アイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」の魅力

PR企画

魅力1独自の回路基板「メタルサーキット」を採用し、高い省エネ性を実現

「平成29年度省エネ大賞」の製品・ビジネスモデル部門において「資源エネルギー庁長官賞」を受賞したアイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」。その最大の特徴は、従来のアルミよりも導熱性と放熱性にすぐれた「錫(すず)めっき鋼板」のLED回路基板「メタルサーキット」を採用したこと。これによって、業界最高レベルの発光効率175lm/W(※1)を実現し、一般的な丸型蛍光灯と比べて、なんと約77%(※2)も消費電力を抑えることが可能になった。また、年間の電気代についても、一般的な丸型蛍光灯が約5,184円であるのに対して、LEDシーリングライトは約1,172円と、約4,012円も安く抑えることができるという(※3)。

  • ※1 高効率タイプの場合。
  • ※2 丸型蛍光灯102W型と「メタルサーキットシリーズ」(CL8N-MFE)で比較。
  • ※3 1日5.5時間(約2,000時間)使用した場合で計算。電気料金目安単位27円/kWhで算出。

さらに、「メタルサーキット」は、従来のアルミ基板よりも基板全体に広くLEDチップを配置できるため、よりムラの少ない発光が可能。実際に、「メタルサーキットシリーズ」と、アイリスオーヤマ製の従来モデル(アルミ基板)で光り方を比較したところ、「メタルサーキットシリーズ」のほうが明らかに光ムラが少なく、部屋の隅々まで明るく照らしてくれることが確認できた。

錫(すず)めっき鋼板を用いた「メタルサーキット」は、従来のアルミ基板よりも導熱性と放熱性が高く、消費電力を抑えることができる。また、LEDチップを基板全体に広く配置できるため、光ムラを抑えられるのもメリットだ

「メタルサーキットシリーズ」と、アイリスオーヤマ製の従来モデル(アルミ基板)の発光面を比較した。上写真を比べてみると、「メタルサーキットシリーズ」のほうが、明らかにムラが少なく、ほぼ均一に発光していることがわかる

魅力2部屋の雰囲気に合わせて選べる4タイプのデザインを用意

「メタルサーキットシリーズ」のもうひとつの魅力は、豊富な製品ラインアップを擁していることだ。「高効率タイプ」「シンプルタイプ」「デザインリングタイプ」「デザインフレームタイプ」の4タイプそれぞれに、明るさの異なる8畳用と12畳用(シンプルタイプのみ6畳用も用意)が用意されており、部屋の雰囲気や広さに合わせて製品を選択できる。もちろん、どの製品も「メタルサーキットシリーズ」ならではのムラのない自然な発光によって、部屋全体を明るく照らしてくれる。

高効率タイプ
アイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」
4タイプの中で最もすぐれた発光効率175lm/Wを実現したのが「高効率タイプ」だ。消費電力が少なく、電気代を抑えられるのがうれしい
シンプルタイプ
アイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」
「シンプルタイプ」は、本体下部にボリュームを持たせることで、光の拡散性をアップさせているのが特徴。部屋の隅々までしっかり明るく照らしたい人に適している
デザインリングタイプ
アイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」
フレームをキラリと輝くシルバーモールで飾った「デザインリングタイプ」。天井にスタイリッシュな雰囲気をもたらしてくれる
デザインフレームタイプ
アイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」
「デザインフレームタイプ」は、光を拡散させる導光リングによって、天井や壁も照らすのが特徴。これにより、部屋がより広く感じられる効果が得られる

魅力310段階の明るさ調節が可能! 自動点灯・消灯などの便利機能も

最後は、「メタルサーキットシリーズ」の機能面をチェックしていこう。まず注目したいのが、明るさを10段階で調節できる調光に対応したこと。外光の状況などに合わせて好みの明るさに調節することで、快適な室内環境を作り出せるのはもちろん、電力消費を抑えて電気代を削減できるのもメリットとなる。また、リモコンに用意された「メモリ設定ボタン」を押すことで好みの明るさを記憶させることができ、「メモリ設定ボタン」で何度でも再現できる「メモリ点灯」機能を備えているのも使い勝手がいい。

このほか、点灯した光が徐々に暗くなり、約10分または約30分後に自動消灯する「おやすみタイマー」や、設定した時間に自動点灯・消灯することで不在時の防犯対策になる「るすばん機能」など、実用的な機能を用意。ちなみに、これらの機能は「メタルサーキットシリーズ」だけでなく、アイリスオーヤマ製の多くのLEDシーリングライトが共通して備える機能となっている。

「メタルサーキットシリーズ」は10段階の調光に対応。外光の状況などに合わせて明るさを細かく調節することで、むだな消費電力を抑えられるのがうれしい

アイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」

「メモリ点灯」は、あらかじめ記憶させておいた好みの明るさを、ボタンひとつで呼び出すことができる機能だ

アイリスオーヤマのLEDシーリングライト「メタルサーキットシリーズ」

部屋にいなくても、設定した時間に自動で点灯・消灯する「るすばん機能」。外出時や、旅行などで長期間不在にするときの防犯対策として使える

光が徐々に暗くなり、約10分または約30分後に自動消灯する「おやすみタイマー」。スムーズな入眠をサポートしてくれるとともに、睡眠時の電気の消し忘れを防げる

LEDならではの長寿命! 5年間の製品保証も

「メタルサーキットシリーズ」は約40,000時間(※4)の長寿命を実現。しかも、5年間の製品保証(※5)が付くため、長く安心して使用できる。

  • ※4 寿命は光束が70%まで低下するまでの時間です。表示は設計寿命であり、製品の寿命を保証するものではありません。1日10時間点灯の場合。
  • ※5 保証書の規定に従って、正常に使用いただいている状態で故障(自然故障)した場合のみ無償で修理。

まとめ電気代を削減し、家族団らんの空間を明るく照らす

平成24、27、28年度の3度にわたって「省エネ大賞」を受賞(※6)するなど、従来より省エネ性が高く評価されていたアイリスオーヤマのLEDシーリングライト。その最新モデルとして登場した「メタルサーキットシリーズ」は、独自のLED回路基板「メタルサーキット」を採用することで、より高い省エネ性と、ムラの少ない美しい発光を実現し、「平成29年度省エネ大賞」を受賞するという4度目の栄冠に輝いた。価格.com最安価格は税込14,270円(※7)と、同社製のLEDシーリングライトの中では高級ラインとなるが、家族団らんの空間を明るく照らしてくれるライトの価値は、価格に代えがたいものがある。本特集を通じてアイリスオーヤマ「メタルサーキットシリーズ」の魅力に気づいてもらえたらうれしい。

  • ※6 平成24年度省エネ大賞「資源エネルギー庁長官賞」、平成27年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」、平成28年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」を受賞。
  • ※7 2018年4月26日時点。高効率タイプ「CL8N-MFE」の場合。
アイリスオーヤマ LEDシーリングライトメタルサーキットシリーズ製品紹介
高効率タイプ
発光効率No.1!高い省エネ性を実現
高効率タイプ
CL8N-MFE
CL12N-MFE
シンプルタイプ
独自のボディ形状で光の拡散性をアップ
シンプルタイプ
CL6D-6.0
CL6DL-6.0
CL8D-6.0
CL8DL-6.0
CL12D-6.0
CL12DL-6.0
デザインリングタイプ
天井にスタイリッシュな雰囲気をもたらす
デザインリングタイプ
CL8D-PM
CL8DL-PM
CL12D-PM
CL12DL-PM
デザインフレームタイプ
部屋がより広く感じられる効果が得られる
デザインフレームタイプ
CL8D-FRM
CL8DL-FRM
CL12D-FRM
CL12DL-FRM

© Kakaku.com, Inc.