価格.com

ビューティー・ヘルス

セルフメディケーション税制

よく分かる!知っているとお得になるセルフメディケーション税制。正しい知識で節税対策

セルフメディケーションとは、一般用医薬品を使ってかぜや病気の事前予防・治療など、セルフケアをすることです。日本では、こうした取り組みに対して所得控除という形で税制優遇する「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が2017年1月に始まりました。

セルフメディケーション税制について

セルフメディケーション税制は、ドラッグストアやネット通販で一般用医薬品を購入し、自分で病気の治療や予防に取り組むことで、確定申告をすると購入金額相当の所得控除が受けられる仕組みです。一般用医薬品の中でも医療用から一般用医薬品に転用され、かつ厚生労働省が認めた商品が対象となります。

対象商品の目印は?

セルフメディケーション対象の多くは、業界団体が定めたマークをパッケージなどで確認できます。所得控除は、2017年1月から2021年までの暫定措置となっています。

医療費控除との違いは?

セルフメディケーション税制は、従来の医療費控除の特例措置として認められている制度です。確定申告の際は、セルフメディケーション税制か医療控除のどちらかを選ぶことになります。医療費控除との違いは以下のとおりで、大きく異なるのは最低自己負担額と控除限度額の大きさです。「医療費控除を受けるほど病院には行かないけど、一般用医薬品で治療することは多い」という方にピッタリの仕組みといえます。

セルフメディケーション税制と医療費控除の違い

セルフメディケーション税制と医療費控除の違い

対象になる人・金額について

所得控除できるのは、自分を含む「生計を一にする」家族、親族が購入した一般用医薬品の購入金額分です。控除できる金額には決まりがあり、上限は8万8000円となっています。一方で下限額も定められており、購入金額が1万2000円以下の場合は控除できず、税負担を減らせません。
つまり、一般用医薬品の1年間の購入金額から下限額の1万2000円を差し引いた分が8万8000円以内であれば、すべて所得から控除して節税できます。下限額は、誰でも同じ金額です。
また、セルフメディケーション税制を利用するには「健康の維持・増進および疾病の予防への取り組みとして一定の取り組みをしている個人」という条件がつきます。一定の取り組みには会社の定期健康診断や予防接種、がん検診などが該当し、自費での健康診断などは対象になりません。

具体的に知りたいメリット・効果

セルフメディケーションやセルフメディケーション税制で得られる効果・メリットは主に以下の3つです。

  • 1)健康習慣が身に付く

    セルフメディケーションを実践することで、自分の健康や体調の変化に注意深くなり、体調が悪化して病気になる前に対策をとることができます。健康管理のための健康診査や予防接種が習慣になることで、大きな病気を未然に防げる可能性も高くなります。

  • 2)時間・医療費を節約できる

    体調不良が長引いたり、悪化してしまったりした場合は、病院で適切な診断や治療を受けなければならず、時間や費用がかかります。しかし、普段から体調に関心を持ち、悪いと感じたら一般用医薬品ですぐに対応できれば、医療機関にかかる手間もコストも省くことができます。

  • 3)所得控除で税負担が減る

    一般用医薬品を購入することで、セルフメディケーション税制を使って、確定申告の際に購入金額分の所得控除を受けられます。所得控除は、所得税や住民税を計算するもとになる所得から一定金額を差し引くことができる仕組みです。一般用医薬品をたくさん購入するほど、所得控除によって課税対象となる所得が少なくなるため、節税につながります。

セルフメディケーション節税シュミレーション

セルフメディケーション税制を活用した場合の、節税できる金額についてシミュレーションしましょう。

シミュレーション条件

4人家族で課税対象の所得が年間400万円、かぜや皮膚炎症などの薬を1人あたり年間1万円分購入するという例で計算します。まず、一般用医薬品の購入金額4万円から下限額の1万2000円を差し引きます。

一般紙反訳の購入費用(1年間)-最低自己負担額=所得控除額

年間の課税対象所得から28,000円を控除し、所得税と住民税を計算すると、それぞれ79万4400円、39万7200円で、合計119万1600円となります。
2万8000円分の所得控除がない場合は、所得税が80万円、住民税が40万円で計120万円となるため、120万円から119万1600円を差し引いた8400円が節税額となります。
これはあくまでも一例です。確定申告で実際にどの程度の節税効果が出るかは、個人によって違います。

セルフメディケーション税制の節税メリット

セルフメディケーション税制の節税メリット

どうやって使えばいい?よく分かる取り組み方法・確定申告の方法

セルフメディケーション税制が適用されるために、必要な対応は以下のとおりです。確定申告の際には、予防接種や定期健康診断などを受けたことを証明する領収書や結果通知書、一般用医薬品を購入したことがわかるレシートなども一緒に提出します。領収書やレシートは原本で提出しますが、結果通知書はコピーで代用してもかまいません。
このほか必要な書類は、一般的な確定申告の場合と同じです。勤務先から発行される源泉徴収票、生命保険料の控除証明書なども揃えておく必要があります。

確定申告の流れ

インターネット通販で購入するときの注意点

ネット通販でセルフメディケーション税制対応の一般用医薬品を購入した場合は、領収書などがきちんと同梱されているか、確認しましょう。厚生労働省は、自宅のプリンターで印刷した領収書などを原本として認めていません。プリントアウトしたものを添付しても確定申告のときに受け付けてくれない可能性があります。

同梱されていなくても、販売業者に連絡すれば、きちんとした領収書を郵送してもらえます。ネット通販で頻繁に一般用医薬品を買っている場合などは、まとまった枚数になる可能性が高いので、確定申告のときに慌てないよう忘れないうちに連絡し、領収書を郵送してもらいましょう。

監修:NPO法人
セルフメディケーション推進協議会 専務理事 村田正弘

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止