スマホの料金を安くしたいなら、「IIJmio」の格安SIM/スマホに注目!

PR企画
格安SIMカードシェアNo.1(※)の高信頼&安心感 スマホの料金を安くしたいなら、「IIJmio」に注目!

スマートフォンをもっと安く使いたい。そんなふうに考えている人は、MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMカードの購入や、格安SIMカードと端末がセットになった格安スマホへの乗り換えを検討してみてはどうだろうか? なかでも、個人向け格安SIMカードでシェアNo.1(※)を誇るなど、高い支持を集めているのが、NTTドコモ網とau網のどちらかを選択できる格安SIMカードや、格安SIMカードとスマホをセットで提供している「IIJmio」だ。本特集では、そんな「IIJmio」の魅力にじっくりと迫っていく。

(※)出典情報:総務省 電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(2017年6月末調べ)。

格安SIM/スマホに乗り換えて、
スマートフォンの料金を安く

近年、スマートフォンの利用料を大きく削減できる手段として注目されている、MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIM/スマホ。とはいえ、こうした言葉は知っていても、いまひとつ何のことかよくわからないという人もいるのではないだろうか? そこで、まずは、MVNOと格安SIM/スマホとは何なのかをおさらいしてみよう。

MVNOってなに?
MVNOとは、NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯キャリア3社の通信回線を借りて携帯電話サービスを提供している事業者のこと。莫大なインフラ投資が必要ないため、大手携帯キャリアよりも低額な携帯電話サービスを提供できるのが特徴だ。さらに、「データ通信のみ」「一定期間の高速データ通信量を設定する」など、サービス内容を絞り込むことで、さらなる低料金を実現している。なお、多くのMVNO事業者がMNP (携帯電話番号ポータビリティー)に対応しているため、今使っている携帯電話番号を変えずにキャリアを変更できる。
格安SIM/スマホってなに?
そもそも、スマートフォンは、契約者固有のIDや電話番号などが記録されたマイクロチップの付いた小さなカード(SIMカード)を本体に挿し込むことで、通信や通話が可能となる。従来はこのSIMカードは、自社で回線を保有する大手携帯キャリアしか提供できなかったが、近年では、スマートフォンのSIMフリー化とともに、多くのMVNOが独自のSIMカードを使った携帯電話サービスを展開。これらは大手携帯キャリアと比べて安く利用できるため、「格安SIM(カード)」と呼ばれている。なお、この格安SIMカードとスマートフォン端末がセットになったものが「格安スマホ」だ。
「IIJmio」の格安プラン

これがスマートフォンで通信・通話を行うためのSIMカード。なお、MVNOで提供される格安SIMカードには、データ通信のみに対応した「データ通信専用SIM」や、データ通信と通話の両方に対応した「音声SIM」などがある

このように大手携帯キャリアよりもスマートフォンの利用料を抑えられることから、年々注目度を高めているMVNOの格安SIM/スマホ。しかし、近年では、さまざまな事業者がこの市場に参入したことで選択肢が急増しており、いざ格安SIM/スマホに乗り換えようと思っても、「結局、どれを選んだらいいの?」と悩む人も増えている。そんな人にチェックしてほしいMVNOのひとつとして、今回、価格.comが注目したのが、個人向け格安SIMカードでシェアNo.1(※)を誇る「IIJmio」だ。

では、数あるMVNOの中で、「IIJmio」がこれほど高い支持を得ている理由はどこにあるのか? 次章以降でその魅力をじっくりとひも解いていこう。

格安SIMカード・シェアNo.1
「IIJmio」が人気の理由

お得な料金プランを用意

まずは、格安SIM/スマホ乗り換え検討層にとって最も気になるポイントであろう、料金プランからチェックしていこう。プランの詳細は後述するが、「IIJmio」では、通信と通話が可能な音声SIMカード(※通話料は別途必要)の月額プランとして、以下の3つを用意。いずれもMVNOとしては一般的なものとなるが、大手携帯キャリアと比べれば圧倒的に利用料は安い。

ミニマムスタートプラン
:データ通信量3GB/1,600円(税別)
ライトスタートプラン
:データ通信量6GB/2,220円(税別)
ファミリーシェアプラン
:データ通信量10GB/3,260円(税別)

※SIMカードの契約枚数は、「ミニマムスタートプラン」と「ライトスタートプラン」が最大2枚、「ファミリーシェアプラン」が最大10枚となります。

※追加SIMカードを利用される場合は、「ミニマムスタートプラン」と「ライトスタートプラン」の2枚目、「ファミリーシェアプラン」の4枚目以降は、追加SIMカード利用料400円(税別)が発生します。 SMS機能付きSIMカードや音声通話機能付きSIMカードを選択した場合、追加SIMカード利用料のほかに、別途付帯料が発生いたします。

また、同一プランで複数の格安SIMカードを契約した場合に、データ通信量のシェアができるのもうれしい。たとえば、スマートフォンとタブレット端末の2台持ちをする場合や、家族複数人で「IIJmio」を利用する場合には、各プランのデータ通信量内でデータをシェアできる。さらに、無料の専用アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽんアプリ)」を利用することで、家族がどのくらいデータ通信量を利用しているかをチェックすることもできる。

「IIJmio」の格安プラン

専用アプリ「みおぽんアプリ」を使えば、家族の回線のデータ通信量の残量を確認することが可能。また、スイッチをON/OFFすることで、通信速度を切り替えて、データ通信量を節約することができる

NTTドコモ/auのマルチキャリアに対応

NTTドコモとauの2つの回線が使用できるマルチキャリアに対応しているのも、「IIJmio」の魅力だ。このため、NTTドコモのLTE/3G回線を使用した「タイプD」と、au 4G LTE回線を使用した「タイプA」の2つから、利用端末やエリアに適した回線を選択できる。また、「タイプD」と「タイプA」の両方で通話の「かけ放題オプション」(※後述)が利用できるのもポイントだ。

さらに特筆すべきは、同一プラン内で2つの回線を使い分けられること。たとえば、「ファミリーシェアプラン」に契約して3枚の格安SIMカードを使う場合、2枚はNTTドコモ回線を、1枚はau回線を選択するといったことが可能で、異なるキャリア間でデータ通信量のシェアができる。マルチキャリアに対応したほかのMVNOの場合は、同一プラン内でひとつの回線しか選択できないものもあるため、端末ごとに利用する回線を分けたり、家族それぞれが自由に回線を選択できたりするのはありがたい。

「IIJmio」の格安プラン

「IIJmio」では、NTTドコモのLTE/3G回線を使用した「タイプD」と、au 4G LTE回線を使用した「タイプA」の2つから、好きな回線を選択できる。もちろん、「タイプD」と「タイプA」間でデータ通信量をシェアすることも可能だ

安心の端末修理サービスを用意

「IIJmio」では、画面割れ、水濡れ、全損・部分破損など、幅広い故障に対応した、端末保証サービスを用意している。この端末保証サービスは、iPhoneをはじめとするすべてのキャリア端末とSIMフリー端末が対象。「IIJmio」の格安SIMカードを使いたいが、キャリアを乗り換えることで端末保証が切れるのが心配、あるいはSIMフリー端末のメーカー保証がすでに切れてしまっているという人でも、現在使っているスマートフォンを安心して使い続けることができる。また、「IIJmio」で購入したスマートフォンのみを対象にした端末補償サービスも用意されている。どちらも初回契約時のみのオプションで、途中からの申し込みができないため注意が必要だ。

「IIJmio」の端末修理サービス

  つながる端末保証オプション
SIMカードのみの契約の場合(※1)
端末補償オプション
「IIJmio」で端末を購入した場合(※2)
月額 500円(税別) 380円〜500円(税別)
修理代金 0円
交換代金1回目 4,000円(税別) 5,000円(税別)
交換代金2回目 8,000円(税別) 8,000円(税別)

(※1)修理と交換を合わせて1年に2回まで利用可能。保証上限額(50,000円)を超える場合は、その差額が必要となります。

(※2)1年に2回まで利用可能。修理ではなく、交換のみとなります。

*盗難および紛失は対象外となります。

魅力的なスマートフォンを用意!

「IIJmio」では、格安SIMカードとセットで購入できるSIMフリースマートフォンのラインアップも充実している。「IIJmio」に乗り換える際には、格安SIMカードだけでなく、スマートフォン自体の購入も検討してみるといいだろう。

価格.comで格安SIMカードとセット購入できる端末

  • 「IIJmio」の格安プラン

    HUAWEI P10 lite

  • 「IIJmio」の格安プラン

    HUAWEI nova lite

  • 「IIJmio」の格安プラン

    ASUS ZenFone 3

  • 「IIJmio」の格安プラン

    SHARP AQUOS SH-M04-A

(※)端末は2018年2月6日時点のもの。販売されるモデルは予告なく変更となる場合がございます。

2年縛りなし!自動更新もなし!

さらに、「IIJmio」は、キャリア乗り換えのハードルも低い。同社には、大手携帯キャリアやいくつかのMVNOで採用されている契約の2年縛りや自動更新がなく、音声SIMカードであれば、1年間利用すれば、いつでも違約金なしで解約することができる。これなら、初めてMVNOの格安SIMカードに乗り換えるという人でも、安心して使い始められるだろう。

※12か月以内に解約する場合は、「音声通話機能解除調定金」が発生します。

価格.comスタッフが使って実感。
通信速度も申し分ない

ここまで見てきた通り、大手携帯キャリアよりもスマートフォンの利用料を抑えられるのがMVNOの格安SIM/スマホの魅力だが、そのいっぽうで、「通信速度が遅い」という不満も多く聞かれる。その点、「IIJmio」はどうだろうか?

そもそも、「IIJmio」の規格上の最大通信速度は、NTTドコモ回線を使用した「タイプD」がNTTドコモと同じ下り788Mbps、上り50Mbps、au回線を使用した「タイプA」がauと同じ下り370Mbps、上り25Mbpsとなる。こうしたカタログスペック上では、大手携帯キャリアやほかのMVNOと横並びだが、実際の通信速度は、そのキャリアが用意している回線容量や、どのくらいの設備投資を行っているかなどによって大きく変わってくるもの。そこで今回は、「IIJmio」の実際の通信速度をJR山手線の5つの駅で計測した。

今回は、恵比寿、新宿、上野、東京、品川の6つの駅で通信速度を計測。定番の通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」を使って、各地点で3回計測した平均値を算出した。なお、使用した格安SIMカードはNTTドコモ回線を使用した「タイプD」、端末は「iPhone 7」(アップル)と「honor 9」(ファーウェイ)の2つだ

夕方16時にJR恵比寿駅を出発し、通信速度検証をスタート。その結果は下表で示した通りだが、恵比寿、新宿、上野の3つの駅では、回線がそれほど混雑しない時間帯だったためか、ほとんどの地点で下り・上りとも10MB/sを大きく上回る結果に。試しに、Webブラウジングや、「YouTube」のフルHD(1920×1080)動画の視聴、アプリのダウンロードなども行ってみたが、体感的にも通信速度の速さを感じることができた。いっぽう、帰宅ラッシュの時間帯にさしかかった東京駅と品川駅では、下りが2MB/s台、上りが10MB/s程度まで落ち込んでいる。とはいえ、Webブラウジングはまずまず快適で、「YouTube」のフルHD動画についても、多少読み込みに時間がかかったもののストレスなく視聴できるなど、不満なく使えた。

ちなみに、今回の検証中、筆者が普段使用している某MVNOの格安SIMカード(ドコモ回線)でも通信速度を計測してみたが、ほとんどの地点で「IIJmio」のほうが高速という結果になった。このことからも、「IIJmio」は多くの場所や時間帯で不満なく使える通信速度を備えていると言えるだろう。

  iPhone 7 honor 9
  下り 上り 下り 上り
16:00 恵比寿駅 13.16
MB/s
16.96
MB/s
16.40
MB/s
11.34
MB/s
16:30 新宿駅 16.44
MB/s
25.54
MB/s
10.08
MB/s
15.55
MB/s
17:00 上野駅 23.98
MB/s
21.85
MB/s
20.10
MB/s
19.92
MB/s
17:40 東京駅 2.78
MB/s
9.72
MB/s
2.66
MB/s
12.91
MB/s
18:00 品川駅 2.54
MB/s
10.31
MB/s
2.51
MB/s
16.82
MB/s

やっぱりココが気になる!
「IIJmio」の料金プランを徹底チェック

最後は、「IIJmio」で提供されている格安SIMカードの料金プランを確認していこう。「IIJmio」では、データ通信量3GB/1,600円の「ミニマムスタートプラン」、データ通信量6GB/2,220円の「ライトスタートプラン」、データ通信量10GB/3,260円の「ファミリーシェアプラン」という3つのプランを用意。スマートフォンの利用料をできるだけ抑えたいという人は「ミニマムスタートプラン」を、インターネットをそこそこ使うという人は「ライトスタートプラン」を、家族一緒に「IIJmio」に乗り換えたいという人は「ファミリーシェアプラン」を選ぶのがよいだろう。

「IIJmio」の料金プラン(音声SIM)

プラン ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
データ通信量 3GB 6GB 10GB
月額料金 1,600円(税別) 2,220円(税別) 3,260円(税別)
SIMカード契約枚数 1枚(最大2枚) 1枚(最大2枚) 3枚(最大10枚)
追加SIM利用料 2枚目:月額400円(税別) 2枚目:月額400円(税別) 4枚目〜:月額400円(税別)

※タイプD・タイプA共通となります。

さらに、「IIJmio」では、オプションサービスも充実している。なかでも注目したいのが、契約したプランのデータ通信量に、20GB/30GBのデータ通信量を追加できる「大容量オプション」と、国内でみおふぉんダイアルを利用し、一定時間の国内通話が何度でも利用できる「かけ放題オプション」の2つ。データ通信量をたっぷりと使いたい、あるいは毎日家族や友人と通話をしたいという人は、これらのオプションサービスの利用も検討してみてほしい。

もっとデータ通信量を使いたい人は、「大容量オプション」をチェック!

追加データ通信量 20GB 30GB
月額 3,100円(税別) 5,000円(税別)

通話もしたい人は、「かけ放題オプション」をチェック!

1回の通話が短い人向け! 1回の通話が長い人向け!
月額 600円(税別) 830円(税別)
無料通話(誰とでも) 1回3分以内 1回10分以内
無料通話(同一契約名義間の場合) 1回10分以内 1回30分以内

※同一契約者名義(同一mioID)間の国内通話料が対象となります。

※「みおふぉんダイアル」を利用した国内通話が対象となります。

キャンペーン開催中!

価格.com経由で申し込みをすれば、さらにお得に

(※)以下のキャンペーン内容は2018年2月6日時点のもの。内容は予告なく変更となる場合がございます。

価格.comでは、価格.com経由で「IIJmio」の格安SIM/スマホに申し込んだ人を対象にしたキャンペーンを開催中。初期費用が3,240円(税込)割り引きされたり、1年の間、月額料金が300円安くなったりと、料金がさらにお得になるため、「IIJmio」への乗り換えを検討する際には、ぜひチェックしてもらいたい。

まとめ

スマートフォンの料金を抑えるための手段として、すっかり定着した感のあるMVNOの格安SIM/スマホ。しかし、まだまだ「安かろう、悪かろう」というイメージを持っている人も少なくないはずだ。その点、個人向け格安SIMカードでシェアNo.1(※)を誇る「IIJmio」は、大手携帯キャリアよりも圧倒的に安く利用できるだけでなく、通信速度やアフターサポート、乗り換えやすさなど、さまざまな点で高水準なサービスを提供している。また、こうしたトータルでの安心感や信頼性の高さこそが、「IIJmio」が多くの人から支持されている理由なのだろう。スマートフォンの料金を抑えたいという人は、数多くあるMVNOの中でも“選んで決して損のない選択肢”として、「IIJmio」をチェックしてみてほしい。

「IIJmio」の格安プラン
「IIJmio」の格安プラン

© Kakaku.com, Inc.