「TR9530」購入で最大5,000円キャッシュバックの情報をチェック!

A3対応/ADF搭載でコンパクトなキヤノン「TR9530」

PR企画
POPやチラシ、ポスター作りにも活用できる! A3対応でコンパクトなビジネスインクジェット複合機 キヤノン「TR9530」徹底チェック!

店舗や小規模事業所を中心に人気が高まっているビジネスインクジェット複合機。さまざまな販促ツールや事務書類の大量の印刷を低コストで行えるモデルが注目を集めているが、店舗経営者や個人事業主の中には、POPやチラシ、ポスターをA3プリントしたいというニーズを持った方も多いだろう。そこで注目したいのが、キヤノンのビジネスインクジェット複合機「TR9530」だ。早速、その魅力を徹底チェックしていこう。

ココをチェック!
機能性コンパクトボディながらA3対応/ADF搭載
高画質「5色ハイブリッドインク」採用で写真も文字もキレイ
使い勝手4.3型タッチパネル搭載で操作がスムーズ

機能性コンパクトボディながらA3対応/ADF搭載 POP印刷にもしっかり対応!
コンパクトボディなのにA3対応/ADF搭載

近年需要が高まっているビジネスインクジェット複合機の魅力は、第一に導入コストやランニングコストを低く抑えられる経済性の高さにある。しかし店舗経営者や個人事業主の中には、POPやチラシを出力できるA3対応モデルが必要という方も多い。ただA3対応プリンターは設置面積が大きく、コンパクトな製品が望まれていた。そんなニーズにしっかりと応えるのが、2018年9月にキヤノンから発売された「TR9530」(以下、TR9530)だ。約468(幅)×366(奥行)×193(高さ)mmという、A4対応モデルと同等のコンパクトボディながら、A3プリントに対応。高速なコピー・スキャンが行えるADF(自動原稿送り装置)を搭載するほか、キヤノン独自の「5色ハイブリッドインク」を採用しており、使い勝手がよく、プリント品質も高いのだ。

キヤノン「TR9530」

ビジネスインクジェット複合機ならではの低ランニングコストに加えて、画質や設置性にもすぐれたキヤノンのビジネスインクジェット複合機「TRシリーズ」。このシリーズに加わった最新モデルが、今回チェックする「TR9530」だ

「TR9530」を、約5年前の2013年に発売されたキヤノンのA4インクジェット複合機「MX923」と比べると、A3プリント機能やADFを搭載しながらも、ひと回りコンパクトなサイズ。設置スペースの限られた店舗や小規模なオフィスにとって、このコンパクトさはメリットが大きい

それでは早速、「TR9530」の機能性をチェックしていこう。本機は、前面の給紙カセットと背面の給紙トレイに用紙をセットできる「2Way給紙」を採用しているが、A3プリントは、このうち背面トレイを使って行う。

キヤノン「TR9530」

本体前面の給紙カセットと、背面の給紙トレイの2か所から用紙を供給する「2Way給紙」を採用。給紙カセットと給紙トレイのそれぞれにA4普通紙を100枚までセットできる。A4とB5、普通紙と写真用紙など、サイズや種類の異なる用紙を同時にセットしておくことも可能だ

A3プリントは、背面の給紙トレイを使用して行う。A4とA3の光沢紙で同じ原稿をそれぞれポスターとしてプリントしてみたが、A3プリントのほうが見栄えがするのは一目瞭然だろう

また、さまざまな方法でA3コピーができるのもポイント。たとえば、原稿台(スキャナー)はA4サイズまでの対応だが、A3原稿を上半分、下半分と2回スキャンしてA3用紙にコピーできる「大判原稿コピー」機能を備えているので、A3コピーも可能だ。さらに、A4原稿を自動割り付けしてA3用紙に印刷し、見開きの冊子を作成できる「冊子レイアウトコピー」機能を備えており、飲食店のメニューや業務のマニュアルも簡単に作成できる。

キヤノン「TR9530」

原稿台はA4サイズまでの対応だが、「大判原稿コピー」機能を使えばA3原稿もコピーできる。コピーの手順は、A3原稿の上(左)半分、下(右)半分を2回に分けてスキャンするだけと簡単で、読み取ったA4原稿2枚分を自動で合成し、継ぎ目なくA3用紙にコピーしてくれる

キヤノン「TR9530」

「冊子レイアウトコピー」は、スキャンした2枚のA4原稿を自動割り付けして、A3見開きの冊子状にプリントするというもの。飲食店のメニュー表や従業員用のレシピブックのほか、研修用の資料やプレゼン資料を作成する場合に重宝する

また、本体上部にはA4用紙を20枚までセットできるADFを搭載しており、連続してコピーやスキャンができる。さらに、本体前面カセットと背面トレイには、それぞれ100枚ずつ用紙をセットできるので、1枚ずつ給紙するような必要もない。

キヤノン「TR9530」

本体上部にはADFを搭載。A4普通紙を最大20枚までセットすることができ、複数枚の原稿のコピーやスキャンをボタン操作ひとつでスムーズに行える

高画質「5色ハイブリッドインク」採用で写真も文字もキレイ 「5色ハイブリッドインク」で高画質!
ランニングコストも低減

ビジネスシーンにおいて、プリント画質が高いかどうかで差がつく場面は数多くある。たとえば小売店や飲食店のチラシやPOP、美容院のヘアカットのサンプル集などでは、高品質な写真が欠かせない。また、従業員のシフト表やデータ表などの文書も、クッキリと見やすく印刷したいもの。ビジネス画質は2の次になるケースが多いが、こうした用途の場合、写真も文書も高画質でプリントできるほうが望ましいのだ。

その点「TR9530」には、写真に強い染料インク4色(シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック)と、文字印刷に強い顔料ブラックインクを組み合わせた独自のインクタンク「5色ハイブリッドインク」が採用されており、ビジネスプリンターで多い、シアン/マゼンタ/イエロー(染料)+ブラック(顔料)という、4色インクよりも色彩に富んだ、高画質な写真プリントが可能となっている。もちろん、顔料ブラックインクも搭載しているので、ドキュメントなどの文字はクッキリと印刷可能だ。

写真は染料インクで階調豊かかつ鮮明に、文字は顔料ブラックインクでシャープに印刷できる「5色ハイブリッドインク」を採用。より多くの枚数が印刷できる大容量インクも用意されている

A4普通紙と光沢紙でポスターやチラシを作成し、プリント画質を確かめてみた。飲食店のメニューに載せた料理の写真は、色鮮やかで食欲をそそるような仕上がり。文字が中心の企画書なども印刷してみたが、顔料ブラックインクのおかげで小さな文字もにじまず、クッキリと印字できた

また、大容量インクカートリッジを活用すれば、わずらわしいインク交換の手間も減らせて、A4普通紙モノクロで約3.0円/枚、カラーで約9.6円/枚と、印刷コストも低く抑えられる。さらに、自動両面プリント/コピーや、1枚の用紙に4面割り付けができる「4 in 1コピー」など、用紙コストやインクコストを低減できる機能も多数搭載。細やかなコスト管理が求められる店舗経営者や個人事業主でも、安心して印刷が行えるだろう。

印刷コスト(A4普通紙)

大容量 モノクロ3.0
カラー9.6
標準容量 モノクロ3.4
カラー9.6
小容量 モノクロ4.9
カラー14.2

インク容量が多いほど、1枚あたりの印刷コストは低く抑えられる。1枚あたりの差はわずかでも、印刷枚数が多くなればその差は大きくなってくる ※印刷コストは全て税別です。

パソコンからPDF資料を印刷し、1枚目の印刷が完了するまでのファーストプリントタイムと、10枚印刷するのにかかった時間を計測してみた。結果は、ファーストプリントタイムが約12.4秒(カタログ値は約10秒)で、10枚印刷するのにかかった印刷時間は約1分12秒(カタログ値は約1分)。いずれもカタログ値に近い好タイムだった

用紙の両面に印刷できる「両面印刷」や、1枚の用紙に2枚、もしくは4枚の割り付け印刷ができる「2in1コピー」「4in1コピー」など、用紙コストやインクコストを抑えられる機能も充実している

使い勝手4.3型タッチパネル搭載で操作がスムーズ 4.3型タッチ液晶で直感的な操作が可能!
便利機能も満載

最後は、「TR9530」の操作性や使い勝手をチェックしていこう。本体正面には、4.3型の大型液晶タッチパネルが搭載されており、直感的な操作が可能。実際に操作してみたが、メニュー画面がシンプルなうえ、画面上のアイコンがわかりやすく、フォントも大きく見やすかった。タッチ感度も申し分なく、プリントやコピーなどの各種作業をスムーズに行うことができた。

キヤノン「TR9530」

大型の4.3型液晶タッチパネルは表示が大きく見やすく、プリントからコピー、スキャンまでスムーズに操作できる。ユーザーインターフェイスもシンプルでわかりやすく、操作に迷うことはなかった

キヤノン「TR9530」

キヤノンの公式サイトから無料でダウンロードできる、パソコン用ポスター作成ソフト「PosterArtist Lite」もぜひ活用したい。約200種類ものチラシやポスターのテンプレートが収録されており、対応する業種も小売り、サービス、教育など幅広い。作成手順もわかりやすく、ものの数分で本格的なポスターやチラシを作成できた

「SDカードダイレクトプリント」に対応しており、SDメモリーカード内に保存した画像を直接プリントできるほか、CDやDVDなどのレーベル印刷にも対応するなど、機能性も十分だ

また、無料のスマートフォンアプリ「Canon PRINT Inkjet」(iOS/Android対応)を使って、スマートフォンやタブレット端末内に保存した写真や文書などを直接印刷できるのもうれしい。このほか、コミュニケーションアプリ「LINE」と連携して、トーク画面上に送信した写真をプリントできる「PIXUSトークプリント」や、音声認識AIの「Amazon Alexa」や「Google アシスタント」(2018年12月対応予定)に対応するなど、最新の機能を備えている。

キヤノン「TR9530」

メニュー画面下部の「ワイヤレスコネクトボタン」を3秒長押しすれば、Wi-Fiのセットアップが簡単に行える

キヤノン「TR9530」

無料アプリ「Canon PRINT Inkjet」(iOS/Android対応)をスマートフォンにダウンロードして、「TR9530」とWi-Fi接続すれば、スマートフォン内に保存した写真や資料、Webページなどをダイレクトに印刷できる

文章だけでなく、POPやチラシなどの制作物が多いビジネスシーンに最適な1台

文書をクッキリと鮮明に印刷するだけでなく、POPやポスター、チラシを印刷したり、コピーやスキャンを行ったりするなら、A3対応のインクジェット複合機がどうしても必要になる。ところが、これらすべてを満たす複合機は価格が高めでボディも大きめ。小規模な店舗やオフィスでは設置スペースが確保できないことも多い。「TR9530」は、A4プリンターと同等のコンパクトサイズでありながら、A3プリントに対応し、ADFも搭載。印刷コストを抑えられるので、安心して導入できる。こうした制作物をよく作る店舗経営者や個人事業主にとっては、魅力的な製品が登場したと言えそうだ。

キヤノンのプリンター キャッシュバック「冬の陣」開催中!

キヤノンでは、今回紹介した「TR9530」や「TS8230」「G3310」を購入し、応募すると最大5,000円分の「Visaギフトカード」がプレゼントされるキャンペーン、「キャッシュバック 冬の陣」を実施している。プリンター購入検討者はこの機会をお見逃しなく!

購入対象期間

2018年11月1日〜2019年1月15日

応募締切

2019年1月31日

キヤノンのプリンター キャッシュバック「冬の陣」開催中!

© Kakaku.com, Inc.