6万円台半ば!! 「AMD Ryzen 5」搭載の最安モデル※ 15.6型ノートPC「HP 15」の実用度 ※価格.com「ノートパソコン」カテゴリー、CPU「Ryzen 5」、液晶サイズ「15〜16インチ」にて検索。価格は64,584円(税込)、2018年11月21日時点

スペック「AMD Ryzen 5」をシリーズ初搭載。期待のパフォーマンスを探る

ゆったりとしたキーボードと見やすい大画面を備え、家庭のメインパソコンとして使用されることの多い15.6型液晶ディスプレイ搭載スタンダードノートPC。その中でも、日本HPの「HP 15」シリーズは、エントリーシリーズでありながら、バランスのよいスペックと価格が評価され、価格.com「ノートパソコン」カテゴリーの売れ筋ランキングの上位にたびたび登場する人気モデルとなっている。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

日本HPの「HP 15」シリーズ。エントリーモデルに位置付けられてはいるものの、今回注目した「HP 15-db0000 価格.com限定 メモリ8GB&Ryzen 5搭載モデル」は高い基本スペックを備えているのが魅力だ

そんな「HP 15」シリーズの最新モデルの中で特に注目したいのが、本シリーズで初めてCPUに「AMD Ryzen 5モバイル・プロセッサー」を搭載した「HP 15-db0000 価格.com限定 メモリ8GB&Ryzen 5搭載モデル」(以下、HP 15)だ。パソコンに搭載されるCPUといえば、インテル製が主流だが、2017年春に高性能と低価格を両立したCPU「AMD Ryzenモバイル・プロセッサー」がAMDから登場し、これを搭載したノートパソコンが徐々に市場に増えてきた。

「AMD Ryzenモバイル・プロセッサー」には、処理性能に応じて「AMD Ryzen 7/5/3」の3シリーズが用意されているが、本機が搭載しているのは、ミドルレンジの4コア/8スレッドCPU「AMD Ryzen 5 2500Uモバイル・プロセッサー」(2.0GHz-最大3.6GHz)。グラフィック性能に定評のある「Radeon」ブランドのGPU「Radeon Vega 8 Graphics」が内蔵されており、トータルでの処理性能の高さに期待が持てる。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

「AMD Ryzen 5」&「Radeon Vega 8 Graphics」搭載モデルの証しとして、「HP 15」にはロゴシールが貼付されている

また、「HP 15」は、8GB(DDR4-2400MHz)のメモリーと、256GB SSD(PCIe NVMe M.2)を搭載。6万円台(2018年11月21日時点)のパソコンとは思えないほど、基本スペックが充実している。なお、価格.com上において、本機は「AMD Ryzen 5」搭載15.6型スタンダードノートPCとして最も低価格なモデルとなっており、コストパフォーマンスの面でも注目に値する。

「AMD Ryzen 5」搭載「HP 15」のパフォーマンスをチェック

では、気になる「HP 15」のパフォーマンスをベンチマークテストでチェックしていこう。ここでは、CPU性能を確かめるために「CINEBENCH R15」を、グラフィック性能を確かめるために「3DMark」を用いた。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

最初にCPU「AMD Ryzen 5 2500Uモバイル・プロセッサー」とGPU「Radeon Vega 8 Graphics」の詳細を確認。「AMD Ryzen 5 2500Uモバイル・プロセッサー」は、4コア8スレッドで動作するTDP(熱設計電力)15Wの省電力CPUで、「Radeon Vega 8 Graphics」はCPU内蔵GPUでありながら512個ものシェーダーを備えていることがわかる

CPU性能
AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

まずは、CPU性能をチェックするため「CINEBENCH R15」を実行。マルチコアのスコアは「512cd」、シングルコアのスコアは「140cd」。TDP15Wの省電力CPUとしてはなかなか健闘している。市場の主流を占めるライバルCPUと互角に渡り合える性能が確認できた

グラフィック性能
AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

続いて、「3DMark」でグラフィック性能をテストしていこう。DirectX 11世代のゲームで遊ぶことを目的にした「Sky Diver」テストを実施してみたが、総合スコアは「4700」で、グラフィックスコアは「4652」という結果に。こちらもライバルCPUの内蔵GPUと同レベルのスコアである。負荷の大きな3Dゲームには向きそうにないが、カジュアルなゲームなら遊べそうだ

カジュアルなネットワークRPGは快適にプレイできるだろうか? 「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」と「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を実施してみた。それぞれフルHD(1920×1080)の標準のグラフィック品質で試してみたところ、どちらのゲームでも「普通」の評価を得た。「HP 15」はエントリーモデルのノートPCだが、カジュアルなネットワークRPGレベルであれば十分に遊べるだろう

この価格帯でNVMe PCIe SSDも搭載

このほか、ストレージの転送速度にも注目したい。本機が搭載するSSDは、SATA接続ではなく、NVMeを用いたPCIe接続の高速タイプ。OSやアプリの起動が速く、待たされる感じの少ない使用感は快適そのもの。エントリーモデルのノートPCとは思えない体験ができた。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

ストレージのデータ転送速度を計測するベンチマークプログラム「CrystalDiskMark」の結果は、シーケンシャルリード(Q32T1)が1779.2MB/s、シーケンシャルライトは810.6MB/s。一般的なSATA接続SSDの上限である 6Gbps(約600MB/s)を大きく上回る高速なデータ転送速度が確認できた

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

実際の使用感としても、OSやアプリの起動などが軽快で、待たされる感じがない。試しに、画像編集ソフト「Adobe Photoshop」をインストールして2000万画素クラスの高解像度写真を編集してみたが、読み込みに多少時間がかかるものの、編集はスムーズ。もちろん、フルHD動画の再生やWebブラウジング、文書作成といった日常的な用途で、レスポンスやパワー不足を感じる場面はなかった

デザインシンプルでスタイリッシュ。白さが映える「ピュアホワイト」のボディ

リビングルームや寝室など、さまざまな場所で使用するスタンダードノートPCには、インテリアに違和感なく溶け込めるデザイン性の高さを求めたいもの。その点、「HP 15」は清潔感のある「ピュアホワイト」で統一された、継ぎ目の少ないユニボディのため、スッキリとしたたたずまいでさまざまな雰囲気の部屋に合わせやすい。そのいっぽうで、天板には手触りがよくすべりにくい織物調のパターンが、キーボード周囲のパームレストにはヘアライン加工調のデザインが施されるなど、細部までしっかりと作り込まれている。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

「ピュアホワイト」でまとめられたボディは、継ぎ目や凹凸を最小限にしたユニボディ設計。シンプルかつ清潔感のある印象で、リビングルームや寝室など、さまざまなインテリアにマッチしそうだ

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

天板には手触りがよく、取り出したり片付けたりするときなどに手がすべりにくい織物調のパターンを、キーボード面のパームレストにはヘアライン加工調のデザインを採用。エントリーモデルとはいえ、細部までしっかりと作り込まれている

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

本体サイズは約377(幅)×247(奥行)×23(高さ)mm、重量は約2.0kg。従来モデル「HP 15-bw000」よりもややコンパクトなボディで、小脇に抱えながら家の中をラクに移動できた

心地よい打鍵感のキーボード

搭載するキーボードは、テンキーを備えた日本語105キーのアイソレーションタイプ。キーピッチとキーストロークを計測してみると、それぞれ約18.7mm、約1.5mmと、十分なゆとりと深さがあり、キーをタイプすると適度な反発が得られ、心地よくタイピングできた。また、ユニボディ設計はボディ剛性の確保にも貢献しており、強めに打鍵しても指の圧力をしっかりと受け止め、キーボードがたわまないので、安定した入力作業が行える。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

キーボードも清潔感のある「ピュアホワイト」で統一されており、スタイリッシュ。打鍵してみると適度な反発があり、軽快に打鍵できた。キーの打鍵感は好みが分かれるものだが、長時間の入力作業でも疲れにくいキーボードと言ってよさそうだ

利便性ディスプレイや外部インターフェイスも必要十分以上

スタンダードノートPCの主な用途として、写真や動画などのエンターテインメントコンテンツの鑑賞もあげられるだろう。その点、「HP 15」はどうか? まず液晶ディスプレイだが、画面サイズは15.6型、解像度はフルHD(1920×1080)。フルHDの動画コンテンツをドットバイドット(1画素を1ドットで表示)で表示できるのはもちろん、Windowsのデスクトップも十分に広く使える。また、使用していて便利だと感じたのは、非光沢のノングレア仕様であること。映画などの暗いシーンが映し出されたときも、画面に周囲が映り込むことがなく見やすいのだ。もちろん、ドキュメント作成や写真編集などで、長時間ディスプレイに向かって作業していても目が疲れるようなことはなかった。

また、サウンドを奏でるスピーカーは、キーボード奥に搭載されており、音がこもることなくダイレクトに伝わってきて、ステレオ感もある。内蔵スピーカーとして不足感はない。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

本機が搭載する液晶ディスプレイは、15.6型フルHD(1920×1080)。試しに、南国の海で撮影した写真を表示してみたが、少し霧がかかった空の陰影や、対岸の木々の緑の階調などがしっかりと描き出されていた。また、映り込みの少ない非光沢のノングレアパネルのため、長時間の作業でも目が疲れにくいと感じた

映像出力は「AMD FreeSync」対応

外部インターフェイスも十分。USBポートには高速なUSB 3.1 Gen1ポート×2、USB 2.0ポート×1を搭載するほか、映像出力用にはHDMIポートを装備。このほか、有線LANポート、SD/SDHC/SDXCに対応したメモリーカードスロットを備えている。特に、高速なデータ転送が行えるUSB3.1 Gen1ポートが2基使えるのがうれしいポイントだろう。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

使用頻度の高いUSBポートは、左側面にUSB 3.1 Gen1ポートを2基、右側面にUSB 2.0ポートを1基搭載。両側からUSBポートにアクセスできるのが便利だ。なお、有線LANポートやHDMI出力ポートは左側面、SDメモリーカードスロットは右側面に搭載される

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

右側面にはDVDスーパーマルチドライブも装備。音楽CDやDVDタイトルの再生はもちろん、DVD-Rなどの記録メディアにデータを書き出すことができる。メディア再生ソフト「Power Media Player」がプリインストールされているため、追加ソフトなしにDVDタイトルの再生が行えるのはありがたい

また、特筆すべきは、GPUに「AMD Radeon Vega 8」を搭載するため、「AMD FreeSync」に対応した映像出力が行えることだ。同じく「AMD FreeSync」に対応したディスプレイと接続すれば、描画負荷が高いためにフレームレートが刻一刻と変化してしまう3D映像を出力しても、ディスプレイのリフレッシュレートをリアルタイムで同期してくれるので、カクつきやチラつきが抑えられる。これは、「AMD Ryzen 5モバイル・プロセッサー」を搭載した本機ならではのメリットと言えるだろう。

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

ノートPCは単体で使うもの。そう思っている人は多いだろうが、外部ディスプレイと接続して2画面で使用すると使い勝手がアップする。ここでは、23.8型フルHD液晶ディスプレイ「HP 24fw」を接続し、出力してみたが、ドキュメントの作業効率が明らかに増した。なお「HP 24fw」は「AMD Freesync」に対応しており、「HP 15」との相性がよい

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

15.6型のため外出先に持ち出すことは少ないかもしれないが、内蔵バッテリーはカタログスペックで最大約8時間の長時間駆動。ちょっとした外出ならば十分なバッテリー駆動時間だ。また、今回のモデルからこれまで上位モデルのみに搭載されていた急速充電機能「HPファストチャージ」に対応したことも見逃せない。45分間で約50%まで充電ができるので、家の中で持ち運ぶ際にも意外に重宝する機能である

“あるとうれしい”の声多数。解説本「速効! HPパソコンナビ特別版」も付属

AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル AMD Ryzen 5&メモリー8GB搭載 HP 15-db0000 価格.com限定モデル

日本HPが行ったユーザーアンケートによると「付属していてうれしい」との声が多いのが、パソコン操作の解説本「速効! HPパソコンナビ特別版」だという。インターネットやプリンターの接続方法をはじめ、メールの基本設定やセキュリティ設定など、パソコン入門者が迷いやすい点が項目別に、実際の画面入りで詳細に解説されているので、この1冊があれば、パソコン初心者でもひとりでやりたいことが実現できるのだ。処理性能も使い勝手も十分なうえ、「至れり尽くせり」な解説サポートまで付いているところが、「HP 15」の隠れた人気の秘密である。

まとめ高コスパの“使える”スタンダードノートPC

高い処理性能とすぐれたコストパフォーマンスを実現し、ノートPC市場で存在感を高めつつあるCPU「AMD Ryzenモバイル・プロセッサー」。今回は、その中でもミドルレンジの「AMD Ryzen 5 2500Uモバイル・プロセッサー」(2.0GHz-最大3.6GHz)を搭載した「HP 15」をレビューしてきたが、その処理性能は日常使いにおいて十分にパワフルなものであることがわかった。

また、清潔感のあるシンプルなデザインや、非光沢のフルHD液晶、心地いい打鍵感のキーボード、必要十分な外部インターフェイスも装備しており、エントリーモデルのスタンダードノートPCとしての完成度は十分に高いと言えるだろう。そしてうれしいのは、今回紹介した「HP 15」は、「AMD Ryzen 5モバイル・プロセッサー」搭載の15.6型スタンダードノートPCの中で最安モデルであるということ。この冬、コストパフォーマンスにすぐれた“使える”ノートPCを探している人なら、本機を購入の選択肢に入れない手はないはずだ。

本体カラー ピュアホワイト
OS Windows 10 Home 64ビット(日本語版)
プロセッサー AMD Ryzen 5 2500Uモバイル・プロセッサー(2.0GHz-3.6GHz)
メインメモリー 8GB(DDR4-2400MHz)
ストレージ 256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
グラフィック AMD Radeon Vega 8 グラフィックス
ビデオメモリー メインメモリーと共有
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型フルHD(1920×1080)非光沢ディスプレイ
Webカメラ HP TrueVision HD Webcam(約92万画素)
ネットワーク 内蔵ギガビットLAN(10/100/1000)
無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth Ver.4.2
外部インターフェイス USB 3.1 Gen1ポート×2、USB 2.0ポート×1、HDMI出力ポート×1
SDメモリーカードスロット×1、ネットワークポート×1、ヘッドホン出力/マイク入力端子×1
ボディサイズ 約377(幅)×247(奥行)×23〜26(高さ)mm
重量 約2.0kg
バッテリー駆動時間 約8時間