薬事法改正で、どう変わる? ネット通販(販売)での、薬の買い方・付き合い方。

ホーム  > ビューティー・ヘルス  > 医薬品  > ネット通販での、薬の買い方・付き合い方。

薬事法改正で、どう変わる?インターネットでの、薬の買い方・付き合い方。

2014年6月12日の改正薬事法施行によって、すべての一般用医薬品のインターネット販売が可能になりました。インターネットで医薬品を購入する時に注意する点を、このコンテンツではお伝えします。

文責:熊谷信(薬剤師)

「薬をインターネットで買える」というのはどういうことなのか。

病気の予防や治療に使う「医薬品」。忙しかったり、体調が悪かったりと理由があって店舗へ買いに行けないような時に、通販で買えるのはとても便利ですね。しかし、時に医薬品は副作用など思わぬ影響を生むことも。便利になる一方で、気を付けなければならないこともあるのです。

インターネットで薬を買えるメリット

  • 店舗がない地域の人でも買いやすい
  • 仕事などで実店舗に行けない人も買いやすい
  • 他人に言いづらい薬でも買いやすい
  • 近くの店舗にない、入手の難しい薬も手に入る

インターネットで薬を買う時の注意点

  • すべての薬をインターネットで買えるわけではない
  • 偏った情報で薬を判断してしまう可能性がある
  • 情報の見極め、サイトの見極めが難しい
  • 個人情報、購入履歴などの取り扱いがきちんとしていないお店もある

インターネットで薬を買うときに押さえておくべきことは?

インターネット上には医薬品を販売するサイトがたくさんあり、それだけたくさんの情報が存在しています。書かれていることをそのままうのみにするのではなく、真偽を判断するための知識を持つことが大切です。

医薬品をインターネットで買うときに覚えておきたいこと。
医薬品をインターネットで買う時に、薬局などで購入する時よりも少しだけ注意しなければならないことがあります。医薬品を安全に、安心して購入するためのポイントをご紹介。
その疑問に、薬剤師がこたえます 薬のインターネット購入Q&A。
「飲み合わせは考えてもらえるの?」「万が一副作用が出たらどうすればいいの?」インターネットで薬を購入したいけど、ちょっと不安という方へ。その疑問に薬剤師が答えます。
文責:熊谷信(薬剤師)
1973年長野県生まれ。信州大学経済学部、東邦大学薬学部卒。著書に「ササっと分かる登録販売者テキスト 史上最強のバイブル」(2010年)株式会社ファルマ総合研究所代表取締役。ららくま薬局(長野県諏訪市)管理薬剤師。

このページの先頭へ