ソニー「Xperia Ear Duo」が提案する新しい音楽ライフ

PR企画
デュアルリスニングという新たな音楽体験 耳をふさがずに、会話しながら音楽を聴く左右独立型ワイヤレスオープンイヤーヘッドセット「Xperia Ear Duo」の魅力を徹底チェック!

ケーブルのわずらわしさから完全に解放され、自由なスタイルで音楽を楽しめる左右独立型ヘッドセットに、画期的なリスニング体験を提案する製品が加わった。音楽などの再生音と自然な外音を同時に聞き取れる“デュアルリスニング”で日常生活のより多くのシーンで音楽を楽しめる、ソニーの左右独立型ヘッドセット「Xperia Ear Duo」だ。 その魅力は音楽再生にとどまらず、スマートフォンの通知の読み上げや、音声アシスタントと連携した「LINE」のメッセージ送信など、コミュニケーションをより快適にする機能が満載である。本企画では、そんな魅力満載の「Xperia Ear Duo」を徹底チェックした。

日常生活でより自由にストレスなく音楽を楽しむ“デュアルリスニング”

左右のユニットをつなぐケーブルを排除した左右独立型ヘッドセットは、より自由なスタイルで音楽を楽しめることから、急速に普及している。いっぽうで、耳をふさぐイヤホンである以上、装着中は周囲の音が聞き取りづらく、会話をするのは難しい。従来、音楽を聴くことと、周囲の音を聞いたり会話をしたりすることは、相反することとして考えられてきた。しかし、こうしたイヤホンの常識を覆す画期的な製品が2018年4月、ソニーから発売された。それが、左右独立型ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」だ。最大の魅力は、耳をふさがない独自の設計で、再生音と周囲の音を同時に聞き取れる“デュアルリスニング”を可能にしたこと。話し声がこもらないので、これまで難しいと思われていた音楽リスニングと日常会話などが同時に行えるようになり、日常生活のより多くのシーンで音楽を身近に楽しめるようになった。

Xperia Ear Duo

音楽などの再生音とともに、外音も自然に聞き取れる“デュアルリスニング”を提案する「Xperia Ear Duo」。ソニー独自の技術を凝縮することで、これまでにないリスニング体験が行えるという

それでは、価格.comスタッフが「Xperia Ear Duo」を装着し、“デュアルリスニング”のメリットを探っていこう。ここでは、早朝のエクササイズから、電車での通勤、会社での仕事、帰宅途中の買い物、自宅での家事まで、複数のシーンで使って試してみた。

鳥のさえずりや会話を楽しみながらエクササイズ

まずは早朝のエクササイズから。アップテンポなポップスを再生しながら、公園で軽い体操を行ったが、耳をふさぐイヤホンとは違い、鳥のさえずりなどが音楽と自然にブレンドされて聞こえ、実に新鮮で心地よい感覚が得られた。次に、「Xperia Ear Duo」を装着したもう1人のスタッフと一緒にジョギングを行ってみたが、音楽がBGMのように聴こえ、普段通りの自然な会話ができた。

電車の車内アナウンスを聞き漏らさずに通勤

Xperia Ear Duo

毎日の通勤・通学中に、音楽が欠かせないという人は多い。だが、イヤホンからの再生音で車内アナウンスが聞えなかったために、電車を乗り過ごしてしまった……という経験を持つ人は少なくないはず。その点、「Xperia Ear Duo」なら、聞き漏らしが少ない。電車内でロック系の激しい音楽を聴いていても、停車駅のアナウンスがきちんと聞き取れた。さらに、音導管からダイレクトに鼓膜に音が届く設計になっていて、音漏れが低減されているのもうれしい点だ。

経済ニュースや株価情報をチェックしながら仕事

Xperia Ear Duo

もちろん、仕事中の使用も便利だ。「Xperia Ear Duo」でラジオの経済ニュースや株価情報を聞いていても、電話の呼び出し音や同僚からの質問にスムーズに対応でき、違和感なく仕事ができた。

音楽を聴きながら帰宅途中に買い物

Xperia Ear Duo

仕事帰りの買い物でも、“デュアルリスニング”が役立った。イヤホンを装着したまま店舗に入り、会計時にレジでポイントカードの有無を問われ、あわててイヤホンを取り外すというのはよくあるケースだが、「Xperia Ear Duo」なら装着したままでOK。音楽を聴いていても 店員と会話ができるので、会計やポイントカードの提示もスムーズに行えた。

家事中にラジオの語学放送を聴きながら子どもと会話

Xperia Ear Duo

子どもがいるママにとっても、「Xperia Ear Duo」は強い味方。家にいるときは自分の時間を確保するのが難しいものだが、本機を使うことで、家事中も子どもに目を配りながらラジオの語学放送を聞くことができるのだ。実際に語学放送を聴きながら食器を洗っているときに、テレビばかり見ている子どもへ「ママも勉強中だから、そろそろ宿題をしようね」と話しかけたところ、子どもも素直に言うことを聞いてくれた。

今回検証した、いずれのシーンでも、「Xperia Ear Duo」で再生中の音楽や音声の音量が大きすぎたり、小すぎたりすることはなかった。これは、周囲の環境に合わせて自動的に音量を調節してくれる「アダプティブボリュームコントロール」機能が効果を発揮しているためだ。もちろん、音質へのこだわりもソニーならでは。再生しているコンテンツに合わせて音響特性を最適化してくれる独自技術「Clear Phase」が搭載されているので、アップテンポな女性ボーカル曲からスケール感のあるクラシック曲まで、高音質で楽しめる。音質はフラットで、ドンシャリ感もない自然な印象。長時間聴いていても疲れにくいサウンドが特徴だ。

音漏れを低減し、高音質を実現した「下掛けスタイル」と独自の音導管設計

「Xperia Ear Duo」のボディは一見、ユニークな形状に感じられるが、実はこれは、さまざまな面で合理的な形となっているのだ。まず注目したいのは、“下掛けスタイル”。これは、耳の上部から中間部にかけてよりも、下部から中間部にかけての長さのほうが個人差が少ないという性質を応用したもので、多くの人がぴったりと耳にフィットしたような、自然な装着感を得られるという。重量は左右それぞれ約10.6gと見た目以上に軽く、長時間装着しても負担が少ない。実際に男性スタッフ2人と女性スタッフ1人に装着してもらったが、3人とも自然な装着感に驚いていた。下掛けのため、眼鏡やマスクに引っかかりにくいのもメリットだろう。なお、耳の穴に入り込むリングサポーターは、S/M/Lの3サイズが用意されている。

“下掛けスタイル”での装着方法は、コツをつかめば簡単。耳たぶを軽く引っ張り、「Xperia Ear Duo」を下から上にスライドさせると、素早く装着できる。耳に自然にフィットし、自然な外音が聞こえ続けるため「イヤホンを付けている」という感覚がほとんどなかった

Xperia Ear Duo

リングサポーターは、S/M/Lの3サイズが付属(各サイズ2個ずつ)。ご覧のように、耳に直接触れる部分が少ない形状のため、長時間装着してもムレにくく負担が少ない。また、上部に大きな穴が空いているのがミソで、ここから外音が取り込まれるようになっている

「Xperia Ear Duo」のボディ形状は、音響面でも理にかなっている。耳の後ろ側にくるドライバーユニットで再生された音は、細い音導管を経由して、耳の奥へと直接届けられる仕組み。このため、通常のイヤホンはもとより、一般的な骨伝導タイプのイヤホンなどと比べても音漏れが少ない。試しに、音楽プレーヤーの音量を、通常なら音漏れしてしまう大音量にし、約1m離れたスタッフに音漏れをチェックしてもらったところ、「漏れていない」とのコメントがもらえた。

耳の後ろにくる本体のドライバーユニットから伸びる音導管は、耳の奥へとダイレクトに音を届ける形状になっている。このため、耳の穴を完全にふさがないリングサポーターと組み合わせても、音漏れを抑えることができるのだ

自然な装着感と音漏れの低減を両立した「Xperia Ear Duo」だが、音楽などを再生するイヤホンとしてだけでなく、通話などに適したヘッドセットとして高い機能性を備えている点も見逃せない。ボディの周囲には、「クアッドビームフォーミングマイク」と呼ばれる、左右に2個ずつ計4個のマイクが装備されており、マイクが集めた音の中から、ユーザーの音声だけを分離してスマホなどに伝送してくれる。このため、比較的騒音が大きな場所でも、スムーズな通話や音声操作が可能だ。

側面下部のマイクで拾ったユーザーの音声から、ボディ側面上部のマイクが拾う周囲のノイズを分離するノイズ処理機能が備わっている。ノイズの処理前と処理後の波形を見ると、必要な音声だけが増幅されているのがわかる

また、耳の後ろ側にくるボディ側面に軽く触れることで、再生や一時停止、音量コントロールなどが行える「タッチパッド」機能や、着信時などに、うなずいたり首を横に振ったりすることで、応答や拒否が行える「ヘッドジェスチャー」機能も搭載。状況に合わせてスマホをいちいち取り出すことなく、直感的な操作が可能だ。

着信時にスマートフォンを取り出さなくても、「Xperia Ear Duo」を装着したままうなずけば着信に応答できる。また、着信に応答したくない場合は、首を横に振れば拒否できる

Xperia Ear Duo

左は側面が音楽再生や一時停止、曲送り曲戻しなど主に音楽系の操作ができる。右はアシスタント操作が割り当てられているが、タッチパッドの操作割り当ては、専用のスマートフォンのアプリでユーザーが使いやすいようにカスタマイズすることも可能だ。音量調整は左でも右でも行える

日常生活のあらゆるシーンで便利に使える「Xperia Ear Duo」。それだけにバッテリーの持ちが気になるところだが、その点も心配はない。「Xperia Ear Duo」本体に内蔵されたバッテリーのみで最大約4時間使用できるが、付属のケースは、本体を3回分フル充電できるバッテリーを内蔵したチャージャーケースになっているので、外出先で最大約16時間の使用が可能。さらに、約7分の充電で約1時間使用できる急速充電に対応しているのもうれしい。

充電状態は、「Xperia Ear Duo」のタッチパッド部分にあるLEDの色の変化によって確認できる。赤色の場合は15%以下、黄色の場合は15-80%、緑色の場合は80%以上を示すようになっている。チャージャーケースはコンパクトなので、バッグのちょっとしたポケットに入れて持ち歩ける

Xperia Ear Duo

カラーバリエーションは、「ブラック」と「ゴールド」の2色。どちらもさりげない光沢があり、上質な雰囲気。ブラックならビジネスシーンでも違和感なく使えるし、ゴールドならアクセサリー感覚で装着できる

音声操作対応のスマートデバイスとしても使える!
LINEの音声アシスタント「Clova」とも新連携

スマートフォンとの連携機能にも注目したい。専用の「Xperia Ear Duo」アプリ(※1)は、Android系であれば、ソニーの音声アシスタント機能である「Assistant for Xperia」のほか、「Google™」やLINEの音声アシスタント機能「Clova」とも連携可能。iOSであれば「Siri」を呼び出せる。なお、屋外で「Clova」を使えるモバイルデバイスは、2018年4月現在、この「Xperia Ear Duo」だけ(※2)。「Assistant for Xperia」を普段使いしながら、時と場合に応じてほかのサービスを呼び出すこともできるというわけだ。 ※1 Android version 5.0 以上(HFPサポートしているもののみ)、Wi-Fi対応のTabletは非対応。iOS version 10 以上、iPadは非対応。
※2 2018年4月16日現在、ソニー調べ。

早速、「Xperia Ear Duo」で「Clova」と連携した「LINE」のメッセージ送信を行った。ボディ右側のタッチパッドを長押しすると「お話しください」という音声案内が聞こえるので、「LINE送って」と話すと、「Clova」へと自動で切り替わり、「どなたに送信しますか」と問いかけてくるので、「●●さん(送りたい相手のアカウント名)」と答えると、「メッセージをどうぞ」と、応答してくれる。そこで、「今晩、飲みに行かない?」と話しかけてみたが、きちんと相手のアカウントにテキストメッセージを送信できた。さらに、「お話しください」という音声案内のあとに、「Clova,音楽流して」と話すと、「LINE MUSIC」の再生を開始した。なお、外出先で声を出しにくい場面は、ヘッドジェスチャーやタッチパッドの操作を組み合わせて、ボイスコントロールを最小限にとどめることも可能だ。

Xperia Ear Duo

「Xperia Ear Duo」を使って「LINE」のメッセージ送信を行ったところ。ボディ右側のタッチパッドを長押しすると「お話しください」という音声案内が聞こえるので、「LINE送って」と話すと、「Clova」へと自動で切り替わり、送りたい相手のアカウント名と伝えたいメッセージを話すと、テキストに変換して送信してくれる

そのほか、「Xperia Ear Duo」に内蔵された複数のセンサーが状況を判断し、ユーザーの知りたい情報をタイムリーに教えてくれる「デイリーアシスト」機能(※3)も便利。これは、自宅および会社の場所や予定などをあらかじめ登録しておくと、ニュースやスケジュール、天気など、生活に役立つさまざまな情報を提供してくれるものだ。たとえば、朝、起床して「Xperia Ear Duo」を装着すると、「おはようございます」というあいさつとともに、最新のニュースやその日の予定などを教えてくれる。また、会社に到着しそうになると「職場エリアです」という声のあと、次の予定の時刻や場所をリマインドしてくれる。「デイリーアシスト」は、今後のアップデートで随時機能が拡張される予定なので、ぜひ期待したい。 ※3 Android搭載端末のみ対応。

「デイリーアシスト」機能では、ユーザーの登録情報に応じて、最新のニュースや予定などを教えてくれる

そのほか、「Xperia Ear Duo」や、2016年11月に発売された片耳用の前機種「Xperia Ear」同士を、Bluetooth接続させてトランシーバーのようなリアルタイムトークができる「Anytime Talk」機能も搭載。最大5人が同時に参加でき、タッチパッドに触れながら話せば自分の声が相手に届くようになっている。あらかじめ録音しておいた音声をヘッドジェスチャーで送信することも可能だ。

最大5人によるリアルタイムトークができる「Anytime Talk」も搭載。タッチパッドに触れながら話せば、自分の声が相手に届くようになっている

音楽の楽しみ方を広げる新発想のヘッドセット

以上、音楽などの再生音と外音を同時に聴くことができる「Xperia Ear Duo」のデュアルリスニングによって、日常生活のさまざまなシーンで、より快適に音楽を楽しむことができた。“下掛けスタイル”や独自の音導管設計が、心地よい装着感と音漏れの低減を両立させており、思わず1日中装着したくなる魅力があった。音質もフラットでクセがないので、好きな楽曲をじっくりと聴くこともできるし、自然の音と音楽をブレンドさせてBGMとして楽しんだり、周囲の音を確かめたり、会話をすることもできる。これなら、使い方次第で新しい音楽ライフが送れることだろう。

また、タッチパッドやヘッドジェスチャーによる操作性が抜群で、音声アシスタント機能も便利。日常的に「LINE」などのSNSを利用している人にとっては、コミュニケーションデバイスとしても常用できそうだ。日常生活の中で、より自然にリスニングやコミュニケーションが楽しめる本製品は、左右独立型ヘッドセットの新しいトレンドとなりそうな予感さえしてくる。ぜひ「Xpreia Ear Duo」の魅力を、多くの人に体感していただきたい。

© Kakaku.com, Inc.