初心者でも簡単・キレイに撮影!「Everio GZ-E400」

PR企画

ポイント① 小型・軽量か約195gの小型・軽量ボディで、サッと取り出してラクに撮影ができる!

何気ない日常のワンシーンであっても、大切な我が子の成長はできる限りキレイな映像で残したい。最近はスマートフォンでの動画撮影が一般的になりつつあるが、撮影のしやすさや手ブレの少なさ、画質などを考えると、ビデオカメラに分があるのは間違いない。しかし、市場を見わたしてみると、さまざまなメーカーから多様な機能を備えた製品が発売されているため、初めての1台として、何を購入したらよいのか迷うことだろう。

そこでまずは、初心者が初めてのビデオカメラを購入する際にチェックしたいポイントを下記にまとめてみた。この点を押さえておけば、子どもの運動会や学芸会などのイベントはもちろん、ちょっとした散歩や公園遊び、さらには自宅での何気ない撮影までしっかりとこなせるだろう。そこで今回は、JVCケンウッドのビデオカメラ「Everio GZ-E400 価格.com限定モデル」(以下、Everio GZ-E400)を、こうした視点からチェックしてみたい。果たして、新米パパ・ママが使いやすい製品に仕上がっているのだろうか。

ビデオカメラJVCケンウッド「Everio GZ-E400」

Everio GZ-E4002018年4月にJVCケンウッドから発売されたビデオカメラ「Everio GZ-E400」。カラーバリエーションには、「ブラウン」と「ピンクゴールド」の2色を用意する。200mlの缶コーヒーを横に並べてみると、そのボディのコンパクトさがわかる

ポイント① 小型・軽量か

まずは1つめのチェックポイントである「小型・軽量か」から見ていこう。「Everio GZ-E400」の本体サイズは約50(幅)×57(高さ)×116(奥行き)mm、重量は約220g(バッテリー付き)。エントリーモデルの中でも小型・軽量な分類に入るが、実際に手に取ってみると、凹凸が少なく、筒状に近い形状のためか、数値以上にコンパクトに感じられた。ビデオカメラを持ち上げて撮影ポジションを取っても、重さはほとんど気にならない。最近は運動会で三脚の使用を禁止する小学校が増えているが、長時間手持ちで撮影していると手首に負担がかかり、大切な我が子の撮影に集中できなくなることもある。だが、これなら女性でも長時間の撮影ができるだろうし、外出時にバッグからサッと取り出して、素早く撮影ができるはずだ。

小型・軽量のボディは長時間の撮影でも腕が疲れにくい。付属のバッテリーを装着しても出っ張らないので、女性用の小さなバッグに収納して持ち運べる。散歩中など気軽なお出かけのときほど、子どもの自然な表情に接するチャンスは多いが、こうした場合も小型・軽量でないと持ち出すことがおっくうに感じられるので、本機のメリットは大きいだろう

付属のストラップを取り付ければ、撮影中に誤って本体を落下させてしまう心配がない。お母さんが軽々とビデオカメラを持って撮影しているところを見て、子どもも興味津々。そこで、「Everio GZ-E400」を子どもに持たせてみたが、その小さな両手にスッポリと収まった

ポイント② カメラまかせで撮影が可能か光学40倍ズームで高画質さらに高音質録画!子どもの一瞬の笑顔も逃さない

ポイント② カメラまかせで撮影が可能か

続いて、2つめのチェックポイント「カメラまかせで撮影が可能か」について確認していこう。ボディが小型・軽量だとどうしても「撮影機能が物足りなそう」と考えがちだが、「Everio GZ-E400」の場合はそんなことがない。特に、ビデオカメラ初心者の新米パパ・ママにとっては、「インテリジェントオート撮影」機能は心強い味方と言える。これは、「被写体」「背景」「光源」「撮影スタイル」という4つの条件で撮影シーンを分析し、登録されている284のパターンの中から最適な設定をカメラが自動で選択するというもの。設定をあれこれ考える必要がなく、カメラまかせでキレイな映像が撮影できるというわけだ。

ビデオカメラJVCケンウッド「Everio GZ-E400」

ビデオカメラの撮影設定に不安を覚えることもあるかもしれないが、「インテリジェントオート撮影」機能を備えた「Everio GZ-E400」なら心配はいらない。ビデオカメラが284のパターンの中からシーンに合わせて最適な設定を自動でチョイス。屋内外を問わず、撮影シーンをさまざまに判断してカメラまかせでキレイな映像が撮れる

インテリジェントオートオフ
インテリジェントオートオン

「インテリジェントオート」の効果を試してみた。この動画は、やや暗い屋内で撮影したため、「インテリジェントオート」オフでは映像がやや暗くなり、家具のディテールが黒くツブれてしまったのに対して、「インテリジェントオート」オンでは暗部が明るく持ち上げられ、見やすい映像になっていた

また、運動会や学芸会、発表会などで大勢の子どもがいる場合は、我が子の顔を選び出し、フォーカスをあて続けてくれる「顔登録」機能を使うと便利だ。顔の登録は簡単で、メニュー画面から「顔登録」メニューを選択し、表示される枠の中に子どもの顔を映し込んで事前に撮影しておくだけ。どれだけ正確に認識してくれるのか試してみたが、被写体を見失ったり、迷ったりすることはほとんどなく、的確にフォーカスをあて続けていた。被写体が一時的にフレームアウトしても、フレーム内に戻り次第、顔を再認識した。また、笑顔を検知すると自動で静止画を撮影してくれる「スマイルショット」機能も備えるなど、かゆいところに手が届く機能も満載だ。

顔の登録は、メニューから「顔登録」を選び、画面の丸い枠に顔を合わせて撮影するだけと簡単。登録した人物の顔は、液晶画面に青色の枠でマークされ、青色の枠の上には笑顔の度合いが、下には登録した名前が表示される。運動会のように大勢の子どもが入り乱れて動くようなシーンでも、これなら我が子の姿を見失わずに済みそうだ

続いて、ズーム機能はどうか。スマートフォンのカメラにもズーム機能は搭載されているが、レンズを動かして拡大する光学ズームの倍率は低め。さらに、デジタルズームは画質劣化が激しいため、液晶画面をピンチアウトして拡大するだけで画像が荒くなり、遠くにいる子どもを撮影する場合など、満足のいく映像を記録することが難しい。その点、「Everio GZ-E400」は、「光学40倍ズーム」と「ダイナミック60倍ズーム」機能を備えているため、はるか遠くにいる我が子の表情も大きくクローズアップして撮影することができる。実際に試してみたが、高品質な「コニカミノルタHDレンズ」により、光学ズーム域からダイナミックズーム域に切り変わっても画質の劣化が少なく、子どものはつらつとした表情を、画面いっぱいにとらえることができた。

ズームなし ビデオカメラJVCケンウッド「Everio GZ-E400」
光学40倍ズーム
ダイナミック60倍ズーム

左がズームなし、中央が「光学40倍ズーム」時で、右が「ダイナミック60倍ズーム」時の動画だ。デジタルズーム域となる「ダイナミック60倍ズーム」時でも精細感が保たれ、子どもの生き生きとした表情がつぶさに見て取れる。最近はスマートフォンのカメラ機能も進化しているが、画質の劣化が少ない光学ズームの倍率は低く、撮影シーンの守備範囲の広さという点では、まだまだ高倍率ズームが利用できるビデオカメラに軍配が上がるだろう

上がズームなし、真ん中が「光学40倍ズーム」時で、下が「ダイナミック60倍ズーム」時の動画だ。デジタルズーム域となる「ダイナミック60倍ズーム」時でも精細感が保たれ、子どもの生き生きとした表情がつぶさに見て取れる。最近はスマートフォンのカメラ機能も進化しているが、画質の劣化が少ない光学ズームの倍率は低く、撮影シーンの守備範囲の広さという点では、まだまだ高倍率ズームが利用できるビデオカメラに軍配が上がるだろう

さらに、撮影で感心したのが、「アクティブモード」搭載の電子式手ブレ補正機能である。子どもと追いかけっこをしながら撮影した下の動画を見てもらえれば一目瞭然だが、子どもの体が小刻みに上下に動くほどの激しい動きでの撮影にも関わらず、手ブレはほとんどなかった。手ブレ補正の効き具合は強すぎず、あくまでも自然な印象。絶妙な加減で補正がかかっていた。

手ブレ補正オフ
手ブレ補正オン

手ブレ補正機能のオン/オフを切り替えて撮り比べを行った。「Everio GZ-E400」の手ブレ補正機能は、電子式となるが、手持ちで走りながらの撮影でも、手ブレを抑えながらこれだけキレイに記録できるのだ

さまざまなオーディオ機器を手がけるJVCケンウッドのビデオカメラだけに、「Everio GZ-E400」は音質にもこだわりが見られる。音声信号の圧縮時に欠落した情報を再生時に復元し、原音に忠実な音質で再生できるようにする独自技術「K2テクノロジー」に加え、風切り音を抑えながら、カメラを向けている人の声をクリアに記録してくれる「自動風音キャンセラー」を搭載している。映像だけでなく、音質もハイクオリティで記録できるのだ。

ビデオカメラJVCケンウッド「Everio GZ-E400」

記録時の圧縮により失われた音声情報を再生時に復元し、原音に忠実な音質で再生できるようにするJVCケンウッド独自の高音質技術「K2テクノロジー」。この技術を用いて記録した音声は、DVDなどにダビングしてもクリアに再生できる

ポイント③ 操作性・使い勝手はよいか操作に迷ったときも安心!スマホで確認できるユーザーガイドが便利

ポイント③ 操作性・使い勝手はよいか

3つめのチェックポイントは、「操作性・使い勝手はよいか」だ。「Everio GZ-E400」が搭載する液晶ディスプレイは、3.0型LCDタッチパネル液晶。画面サイズが大きく撮影情報を確認しやすいのはもちろん、ディスプレイの開閉に連動してビデオカメラの電源がオン/オフする「クイックパワーオフ」機能を搭載しているため、素早く撮影を開始し、中断することができる。また、「レンズシャッター」を採用しているため、カバーを装着しなくてもレンズを保護してくれるので安心だ。

大型で視認性にすぐれた3.0型LCDタッチパネル液晶を搭載。タッチパネルの感度は良好で、ストレスなく操作できた。また、ディスプレイを開閉するだけで電源をオン/オフできる「クイックパワーオフ」機能や、撮影後にレンズを保護する「レンズシャッター」を採用するなど、使い勝手がいい

気になるバッテリー性能は、付属のバッテリーで約1時間20分の連続撮影が可能となっており、必要十分。特に、今回検証した価格.com限定モデルには、約2時間55分の連続撮影が可能な長時間バッテリーが付属しており、これも使えば合計で約4時間15分の連続撮影ができるので安心感が高い。また内蔵メモリーは32GBで、最大約13時間30分(EPモード時)の動画を記録することが可能だ。これに加えて、最大128GBまでのSDXCメモリーカードに対応しているので、メモリーの容量不足に悩まされることなく、大切な思い出を思う存分撮影できるのがうれしい。

基本的に「Everio GZ-E400」はマニュアルなしでも簡単に使えるが、ときには、「あの機能はどうやって使うんだっけ?」と迷うこともあるだろう。そんなときに重宝するのが、「スマートユーザーガイド」だ。メニュー画面の「セットアップ」内にある「スマートユーザーガイド」を選択すると、ディスプレイ上にQRコードが表示され、これをスマートフォンで読み取ると、Web上の取扱説明書にアクセスすることができる。取扱説明書を撮影のたびに持ち歩くのは面倒だが、これなら外出先で操作に迷っても、スマートフォンで手軽に調べられる。実に安心感が高い。

メニュー画面の「セットアップ」内にある「スマートユーザーガイド」を選択すると、液晶モニターにQRコードが表示される。これをスマートフォンで読み取るとWeb上の取扱説明書である「スマートユーザーガイド」にアクセスできる

ビデオカメラJVCケンウッド「Everio GZ-E400」

本機は市販のブルーレイディスクライターに対応しているため、パソコン不要でブルーレイディスクに直接、録画データをダビングすることが可能。我が子の映像を祖父母や親戚に送る場合や、イベント撮影時の映像をママ友、パパ友と共有したい時など、活用する機会は思っている以上に多いはずだ

価格.com限定モデルには専用の収納バッグが付属。ビデオカメラ本体はもちろん、電源コードなどもスッキリと収納して持ち運べるのがうれしい。標準の付属バッテリー「BN-VG109」に加え、長時間バッテリーの「BN-VG119」(メーカー希望小売価格9,000円、税抜)がセットになっているため、長時間の撮影も安心だ

【まとめ】初心者が「使いやすい」と思える定番モデル

スマートフォンのような手軽さで、なおかつスマートフォンよりも高画質で撮影できるというのが、「Everio GZ-E400」をチェックしてみての率直な感想である。小型・軽量のボディには、遠くの被写体もキレイに撮れる「光学40倍ズーム」や、「アクティブモード」搭載の電子手ブレ補正機能、284シーンを自動で判別して最適な設定で撮影できる「インテリジェントオート撮影」機能などが搭載されており、手軽に携帯できるだけでなく、サッと取り出して簡単・キレイに撮影することができた。また、操作に迷ったときでも、スマートフォンですぐに取扱説明書を確認できたり、パソコンがなくてもブルーレイディスクに映像をダビングできたりと、初心者が「使いやすい」と感じられる、さまざまな工夫がなされていた。運動会や学芸会などのイベントから日常の何気ないシーンまで、手軽に高画質で撮影できるビデオカメラを探しているのなら、ぜひ「Everio GZ-E400」をチェックしてみてほしい。

製品紹介

Everio GZ-E400 価格.com限定モデル
安心の3年保証つき!手軽に撮影できるビデオカメラ
長時間バッテリーとEverioオリジナルバッグが付属
ビデオカメラJVCケンウッド「Everio GZ-E400」
価格.comで最新価格をチェック
ビデオカメラJVCケンウッド「Everio GZ-E400」
安心の3年保証つき!手軽に撮影できるビデオカメラ
長時間バッテリーとEverioオリジナルバッグが付属
Everio GZ-E400価格.com限定モデル
価格.comで最新価格をチェック
記録方式 AVCHD 規格準拠
(映像)MPEG-4 AVC/H.264
(音声)Dolby Digital 2ch
撮像素子/総画素数 1/5.8型 高感度 裏面照射CMOSセンサー/251万画素
有効画素数 動画:229万画素〜101万画素※1
静止画:229万画素(16:9時)/171万画素(4:3時) ※1 手ブレ補正OFF、ダイナミックズームON時
レンズ コニカミノルタHDレンズ
F値/焦点距離 F1.8〜6.3/f=2.9〜116.0mm
手ブレ補正 アクティブモード搭載電子式
ズーム 光学40倍/ダイナミック60倍/デジタル200倍
記録メディア 内蔵メモリー:32GB
メモリーカード:SD/SDHC/SDXC
外部インターフェイス AV出力、HDMIミニ(CEC対応)、USB2.0
サイズ 約50(幅)×57(高さ)×116(奥行き)mm
本体質量 約195g(付属バッテリー装着時:約220g)

© Kakaku.com, Inc.