オリエントスターが放つ魅惑のスケルトンシリーズに大注目!

PR企画

伝統のムーブメントを搭載した限定モデルもラインアップ 国産機械式時計の雄 オリエントスターが放つ 魅惑のスケルトンシリーズに大注目!

数多のパーツを組み合わせ、巻き上げられた「ぜんまい」が解けるその動力を歯車列に伝えることで時を刻む機械式時計には、アナログであるがゆえの奥深さがある。りゅうずを巻くか、定期的に腕に着けていないとやがて針は止まってしまうし、精度を追求するならクオーツ時計のほうが断然すぐれている。にもかかわらず“手のかかる”機械式時計が愛され続けているのは、そこに、機械式時計ならではの温かみと、腕時計ファンの心をくすぐるロマンがあるからなのだろう。今回注目したのは、そんな機械式時計を半世紀以上にわたり作り続けてきた国産機械式時計ブランド「オリエントスター」。その象徴的存在とも言うべきスケルトンシリーズのひとつとして発売された数量限定の「モダンスケルトン」と「セミスケルトン」をはじめ、個性豊かなスケルトンシリーズのラインアップを紹介していきたい。

オリエントスターを象徴する“底力を持ったムーブメント”

1951年、現在の東京都日野市において産声を上げた国産機械式時計ブランド、オリエントスター。その約66年におよぶ歴史の中でとりわけ注目すべきトピックは、1971年(昭和46年)の「46(ヨンロク)系」ムーブメントの誕生だろう。当時の一般的なムーブメントの多くは、その心臓部となるテンプの振動数が5振動であったのに対し、「46系」ムーブメントの初期モデル「Cal.46940」では6振動を採用。振動数を増やすことで、これまでにない時刻精度を実現させた。

また、「46系」ムーブメントは、パワーリザーブをはじめとするさまざまな機構を付加したり、スケルトン仕様のための意匠を施したりしても、安定した精度を保つことができ、耐久性も損なわれない。それゆえ、誕生から46年を経た現在でも、その時代に合った機構や、デザイン的なあしらいがプラスされた「46系」ベースのムーブメントが作り続けられているのだ。

次章以降では、そんな「46系」ムーブメントが搭載された、オリエントスターの象徴的存在、スケルトンシリーズの数々を紹介していくが、同ムーブメントが各モデルにさまざまな個性、表情を与えていることに注目してほしい。そうした視点を持つことで、スケルトンシリーズの魅力により深く迫れるはずである。

オリエントスター
オリエントスター

世界に羽ばたく「輝ける星」をイメージして名付けられたオリエントスターは、1951年、現在の東京都日野市にあった時計製造工場で産声をあげた。現在、オリエントスターの時計工房は秋田県羽後町にあり、田園と山々に囲まれた穏やかな時が流れるその場所で、熟練の職人たちが部品の組み立てや模様付け、検査などを手作業で行っている。細部にまで息づくクラフトマンシップもまた、オリエントスターの大きな魅力と言えるだろう

従来の「46系ムーブメント」 

従来の「46系ムーブメント」 

オリエントスターを象徴する従来の「46系」ムーブメントのひとつ。さまざまな機構やデザイン的な意匠を追加しても高い精度を保つ“底力を持ったムーブメント”だ

英国伝統色をイメージした注目度抜群の数量限定モデル

スケルトンシリーズは、文字板の一部、もしくは全部をスケルトンにすることで、美しい意匠が施されたムーブメントが時を刻む様子が見て取れる、オリエントスターの“顔”とも言えるシリーズだ。ラインアップは多岐にわたり、「スケルトン」「モダンスケルトン」「セミスケルトン」「クラシックセミスケルトン」「メカニカルムーンフェイズ」「ソメスサドルとのコラボレーションモデル」など、個性豊かな名品がズラリと揃うが、ここではまず、2017年11月16日に発売された数量限定の自動巻き(手巻き付き)機械式時計、「モダンスケルトン RK-DK0001L」(ステンレススチールバンド/世界限定2,000本/国内限定1,000本)と、「モダンスケルトン RK-DK0002L」(皮革バンド/世界限定2,000本/国内限定800本)、「セミスケルトン RK-DA0001L」(皮革バンド/世界限定1,000本/国内限定500本)の3本に注目していきたい。

スケルトンシリーズ

写真中央が「モダンスケルトン RK-DK0001L」、左が「モダンスケルトン RK-DK0002L」、右が「セミスケルトン RK-DA0001L」。いずれも数量限定での展開となる。早期の完売が予想されるので、冬のボーナスでの購入を考えているのなら、いち早くチェックしておきたいところだ

数量限定3モデルのデザインモチーフとなったのは、英国の伝統的なタータンチェックのひとつ、「ブラックウオッチ」だ。ネイビーとグリーンで形成される深みのあるカラーは、主張しすぎず、上品かつ色気のあるたたずまい。近年、メンズファッション界で広く取り入れられているブリティッシュトラッドのテイストを巧みに表現したカラーアレンジで、12時位置に配された「モダンスケルトン RK-DK0001L」「セミスケルトン RK-DA0001L」のゴールド色のインデックスや、「モダンスケルトン RK-DK0002L」のピンクゴールド色のインデックスが、ネイビー&グリーンの落ち着きあるトーンに華やかな印象を加えている。

スケルトンシリーズ

数量限定3モデルでは、メンズファッション界のトレンドに合わせ、英国伝統のタータンチェックのひとつである「ブラックウオッチ」をカラーアレンジに取り入れた。ネイビーとグリーンの落ち着いたカラーのチェックは大人のジャケットスタイルにほどよい遊び心をプラスしてくれる

そして9時位置に配されるのが、スケルトンシリーズのアイデンティティーであるオープンハート。そこからムーブメントの動きを堪能できるのはもちろん、文字板全体の奥行感が一段と高まることで、より立体的な造形が生まれているのもポイントだ。ステンレススチールバンドを採用した「モダンスケルトン RK-DK0001L」のケース径は、縦49.0mm、横41.0mmとやや大ぶりでしっかりとした存在感があるが、ケース厚は12.4mmと比較的薄く、腕にしっくりとなじむ。出勤時、身支度を整えつつ腕に装着すれば、グッと身が引き締まるような、そんな気分にさせてくれる。

なお、3モデル共通の仕様としては、ケース素材がステンレススチールで、風防は無反射コーティングが施されたサファイアガラス、裏ぶたはクリスタルガラスのシースルーバックとなる。さらに、40時間以上を実現したパワーリザーブインジケーターや秒針停止装置、10気圧の防水性能も備える。

モダンスケルトン RK-DK0001L

モダンスケルトン RK-DK0001L

ステンレススチールのバンドを採用した「モダンスケルトン RK-DK0001L」。一見、皮革バンドの「モダンスケルトン RK-DK0002L」と同じカラーリングに見えるが、実は、それぞれのグリーンとネイビーは微妙に違う。こちらは、スコティッシュグリーンとネイビーが採用されており、12時位置のローマ数字や、パワーリザーブ針、6時位置のスモールセコンド針は、高級感のあるゴールドとなる。さらに、文字板外周をぐるりと囲うグリーンの縁取りによって、文字板全体が引きしめえられている印象だ

モダンスケルトン RK-DK0001L

9時位置のオープンハートからのぞくのは、文字どおり本機の“心臓”とも言える「46系」ムーブメント。テンプの微細な振動によって歯車を動かす機械式時計の舞台裏をあえて見せることにより、時計職人たちの技術に心ゆくまで酔いしれることができる

モダンスケルトン RK-DK0001L

ケース径は縦49.0mm、横41.0mmで、ケース厚は12.4mm。見た目にはしっかりと存在感があるものの、ケース厚が薄く、さらにラグがゆるやかにカーブしているため、装着感は抜群。シャツの袖口に引っかかることもなかった

モダンスケルトン RK-DK0001L

裏ぶたはクリスタルガラスのシースルーバックとなり、背面からも「46系」ムーブメントの動きや造形美を堪能できる。回転錘と受けで異なる模様が施され、そこに走る光が繊細に変化するのも美しい

モダンスケルトン RK-DK0001L

ステンレススチールのバンドが、気品とともに力強さを演出する。中列のエッジにポリッシュ仕上げを、そのほかはマットヘアライン仕上げを施すことで、同じシルバーながらコンビネーションバンドのような趣だ。デザインに定評のあるオリエントスターらしい、実に細やかな作り込みだ

モダンスケルトン RK-DK0002L

モダンスケルトン RK-DK0002L

「モダンスケルトン RK-DK0001L」よりもさらに深いディープグリーンとロイヤルネイビーの文字板に、ブラックの皮革バンドを合わせた「モダンスケルトン RK-DK0002L」。12時位置のインデックスと時分針にはピンクゴールドを、パワーリザーブ針と6時位置のスモールセコンド針には赤が採用されており、これがデザイン上の絶妙なスパイスとなっている。皮革バンドの素材には柔軟性や耐久性にすぐれたカーフを使用しており、やわらかな装着感が心地よい。バンドのステッチをネイビーに、バンド裏をグリーンにすることで、文字板との統一感を演出しているのもおしゃれだ

セミスケルトン RK-DA0001L

セミスケルトン RK-DA0001L

「セミスケルトン RK-DA0001L」の文字板は、「モダンスケルトン RK-DK0001L」と同様、スコティッシュグリーンとネイビーのコンビネーション。文字板を走る型打ちのストライプが容姿端麗な趣を生み出し、光の当たり方や見る角度によって、ネイビーからグリーンへと色合いが繊細に変化する。カーフの革バンドにもブラックウオッチのモチーフが取り入れられ、表がネイビー、裏がダークグリーンという配色に。スーツスタイルからカジュアルなファッションまで、さまざまなコーディネ−トに品よくマッチしてくれそうだ

ムーブメントの美しい動きが堪能できるスケルトンシリーズ。充実のラインアップ

スケルトン RK-DX0001S
スケルトン
RK-DX0001S
スケルトンシリーズの充実ラインアップの中で、真っ先にチェックしておきたいのが手巻き式のハイエンドモデル「スケルトン RK-DX0001S」。インデックスを配した外周を除く、文字板全面がスケルトンとなっており、「46系」ムーブメントが織り成す精密な動きが楽しめる。ムーブメントを含む文字板全体はシルバーで統一され、ここに配された、時分針と、パワーリザーブ針、スモールセコンド針のブルーが実にクールな印象だ。ケース素材はステンレススチールで、バンドは手縫いの本ワニ皮革。ケース径は縦45.0mm、横39.0mm、ケース厚は10.6mmで、5気圧防水となる。なお、本モデルのバリエーションとして、ステンレスケース×ゴールド色ムーブメントモデルと、ステンレスケース(ゴールド色めっき)×ゴールド色ムーブメントモデルも用意される。
価格.comで「RK-DX0001S」の最安価格をチェック!
メカニカルムーンフェイズ RK-AM0001S
メカニカルムーンフェイズ
RK-AM0001S
続いて紹介したいのが、精度を高めた「46系F7」ムーブメントを搭載したオリエントスター初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ RK-AM0001S」。本モデルのハイライトは何と言っても、文字板6時位置に配された月齢機構である。月齢機構とは、月齢(日付)とともに月の満ち欠けが表示されるもので、29.5日周期で新月から上弦、満月、下弦、新月と表示が変化していく。こうした機構の搭載も機械式時計を楽しむひとつのエッセンスだ。ケース径は縦49.0mm、横41.0mm、ケース厚は13.8mmで、5気圧防水。風防にはクラシカルかつ視認性の高い両球面サファイアガラスを、時分秒針にはブルーを採用するなど、デザインの美しさと視認性の高さを両立させているのも見どころだ。
「46系F7」ムーブメント

本モデルに搭載される高精度の「46系F7」ムーブメント

価格.comで「RK-AM0001S」の最安価格をチェック!
ソメス WZ0101DK
ソメスサドルとのコラボレーションモデル
WZ0101DK
最後の1本は、日本国内唯一の馬具メーカーである「ソメスサドルとのコラボレーションモデル WZ0101DK」だ。使用されるバンドは、乗馬用の鞍をはじめ、「絶対に切れてはならない」馬具に採用されるブライドルレザー。耐久性の高さはもちろん、使い込むことで装着者の腕の形にフィットしてくるところや、独特のツヤが出てくるところなど、“自分仕様”に変化する様を楽しめるのがブライドルレザーの魅力である。実際に装着すると、しっとりした肌触りが心地よく、それでいて皮革バンドにありがちな蒸れも気にならない。ケースはステンレススチールで、ケース径は縦50.5mm、横44.0mm、ケース厚は12.1mmで、10気圧防水。秒針停止装置のほか、パワーリザーブ表示機構も備える。
価格.comで「WZ0101DK」の最安価格をチェック!

まとめ オリエントスターはそのブランドコンセプトとして、「3つのよろこび」を掲げている。腕に着ける高揚感や、オープンハートからムーブメントを眺める陶酔感を味わう「着ける悦び」、自己のこだわりを表現し、人を惹きつける「魅せる喜び」、そして、作り手からオーナー、さらに次の世代へと受け継がれていく、機械式時計ならではの「繋ぐ慶び」だ。今回紹介したのはオリエントスターを象徴するスケルトンシリーズの一部となるが、どのモデルでも、これら「3つのよろこび」を存分に味わえることがおわかりいただけたのではないだろうか? 年末のボーナスで腕時計の購入を検討しているのなら、オリエントスターのスケルトンシリーズのラインアップをぜひチェックしてみてほしい。きっと「4つ目のよろこび」とも言うべき、「選ぶよろこび」も味わえるはずだ。

モダンスケルトン
RK-DK0001L
モダンスケルトン RK-DK0001L
価格.comで最安価格をチェック
モダンスケルトン
RK-DK0002L
モダンスケルトン RK-DK0002L
価格.comで最安価格をチェック
セミスケルトン
RK-DA0001L
セミスケルトン RK-DA0001L
価格.comで最安価格をチェック