機能」※2を搭載し、エアコン内部の高い清潔性を実現した富士通ゼネラル「nocria」(ノクリア)Xシリーズだ。「aircon」のスペルを逆から並べ、エアコンの常識をひっくり返すという思いが込められた「nocria」というネーミングの通り、画期的な新機能を搭載した「nocria」(ノクリア)Xシリーズの魅力を徹底解剖した。

業界初※1の「熱交換器加熱除菌」※2機能でエアコン内部をいつも清潔に

富士通ゼネラルのフラッグシップエアコン「ノクリア」Xシリーズ。業界で初めて※1「熱交換器加熱除菌」※2機能を搭載したことで、エアコン内部の清潔性をグンとアップさせた。冷房時に部屋中を均一な温度にする独自のサイドファン機構「デュアルブラスター」も搭載しており、エアコン内部の清潔性と自然な心地よさを両立させた画期的なエアコンだ

エアコンを使用するうえで、内部の清潔性は気になるポイント。冷房が必要な季節になって久々にエアコンを運転させたら、カビくさい空気が出てきて困ったという経験をしたことのある人も多いだろう。特に、夏場の冷房や除湿運転後には室内機内部の熱交換器に水滴が残りやすく、カビや細菌が繁殖しやすい。しかも、室内機内部の熱交換器は、一般的にお手入れや掃除が難しく、ついそのままの状態で放置してしまっていることも多いはずだ。

「ノクリア」Xシリーズでは、不衛生な状態になりがちな室内機のこうした問題に着目し、熱交換器を加熱して除菌する「熱交換器加熱除菌」※2機能を搭載した。そのメカニズムは、まず、冷房・除湿運転時に発生した水滴を利用して、独自の抗菌・防カビコーティングを施した「ハイドロフィリック熱交換器」※3の表面の汚れを洗浄。続けて、熱交換器を55℃以上に約10分間加熱することで、水分を飛ばすとともに、洗浄し切れなかったカビ菌や細菌を除去するというものだ。この洗浄と加熱の相乗効果によって、エアコン内部を清潔に保ち、快適な毎日を過ごすことができる。

しかも、この「熱交換器加熱除菌」※2運転にかかる電気代は約5円/1回※4というから、日ごろから積極的に活用できる。なお、加熱除菌中は室温が上昇することがあるうえ、加熱除菌と乾燥運転を合わせると約90〜100分の時間がかかるので、外出時に行うのが効果的だろう。

「熱交換器加熱除菌」※2機能の仕組みと効果

まずは、冷房・除湿運転時に発生した水滴を利用して、「ハイドロフィリック熱交換器」※3の表面に付着した汚れを洗浄。続いて、エアコンの運転を停止すると、リモコンに表示されているアイコンから「加熱除菌」を選ぶことで、熱交換器が加熱され、水分を飛ばして乾燥させるとともに、残ったカビ菌などが除去される

(一財)北里環境科学センターの試験結果によれば、「加熱除菌運転後」の状態は、「加熱除菌運転前」の状態と比べて、カビ菌、細菌ともに減少が確認されているという

さらに、電気集じん方式による空気清浄機能「プラズマ空清」も、清潔性の向上にひと役買っている。エアコンの空気清浄機能には、目の細かいフィルターが採用されることも多いが、「ノクリア」Xシリーズでは、静電気の力を応用した電気集じん方式を採用。これによって、空気中に浮遊する花粉や微小粒子状物質「PM2.5」などをしっかりとキャッチするとともに、フィルターの目詰まりによる集じん力の低下を抑え、長期間にわたって高い空気清浄力を保つことができる。プラズマ空清ユニットは水洗いができて清潔。フィルター交換が不要なので、とても経済的だ。

プラズマ空清「プラズマクリーン」(電気集じん方式)の仕組み

「ノクリア」Xシリーズの空気清浄機能「プラズマクリーン」は、電気集じん方式によって、微粒子をプラズマイオンでプラスに帯電させ、マイナスの電極板に吸着させることで、花粉やPM2.5などの微粒子をしっかりキャッチする

「ノクリア クリーンシステム」のイメージ

「ノクリア」Xシリーズには、部屋もエアコン内部も清潔に保つ「ノクリア クリーンシステム」が搭載されている。センターファンには、汚れやホコリが付着しにくい「メタルハイコート」と呼ばれるコーティングが施され、熱交換器は加熱除菌によって清潔な状態をキープ。さらに、空気清浄機能「プラズマクリーン」が部屋に浮遊する微粒子を取り除く。なお、自動おそうじ機能付きのフィルターは取り外しが簡単で、水洗いもラクだ

ハイブリッド気流が実現する、部屋全体の心地よさ

続いて、「ノクリア」Xシリーズの快適性をチェックしていこう。皆さんは、エアコンを使っていて、部屋の温度にムラができることに不満を感じたことはないだろうか? 特に冷房運転時は、エアコンの近くは寒くなりやすいのに対して、離れた場所の温度は下がりにくいため、蒸し暑さを感じる。これは、設定温度に近づくと風が弱まるとともに、冷気がすぐに下降してしまうためだ。その点、「ノクリア」Xシリーズは、独自のサイドファン機構「デュアルブラスター」を搭載することで、この問題を解消している。

「ノクリア」Xシリーズの室内機の両サイドに搭載されたサイドファン機構「デュアルブラスター」は、左右のボディ側面から室内の空気を取り込み、センターファンからの冷風とは異なる温度と速さの気流を吹き出すことにより、冷気を直接体に当てず、部屋全体に行きわたらせてくれる。これにより、部屋中どこにいても快適と感じられる室内環境が実現できるのである。

「ノクリア」Xシリーズ AS-X40H2

「ノクリア」Xシリーズの「デュアルブラスター」は、センターファンとは独立して上下に動き、冷気を部屋全体に運び、控えめな温度設定でも部屋中で心地よい涼しさが得られる

「デュアルブラスター」ON時
「ノクリア」Xシリーズ AS-X40H2
「デュアルブラスター」OFF時
「ノクリア」Xシリーズ AS-X40H2

「ノクリア」Xシリーズで、「デュアルブラスター」ON時と「デュアルブラスター」OFF時の冷房(設定温度到達後)を比較した。一般的なエアコンでは冷気が部屋の奥まで届かず、途中で下降してしまうのに対し、Xシリーズでは部屋の奥までしっかりと冷気が届いている。「デュアルブラスター」による「ハイブリッド気流」の効果のほどがよくわかる

標準モード
「ノクリア」Xシリーズ AS-X40H2
涼感プラスモード
「ノクリア」Xシリーズ AS-X40H2

「標準モード」では、部屋が十分に冷えて冷気が弱まった後も、「デュアルブラスター」の気流で冷気を遠くまで持ち上げるため、エアコン付近の人も離れた人も、同じようにやさしい涼感を得ることができる。また、「涼感プラスモード」では、心地いい室温の風を送るため、肌寒さを抑えながら涼感を得られ、控えめな設定温度でも涼しく感じられる

MOVIE「ノクリア」Xシリーズにおける冷房気流の広がり方(涼感プラスモード)

センターファンから噴き出す冷風だけでは、部屋中をムラなく冷やすのは難しい。しかし、ここに「デュアルブラスター」の風が加わると、センターファンからの冷風が遠くまで届き、部屋中をムラなく冷やせるようになる。これなら、サーキュレーターや扇風機を併用する必要もなさそうだ

「ハイブリッド」気流の効果により、L字型をはじめ、さまざまな間取りの部屋で心地よい涼しさを得ることができる

ここまで「ノクリア」Xシリーズの冷房気流についてチェックしてきたが、冬場の暖房運転時も「デュアルブラスター」を搭載した本モデルなら、快適な室内環境を作り出すことが可能だ。まず、運転開始時には、設定温度に到達するまでの間も「デュアルブラスター」から吹き出す室温風がつくりだす自然な対流により、運転開始後すぐに暖かさを感じることができる。また、暖房時のエアコンは、設定温度に近づくと風が弱まるため、暖気が上方向に上昇し、足元が冷えてしまうことがある。しかし、「ノクリア」Xシリーズは、設定温度到達後に温風が弱まっても、「デュアルブラスター」の風がそれを押し広げる「標準モード」によって部屋の上下の温度ムラを解消してくれるのだ。

標準モード(暖房運転時)

一般的なエアコンは、設定温度に達すると風が弱まるとともに、暖気が上昇するため、足元が冷えてしまうこともある。これに対して、「ノクリア」Xシリーズは、設定温度到達後に温風が弱まっても、「デュアルブラスター」の風がそれを押し広げることで、部屋の上下の温度ムラを解消する

このほか、付属の「簡単スマートリモコン」もチェックしておこう。このリモコンには、大きめの液晶画面と十字キーが採用されているため、ご年配の方でも扱いやすい。また、よく使う機能をリモコンが学習してメイン画面に表示してくれたり、細かい設定時にはイラスト付きの説明文でわかりやすく解説してくれるのも便利だと感じた。専用アプリ「どこでもエアコン」をスマートフォンにインストールすれば、スマートフォンを使って外出先からエアコンを操作することも可能(別売の無線アダプターが必要)。電源のオン/オフはもちろん、運転状況の確認や運転内容の変更などができる。さらに、人気上昇中のスマートスピーカー※5にも対応。スマートスピーカーに話しかけるだけで操作や運転状況の確認が可能だ。

多彩な機能が直感的に操作できるように、シンプルなボタン配置にこだわった「簡単スマートリモコン」。バックライトを内蔵しているため、暗い部屋でも操作しやすい

まとめ

「ノクリア」Xシリーズは、エアコンの室内機内部と部屋の空気の清潔性、そして冷暖房時の心地よさにとことんこだわったエアコンだ。まず注目したいのが、熱交換器を加熱して除菌する業界初※1の「熱交換器加熱除菌」※2機能を搭載したこと。エアコン内部に清潔機能を搭載するのは今や当たり前になっているが、熱交換器自体を洗浄・除菌するという発想は珍しく、その効果は高そうだ。また、室内機のサイドファン機構「デュアルブラスター」と、センターファンによって作り出されるハイブリッド気流によって、部屋全体に均一に冷風・温風を届けてくれるのも魅力的。このような高い清潔性と、心地よい冷暖房効果を備えた「ノクリア」Xシリーズを使えば、部屋を快適な状態に保つことができるだろう。

※1 国内家庭用エアコンにおいて。交換器を55℃以上に加熱し、湿熱効果で除菌を行う方式。2017年11月18日発売、富士通ゼネラル調べ。

※2 AS-X22Hにおいて。【試験方法】外気27℃、湿度78%の試験室(約6畳)において。加熱除菌運転前と後との比較で、細菌について99%以上、カビ菌について99%以上の減少を確認(細菌一種、カビ菌一種で評価)。【試験機関名】(一財)北里環境科学センター[報告書No.]北生発2017_1109号、北生発2017_1153号。熱交換器の一部の菌液を回収し評価。共に10分間で99%以上の除菌効果を確認。動作環境によって効果が低下する場合があります。ニオイや汚れを除去する機能ではありません。

※3【試験機関名】(一社)京都微生物研究所【試験方法】抗菌試験はJIS Z 2801による。【試験結果】抗菌・抗菌活性値99%以上。防カビ:防カビ効果あり。防カビ試験はJIS Z 2911による。[試験結果]抗菌・抗菌活性値99%以上。防カビ:防カビ効果あり。[試験番号]8054、8055、8194、8195。ホコリや油汚れの多い環境でのご使用時には、熱交換器の洗浄が必要となる場合があります。

※4 AS-X40H2において。電力料金目安単価27円/kwh(税込)で算出。

※5 対応するスマートスピーカー(2018年5月25日現在)は、Amazon Alexa対応端末(Amazon Echoなど)。

© Kakaku.com, Inc.