価格.com 旬のお買物情報 3月号

価格.com 旬のお買物情報
2017年3月号

ようやく雪も解け、暖かい風が吹き始める3月。卒業・入学や会社の異動などで、世間がにぎわい出すころですね。引越しが決まって大忙しな方も多いのでは? ギフトや転機のため何かと出費のかさむこの時期、お財布のひもは賢くゆるめて。

3月の「季節のお買物」先取り情報!

転勤や入学が決まり、単身者が動く時期。家電購入はお早めに!

暖かさが増し、人が活動的になるこの時期は、転勤や入学・就職で単身者の動きがもっとも激しい時期でもあります。この時期、賢く買い物をしたいなら、早め早めの検討・行動を心がけるといいでしょう。

冷蔵庫(単身者用)

冷蔵庫の一番の需要期は、暑くなってくる7〜8月ですが、その次に来る需要期が新生活・引越しシーズンの3月。新モデルでも発売から半年程度が過ぎていることが多いので、販売価格もある程度落ち着いていますが、需要が高まる時期だけに一時的に販売価格がやや高まる傾向があるので、おトクに買うなら価格推移を気にしながら、値上がりする前に購入するのがいいでしょう。冷蔵庫は1年中通電しておく家電製品だけに消費電力や省エネ性が選ぶ際の大きなポイントになりますが、単身者向けの小〜中容量の冷蔵庫の場合、庫内の使い勝手もよく確認しておく必要があります。たとえば、週末の買い置きや冷凍食品などを多用する場合は冷凍庫の容量が大きいほうがいいですし、飲み物などを多く入れたい場合は、冷蔵庫のドアが2段ポケットになっているかどうか、2段ともペットボトルなどが収納できるかどうかといった点もチェックしたいですね。(家電製品総合アドバイザー鎌田 剛)

  • ※過去2年間の冷蔵庫カテゴリのアクセス数推移

冷蔵庫(単身者用)を選ぶポイント

衣食住のうち、「食」の部分を担う重要なアイテム。当然、使う頻度も多いですから、あまり料理をしないという方でもある程度の大きさを選んだほうがいいでしょう。

point!
  • 容量は単身者でもある程度大きなものを
  • 冷凍室の大きさを重視して

容量は単身者でもある程度大きなものを。また、冷凍室の大きさを重視して

自炊派はもちろん、料理をしない人でもお弁当や飲み物を保存する必要があります。単身者でも容量は150Lほどあると安心です。また、意外と知られていないのが冷凍庫の重要性。冷凍食品などの保存で活用するため、最低でも40L以上あるものを選んで。

130〜140L
(冷凍庫40L以上)

普段外食が中心という人でも飲み物などは保存するでしょうし、冷凍食品などを買いためておくと、出費がかさんで食費に余裕がないときには助かるものです。

140〜150L
(冷凍庫40L以上)

外食をしたり、家でコンビニ弁当やスーパーのおそうざいを買って食べたりもするという人は、150L程度のサイズを購入すればちょうどいいでしょう。

150〜170L
(冷凍庫40L以上)

頻繁に自炊をする方や、作り置きを保存しておきたい方などには150〜170L程度のサイズがおすすめ。設置スペースが確保できるか確認しましょう。

洗濯機(単身者用)

洗濯機は、1年を通してコンスタントに売れ続ける製品ですが、やはり新生活・引越しシーズンの3月は需要期となるため、一時的な値上がりが起こる可能性が高いです。洗濯機の発売タイミングは、秋から冬にかけての年末期が中心ですが、もうひとつ5〜7月くらいの初夏の季節にも一部モデルは発売されるので、価格的に安い製品を狙うなら、底値に近づいている夏発売モデルを狙うのがいいでしょう。単身者用の洗濯機であれば、大型のドラム式ではなく、洗濯容量7kg以下の縦型洗濯機のほうが使いやすいです。縦型というと、乾燥はできないと思いがちですが、実は縦型でも乾燥機能を搭載したモデルはあります。部屋干しが多くなりそうであれば、こうした乾燥機能、あるいは簡易乾燥機能を搭載したモデルを選ぶといいでしょう。注意したいポイントは静音性。メーカーや製品によって差が出やすい部分だけに、気をつけたいところです。(家電製品総合アドバイザー鎌田 剛)

  • ※過去2年間の洗濯機カテゴリのアクセス数推移

洗濯機(単身者用)を選ぶポイント

単身者の洗濯物はあまり多くありませんから、小型なもので十分です。代わりに乾燥機能などを充実させれば、貴重な時間をほかのことに費やせます。

point!
  • 大事なのは適切なサイズ選びと、静音性
  • 乾燥機能がついていると便利

大事なのは適切なサイズ選びと、静音性

洗濯容量は5kgもあれば、週末しか洗濯しない方でもこと足ります。また、単身者の方は集合住宅に住むパターンが多いので、静音性には注意が必要です。騒音レベルが45db程度に抑えられると、深夜さえ避ければあまり気を使わずに洗濯できるでしょう。

騒音レベル〜39dB
(洗濯容量5〜7kg)

具体的には、深夜の市街地や、図書館などが挙げられます。洗濯機としては、非常に静かなほうであるといえますが、その分価格が高くなります。

騒音レベル40〜45dB
(洗濯容量5〜7kg)

静かな事務所や、換気扇の音を1m以内の距離で聞いたときの音が挙げられます。やや大きく聞こえますが、通常の会話は可能なレベルです。

騒音レベル45dB〜
(洗濯容量5〜7kg)

たとえば、60dbの音はトイレを流したときくらいの音量と言われます。かなり大きめな音だといえるでしょう。夜に洗濯をする予定の方は注意が必要です。

乾燥機能がついていると便利

洗濯物を干す時間が短縮できることを考えると、乾燥機能つきの洗濯機はとても魅力的です。完全な乾燥機能を持つ洗濯機は価格が高くなりますが、簡易乾燥機能程度であれば、機能のついていない洗濯機とほぼ変わらない価格帯になってきています。

簡易乾燥機能つき

送風で簡単に乾燥してくれます。ものによってはこれだけで十分乾いてくれますが、吸水性の高いものは干す必要があります。

乾燥機能つき

洗濯から乾燥まで、すべて自動で行ってくれます。干す手間を完全にカットしてくれるのでラクですが、シワがつきやすい欠点も。

電子レンジ

電子レンジも、1年を通してコンスタントに売れ続ける製品ですが、食品を温める機会が増える冬のほうが、どちらかといえば、夏よりも需要は高めといえます。そういう意味では、徐々に暖かくなってくる3月以降はやや電子レンジの需要が弱まってくる時期であり、新モデルの発売も初夏の6〜7月に控えていることから、これからの3〜5月くらいの時期にかけては電子レンジの買い時の季節ともいえるでしょう。売れ筋なのは、マルチに使えるスチームオーブン搭載機。100度以上の高温のスチームで焼くため、余分な脂や塩分を流すとともに、食品の表面がパリッと焼き上がるなど、健康面でもおいしさの面でも非常に使える機能です。安いものでは3万円程度から購入できるものもあるので、料理などにフル活用したい人はこうしたものを狙うのが◎。ただ、本体のサイズが大きくなることが多いので、置き場所をよく確認しておきましょう。(家電製品総合アドバイザー鎌田 剛)

  • ※過去2年間の電子レンジ・オーブンレンジカテゴリのアクセス数推移

電子レンジを選ぶポイント

食品を温めるだけでなく、過熱水蒸気などで調理もできるようになった電子レンジ・オーブンレンジ。ひとつで何種類もの調理方法をカバーします。中でも「必ず欲しい機能」をいくつか押さえて。

point!
  • 多彩な機能で自炊の幅が広がる

多彩な機能で自炊の幅が広がる

最低限の温め機能のみで探せばその分安く済ませられますが、電子オーブンレンジであれば、トーストを焼くのにも使えて便利ですよ。料理好きな人なら、スチーム機能やノンフライ機能を検討してもいいでしょう。

電子オーブンレンジ

オーブン機能は最低限押さえたい機能です。電子レンジとトースターを別々に購入するのは、合計金額は安くなる可能性がありますが、スペースを取ってしまいます。

過熱水蒸気

100度以上に加熱した水蒸気で焼く(調理する)機能で、減脂やカロリーオフなどが期待できます。しかし、本当に料理が好きな人でなければコストに見合わないでしょう。

ノンフライ機能

食材に含まれている脂質を最大限に利用し、油なしで揚げ物を作れます。過熱水蒸気と同じく、ヘルシーな料理を作れますが、料理好きでなければ使わない可能性も。

薄型テレビ(単身者用、またはセカンドテレビ)

液晶テレビの新モデルは、10〜11月くらいの年末に発売されるケースと、4〜6月くらいの初夏に発売されるケースの2パターンがありますが、とりわけ単身者用の小型モデルに関しては、4〜6月の初夏に発売されるケースが多いです。ということで、製品の販売価格はかなりこなれてきていますが、新生活・引越しシーズンの需要期に当たる3月は、一時的に価格が高くなることもあり得えます。需要期を過ぎた4月以降になると、モデルチェンジ前の在庫整理のため一層の価格下落も期待できるので、4月まで待って購入するというのもひとつの手ですが、30インチ以下の小型テレビは下げ幅がさほど大きくないため、3月中に購入してしまっても問題ありません。小型の液晶テレビにも、最近では外付けUSB HDDへの録画機能を搭載したモデルも多いです。見て消すというようなスタイルなら、別途レコーダーを購入する必要もなく、スペースも取らないので、単身者などは重宝するはず。(家電製品総合アドバイザー鎌田 剛)

  • ※過去2年間の薄型テレビカテゴリのアクセス数推移

薄型テレビ(セカンドテレビ)を選ぶポイント

ベッドのそばに置いて視聴するなら小型のもの、6畳未満の部屋で視聴するなら32インチ程度のもの、6〜8畳の部屋で視聴するなら42インチ。といったように、目的と部屋の広さから最適なテレビを選びましょう。

point!
  • コストパフォーマンスを考えるならある程度以上のサイズを

コストパフォーマンスを考えるならある程度以上のサイズを

薄型テレビは年々進化を遂げています。同じボディサイズでも画面の大きさが変わることもあります。値段も考慮に入れつつ、想定しているよりも大きめなモデルを購入してもいいでしょう。

〜19インチ

薄型テレビとしてはかなり小さなサイズです。非常に価格が安い機種が多いですが、画質が低かったり、外部機器との接続性が十分でなかったりする場合があります。よく確認を。

20〜24インチ

セカンドテレビとしてしっくりきやすいサイズではありますが、もう1万円程度予算を上げて、豊富な選択肢の中から選んでもいいかもしれません。

25〜32インチ

セカンドテレビとしてはやや大きめに感じるかもしれませんが、大手メーカーが意欲的に発売しており、安定した機能・画質のものが手に入りやすいサイズです。

33〜42インチ

このあたりから価格が大きく上がり始めます。とはいっても10万円を切るモデルが多いので、予算や置くスペースに余裕があれば、選択肢に入れてよいでしょう。

家電製品総合アドバイザー 鎌田 剛 (価格.com)
家電製品のみならず、市場全体の動向などにも精通する価格.comのご意見番的存在。

鎌田 剛

3月の注目カテゴリ!

引越し

新生活が始まるこの季節。引越しの準備はできていますか? 引越し業者の選び方や、必要な手続きも確認しておきたいですね。

一括見積もり

一括見積もり

【価格.com 引越し】なら、一括見積もりで簡単に一番安い引越し業者が見つかります。引越しに役立つ情報も満載です。

印鑑

進学や就職で部屋を借りたり、銀行などで口座を開設したりする際に必要となります。節目のタイミングで作っておくと安心。

実印

実印

一人暮らしや車の購入の契約の際に必要な実印。一生ものなので、本人が気に入るデザインのものを選ぶのがいいでしょう。

デジタルフォトフレーム

3月は送別シーズン。送別ギフト選びに頭を悩ませていませんか? 人気の送別ギフトといえば、思い出が色あせないこんなアイテム。

KEIAN KDPF1022F

KEIAN KDPF1022F

写真だけでなく、音楽や動画を楽しむこともできる10インチのフォトフレーム。自動電源オン/オフ機能を搭載しています。

3月の特集記事

ホワイトデーの人気プレゼントランキング2017

ホワイトデーまであと数日。バレンタインのお返しは準備しましたか? ホワイトデーのプレゼントで喜ばれるプレゼントやスイーツ・お菓子を各世代の女性がご紹介! ホワイトデーの由来やアンケートからリアルな成功談・失敗談まであわせてお届けします。

ホワイトデー特集2017 コンテンツ

ホワイトデープレゼント特集2017

3月に旬を迎える食材

和食の引き立て役に欠かせない「わさび」が、春先だけは主役に?

和食に欠かせない薬味「わさび」。そのツンとした風味で旬の食材を引き立てますが、もちろんわさび自体にも旬は存在します。根わさび独特の風味を楽しみたいならば晩秋から厳寒にかけてが旬ですが、春になると伸び伸びと育った茎わさびや葉わさび、花わさびがおいしく食べられるようになります。薬味としてではなく、わさびそのものを楽しむのです。

茎わさび

旬:3〜5月
主な産地:長野、静岡、岩手

根わさびと同じようにツンとくる辛みが魅力で、そのままおひたしなどにしてポリポリと食べることができます。

葉わさび

旬:3〜5月
主な産地:長野、静岡、岩手

そのまま食べてもあまり辛みはありませんが、もむ・たたくなどして「怒らせる」ことにより根わさびと同じ辛みが生まれます。

花わさび

旬:3〜5月
主な産地:長野、静岡、岩手

わさびの花がほころぶ前の、ふっくりと膨らんだつぼみの状態。辛みと合わせて、その歯ごたえも楽しみます。

バフンウニ

バフンウニ

旬:3〜5月
主な産地:北海道

鮮やかなオレンジ色の身から「赤うに」とも呼ばれる高級食材。濃厚で甘みが強いのが特徴です。

マンゴスチン

マンゴスチン

旬:3〜9月
主な産地:タイ

果物の女王と名高いフルーツ。最高潮は5月ですが、3月から甘酸っぱくておいしいマンゴスチンが楽しめます。

数の子

数の子

旬:3〜4月
主な産地:北海道

お正月の食材として有名な数の子。実は一番おいしいのは3月だってご存じでしたか? コリコリの食感が美味。