森口将之 さんのプロフィール

プロフィールご利用案内
ホーム  > 森口将之 さんのプロフィール
  • プロフィール
  • クチコミ
  • レビュー
  • ピックアップリスト
  • 縁側

閲覧回数:66429

森口将之 さんのプロフィール プロフェッショナルレビュー

年齢: 50代 性別: 男性 血液型: AB型
職業: クリエーター系 出身地: 東京都 現住所: 東京都
趣味: PC・ネット、カメラ、旅行、クルマ、バイク、自転車、アート、読書、ペット
ホームページ: ブログ:THINK MOBILITY

フリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動車ジャーナリスト協会、日仏メディア交流協会、日本デザイン機構、日本福祉のまちづくり学会の各会員になっています。著書には「パリ流環境社会への挑戦」「富山から拡がる交通革命」「超小型モビリティのことが1日でよーくわかる本」などがあります。よろしくお願いします。

プロフェッショナルレビュー

自動車・バイク > 自動車(本体)

5シリーズ セダン 2017年モデル

第7世代となったBMW5シリーズのセダンに、横浜で行われた試乗会で乗りました。2L直列4気筒ガソリンターボエンジンを積む523i/530i、これにモーターを結合したプラグインハイブリッド車530e、同じ2L4気筒のディーゼルターボを搭載する523d、3L直列6気筒ターボの540iというラインナップの中から、523dラグジュアリーをドライブしました。 スタイリングは旧型と似ています。BMW伝統・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

CX-5 2017年モデル

2代目に進化したCX-5に、横浜で行われた試乗会で乗りました。2.5Lガソリンと2.2Lディーゼルターボの2つのエンジン、2WDと4WDがある駆動方式を合わせて報告します。 ボディサイズはXDプロアクティブで全長4545mm、全幅1840mm、全高1690mmで、旧型比で5mm長く、15mm低くなっただけです。しかしデザインは、細いヘットランプ、ラインに頼らないボディサイドなどによって、上質・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

C-HR ハイブリッド 2016年モデル

トヨタの新型SUV、C-HRのうち、販売面での主力にもなっているハイブリッド車に、横浜市で行われた試乗会で乗ってきました。主にドライブしたのはベースグレードのSです。 C-HRはホンダ・ヴェゼルの対抗馬として生まれたという声もありますが、ヴェゼルはフィット、C-HRはプリウスとプラットフォームを共有しており、厳密にはひとクラス上です。ボディサイズも全長4360mm、全幅1795mm、全高15・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

ムーヴキャンバス 2016年モデル

ムーヴキャンバスは、ムーヴと同等の全高を持ちながらリアドアをスライド式とし、後席のアレンジを絞り込む代わりに座面下に引き出しを用意するというパッケージングが特徴です。ダイハツによれば、近年は女性の晩婚化に伴い、親と同居する女性が多くなってきたそうで、ムーヴキャンバスはこうした親子同居世帯に向けた車種だということでした。 スタイリングは前後に長い印象で、無駄なプレスラインを持たない、プレーンな・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

アバルト 124 スパイダー 2016年モデル

マツダ・ロードスターをベースとして開発された日本製イタリア車、アバルト124スパイダーで、長野県白馬から東京までロングランする機会に恵まれました。このときは6速MTでしたが、その後、箱根で行われた試乗会で乗った6速AT車の印象も交えてお送りします。 エクステリアデザインは、ロードスターとは別物です。前後のオーバーハングを可能な限り切り詰め、灯火類も最小限にとどめたロードスターに対し、124ス・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

トゥインゴ 2016年モデル

スマートとの共同開発・生産になったことで、リアエンジン・リアドライブ(RR)方式に転換したルノー・トゥインゴの上級グレード、インテンス・キャンバストップに、東京で行われた試乗会で乗りました。5月にフランスでもドライブした経験があるので、その印象を織り交ぜながら報告します。 ボディサイズは全長3620mm、全幅1650mmと、軽自動車より少し大きいぐらいです。しかも全高は1545mmと高めなの・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

スマート フォーフォー 2016年モデル

2015年の東京モーターショーで日本でのデビューを果たした現行スマート・フォーフォーは、ルノー・トゥインゴとの共同開発車で、生産もルノーの工場で行われます。当初は1L直列3気筒自然吸気エンジンのみの搭載でしたが、8月に同じ3気筒の0.9Lターボが加わったので、千葉県で行われた試乗会でチェックしました。 ボディサイズは全長3550mm、全幅1665mm、全高1545mmで、他のフォーフォーと変・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

フォーツーカブリオ 2016年モデル

3代目となる現行スマートに8月に加わったカブリオに、千葉市で行われた試乗会で乗りました。フォーツーカブリオは、フォーツークーペ同様限定車であり、白、赤、黒、黄の4色のボディカラーそれぞれ50台が販売されます。ソフトトップの色はボディが赤/黄の場合は黒、白/黒の場合は赤です。 ボディサイズはフォーツークーペとほぼ同じで、フロントマスクやドア、ウインドスクリーンはクーペと共通です。ソフトトップの・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

セレナ 2016年モデル

プロパイロットと呼ばれる運転支援システムが話題の5代目セレナに、横浜市で行われた試乗会で乗りました。従来どおり、標準車とハイウェイスターの2つのシリーズがあり、発売後1か月の受注状況ではハイウェイスターが約75%を占めますが、ここでは標準車の最上級グレードG 2WDの印象を書きます。 プラットフォームが旧型と共通であることに加え、このクラスのミニバンは5ナンバー枠にこだわることが特徴であり、・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

パッソ 2016年モデル

千葉県で行われた試乗会で、X・Gパッケージ2WDに乗りました。パッソは従来からダイハツ・ブーンの兄弟車でしたが、新型はダイハツが開発・生産を行うことになり、パッソはOEM供給車という位置付けになっています。 新型パッソのボディサイズは全長3650mm、全幅1665mm、全高1525mmと、旧型とほぼ同じですが、ホイールベースが50mm長くなったうえに、丸みを帯びた旧型と比べると台形に近づいて・・・

レビューの続きを読む

レビューをすべて見る

このページの先頭へ