価格.comユーザーが「セレナ e-POWER」を試乗会でチェック!

PR企画
車格が大きく重量も重いミニバンでも“100%モータードライブならではの力強くスムースな走り”が味わえる!新世代電動パワートレインを搭載した「セレナ e-POWER」試乗会レポート!

これほど「乗ってみたい」と思わせるミニバンが今まであっただろうか? 2016年11月に発売され、「電気自動車の新しいカタチを充電いらずで」と大きな話題を呼んだ「ノート e-POWER」に続き、「セレナ e-POWER」が2018年3月、いよいよ発売される。ガソリンエンジンで発電し、その電力を利用して100%モーターの力で走行する新世代の電動パワートレイン「e-POWER」が搭載されることで、「実用的なファミリーカー」であるミニバンの走りはどのように変貌を遂げるのか。これは自動車ファンならずとも、大いに気になるところであろう。というわけで今回、価格.comでは、発売前の2月3日に価格.comユーザーを招待し、試乗会を実施。「セレナ e-POWER」に試乗した価格.comユーザーたちのリアルな感想をたっぷりとお届けしよう。

「セレナ e-POWER」を体感すべく、
価格.comユーザーが集結

試乗会レポートに入る前に、まず「e-POWER」とはどんなものなのかを簡単におさらいしておこう。「e-POWER」とは、発電専用のガソリンエンジンで発電した電力でモーターを駆動させ、モーターの力のみで走行するパワートレインだ。発電はガソリンエンジンが行うため、外部電源からの充電を必要とせず、一般的なガソリン車やハイブリッド車と同じく、ガソリンスタンドでの給油のみで走行が可能。外部電源からの充電なしで、電気自動車同様、モーターによる力強くパワフルな加速と、すぐれた静粛性や低燃費性能を実現しているのが最大の特徴となる。従来のハイブリッド方式とは一線を画す日産の新世代電動パワートレインだ。

セレナ e-POWER

発電専用エンジン、駆動用バッテリー(リチウムイオン)、駆動モーターで構成される「e-POWER」の基本システム。バッテリー残量が十分な場合はエンジンを停止してバッテリーからの電力供給でモーターを駆動させ、バッテリー残量が少なくなるとエンジンが始動して発電を始め、バッテリーとモーターに電力を供給する。ガソリンエンジンは発電専用となり、あくまでも100%モーター駆動で走行するのが特徴だ

そして2018年3月、「ノート e-POWER」に続く「e-POWER」搭載モデル第2弾として、「セレナ e-POWER」が登場する。搭載される「e-POWER」の基本的なシステムは「ノート e-POWER」と同様だが、「ノート」より車重の重い「セレナ」への搭載にあたって、その動力性能はよりパワフルなものに変更されている。発電専用のエンジンは「ノート e-POWER」と共通の1.2Lエンジン(HR12DE)だが、最高出力は62kW/6,000rpmへとアップ。モーターも共通となるが、駆動用バッテリー(リチウムイオン)の容量が増したことでモーターへの電力供給量が増加し、モーター最高出力は100kW、最大トルクは320N・mというハイパフォーマンス仕様に変更が施された。また、JC08モード燃費26.2km/Lというクラストップレベルの低燃費性能も、ファミリーで使用するミニバンにとってはうれしいポイントだ。

「セレナ e-POWER」は、ベースグレードの「X」から、上級装備が備わった「XV」、エアロタイプの「ハイウェイスター」「ハイウェイスター V」の4グレード構成。すべて7人乗り仕様となる。写真は「ハイウェイスター V」で、「e-POWER」専用デザインのアルミホイールとLEDテールランプが採用されるなど、エクステリアデザインからも先進性が感じられる

ブルーの加飾が施されたフロントのVモーショングリルと、ボディに備わった「e-POWER」専用エンブレムがガソリン/S-HYBRID車との違いをアピールする

セレナ e-POWER

「ノート e-POWER」と同じく、発電専用の1.2Lエンジンとモーターが収められたエンジンルーム。この「e-POWER」システムがパワフルな加速性能と、JC08モード燃費26.2km/Lというクラストップレベルの低燃費性能を実現する

インパネは、「e-POWER」専用デザインのメーターやシフトレバーなどにより、ガソリン/S-HYBRID車の「セレナ」よりも未来的な雰囲気が漂う

そんな「セレナ e-POWER」が実現するスムースな出足や、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスのよい加速、すぐれた静粛性をいち早く体感してもらうべく、価格.comでは、発売前の2018年2月3日、価格.comユーザーを集めて特別試乗会を実施した。次章以降では、「セレナ e-POWER」の走りのよさを中心に、日産独自の先進機能の使い勝手など、参加したユーザーのリアルな声をレポートしていこう。

セレナ e-POWER

2018年2月3日、抽選により選ばれた価格.comユーザーとそのファミリーが栃木県の試乗コースに集結。ほとんどのユーザーは「e-POWER」というパワートレインに興味がありつつも、実際に運転するのは初めてだという

試乗会で味わった
新世代電動パワートレインの実力

サイズの大きいミニバンなのに、走りは「スムースで力強い」

試乗会場のミーティングスペースで「セレナ e-POWER」の特徴や試乗コースの説明を受けた後、ユーザーたちは早速コースへ。試乗コースは、加速性能を確かめられる高速周回路に、S字カーブが連続するハンドリング路、さらに急斜面も用意されるなど、レイアウトはバラエティに富んでいる。普段販売店での試乗ではかなわない加減速や高速走行なども許されるこのコースなら、「セレナ e-POWER」の“スムースかつパワフルな走り”をじっくり見極められるに違いない。さて、試乗を終えたユーザーたちはどんな評価を口にするのだろう?

カシオ「XJ-V110W」

試乗車にはスタッフが同乗。「セレナ e-POWER」の特徴などのレクチャーを受けながら、ユーザー各自が運転を行った

カシオ「XJ-V110W」

試乗コースには直線だけでなく、S字カーブや急斜面のアップダウンなどがあり、「セレナ e-POWER」の乗り味をじっくりと堪能することができる

カシオ「XJ-V110W」M.Kさん
とにかく加速がすごかったです。発進からスーッと加速していく感覚は、やはり一般的なガソリン車とはまったく違いますね。このクラスのミニバンとしては、加速性能も静粛性も、それから乗り心地もダントツの出来映え。もうひとつ上のクラスと比較してもいいくらいじゃないでしょうか。
カシオ「XJ-V110W」T.Nさん
「セレナ」よりひと回り車格の大きい、Lクラスのミニバンに乗っていますが、「セレナ e-POWER」のほうが運転していて楽しいですね。今のクルマは重くて加速がよくないので、走りを楽しむというよりは、ゆったり乗る感じ。でも「セレナ e-POWER」はトルクが力強くて、踏んだ瞬間から滑らかに加速してくれます。上り坂でも平地と変わらない感覚で気持ちよく走れるので、楽しくて、しかも運転がラクでした。

ユーザーが異口同音に評価するのが、出足のパワフルさとスムースさ。つまり100%モーター駆動ならではの、力強くレスポンスのよい加速性能だ。「セレナ e-POWER」は発進時から一気に320N・mもの最大トルクを発生するため、車重の重いミニバンでありながら走りの「力強さ」を感じさせ、それがそのまま運転の「楽しさ」にもつながっているのだろう。

セレナ e-POWER

価格.comスタッフ一同も「セレナ e-POWER」に乗り込み、試乗コースへ。カーブを抜けてアクセルを踏み込むと、タイムラグなくクルマが前に押し出され、太いトルクで滑らかにスピードに乗っていく。ターボ車のような「ドン」と湧き上がるような加速フィールではなく、その感覚はあくまでスムース。ミニバンでは味わったことのない「未体験のスムースな走り」に、思わず息を飲んだ

セレナ e-POWER

「セレナ e-POWER」の0km/hからのアクセル全開加速時の発生トルクを表したグラフがこちら(日産測定値)。比較用に示した2.0Lのミニバンが徐々にトルクを発生していくのに対し、青い線で示した100%モーター駆動の「セレナ e-POWER」はスタート直後に最大トルクを発生し、そのトルクをずっと維持しているのがわかる

そしてもうひとつ、多くのユーザーが口を揃えて「想像以上」と評価したのが静粛性だ。これは同乗した奥さんやお子さんたちが評価したポイントでもあり、「会話がしやすい」「声を張り上げなくてもいい」といったコメントのほか、小さなお子さんからは、「パパ、このクルマがいい」との声も聞こえてきた。室内の広さや乗り心地を含め、「セレナ e-POWER」は、あっという間に家族みんなの心をつかんだようだ。

カシオ「XJ-V110W」S.Nさん
加速してスピードを上げていっても、エンジン音やロードノイズが気にならなくて、静粛性の高さを感じました。妻が2列目シート、子どもが3列目シートに座っていましたが、走行中にも関わらず、助手席に座るスタッフの方の説明が全員にしっかりと聞こえていたようです。子どもも「いつものクルマと全然違う」と驚いていました。
カシオ「XJ-V110W」T.Fさん
スゴイですね、静粛性。普段乗っている2005年モデルの「セレナ」に比べて明らかに静かで、それでいて力もある。一般的なハイブリッド車も静かですけど、「セレナ e-POWER」は静かさとパワーを合わせ持っているのがいいですね。車内での会話が聞き取りやすく、声を張り上げずに済むのもありがたかったです。

ファミリーユーザーにとって、クルマで過ごす時間は単なる「移動時間」ではなく、みんなで同じ時を共有できる「家族の時間」である。パワフルかつ静粛性も高い「セレナ e-POWER」なら、ハンドルを握るパパは運転を楽しめるし、助手席のママや後席に座る子どもたちとの会話も自然と弾む。キャンプが趣味というT.Fさんも、「このクルマなら長距離でもラクに運転できそうなので、家族で出かけるキャンプの頻度が増えるかもしれませんね」と笑顔で語ってくれた。

新感覚の「e-POWER Drive」に「楽しい!」の声

試乗を終えたユーザーのひとりが、「アクセルペダルから足を離しただけで、一気に減速したので驚きました」と語った。これは、モーターのすぐれたレスポンス特性を生かした「e-POWER Drive」によるものだ。通常、アクセルを踏み込めばクルマは加速する。これは「セレナ e-POWER」でも同じ。反対に、アクセルを戻すとクルマは減速するが、「セレナ e-POWER」の場合は、アクセルを戻すと回生ブレーキが働くため、アクセルペダルの戻し方によって減速がコントロールでき、それにともなって発電も行われる。アクセルを戻す量が大きく、戻す速度が速くなれば、そのぶん発電量も大きくなる仕組みだ。多少の慣れは必要だが、慣れてくればアクセルワークだけで車速を自在にコントロールすることができて実に楽しい。

なお、「セレナ e-POWER」には通常走行の「ノーマルモード」に加え、「e-POWER Drive」の「Sモード」と「ECOモード」の2つが用意されている。前者は「ノーマルモード」と同様のレスポンスにすぐれた鋭い加速に加え、強い減速力が、後者はゆったりとした加速と強い減速力が味わえる。

カシオ「XJ-V110W」T.Kさん
「e-POWER Drive」では、下り坂でもブレーキペダルを使わずにスムースに減速して走れました。後席に乗った家族も「ブレーキ踏んでないの?」とビックリしていましたね。山道や立体駐車場の下りではすごく重宝すると思いますし、高速走行や渋滞時の走行などでは疲労軽減にもつながりそうですよね。最初は想像以上にブレーキがきくので少し戸惑いましたけど、すぐに慣れて、ラクに運転できました。
カシオ「XJ-V110W」T.Kさん
これは楽しいですね。昔モータースポーツをやっていたのですが、ブレーキペダルを踏まずローギアで減速しグッとコーナーに入っていく感覚を、まさかミニバンで味わえるなんて思ってもみませんでした。もちろん、このクルマではやりませんけどね(笑)。「e-POWER Drive」に慣れると、普通のクルマにはもう乗りたくなくなってしまうほど、とにかくペダルワークがラク。「ノート e-POWER」に乗っている友人も、「もう戻れない」と言っていました。

使い勝手や室内空間の広さで語られることの多いミニバンは、「走り」が二の次、三の次になりがちである。しかし「セレナ e-POWER」は、新世代のパワートレインによってスムースかつパワフルな走りを獲得したうえ、静粛性も申し分なく、そのうえアクセルペダルひとつで車速をコントロールできるという、新感覚のドライブフィールも実現されていた。従来の延長線上ではなく、まったく新しいミニバンのかたちを提示した、「セレナ e-POWER」。試乗を終え、クルマを降りたユーザーたちのキラキラとした目の輝きが、その革新性や驚き、感動を何よりも雄弁に物語っていた。

勾配が急な登り坂も涼しい顔で、グングン駆け上がっていく。下り坂では「e-POWER Drive」の「Sモード」を試したが、アクセルペダルを離すだけでしっかり減速でき、ブレーキペダルを踏むことなく、安心して坂を下ることができた

セレナ e-POWER

「e-POWER Drive」の「Sモード」と「ECOモード」は通常の「ノーマルモード」に比べ、アクセルペダルを戻した時に回生ブレーキの働き具合が大きくなるよう設定されている。「Sモード」は「ノーマルモード」と同じく、スムースな加速でキビキビと走行しつつ、強い減速力を得たい時に利用する

未来を感じさせる先進機能に
寄せられた驚きの声

試乗会の舞台はコースから駐車場へ。ここでユーザーが体験したのは「セレナ e-POWER」に搭載された日産独自の先進技術、「インテリジェント アラウンドビューモニター」と「インテリジェント パーキングアシスト」だ。すでに日産の先進技術の代名詞的存在になりつつある「インテリジェント アラウンドビューモニター」は、上空から見下ろしたような映像をナビ画面に表示して、駐車などをアシストしてくれるもの。そしてこれを活用したのが駐車支援システム「インテリジェント パーキングアシスト」で、駐車したいスペースや進入方向をハンドルに備わったスイッチで操作すると、ハンドルが自動的に動き、指定したスペースにピタリと停車してくれる。日産らしい未来感たっぷりの機能だが、ユーザーたちはどんな反応を示すのだろうか?

カシオ「XJ-V110W」T.Kさん
「アラウンドビューモニター」はいつも利用していますが、付けておいてよかった、と思う瞬間がしょっちゅうあります。性格的に駐車スペースの真ん中にキレイ駐車したくて、そういう時に、左右の距離感がひと目でわかるのがいいですよね。子どもがクルマの周りにいても、画面上で確認できるので安心です。いっぽうの「インテリジェント パーキングアシスト」は初めて利用しましたが、これは本当に便利。縦列駐車もラクにできるので、時々運転する妻にとってもかなりうれしい機能だと思います。今後はファミリーカーの必須機能になっていくかもしれませんね。
カシオ「XJ-V110W」T.Fさん
「セレナ e-POWER」を購入するなら「インテリジェント パーキングアシスト」はぜひ付けたいですね。自宅での駐車にも使えますが、街中でもかなり重宝すると思います。実際に乗っていると、かなり自信満々といった感じで勢いよくバックしていくので、よほど精度が高いんでしょうね。欲を言えば、ハンドルに備わったスイッチだけじゃなくて、ナビ画面上でも操作できたらなおいいかも。運転席周りにはたくさんスイッチがありますし、駐車時はナビ画面を見ているわけなので、そのほうが直感的ではないかと。
セレナ e-POWER

車両に装備されたカメラで撮影した映像を合成処理し、上空から見下ろしたような映像をナビ画面に表示して駐車などをアシストしてくれる「インテリジェント アラウンドビューモニター」をメーカーオプションで用意

「インテリジェント パーキングアシスト」は、車庫入れや縦列駐車を支援してくれる機能だ。駐車したいスペースをナビ画面上で確認し、ハンドルに装備されたスイッチを押せば、ハンドルが自動的に動いて指定したスペースに駐車してくれる。ドライバーはアクセルとブレーキ、シフト操作をするだけでよい

ほかにも、「セレナ e-POWER」には「セレナ」に搭載され好評を得ている高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」が装備されている。ステアリングに備えられた「プロパイロットスイッチ」を押し、「セットスイッチ」で車速を設定すれば準備完了。「プロパイロット」を作動させると、クルマ側が単眼カメラで先行車や白線を認識し、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動制御して、設定した車速や先行車との車間距離を保ちながら、車線中央付近を走行するための運転操作を支援してくれる。残念ながら今回の試乗会では体験できなかったが、「プロパイロット」を利用すれば、ロングドライブでの疲労感がグンと軽減されるはず。帰りの運転を心配することなく、レジャーやアウトドア、ショッピングを思う存分楽しめるのである。

ハンドルの右側にある「プロパイロットスイッチ」を押しスタンバイ状態にしたら、前にクルマがいる状態か、自車の速度が30〜100km/hの範囲内で「セットスイッチ」を押せば「プロパイロット」が作動する。高速道路などでの単調な長時間運転時に重宝する

まとめ

参加したユーザーに「セレナ e-POWER」の感想を取材していて印象的だったのは、ミニバンの試乗会とは思えない言葉がいくつも聞こえてきたことだ。「スムース」「パワフル」、そして「楽しい」。新世代の電動パワートレイン「e-POWER」は、ミニバンを「実用的なファミリーカー」から「実用的で、走りも楽しめるクルマ」へと変容させる、そんな革新的な提案と言えるだろう。また今回の試乗会を通して、100%モーター駆動ならではのすぐれた静粛性や、新感覚の「e-POWER Drive」、さらに、日産が誇る先進技術の利便性や独自性も余さず体感してもらうことができた。

この記事を読んで、電気自動車の新しいカタチを充電いらずで楽しめる「セレナ e-POWER」に興味を持たれたなら、お近くの日産の販売店に足を運んで、ぜひ一度、試乗をしてみてほしい。今回の試乗会に参加してくれたユーザーたちと同様、運転席に乗り込み、アクセルを踏み込んだその瞬間、きっとあなたもその「感動」を体感できるはずだ。

© Kakaku.com, Inc.