固定電話料金比較

ホーム > プロバイダ > 固定電話料金比較
Twitterでつぶやく

固定電話料金比較

通話料金は?サービス内容は?

いまやスマホ・携帯電話が普及し、固定の電話から通話することが少なくなりましたが、通話料金をみるとまだまだ固定電話がオトクです。固定電話の種類は、いわゆる一般的な電話である一般加入電話(NTT固定電話)の他に、おとくラインなどの直収電話、インターネットの回線を利用する光電話や050IP電話などのIP電話があります。

固定電話のサービス比較

光電話 050IP電話 NTT一般電話 おとくライン
基本料金 540円〜
NTT東日本「ひかり電話」の場合
0円〜
ソフトバンク「BBフォン」の場合
1,836円〜 1,620円〜
利用条件 光回線を利用するためネット回線が光回線である必要がある ネット回線を利用するためネット回線が必要である なし なし
メリット
  • 基本通話料が安い
  • 市外局番が使える
  • ひかり電話同士は全国一律で3分8.64円
  • 施設設置負担金(38,880円)がない
  • 基本通話料は0円のものが多い
  • 遠方にかけても同じ通話料
  • 同じIP電話同士は通話料無料
  • 施設設置負担金(38,880円)がない
  • 市外局番が使える
  • 停電のときでも利用できる
  • 市外局番が使える
  • 施設設置負担金(38,880円)がない
デメリット
  • 停電時に使用できない
  • 「114」など、一部かけられない番号がある
  • 市外局番が使えない
  • 停電時に使用できない
  • 「110」「119」など、一部かけられない番号がある
  • 他と比較して料金が高い
  • 遠方への通話は通話料が高くなる
  • 施設設置負担金(38,880円)がかかる
  • 使えるADSLが限られている
  • NTTで使っていたサービスが一部利用できない場合がある
タイプ IP電話 IP電話 NTT加入電話 直収電話

※月額基本料にはアダプタ等のレンタル費用は含まれていません。また、NTT一般電話、おとくラインの月額基本料は3級取扱所の場合の料金です

くわしい違いを知りたい方はこちら

通話料金のシミュレーション 3分かけた場合の料金

光電話 NTT一般電話 スマホ・携帯電話

NTT東日本「ひかり電話」の場合
(「安心プラン」「もっと安心プラン」に
含まれる通話料)

平日の午前8時〜午後7時の場合

NTTドコモ「タイプXiにねん」プランの場合
市内間通話
※加入電話への通話
8.64円〜 9.18円〜 129.6円〜
県内市外への通話
※加入電話への通話
※20km〜60kmの場合
8.64円〜 21.6円〜 129.6円〜
県外への通話
※加入電話への通話
※100km〜の場合
8.64円〜 86.4円〜 129.6円〜
アメリカへの通話
※ハワイを除く
27円〜 160円〜 204円〜
※平日の午前8時〜午後7時の場合
NTTドコモの携帯
への通話
51.84円〜
※グループ 1-Aの場合
51.84円〜 129.6円〜
※Xiトーク加入時を除く

※2014年4月1日調査時点での料金となります

光電話は施設設置費用(約38,880円)がかからず、NTT一般電話、スマホ・携帯電話よりも通話料を大幅に抑えることができます!インターネットの割引額も大きいため、料金を安くすませたい方は光電話がおトク!

光電話が使えるネット回線の申込をお考えの方は、価格.comからのお申し込みがおトクです!

光電話+光回線+プロバイダのセット料金比較

価格.comならオプション加入なしでも最大円キャッシュバック!

  • お住まいのエリアを選択
     
  • お住まいのタイプを選択

検索結果  東京都/戸建て

関連サービス

新生活をはじめるならフレッツ光でおトクにスタート!
フレッツ光 引越し新生活に「フレッツ光」特集
海外でインターネット使い放題!海外旅行に便利な海外Wi-Fiレンタル!
海外Wi-Fi|海外用Wi-Fiのレンタル比較
auスマートフォンの料金が毎月大幅割引!
auスマートバリュー
SoftBankスマートフォンユーザー限定!毎月の利用料金が安くなる!
ホワイトBB加入でスマホBB割