東芝4Kレグザ 2018年モデルはBS/CS 4Kチューナー内蔵

PR企画
東芝4Kレグザ 2018年モデルはBS/CS 4Kチューナー内蔵

2018年12月1日からBS・110°CSで4K放送の実用放送が始まる。「Ultra HD Blu-ray™」のタイトルを購入したり、インターネットの動画配信サービスに加入したりすることなく、さまざまな4K(3840×2160)映像が楽しめる時代がいよいよ到来する。今回はこうしたトレンドにいち早く対応し、BS/CS 4Kチューナー内蔵テレビとして国内で最初に発売される東芝の「BS/CS 4K内蔵レグザ」※1に注目。ラインアップされる4K液晶モデル「M520X/BM620X」シリーズ、そして4K有機ELモデル「X920」シリーズの3製品をそれぞれチェックしていく。

2018年12月スタート! BS・110°CSの4K放送とは?

BS・110°CSで4K放送が2018年12月1日から始まることを皆さんはご存じだろうか? これまで「Ultra HD Blu-ray™」のタイトルを購入したり、インターネットの動画配信サービスに加入したりしなければ見ることのできなかった高精細・高画質な4Kのネイティブコンテンツが、これからはBS・110°CS放送を受信できる環境であれば無料で気軽に見られるようになるのだ(一部有料放送あり)。

BS・110°CSの4K放送

BS・110°CSの4K放送の特徴

BS・110°CSの4K放送(3840×2160)は、地上デジタル放送(1440×1080:約156万画素)の5倍以上の解像度となる約829万画素で行われる。4Kテレビが持つ画素をドットバイドットで生かせるため、アップコンバートによって作り出された4K相当の映像よりも、奥行き感や臨場感のある映像を楽しめるのだ

BS・110°CSの4K放送の特徴

BS・110°CSの4K放送の高画質は解像度によるものだけではない。カバーする色域が地上デジタル放送に比べて格段に広く、階調も約1600万色から約10億7300万色へと拡大。また、明暗差の大きな映像を再現できるHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応するので、高コントラストな表現も可能だ。このほか、「60p」のプログレッシブ放送となるので、スポーツなど動きの速い映像もなめらかに表示可能。地上デジタル放送に比べ、格段に高画質な放送だ

そんなBS・110°CSの4K放送を楽しむためには、「4Kテレビ」「BS・110°CSアンテナ」「BS/CS 4Kチューナー」の3つが必要。すでに4KテレビとBS・110°CSアンテナを使用している場合は、BS/CS 4Kチューナーを購入してアンテナと4Kテレビの間に接続することで、NHKをはじめ在京キー局のBS放送6チャンネル※2が受信できるようになる。

BS/CS 4Kチューナーを接続する場合

BS・110°CSの4K放送を楽しむには

現在使用しているBS・110°CSアンテナに、BS/CS 4Kチューナーを接続すれば、2018年12月1日以降、「BS朝日」「BSジャパン」「BS日テレ」※2「NHK SHV 4K」「BS-TBS 4K」「BSフジ」の6チャンネルが受信できる。「SHマーク」付きアンテナを設置すれば、さらにテレビショッピングの「ショップチャンネル」と「QVC」※3に、東北新社メディアサービスが運営する「映画エンタテインメントチャンネル」(有料)、「WOWOW」(有料)※3、「スカチャン4K」8チャンネル(有料)を加えた計18チャンネル(8K放送除く)が視聴可能だ

そして、このBS・110°CSの4K放送を受信するチューナーを搭載した4Kテレビもついに登場した。それが、東芝の「BS/CS 4K内蔵レグザ」だ。4K液晶モデル「M520X/BM620X」シリーズから、4K有機ELモデル「X920」シリーズまで、2018年夏モデルの4KレグザはすべてBS/CS 4Kチューナー内蔵となる。

BS/CS 4Kチューナー内蔵テレビの場合

BS・110°CSの4K放送を楽しむには

「BS/CS 4K内蔵レグザ」なら、別売のチューナーを接続せずに4K放送が楽しめる

次章以降では、そんな「BS/CS 4K内蔵レグザ」の各モデルを詳しくレビューしていこう。

  • 4K液晶
    「M520X」シリーズ

    「M520X」シリーズ
  • 4K液晶
    「BM620X」シリーズ

    「BM620X」シリーズ
  • 4K有機EL
    「X920」シリーズ

    「X920」シリーズ

BS/CS 4Kチューナー内蔵モデルとして、いち早く発売される東芝の4Kテレビ「BS/CS 4K内蔵レグザ」。幅広い画面サイズをラインアップした4K液晶モデル「M520X」シリーズと、「重低音バズーカ」を搭載した4K液晶モデル「BM620X」シリーズに加え、新世代パネルを採用した4K有機ELモデル「X920」シリーズの計3シリーズが登場する

「BS/CS 4K内蔵レグザ」リモコン

「BS/CS 4K内蔵レグザ」のリモコンには、「BS/CS 4Kボタン」が設けられ、普段見ているテレビ放送と同じ感覚で、BS・110°CSの4K放送に切り替えられる

「BS/CS 4K視聴チップ」

BS・110°CSの4K放送の視聴に必要な「ACAS」のICチップは、カード型ではなく組み込み型となるが、「BS/CS 4K内蔵レグザ」発売の2018年6月6日時点では正式提供が始まっていない。そこでレグザでは、これを別モジュールとして組み込む方式を採用。2018年10月ごろに送られてくる「BS/CS 4K視聴チップ」をユーザーが背面ポートに挿すことで視聴可能にしている。なお、BS・110°CSの4K放送の録画は、USBハードディスクを接続することで可能。番組表からの録画予約にも対応するという

価格.comで「BS/CS 4K内蔵レグザ」の最安価格をチェック

4K液晶レグザ「M520X」シリーズ43〜65V型まで幅広いラインアップが魅力

高精細・高画質なBS・110°CSの4K放送。その精細さや美しさを余さず楽しむには、テレビの画質性能が重要になる。その点、「BS/CS 4K内蔵レグザ」はどうだろう? ここでは、43/50/55/65V型の4つの画面サイズをラインアップする4K液晶レグザ「M520X」シリーズを用いて画質をチェックしていきたい。なお、「重低音バズーカ」を搭載する「BM620X」シリーズにおいても、画質面のスペックは「M520X」シリーズと同様となる。

まず液晶パネル。コントラスト表現にすぐれた新開発のVAパネルを搭載し、グッと沈み込んだ深い黒を再現できる。映像エンジンには、処理能力が向上した新開発の「レグザエンジン Evolution」を採用。高画質技術「BS/CS 4KビューティX」に新対応したことで、4K放送本来の美しい映像が再現できるようになっている。

レグザエンジン Evolution

レグザエンジン Evolution

「M520X」シリーズに搭載された新映像エンジン「レグザエンジン Evolution」。ビット精度の高い映像信号処理を行うことで、ディテールは精細に、グラデーションは豊かに描き出す

新たに搭載された「BS/CS 4KビューティX」は、内蔵されるBS/CS 4Kチューナーから入力された映像をブロックに分け、それぞれの絵柄を検出しながら、平坦な部分はなめらかに、細かな部分は精細感を高めるようにと、絵柄に合わせて適切な復元処理を行なう高画質技術。一般に高画質化処理を行なうと画がキレイになるだけでなく、信号に含まれるノイズも強くなりがちだが、「BS/CS 4KビューティX」はそのノイズを抑えつつ、精細感をアップすることが可能。もちろん、地上デジタル放送の気になるノイズを抑えながら、4K相当の精細な映像にアップコンバートする「地デジビューティX」も搭載。2018年12月にスタートするBS・110°CSの4K放送だけでなく、地上デジタル放送も高画質で楽しめるのだ。

このほか、入力フレームごとに輝度ヒストグラムを解析して、それに応じた緻密なコントラスト制御を行うことで、平坦になりがちな明るいシーンの階調と色彩をよりリアルに再現する「HDRリアライザー」や、明るいシーンでも肌の色を飽和させない「美肌リアライザー」といった、従来から定評のある高画質技術も搭載。普及価格帯に位置付けられるモデルでありながら、満足度の高い高画質を楽しめる製品に仕上げられている。

BS/CS 4KビューティX

BS/CS 4KビューティX

※写真はイメージです BS/CS 4Kチューナーを搭載した「M520X」シリーズには、BS・110°CSの4K放送をよりキレイに楽しむための高画質技術が組み込まれている。それが、ノイズを低減しながら高画質な復元処理を行なう「BS/CS 4KビューティX」だ

地デジビューティX

地デジビューティX

※写真はイメージです 「地デジビューティX」は、前後フレームの画素を比較して動きボケを抑える「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」や、モスキートノイズを抑えながら文字や映像をクッキリさせる「地デジノイズクリア」、色再現性を高めて質感をアップする「カラーテクスチャー復元」、ディテールの精細感を高める「地デジ精細感復元」といった複数の高画質技術を組み合わせた高画質技術。フルHD(1920×1080)を下回る地上デジタル放送の映像を4K相当の画質にアップコンバートできるのだ

HDRリアライザー

HDRリアライザー

映像のフレームごとに輝度ヒストグラムを解析し、そのシーンごとに適切なガンマ補正をかける「HDRリアライザー」。明るいシーンにおいても、オリジナルに近い色や階調を再現できる技術だ

美肌リアライザー

美肌リアライザー

※写真はイメージです 人間の目は人の肌の色に敏感。そこで搭載されているのが「美肌リアライザー」。白く飛びがちな肌のハイライトの階調をしっかりと保つことで、違和感のない肌の色を再現してくる

価格.comスタッフが画質をチェック

M520X

本レビューを行った2018年5月時点では、BS・110°CSの4K放送はスタートしていない。そのため、4K/HDR映像や地上デジタル放送などを表示して「M520X」シリーズの画質をチェックしてみた。

4K/HDR映像は、何度見ても思わず息を飲むほどに臨場感ある画質に驚かされる。目を皿にして見ても、ハイライトからシャドーまで広大なダイナミックレンジをうまく表現できており、当然ながらドットバイドットの映像にはノイズが感じられない。4Kネイティブコンテンツに対する「M520X」シリーズの画質の高さがしっかりと感じられた。

いっぽう、地上デジタル放送のテレビ番組の表示は、さすがに4K/HDR映像ほどの驚きはないが、とはいえ、ノイズ感が少なく、ディテールの精細感も十分。ちょうど放送されていた「大相撲」にチャンネルを合わせたところ、「美肌リアライザー」の効果だろうか、背中でにじむ汗や隆々とした肩の筋肉など、土俵の上にいる力士の肌の質感がよく伝わってきた。

全体の画作りは、いたずらに誇張して美しさを強調するのではなく、目で見たままの美しさを再現するナチュラルな方向性で、「レグザ」らしい実直さを感じた。これなら、地上デジタル放送やブルーレイディスクはもちろん、これから始まるBS・110°CSの4K放送や「Ultra HD Blu-ray™」など、さまざまなコンテンツを満足度高く楽しめるに違いない。「M520X」シリーズでBS・110°CSの4K放送を見るのが今から待ち遠しくなってきた。

次みるナビ

次みるナビ

見たいコンテンツが簡単に見つけられる便利な機能として注目したいのが、レグザクラウドサービス「TimeOn」の「次みるナビ」だ。リモコン上の「次みるナビ」ボタンを押すと、画面右側にメニューが現れ、今見ている番組の出演者に関連する別の番組やYouTube™動画などを表示。テレビ放送や録画番組、YouTube™動画などを問わず、見たいコンテンツを素早く見つけられる

ダブルウインドウ

ダブルウインドウ

※写真はイメージです 2018年モデルで復活された便利機能が「ダブルウインドウ」だ。「放送+放送」「放送+外部入力」「4K放送+放送」の3パターンの2画面表示※4が可能で、各画面の拡大縮小が可能。どちらの画面の音声を鳴らすかの指定もできる。音楽番組を見ながらニュースを流し見したり、子どもにゲームをプレイさせながら自分はスポーツ番組を見たりなど、工夫次第でさまざまな使い方ができる

4K液晶レグザ「BM620X」シリーズ高画質に「重低音バズーカ」の豊かなサウンドをプラス

続いて、4K液晶レグザ「BM620X」シリーズについてチェックしていこう。本シリーズにラインアップされる画面サイズは43/50/55V型の3種類。画質面は前章で紹介した「M520X」シリーズと同等だが、本機には「M520X」シリーズと大きく異なる特徴がある。それは、大迫力のサウンドを生み出す「重低音バズーカオーディオシステム」を搭載している点だ。

「M520X」シリーズも、バスレフ型フルレンジスピーカーを搭載し、薄型テレビとしてはバランスのよい音質を実現していたが、「BM620X」シリーズは、「クリアダイレクトスピーカー」と、低音の厚みを保ちながら小型化した新型「重低音バズーカウーファー」で構成される2.1chシステムの「重低音バズーカオーディオシステム」を採用。ウーハー専用の20Wアンプに加え、左右のフルレンジスピーカー用10Wアンプを2機搭載したマルチアンプ駆動で、薄型テレビのスピーカーとは思えないほど、厚みがあり、キレのよいサウンドを響かすことができる。音質に妥協できない人にぴったりな高音質モデルだ。

重低音バズーカオーディオシステム

重低音バズーカオーディオシステム

「重低音バズーカオーディオシステム」を構成する「重低音バズーカウーファー」は、「BM620X」シリーズ背面下部中央に設置されている。これにより、薄型テレビとは思えない迫力のサウンドが得られるのだ。なお、「BM620X」シリーズの「重低音バズーカウーファー」は従来モデルよりもコンパクトだが、従来と同等の豊かな低音が実現されている

本体前面には、フルレンジの「クリアダイレクトスピーカー」を2基搭載。振動板に発泡マイカを混入したり、ボイスコイルに無酸素銅を使用したり、銅製のショートニングを採用して音の歪みを低減したりと、ピュアオーディオスピーカー並みの凝った設計になっている。また、下向きではなく前向きに配置することで、クリアでヌケのよいサウンドを実現。なお、「重低音バズーカウーファー」の配置は横向きだが、低音は指向性が弱いため問題はない

レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド

その名称から「重低音バズーカオーディオシステム」の音質は低音が強いと思いきや、実は自然な音像定位と臨場感のあるサウンドとなっている。新開発のイコライザー「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」によって実現されており、画面から音が聴こえるような「サウンドリフト」機能と、人間の可聴域である20Hz〜20kHzの帯域を896分割して補正する「レグザサウンドイコライザー」に低音を補正する「オーディオ オプティマイザー」をプラス。全帯域にわたって自然で臨場感ある音質に調整されている

価格.comスタッフが画質をチェック

BM620X

では、実際に「BM620X」シリーズのテレビ音声を試聴してみよう。

「重低音バズーカオーディオシステム」というネーミングからパンチのある音を想像していたのだが、意外や意外、厚みがありながらもクリアなサウンドを聴かせてくれた。特に驚かされたのが、その透明感。人の声のヌケのよさや心地よいサウンドバランスは、一般的な薄型テレビではとうてい真似できないほど。映画やドラマなどではセリフが明瞭になり、バラエティ番組では背景音が抑えられ、小音量でも音声が聴き取りやすい印象だ。

そして、音の定位感や音像感がよく、高さ方向の表現もしっかり行えているのは「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」のおかげだろう。「サラウンド」用のメニューには「ライブ」「シネマ」の2種類が用意されており、「ライブ」では音が大きく横に広がり、「シネマ」では包み込まれるようなサラウンド感が楽しめた。標準の設定よりも大きく臨場感が増すので、コンテンツに合わせて積極的に活用したい。

4K有機ELレグザ「X920」シリーズ新世代パネルと新映像エンジンが実現する高画質

最後にチェックするのは、4K有機ELレグザ「X920」シリーズだ。本シリーズにラインアップされるのは55/65V型の2モデルとなる。

「X920」シリーズの有機ELパネルには、新しい画素構造を取り入れた「新世代4K有機ELパネル」が採用され、従来モデルに比べピーク輝度が向上。さらに、新しい表面処理を施すことで、有機ELテレビの特徴である“黒”の再現能力がこれまで以上に高まったという。これに加えて、搭載される映像エンジンは、「新世代4K有機ELパネル」向けにチューンされた「レグザエンジン Evolution PRO」となり、先に紹介した4K液晶レグザの2シリーズを上回る高度な高画質処理を行なってくれる。

レグザエンジン Evolution PRO

レグザエンジン Evolution PRO

有機ELパネル専用のチューニングが施された映像エンジン「レグザエンジン Evolution PRO」。この映像エンジンが「新世代4K有機ELパネル」のポテンシャルを余すことなく引き出してくれる

たとえば、BS・110°CSの 4K放送向けに用意された新しい高画質技術「BS/CS 4KビューティX」。本機においては、“PRO”の名が加えられた強化版の「BS/CS 4KビューティX PRO」となっており、映画やライブ映像など入力される映像ソースに合わせて、適切なフレームを参照して高画質化処理を施し、ノイズやチラつきを抑えたクリアな映像再現を可能にしている。また、地上デジタル放送の映像を4K相当の画質にアップコンバートする「地デジビューティX」も、超解像処理をより多角的に加える「地デジビューティX PRO」へとバージョンアップ。地上デジタル放送も一段と高い精細感で楽しめるのだ。

新世代の有機ELパネルと、映像エンジン、そして東芝ならではの高画質技術が合わさることで、手を伸ばせば映し出された物に触れられるかのような、リアリティに満ちた高画質を実現したのが、有機ELパネルを採用した「4Kレグザ」のフラッグシップモデルのひとつ「X920」シリーズなのである。

BS/CS 4KビューティX PRO

BS/CS 4KビューティX PRO

※写真はイメージです 本来の映像ソースの美しさをしっかりと再現するため、入力された映像の種類に応じて参照するフレームを変える「BS/CS 4KビューティX PRO」。適切な情報に基づき、適切なノイズリダクション処理や高画質化処理を行うため、BS・110°CSの4K放送のコンテンツをより美しく楽しめる

いっぽう音質面は、高品位なサウンドを実現する「有機ELレグザオーディオシステム」の搭載がトピックとなる。フルレンジスピーカーとツイーターという構成は従来モデルと同じだが、その中身はガラリと一新。フルレンジスピーカー、ツイーターともにシルクドームの振動板に、強力なネオジウムマグネットを採用し、これらのユニットを合計46W(15W+15W+8W+8W)のマルチアンプで駆動させることで、クリアなサウンドを実現するという。

なお、「X920」シリーズのスピーカーは下向きのインビジブル型となるが、スピーカーからの直接音とテレビ台からの反射音を「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」で制御することで、音像を調整。画面の真ん中からセリフが聴こえるような効果を及ぼすため、ただ高音質なだけでなく、ドラマや映画などの音声がしっかり聴き取れるのもメリットだ。

新設計のスピーカーシステム

新設計のスピーカーシステム

新設計のフルレンジスピーカーとツイーターを、新設計のバスレフボックスに収めることで、迫力の高音質を実現。なお、フルレンジスピーカーが中央付近に、ツイーターが外側に配置されているが、これは何度も検証を重ねた末に導き出された「最も音がいい配置」だという

まとめ今買うなら、必ず選択肢に入れたいBS/CS 4Kチューナー内蔵モデル

2018年12月1日から、いよいよ始まるBS・110°CSの4K放送。今回はこのトレンドにいち早く対応したBS/CS 4Kチューナー内蔵の「BS/CS 4K内蔵レグザ」をチェックしてきたが、別途チューナーを購入しなくて済むという利便性はもちろんのこと、画質、音質、使い勝手のすべてにおいて、BS・110°CSの4K放送を思う存分楽しめる仕上がりとなっていた。

「Ultra HD Blu-ray™」のタイトルを購入したり、インターネットの動画配信サービスに加入したりすれば今でも4K映像を楽しむことはできるが、多くの人はより手軽な「放送」で4Kコンテンツを日常的に楽しみたいと思っているはずだ。BS・110°CS放送を受信できる環境にある人は、ひと足早く「BS/CS 4K内蔵レグザ」を手に入れ、ワクワク、ドキドキしながら実用放送が始まる2018年12月1日までの日々を過ごしてはどうだろうか。

価格.comBS/CS 4K内蔵レグザの最安価格をチェック

4K液晶レグザ「M520X」シリーズ

「重低音バズーカ」搭載 4K液晶レグザ「BM620X」シリーズ

4K有機ELレグザ「X920」シリーズ

© Kakaku.com, Inc.