富士通WEB MART限定 スタンダードノートPC FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

PR企画

第8世代Core i7&128GB SSD+1TB HDDモデルで実力診断! 富士通WEB MART限定 ワンランク上の15.6型スタンダードノートPC FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

新年度を目前に控えた今、パソコンの購入を検討している人も多いだろう。しかし、デザイン性や使い勝手に満足でき、そのうえ自分の用途に適したスペックの製品をなかなか見つけられないでいるという人もいるはずだ。そんな人に注目してほしいのが、富士通の直販サイト「富士通WEB MART」で購入できるカスタムメイドモデルのスタンダードノートPC、FMV「LIFEBOOK WA3/B3」である。本特集では、メモリーに16GBを、ストレージに約128GB SSD+約1TB HDDを選択した第8世代Core i7モデルを使って、その魅力をレビューしていく。

富士通WEB MART限定 ワンランク上のノートPC FMV「LIFEBOOK AHシリーズ WA3/B3 Core i7・メモリー16GB・SSD 128GB」の最安価格をチェック

360°どこから見ても美しい「オムニデザイン」のボディ

ゆったりとしたキーボードや15.6型の大画面を備え、家庭のメインマシンとして使われることの多いスタンダードノートPC。メインマシンとして活用するのであれば、デザイン性や使い勝手にこだわりたいし、用途に合ったスペックの製品を選びたい。そう考えている人は多いのではないだろうか。

そんな人に注目してほしいスタンダードノートPCが、富士通の直販サイト「富士通WEB MART」で購入できるカスタムメイドモデルのFMV「LIFEBOOK WA3/B3」だ。ベースになるのはショップ店頭で販売されている富士通のカタログモデル、FMV「LIFEBOOK AH53/B3」(以下、AH53/B3)だが、「カスタムメイド」という言葉が示すとおり、本機はCPUやメモリー、ストレージなどの主要スペックを用途や予算に合わせて選択できるのが特徴。自分だけの“ちょうどいいモデル”を構成することができるのだ。

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

「富士通WEB MART」のカスタムメイドモデル「WA3/B3」。その上質なデザインやすぐれた使い勝手はカタログモデル「AH53/B3」と同様だが、用途や予算に合わせて主要スペックを選択できるのが本機のメリットだ

「WA3/B3」でカスタマイズできる主な項目は、CPU、メモリー、ストレージ、光学ドライブ、オフィスソフト、ボディカラーとなる。なお、本レビューで取り上げる「WA3/B3」のスペック構成は、CPUが「インテル Core i7-8550U(1.80 GHz-最大4.00GHz)」、メモリーが16GB(8GB×2)、ストレージが約128GB SSD+約1TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、オフィスソフトが「Microsoft Office Home and Business Premium」だ。ボディカラーには「インテル Core i7-8550U」選択時のみに設定されている「メタリックブルー」をチョイスした。なお、このメタリックブルーのモデルには、「Windows Hello」と連携する指紋センサーが搭載されるというメリットもある。

「WA3/B3」で選択できる主なスペック
CPU インテル Core i5-8250U(1.60 GHz-最大3.40GHz)
インテル Core i7-8550U(1.80 GHz-最大4.00GHz)
メモリー 4GB(4GB×1)
8GB(4GB×2)
16GB(8GB×2)
ストレージ 約500GB HDD
約1TB HDD
約128GB SSD+約1TB HDD
約256GB SSD+約1TB HDD
約512GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
BDXL対応ブルーレイディスクドライブ
オフィスソフト なし
Microsoft Office Personal Premium(2016)
Microsoft Office Home and Business Premium(2016)
キングソフト WPS Office Standard マルチライセンス(ダウンロード版)
カラーバリエーション メタリックブルー(指紋センサー搭載)※
ブライトブラック
プレミアムホワイト
ガーネットレッド

※メタリックブルーの選択には、「インテル Core i7-8550U」選択が必要です。メタリックブルーを選択した場合のみ、指紋センサーが搭載されます。

「WA3/B3」に用意されているカスタムメイドメニューがこちら。メモリーとしては大容量の16GBが、ストレージではSSD+HDDのハイブリッドストレージや大容量SSDが選択できるのが見どころで、カタログモデルよりもワンランク上のスペックを構成できる。なお、太字は本記事で使用するレビュー機の構成だ

まずは、「WA3/B3」の上質なボディデザインからチェックしていこう。パールのように鈍く輝くメタリックブルーの天面には、光の当たり方によって淡い青から深みのある青へと色合いが変化して見える上質なデザインが採用されている。ボディを手にして感心したのは、普段はあまり目にすることのない底面のデザインにも手が抜かれていないこと。光によって表情が変化するメタリックブルーの天面とは打って変わり、落ち着きのあるモカブラウンを取り入れ、そこにレザー調のテクスチャーを施すことで、しっとりとした風合いが演出されている。

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

メタリックブルーのボディは決して派手ではない色合いで、光の当たり方によって表情を変えるのが特徴。また、ボディの中で見落とされがちな底面だが、ここにはレザー調のテクスチャーを施したモカブラウンの外装を配するなど、プロダクトデザイナーのこだわりが感じられる

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

液晶を開くと、幅約7.8mm(左右辺)の狭額縁に目を奪われる。これは、部品配置の最適化や小型部品の採用によって実現されたものだという。これだけベゼルが狭いとボディがいっそう精かんに見える。液晶を開いた際にヒンジをボディの下に隠す「落とし込みヒンジ」の効果も相まって、液晶周りは非常にスッキリとした印象だ

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

本体サイズは361.0(幅)×244.0(奥行)×27.1(最厚部)mm、重さは約2.3kg。上述の狭額縁設計によって、15.6型液晶搭載のスタンダードノートPCとしてはコンパクトなサイズに仕上がっている。家の中でのちょっとした持ち運びはほとんど苦にならない

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

パームレストはヘアライン加工が施された金属調のデザインで、サラサラとした手触りが心地いい。また、キートップは本体と合わせたカラーリングになっており、側面はキラリと輝く「プリズムクリアキー」を採用。この演出がデザイン上のアクセントとなっている

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

カラーバリエーションには、「メタリックブルー」「ブライトブラック」「プレミアムホワイト」「ガーネットレッド」の4色を用意。好みや使用する部屋のインテリアに合わせて選べるのがうれしい

富士通WEB MART限定 ワンランク上のノートPC FMV「LIFEBOOK AHシリーズ WA3/B3 Core i7・メモリー16GB・SSD 128GB」の最安価格をチェック

フルHD液晶&ハイレゾ対応スピーカーによる上質エンタメ体験。
文書入力もスムーズ

メインで使うパソコンには、エンターテイメント性能や使い勝手においてもハイレベルなものを求めたいが、「WA3/B3」ではどうだろう?

まず、情報や映像を表示するディスプレイには、15.6型フルHD(1920×1080)のスーパーファイン液晶を搭載。光沢仕様のため若干の映り込みはあるが、色鮮やかな発色でコントラストが高く、写真やネット配信動画なども高画質で鑑賞することができた。

音質面においても、「WA3/B3」はオーディオメーカーのオンキヨーと共同開発したハイレゾ対応スピーカーを搭載し、高いレベルが確保されている。しかも、スピーカーボックスの容積を従来モデル比で約16%拡大させたことで、ハイレゾ音源ならではの空気感や臨場感の再現性が高まったという。

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

15.6型フルHDスーパーファイン液晶は、発色がよく色再現性が高い。色をしっかりと確認する必要のある写真編集用にも向いていると感じた。また、視野角をチェックしてみたが、斜めから覗き込んでも周辺部が暗くなったり、色が変わったりすることはほとんどなかった。友人や家族と一緒に写真や動画を楽しむことも可能だろう

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

キーボード奥にアルミメッシュが見られるが、この下にオンキヨーと共同開発したハイレゾ対応スピーカーが搭載されている。なお、左側面にあるヘッドホン端子もハイレゾ再生に対応しているため、ハイレゾ対応ヘッドホン(別売)と組み合わせれば夜中でも存分に高音質サウンドを楽しめる

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

パソコンでハイレゾ音源を楽しむには、通常なら対応プレーヤーソフトが必要だが、本機にはハイレゾ対応音楽再生ソフト「CurioSound for FUJITSU」がプリインストールされているので、音源を用意するだけでハイレゾを楽しめる。実際にハイレゾ音源を再生してみたところ、その音質はノートPCのものとしては十二分。クリアで、音の広がりがいいと感じた。なお、本ソフトは、DSD音源のハイレゾ再生に対応するほか、MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップサンプリングする機能を備えるなど、高機能だ

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

レビュー機は、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブを搭載しているが、カスタムメイドメニューではBDXL対応ブルーレイディスクドライブの選択も可能。ブルーレイディスクの映画などを楽しみたい人は、ブルーレイディスクドライブをチョイスするといいだろう

続いては、パソコンの使い勝手に影響するキーボードの使いやすさをチェックしていこう。「WA3/B3」が搭載するのは、テンキーを備えたJIS配列の日本語108キーのアイソレーションキーボード。キーピッチは約18.4mm、キーストロークは約2.5mmだ。「お手並み拝見」と手始めに少しタイプしてみたが、しっかりとしたクリック感が指に伝わり、すぐに打ちやすいキーボードであると感じた。

それもそのはず。「WA3/B3」のキーボードには、打鍵する指の力の違いに合わせてキーの重さが3段階に調節された「3段階押下圧キーボード」や、キー列ごとに階段形状の段差を付けた「ステップ型キートップ配置」が採用されるなど、富士通ならではのこだわりが惜しみなく注ぎ込まれているのだ。これに加え、変換精度で定評の高い日本語入力支援システム「ATOK 2017」もプリインストールされているので、長文入力もスピーディーに行えた。

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

「WA3/B3」では、小指で押すキーは軽く、親指で押すキーは重くするなど、打鍵する指の力に合わせてキーの圧力が3段階で調節されているので指が疲れにくい。また、ミスタッチを減らすため、キー列ごとに階段形状の段差を付けた「ステップ型キートップ配置」や、ひとつひとつのキートップをわずかに凹ませた「球面シリンドリカルキートップ」を採用することで、ミスタイプの低減や打ちやすさの向上を図っている

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

キーボード手前のタッチパッドもすべりがよいため、スムーズなポインター操作が行えた。また、4本指までの複雑なジェスチャー操作にも対応しているので、慣れればマウスを接続するよりもすばやい操作が行える

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

液晶上部には、有効約92万画素のHD対応Webカメラを搭載。その隣は、Windowsの音声アシスタント機能「Cortana」の利用に適した、約4m先の音声も集音できる「Cortana高集音マイク」となっている。このほか、パームレストの右端には、指紋センサーを搭載(「メタリックブルー」のみ)しており、指でなぞるだけでパソコンにログインすることができる

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」
FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

外部インターフェイスは、左側面にヘッドホン出力/マイク入力ポート×1、USB3.1(Gen1) Type-Cポート×1、USB3.0ポート×2、HDMI出力ポート×1、LANポートを、右側面にUSB2.0ポート×1、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット×1を備える。メインマシンとして利用するのにも十分な構成と言えるだろう

富士通WEB MART限定 ワンランク上のノートPC FMV「LIFEBOOK AHシリーズ WA3/B3 Core i7・メモリー16GB・SSD 128GB」の最安価格をチェック

写真・動画編集も快適
「インテル Core i7-8550U」&約128GB SSD+約1TB HDD
搭載モデルの性能は?

続いて、気になる処理性能についてチェックしていこう。その前に、今回のレビュー機のスペックを今一度確認しておくと、本機はCPUに、最新の第8世代となる「インテル Core i7-8550U」(1.80 GHz-最大4.00GHz)を搭載している。本CPUはクアッド(4)コア/8スレッドのマルチコア処理性能を備えており、大きな負荷がかかる処理も分散して実行することで、消費電力を抑えながら高いパフォーマンスを発揮してくれる。

また、データを展開するメモリーには、高速なDDR4(SDRAM PC4-19200)規格が採用されており、容量も16GBとたっぷり。これに加え、ストレージは、システムドライブ(Cドライブ)に約128GBのSSDを、データドライブ(Dドライブ)に約1TBのHDDを割り当てたハイブリッド構成。OSやソフトがレスポンスよく軽快に動作しながら、動画などの大容量データを大量に保存できるのがありがたい。

CINEBENCH R15

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

CPU性能を測る定番ベンチマークテスト「CINEBENCH R15」を動作させたところ、トータルスコアは「510」、シングルコアでは「159」だった。シングルコアの数値から考えるとトータルスコアが若干低く感じられるが、それでも500ポイント超えの十分なスコア。長きにわたって不足感なく使えるだろう

CrystalDiskMark 6.0.0

SSD(Cドライブ)

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

HDD(Dドライブ)

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

「CrystalDiskMark 6.0.0」を使ってSSD(Cドライブ)とHDD(Dドライブ)のデータ転送速度をチェックしてみた。SSDは、シーケンシャルリード(Q32T1)において接続インターフェイス(SATA3)の転送速度の上限値に迫る551.6MB/sを記録。いっぽうのHDDは、124.1MB/sとなるので、ハイブリッド構成のよさがよくわかる結果となった

動画編集ソフト

CyberLink PowerDirector 15 for FUJITSU

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

グラフィック編集ソフト

Corel PaintShop Pro X9 for FUJITSU

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

「WA3/B3」の処理性能を生かせるソフトとして、4K動画や360°動画を手軽に編集できる動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector 15 for FUJITSU」や、細かな色調整や画像修正が可能なグラフィック編集ソフト「Corel PaintShop Pro X9 for FUJITSU」をプリインストール。届いたその日から、動画や写真の編集など趣味にもフル活用できるのがうれしい

FMV「LIFEBOOK WA3/B3」

上記ソフトを使って4K動画の編集や高解像度写真の加工を行ってみたが4K動画をエンコードしたり、エフェクトをかけたりしても動作がモタつかないし、写真の加工も非常に軽快だった。これだけのパフォーマンスなら、普段使いはもちろんのこと、負荷の重い作業をさせても大きなストレスを感じることはないだろう

「富士通WEB MART」だけの特典にも注目!

富士通の直販サイト「富士通WEB MART」

今回のレビューを通じて、富士通の直販サイト「富士通WEB MART」で購入できるカスタムメイドモデルの魅力を理解いただけたと思うが、本サイトで購入するメリットは、単にスペックを選択できるということだけにとどまらない。さらなるメリットのひとつが、サポートサービスの充実だ。 本サイトで購入したカスタムメイドモデルでは、通常1年間のメーカー保証期間が無料で3年間に延長されるほか、有料では最長5年間までの延長が可能。また、落下や水こぼしなどに対応する「ワイド保証」(有料)も選択できる。さらに、お気に入りの画像や写真を本体天面にプリントしてくれるユニークなサービス「カスタムメイドプラス」が用意されているのも、メーカー直販ならではと言えるだろう。 このほか、お得なキャンペーンやわけあり品の特別価格販売などが行われていることもあるので、パソコンの購入や買い替えを検討している人は「富士通WEB MART」をぜひ一度チェックしてみてほしい。

富士通WEB MART限定 ワンランク上のノートPC FMV「LIFEBOOK AHシリーズ WA3/B3 Core i7・メモリー16GB・SSD 128GB」の最安価格をチェック

新生活にぴったりな
“自分仕様”のスタンダードノートPCを手に入れよう!

デザイン性や使い勝手に満足でき、用途や予算に合ったスペックのパソコンが欲しい――。これは、当たり前とも思える消費者の希望だが、こうしたニーズを満たした製品を探し出すのはなかなか難しいことだ。しかし、今回紹介したカスタムメイドモデル「WA3/B3」なら、日本メーカー製らしい、デザイン性や使い勝手のよさが得られるのはもちろんのこと、主要なスペックをカスタマイズして “自分仕様”のモデルに仕立て上げることができる。特に、ショップの店頭などで売られているカタログモデルよりもハイスペックな構成が選べるのがうれしい。

新年度に向けて心機一転、お気に入りの部屋や家具、洋服などを揃える人は多いはずだが、ノートPCも、これらと同じように自分のお気に入りにカスタマイズしてみてはどうだろうか。その際に、ここで紹介した「WA3/B3」は有力な選択肢となるはずである。

型番
カラー※1 メタリックブルー(指紋センサー搭載)※1
ブライトブラック
プレミアムホワイト
ガーネットレッド
ブライトブラック
プレミアムホワイト
ガーネットレッド
OS Windows 10 Home 64ビット版
CPU※1 インテル Core i7-8550U (1.80-最大4.00GHz)
インテルCore i5-8250U (1.60-最大3.40GHz)
インテル Core i7-8550U (1.80-最大4.00GHz)
メモリー 4GB(4GB×1)/8GB(4GB×2)/16GB(8GB×2) 8GB(4GB×2)
ストレージ 約500GB HDD/約1TB HDD/約128GB SSD+約1TB HDD/約256GB SSD+約1TB HDD/約512GB SSD 約1TB HDD
グラフィック インテル UHD グラフィックス 620
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
BDXL対応ブルーレイディスクドライブ
BDXL対応ブルーレイディスクドライブ
オフィスソフト なし/Microsoft Office Personal Premium(2016)/Microsoft Office Home and Business Premium(2016)/キングソフト WPS Office Standard マルチライセンス(ダウンロード版) Microsoft Office Home and Business Premium(2016)
ディスプレイ 15.6型フルHD(1920×1080)スーパーファイン液晶
Webカメラ HD Webカメラ内蔵 (有効画素数 約92万画素)
ネットワーク 有線LAN(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
外部インターフェイス USB3.1(Gen1) Type-Cポート、USB3.0ポート×2、USB2.0ポート×1、HDMI出力ポート×1、LANポート×1、ヘッドホン出力/マイク入力ポート×1、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット×1
バッテリー駆動時間
(内蔵バッテリパック標準添付)※2
約7.5時間(JEITA2.0)
サイズ 361.0(幅)×244.0(奥行)×27.1(高さ)mm(突起部含まず)
本体質量 約2.3kg(バッテリーパック含む)
  • ※1 メタリックブルーの選択には、「インテル Core i7-8550U」選択が必要です。メタリックブルーを選択した場合のみ、指紋センサーが搭載されます。
  • ※2 使用環境によって、実際のバッテリ駆動時間は異なります。
  • * 太字は本記事で使用したレビュー機の構成です。