多賀一晃 さんのプロフィール

プロフィールご利用案内
ホーム  > 多賀一晃 さんのプロフィール
  • プロフィール
  • クチコミ
  • レビュー
  • ピックアップリスト
  • 縁側

閲覧回数:10784

多賀一晃 さんのプロフィール プロフェッショナルレビュー

年齢: 50代 性別: 男性 血液型: B型
職業: その他 出身地: 山口県 現住所: 東京都
趣味: スポーツ、スポーツ観戦、旅行、アウトドア、自転車、料理、グルメ、お酒、映画鑑賞、音楽鑑賞、アート、読書、マンガ
ホームページ: 生活家電.com

家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

■主なメディア:
・生活家電.com
・フリーペーパー「スマート家電グランプリ」

プロフェッショナルレビュー

家電 > 加湿器

FE-KXR07-W [ミスティホワイト]

ノーヒーター気化式。オーソドックスな作りで、気化式加湿機の良いところ、悪いところが、そのままでている。 【デザイン】 横から見るとほぼ正方形。それなりに安定性が感じられ、床置き、台置きでも様になる。表面は水のさざ波を模したデザインが施されている。こちらの方は、シンプルではあるが、飽きがくるかも知れない。もう少し簡素でもよかったのでは。 【加湿能力】 お急ぎモードで、最大800mL/・・・

レビューの続きを読む

家電 > 加湿器

EE-RN50

加湿機には、スチーム式、気化式、ハイブリッド(気化式+ファン)式、超音波式といろいろな方式があります。内、水蒸気で部屋を潤すのは前の3つ。超音波式はミスト(霧)で部屋を潤します。日本の加湿機の最高峰は、ストーブの上のやかんでしょうね(*^O^*)。ゆっくり煮たっていき、それに連れて湯気を出し、部屋を潤します。しかし、昨今の日本の家は密閉性が高く、北欧の家とほぼ同レベル。煙突を出さないと、一酸化炭素・・・

レビューの続きを読む

家電 > 加湿器

HV-H75-W [プレミアムホワイト]

種類はハイブリッド型。シャープらしい、加湿機にも、プラズマクラスターイオン発生機としても使える仕様になっている。目玉機能は、給水がやかんで、すこぶる楽なこと。シャープから2週間貸しだしてもらいテストチェックを行った。 【デザイン】 白い方台形のデザインは、いかにもシャープらしい。これに「プラズマクラスター」のロゴマークが入るのでなおさらである。シンプルなため、表面光沢で質感を出そうとしてい・・・

レビューの続きを読む

家電 > 炊飯器

GRAND X THE炊きたて JPG-X100

「GRAND X THE炊きたて JPG-X100」の最大の特徴は、やはり内釜が「土鍋」ということ。土鍋は発熱性、保温性がよく、お米を炊いても美味。料亭などでも人気だ。しかし、その熱量の高さで焦げやすい性質を持つ。お米の甘みは、その熱量がもたらすのだが、嫌う人はいると思う。これを、土鍋だから自然ことと考えるか、否かで、この製品の評価は変わってくる。ただ、タイガーは火加減を、弱、普通、強の3つに変え・・・

レビューの続きを読む

家電 > 炊飯器

Wおどり炊き SR-VSX108-K [ブラック]

パナソニックがこだわっているのは、米を踊らせること。「おどり炊き」というペットネームが付いているので、それはそうなのですが、私は、このモデル、「いい『炊飯プログラム』をものにしたな」というのが率直な感想です。このため、いままでの良さはそのままに、味がワンランク上がっています。スゴく魅力的なモデルになっています。 【デザイン】 お櫃を意識したデザイン。天面の造形が上手く、オーソドックスな中に・・・

レビューの続きを読む

家電 > 炊飯器

炎舞炊き NW-KA10-BZ [黒漆]

象印の製品は、時々行き過ぎと評する方が、イイ場合がある。炎舞炊き「NW-KA10-BZ」の前のモデル、南部鉄器「極め羽釜」もそうだった。内釜に凝るのはイイのだが、南部鉄器を用いたため、ひどく重い。味がよくても、毎日使うには尻込みしてしまう。そんな製品でした。このため、3.5合以外はお勧めできなかったほどです。 が、「炎舞炊き」は違う。扱いやすく、しかも美味い。野球だと、攻守揃った名人になっている・・・

レビューの続きを読む

家電 > ミシン

MS-2000

思わず、マンガのタイトルのようなタイトルを付けてしまったが、それが実直な想いだ。刺繍縫いなどの特殊機能はない(アップリケ縫いはあります!)が、ミシンに要求される、「思った通り」「確実に」縫うということに特化したミシンだ。言うなれば、基礎をみっちり覚え込ませたミシンと言ってもいいだろう。そのミシン、ブラザーのMS-2000を今回、メーカーより借りてテストしてみた。 ミシンという道具は、下糸をボ・・・

レビューの続きを読む

家電 > IH クッキングヒーター

KZ-CX1

パナソニック KZ-CX1は、カテゴリーはIHクッキングヒーターに分類されているが、発想はホットプレートだ。ホットプレートは通常シーズヒーターで250℃までを保証しているが、下からガスで炙る本物の鉄板焼きには敵わない。火力を強くするという発想で、電気最強のIHヒーターになったのではないだろうか? と言うモノの、これは別の意味で、大きな、大きなポテンシャルを秘めている。 見てお分かりの通り、デ・・・

レビューの続きを読む

家電 > ホットプレート

これ1台 CRV-G300

【デザイン】ホットプレートは、プレートから自家箸で食べるので、デザインはとても重要だ。私が違和感を覚えたのは、銀縁。私の「鉄板焼き」のイメージとは異なるのだ。鉄板焼きは、「広々」「熱々」と言うイメージと共に、「ジュウジュウ」と言った音を思い起こすなど、いろいろなイメージが、ガツンとあふれ出す感じ。しかしこの、これ一台は、どちらかというと繊細。女性的。これを許容するか、否かで、評価は大きく分かれる。・・・

レビューの続きを読む

家電 > ホットプレート

やきやき EA-GV35

一番最初に感じたのは、「鉄板焼きらしさ」です。 黒一色と感じられる色彩、プレートの無骨なデザインは、老舗の鉄板焼き屋を彷彿とさせます。鉄板焼きは、焼きたてを食べるので美味しいモノですが、プレートから直に取るところは、他の調理家電とは一線を画すところです。 シーズヒーターで鉄板を温める、よくある方法のホットプレートです。温度制御は、140℃から250℃。お好み焼きは、200℃メイン、焼肉は肉・・・

レビューの続きを読む

レビューをすべて見る

このページの先頭へ