ロボット掃除機「Dyson 360 Eye」のリアルな実力

PR企画
価格.comユーザーが徹底討論!ロボット掃除機「Dyson 360 Eye」のリアルな実力

2015年10月に発売され、ロボット掃除機市場に“吸引力”という新機軸をもたらした「Dyson 360 Eye」。しかし高価な買い物になるので、実際の購入に当たっては「どのくらいゴミを取り除けるの?」「家中くまなく掃除してくれるの?」など、詳しく製品について理解したい人も多いに違いない。そこで今回は「Dyson 360 Eye」をモニター利用中の価格.comユーザーにお集まりいただき、「Dyson 360 Eye」のマーケティングを担当するダイソンの大本氏を交え、そのリアルな感想と活用術を語り合ってもらった。本記事では、ロボット掃除機の購入を検討している人にとって必見のレポートをお届けする。

高い吸引力とサイドブラシを排した合理的な設計に、
座談会参加ユーザーも納得!

座談会に参加してくれた価格.comユーザーは7名。それぞれのユーザーには自宅で約1週間「Dyson 360 Eye」をモニター利用してもらっており、そこで感じたリアルな感想を、「Dyson 360 Eye」のマーケティングを担当するダイソンの大本氏の解説とともに語り合ってもらうというのが、今回の趣旨である。

Dyson 360 Eye

座談会に集まったのは、ダイソンの大本氏(写真左)に加え、「Dyson 360 Eye」を試用する価格.comユーザー7名。ほとんどの価格.comユーザーはロボット掃除機に興味がありつつも、実際に使用するのは初めてだという。では、「Dyson 360 Eye」の感想を存分に語り合ってもらおう

まず口を開いたのは価格.comユーザーのAさん。「Dyson 360 Eye」の最大の強みである「吸引力」について、ひとつ確認したいことがあるという。

価格.comユーザー Aさん

実際に使ってみて印象的だったのが、フローリングだけじゃなくて、カーペットの上でもしっかりゴミを取り除いてくれることです。フローリングやカーペットなど掃除面の違いに合わせ、吸引方法やモードなどを変えているんでしょうか?

ダイソン 大本氏

いえ、運転自体に変わりはありません。「Dyson 360 Eye」の吸込口のブラシには2種類の素材が使われていて、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシがフローリングから微細なホコリを取り除き、硬いナイロンブラシがカーペットの奥からゴミをかき取ります。だからフローリングでもカーペットでも、掃除面によらずきっちりゴミを取り除ける。単に吸引力が強いだけが特徴ではないんです。

Dyson 360 Eye

価格.comユーザー Bさん

カーペットの上を走行した後にダスト容器を確認してみましたが、確かに我が家でもかなりゴミが取れていました。「え、こんなにゴミがあったの?」ってビックリするくらい。普段はスティック型掃除機でカーペットを掃除していますが、取れたゴミの量はそれよりも多かったと思います。

Dyson 360 Eye

「せっかくですから、ここで実際に吸引テストを行ってみましょう」と大本氏。細かなゴミに見立てた重曹をフローリングとカーペットの上にまき、「Dyson 360 Eye」がどれだけゴミを除去できるのかを確かめようというテストだ。

価格.comユーザーらが興味津々で見守るなか、早速スイッチオン。「Dyson 360 Eye」が通過した軌跡に沿って重曹がキレイに消えていき、フローリングの溝にも、カーペットの毛足の奥にも取り残しは見当たらない。何度も往復したのならまだしも、1度の走行ですっかりとキレイに取り除けたというのは驚き。見守るユーザーからも「お〜」と感嘆の声が漏れていた。

Dyson 360 Eye Dyson 360 Eye

「Dyson 360 Eye」とほぼ同価格帯のロボット掃除機を用意して、2台で吸引テスト。フローリングとカーペットにまいた重曹の上を1回走行させた状態を見比べたところ、「Dyson 360 Eye」が走行した左側のほうが、明らかに粉末の取り残しが少なかった

ダイソン 大本氏

注目してほしいのが、「Dyson 360 Eye」の走行後は本体幅とほぼ同じ幅で重曹が取り除かれているところです。一般的なロボット掃除機の多くは、底面の吸引口が本体幅の半分程度しかありません。そこで、壁際などのゴミは本体の端に設置したサイドブラシでかき集めるのですが、この方法では微細なゴミを取り残したり、かえってホコリを舞い上げたりするといった問題を発生させます。

そのため「Dyson 360 Eye」では、吸引口の幅を本体幅とほぼ同じにして、壁際のゴミまで吸引できるようにしています。もちろん、1回の走行で掃除できる幅が広くなるわけですから、このほうが効率的であることに間違いないでしょう。1度通ったところはしっかりとキレイにする。これが「Dyson 360 Eye」の基本的な考え方なんです。

吸引力が違う!
「Dyson 360 Eye」解説①

20AW(エアーワット)の吸引性能を持つという「Dyson 360 Eye」。日本国内で販売されている主要なロボット掃除機の吸引性能は最も高いものでも2.4AW。その後のモデルは1.2 AW、0.5AW、0.2AWにとどまるという。「Dyson 360 Eye」が実現している20AWという吸引性能がいかに高い値であるかがよくおわかりいただけるだろう

※ IEC(国際電気標準会議)規格60312-1.1、5.8および5.9に準拠した、国内のロボット掃除機売上げ上位5社の高性能ロボット掃除機(2017年5月時点、独立調査会社のデータに基づく)との、ダイソンでの比較試験。ここでは、ダイソンおよび国内のロボット掃除機売上げ上位5社の各製品の中で最もAW数が高かった製品の試験結果を記載。

では、いかにしてこの高い吸引力が生み出されているのか? そこにはダイソンが長きにわたり研さんを重ねてきた独自のテクノロジーがある。吸引力の発生源となるモーターには、毎分最大78,000回転のパワーを誇る「ダイソン デジタルモーター V2」を搭載。強力な空気の流れでゴミを吸い上げるとともに、ダイソンの高度なサイクロン技術「Radial Root Cyclone™(ラジアルルートサイクロン)テクノロジー」によって0.5ミクロンもの微細なゴミまで遠心分離するため、フィルターが目詰まりせず、吸引力が長く持続する。また、本体は気密性が高く設計されているので、吸い込んだ空気に含まれる花粉やカビ、バクテリアといった微細なアレルゲン物質もしっかりと本体内部にとどめておくため、排気で部屋の空気を汚すこともない。

小型かつパワフルな「ダイソン デジタルモーター V2」が強力な吸引力を生み出し、「Radial Root Cyclone™ テクノロジー」が吸い込んだ空気から0.5ミクロンもの微細なゴミまで遠心分離するため、フィルターの目詰まりがほとんど起こらない。高い吸引力を持続することができる背景には、このような卓越した独自のテクノロジーがあるのだ

座談会参加ユーザーのアンケートより

「想像以上にゴミを取り除いてくれるので、『Dyson 360 Eye』を使い始めてから、掃除機がけの頻度が激減しました。」

「今まで使っていたスティック型掃除機よりも多くゴミが取れるのには驚きました。掃除の手間が省けてとてもラクになりましたよ。」

「今回のテストでは、キレイに重曹が取れていて驚きました。」

「吸引力、やっぱりスゴイですね!」

「排気の清潔性も高く、小さな子どものいる家庭には非常に有効だと感じました。」

「いつもよく掃除しているのに、それでもペットの毛がいっぱい取れていて驚いた。」

※2017年11月8日の座談会終了後に実施したアンケート回答の一部を抜粋、編集しています。

性能を最大限に発揮させる
“ちょっとした工夫”が大切

「Dyson 360 Eye」の吸引力の高さには納得した様子だが、そこは家電に一過言も二過言もある価格.comユーザー。実際の走行テストを見て、「正直、ちょっと気になるところがあった」という意見も出始めた。

価格.comユーザー Fさん

うちの場合、どうしても掃除してくれない部屋があるんです。何回か試してみましたが、なぜかその部屋だけは入っていかないんですよね。

Dyson 360 Eye

ダイソン 大本氏

そうした声を寄せていただくことはしばしばありますが、実はちょっとした工夫で解決できることも多いんです。こうした場合に第一に実践してもらいたいのは、明るい部屋で使用すること。「Dyson 360 Eye」は機体上部に配置されているカメラで視覚的に部屋の状況を見ているため、暗い部屋では効率的な走行が難しくなり、家具などにもぶつかりやすくなります。

Dyson 360 Eye

カメラは、人間の瞳孔と同じで光の量や強さに合わせて絞りを開いたり、閉じたりします。また光を取り込む時間も光の量によって変えています。つまり、人間の目が真っ暗闇だと何も見えなくなるのと同様で、「Dyson 360 Eye」も暗闇では性能を最大限発揮できません。昼間ならレースカーテンを閉めた状態ぐらいの明るさを確保してもらえればと思います。そして「掃除してくれない部屋」があるという点については、充電ドックを置く場所を変えてみることも有効です。どうしても掃除してくれない部屋に充電ドックを置いたら、家全体を掃除できるようになった、というケースもあります。

Dyson 360 Eye

価格.comユーザー Gさん

私の家では、時々充電ドックに戻って来ないということがあったのですが、改善する方法などありますか?

ダイソン 大本氏

充電ドックを設置する場所も工夫いたただければと思います。充電ドックはなるべく明るく、開けたスペースに設置して、半径50cm以内にはモノを置かないことが望ましいです。それでもうまくドックに戻らない場合には、別の場所を試してみてください。いくつか場所を変えて試していただければ、しっかりとドックに戻るポイントが見つかるはずです。

「Dyson 360 Eye」の性能を最大限に発揮させるためには、ロボット掃除機にとって動きやすく、周囲を把握しやすい環境を整えるといった、ちょっとした工夫が必要だということも頭の片隅に入れておいてもらえたらうれしいですね。

価格.comユーザー Eさん

充電ドックの置き場所を模索して家の中を整理整頓しているうちに、掃除が必要ないくらいキレイになっちゃったりして(笑)。

価格.comユーザー Bさん

ははは。でも、それはそれでうれしいことですね。「Dyson 360 Eye」を使うことで、普段から「部屋を整理整頓にしておこう」という意識が芽生えそうです。

ダイソン 大本氏

ロボット掃除機の動作に関する問題の多くは、製品の使用環境によるものです。ロボットは室内の明るさや充電ドックの設置位置に敏感に影響されることがあります。こうした問題がある場合は、特にドックの位置と光の量に注意しながら、上手く作動する環境を探ってください。

賢く部屋を掃除!
「Dyson 360 Eye」解説②

ロボット掃除機の賢さは、どれだけムラなくゴミを取り除けるかで決まるが、「Dyson 360 Eye」はコの字型のらせんを描きながら走行することで効率的に掃除していく。この走行パターンは、本体上部の全方位カメラで部屋を視覚的にとらえ、搭載されたSLAMソフトウェア(位置確認とマッピングの同時処理を行うソフトウェア)により正確なナビゲーションを可能にすることで実現されたもの。部屋の特徴を把握し、現在位置、既に掃除をした場所、そして次に掃除すべき場所を把握ながら、システマチックに掃除することで、より効率的で取り残しのない掃除を可能にしているのだ。

全方位カメラを用いた「360°ビジョンシステム」

Dyson 360 Eye Dyson 360 Eye

本体上部に搭載された全方位カメラで、周囲360°を毎秒30コマで撮影。この画像を分析して、家の間取りや形状、家具の位置などを把握し、フロア全体のマッピングを行っている。さらに、赤外線センサーを複数搭載することで、段差や障害物を回避するなど、「Dyson 360 Eye」は非常に高度なインテリジェンスを備えているのだ

運転音が気になる場合は
「静音モード」が役立つ

室内で犬を飼っているというDさんは、運転時の「音」が気になったという。ウィーンという運転音に犬が驚き、ほえてしまったのだとか。

価格.comユーザー Dさん

使い始めて1、2回目まではかなり警戒していましたね。ロボット掃除機の存在にうちの愛犬がまだ慣れていなかったこともありますが、運転音が大きいのは正直気になりました。

価格.comユーザー Gさん

それは私も感じるところです。吸引力は確かにパワフルなんですけど、その分運転音が大きい……。

Dyson 360 Eye

ダイソン 大本氏

率直なご意見、とてもありがたいです。こちらについては、ぜひ試してほしい機能があります。「Dyson 360 Eye」は2016年8月にソフトウェア・アップデートを実施しまして、従来の「通常モード」に加え、スマートフォンアプリ「Dyson Link アプリ」から「静音モード」が選択できるようになりました。もちろん、「静音モード」でも十分な吸引力を発揮しますから、ゴミを取り残す心配はありません。リビングルームでテレビを見ながらほかの部屋を「静音モード」で掃除したり、2階で寝ているときに1階を「静音モード」で掃除したりなど、みなさんのライフスタイルに合わせて活用していただけます。

価格.comユーザー Dさん

確かに「静音モード」だと犬が警戒しなくなりました。これはソフトウェア・アップデートによって実現されたものなんですね。初耳でした。

価格.comユーザー Fさん

アプリを使えば掃除マップも見られるので、外出先で見ていてとてもおもしろいし、実際にどのくらい掃除してくれたかを確認できて便利です。

価格.comユーザー Eさん

「Dyson 360 Eye」をWi-Fiにつなげていれば、自動的にアップデートされるんですか?

ダイソン 大本氏

はい。「Dyson 360 Eye」とスマートフォンを自宅のWi-Fiルーターなどに接続していれば、スマートフォンアプリ「Dyson Link アプリ」を経由して自動アップデートされる仕組みです。

このアプリは非常に便利でして、外出先からの遠隔操作やスケジュール予約の設定、掃除マップの表示なども行えます。また、ダイソン本社にいるイギリスのエンジニアに動作状況やエラーなどをフィードバックしていく仕組みもあるので、今後も使いやすくソフトウェアを改善、進化させていくための貴重な情報源となります。そういう意味でもぜひアプリを活用してもらいたいと思いますね。発売直後に製品を購入された方も、これから購入される方も、同じように最新の状態で使えることは、「Dyson 360 Eye」の強みのひとつであると考えています。

価格.comユーザー Gさん

実は私は2015年10月の発売直後に「Dyson 360 Eye」を使った経験があるのです。今回、再度使ってみて、いろいろな部分で「かなり改善されたな」と感じました。それは製品が新しくなったからじゃなくて、ソフトウェア・アップデートによるものだったんですね。妻は「次にロボット掃除機を買うなら、『Dyson 360 Eye』のほうがいいんじゃない」と言っていました。

アプリでさらに便利に活用!
「Dyson 360 Eye」解説③

「Dyson 360Eye」は、スマートフォンアプリ「Dyson Link アプリ」と組み合わせて使用することで、ホームネットワークやインターネットを介し、より多様な使い方が可能になるのも特徴だ。

Dyson 360 Eye

スケジュール予約

毎日の掃除スケジュール設定が可能。また外出先から「Dyson 360Eye」を起動することもできる

運転モードの選択

掃除時の運転モードは「通常モード」と「静音モード」の2つから選択可能
(2016年8月リリースのVer.11.2以降)

お掃除記録

掃除完了後に、掃除した場所をマップとして可視化して確認することが可能

このように、ソフトウェア・アップデートによって継続的に機能が改善され、最新の状態で使えるのも「Dyson 360 Eye」の大きな魅力のひとつだろう。

座談会参加ユーザーのアンケートより

「ソフトウェア・アップデートによる改善は知りませんでした。早速、試してみたいですね。」

「『静音モード』はぜひ使ってみたいです。」

「ソフトウェア・アップデートと『静音モード』の存在を知り、さらに魅力が増した印象です。」

「完璧ではない部分はもちろんありますが、工夫次第で使いやすくなっていくのがいいですね。いろいろと試してみようと思います。」

「外出先で掃除状況を見られるのは便利だし、ちゃんと働いてくれていることがわかり、製品への愛着も覚えます。この機能はおもしろいなと感じました。」

「男性としてはデザインも魅力的で所有欲をくすぐられます。」

※2017年11月8日の座談会終了後に実施したアンケート回答の一部を抜粋、編集しています。

まとめ

まだまだ話題の尽きない価格.comユーザーだったが、残念ながらここで座談会は終了の時刻に。今回の座談会では、吸引力の高さや、排気の清潔さ、「Dyson 360 Eye」の性能を最大限に発揮させる環境作り、そしていつも最新の状態で使用できるソフトウェア・アップデートなどについてダイソンの大本氏から詳細な説明があり、価格.comユーザーの皆さんはより製品理解が深まった様子。座談会の最後に「モニターしている製品を、そのまま購入したい」という声が聞こえてくるほどで、どうやら「Dyson 360 Eye」には実際に使ってみてこそわかるよさもあるようだ。ロボット掃除機の購入を検討している人は、この座談会の内容も参考にして、よりよい製品選びを行ってほしいと思う。

Dyson 360 Eye
ロボット掃除機
Dyson 360 Eye
価格.comで最新価格をチェック
バッテリー使用時間 最大40分(自動充電機能付)
充電時間 約2時間45分
フィルター プレモーターフィルター、ポストモーターフィルター
本体カラー ニッケル/ブルー
本体寸法(幅×奥行×高さ) 230×240×120mm
本体重量 2.42kg

© Kakaku.com, Inc.