価格.com 旬のお買物情報 4月号

価格.com 旬のお買物情報
2017年4月号

4月。何かを始めるにはもってこいの月です。新しい環境に飛び込む人も多いことでしょう。自分自身の環境が変化する人も、身近な人の新たな門出をお祝いする人も、何かと物入りなこの季節。「本当に必要なモノは何か?」見極めましょう。

4月の「季節のお買物」先取り情報!

入学・入社祝いはもう贈った? 定番のデジモノをチェックしよう

4月の行事といえば入学や入社。皆さんの身の回りにも、新たな門出を迎えた新入生・新社会人はいませんか? 共通して必要なのはノートパソコンです。用途や使い方によってはタブレットPCもいいでしょう。中高生には電子辞書が最適。

ノートパソコン

タブレットPCなどの登場により、ここ数年市場の伸び自体は頭打ちになっているノートパソコンですが、買い換え需要などもあり、依然として人気のカテゴリであることに変わりはありません。売れ筋製品の価格帯は、4万〜8万円程度の比較的低価格な製品ですが、これくらいの価格帯でも、インテルの「Core i5」プロセッサーや、高速なデータ転送が行えるSSD搭載モデルなどが登場しており、現在主流のWindows10が快適に動かせます。なお、ストレージでは、SSDのみを搭載するモデルと、「SSD+HDD」という仕様の、コスパにすぐれたハイブリッド構成のものも多く見られます。このほか、液晶画面が回転(もしくは脱着)することで、タブレットスタイルとしても利用できる「2in1」スタイルの製品も人気です。(家電製品総合アドバイザー鎌田 剛)

  • ※過去2年間の発売数と発売年別の平均価格の推移(価格.com登録商品)

ノートパソコンを選ぶポイント

あまり持ち運ばず、キーボード操作を多用する場合はノートパソコンが適しています。タブレットPCに比べて、USBやDVD/Blu-rayドライブなど、外部インターフェイスが豊富に搭載されているのが特徴。スペックだけでなく、Office付きかどうかでも価格が変わってくるので、学校や会社で付与されるかどうかを事前に確かめたほうが吉。

point!
  • パソコンの処理能力を決める主な要素は「CPU」「メモリ」「記憶容量」

ネットサーフィンや書類作成でしか使用しない人は

CPU: Celeron Dual-Core
メモリ:4GB
記憶容量:HDD500GB〜

最低限のスペックでも、ネットサーフィンやオフィスを使った書類作成程度なら十分に耐えます。ただし後から用途が増えても、ノートパソコンはスペックを拡張しづらいので注意しましょう。

写真編集など、家族でオールラウンドに使うなら

CPU: Core i3 もしくは Core i5
メモリ:4GB
記憶容量:SSD128GB〜

前項で挙げた基本用途に加え、写真編集などもしたい場合は、処理能力に余裕を持たせましょう。CPUは基本的にCore i3程度で事足りますが、人によっては重く感じるのでCore i5を選んでも◎。

3Dゲームや動画編集もしたいヘビーユーザーは

CPU: Core i7
メモリ:8GB
記憶容量:SSD512GB〜 + 外付けHDD

高速な動きをするゲームをしたり、動画編集をしたりする場合、かなりの高スペックが必要。CPUもメモリも記憶容量も、できるだけ多いほうがいいでしょう。また、3Dゲームのプレイには専用のグラフィックアクセラレータも必須です。

外出先でもバリバリ使いたい方は

CPU: Core i3
メモリ:4GB
記憶容量:SSD128GB〜

モバイル用途前提でノートパソコンを選ぶ場合は、軽さと小ささ、そしてバッテリーが長続きすることが重要になってきます。CPUはモバイル向けの省電力設計のものを、記憶媒体は高速起動が可能で衝撃にも強いSSDを選びましょう。

タブレットPC

すでに多くの家庭などに普及した感のあるタブレットPCですが、ここ最近人気があるのは、7〜8インチクラスの液晶画面を備えた中型モデル。コンパクトなため、持ち運びに便利で、スマートフォンよりも大きな画面で見やすく操作しやすいことから、Webサイトの視聴はもちろん、近年増えてきた動画配信サービスの動画視聴用の端末としても人気があります。特に、各社から発売されている格安SIMカードを挿すことで、いつでもどこでもネットや動画を楽しめる「LTEモデル(SIMフリーモデル)」が人気。価格も2万〜3万円台から購入できるもの(Androidモデル)が多く、お手頃です。このほかでは、主にビジネスマン向けには、Windows 10がそのまま使えるWindowsタブレットが人気。アップルの「iPad」はやや人気に陰りが見られますが、3月25日に久々に登場した新モデル(9.7型)の価格が引き下げられたことで、購入しやすくなっています。(家電製品総合アドバイザー鎌田 剛)

  • ※過去2年間の発売数と画面サイズ別の平均価格の推移(価格.com登録商品)

タブレットPCを選ぶポイント

メールチェックやネット閲覧や動画鑑賞が中心、という方にはタブレットPCがおすすめ。タッチ入力のため文書編集には向いていませんが、バッテリー性能がよく、薄く軽いことから持ち運びにはぴったりです。

point!
  • 「OS」を選ぶ
  • 「画面サイズ」をチェック
  • パソコンとしても使える“2in1タイプ”にも注目

「OS」を選ぶ

特にこだわりがない場合は、お使いのスマートフォンのOSと同じものを選ぶと、操作に迷うことがなく快適でしょう。

Android

Googleのモバイル向けOSのAndroidを搭載したタブレットは、多くのメーカーから発売されています。価格が手ごろな製品も豊富です。

iOS

Apple製品が搭載するOSで、スマートフォンのiPhoneと共通です。タブレットPCのiPadシリーズはmini、Air、Proの3サイズがラインアップしています。

Windows

Windows 10はパソコンもタブレットも同じOSを搭載しています。パソコン用のアプリもタブレットでそのまま動作するのが便利です。

「画面サイズ」をチェック

画面サイズは多数ラインアップしています。自分の手の大きさや、作業の内容などを考慮して決めましょう。

〜8インチ

7〜8インチは、大きめなスマートフォンくらいなので、バッグから取り出して使用できます。長時間の閲覧が可能で、電車での読書にも向いています。

8〜10インチ

8インチを超えると重量が重くなりますが、雑誌を読むように取り扱えます。画面サイズが大きめなので、ウェブサイトや電子書籍も快適に表示できます。

10インチ〜

10インチ超のタブレットは片手で持つには大きすぎますが、迫力ある映像を楽しめます。老眼の人が大きな文字で読書するのに適しています。

パソコンとしても使える“2in1”にも注目

Surfaceなどに代表される、ノートパソコンの性能とタブレットPCの操作性を兼ね備えた“2in1”が注目を集めています。付属やオプションで提供される専用キーボードを使うことで、ノートパソコンのようなタイピングが行えるようになるのが特徴。ふだんはタブレットとして持ち歩き、会社や家ではノートパソコン代わりに使いたいという方は、このタイプを検討するのもいいでしょう。

電子辞書

電子辞書は、新入学、新社会人デビューの3〜4月に販売のピークを迎える製品です。各メーカーともこの時期に向けて、1〜2月に新モデルを発売しており、この時期は最新モデルが店頭をにぎわせています。なお、国内の電子辞書メーカーとしては、現在カシオとシャープのほぼ2社のみという状況となっていますが、どちらのメーカーも製品作りには特徴があります。カシオは伝統的に、学習向けのコンテンツが豊富で、製品ラインアップも高校生向け、英語学習者向けなど、数多くの種類をそろえています。一方のシャープは伝統的に「一括検索」などの検索機能が強力。液晶画面の使い方などにもひと工夫あり、ペン入力も含めた使いやすさが人気です。売れ筋の価格帯は2万〜3万円台が中心。型落ちモデルよりも最新コンテンツを搭載し、使い勝手も改良されている最新モデルを購入したほうが、満足度は高いはず。(家電製品総合アドバイザー鎌田 剛)

  • ※過去2年間の発売数と発売年別の平均価格の推移(価格.com登録商品)

電子辞書を選ぶポイント

ネットでなんでも調べられるようになった今でも、手軽に使え、コンテンツも豊富な電子辞書は一定の需要をキープしています。

point!
  • 目的に応じて対応ジャンルを選んで

目的に応じて対応ジャンルを選んで

最近は技術も進み、手のひらサイズの電子辞書の中に、重い辞書何十冊分もの情報が入るようになりました。たくさん情報が入った機種を選びたいかもしれませんが、その分値が張るので注意。目的は絞ったほうがいいかもしれません。

家電製品総合アドバイザー 鎌田 剛 (価格.com)
家電製品のみならず、市場全体の動向などにも精通する価格.comのご意見番的存在。

鎌田 剛

4月の注目カテゴリ!

スーツケース・キャリーケース

ゴールデンウィークの旅行や帰省に欠かせないスーツケース。飛行機内に持ち込む予定ならサイズのチェックをお忘れなく。

ソフトタイプ(4輪タイプ)

ソフトタイプ(4輪タイプ)

中〜小型の物なら、軽量で小回りが利くソフトタイプがおすすめ。ポケットが多いので小物の収納にも便利です。

自撮り棒

今や当たり前となった、自分撮り用のスティック。入学式やお出かけで写真を撮る機会が増えるこの季節に1本手に入れてみては?

Bluetooth対応

Bluetooth対応自撮り棒

手元でシャッターが切れる、Bluetooth対応の自撮り棒。お使いのスマホが対応しているかよく確認のうえ購入しましょう。

弁当箱

地域によっては、4月こそ桜が満開というところもあるでしょう。お花見のお供に手作りのお弁当を持ってはいかがですか?

スープ対応フードコンテナ

スープ対応フードコンテナ

春満開とはいえ、まだまだ天候によっては冷え込むことも。夜桜で花見を楽しむ予定なら、温かいスープを持ち寄っては?

4月の特集記事

高級筆記具のススメ

いつかはいいモノを…と思いつつも、使い捨てを続けてしまうボールペン、シャープペン。憧れはあるものの手が出ない万年筆。そろそろ、一生物の相棒を手に入れませんか? 高級筆記具の魅力と選び方を解説するとともに、王道ブランドの1本をご紹介。

高級筆記具特集 コンテンツ

高級筆記具のススメ

4月に旬を迎える食材

子どもも大人もみんな大好き、赤くて甘いいちごの旬が来た!

ぷっくりと赤くかわいい見た目と、甘酸っぱい味わいから、老若男女に愛される「いちご」。植物学的には野菜に属するようですが、フルーツのスタメンとして市場に出回っています。 その人気からハウス栽培が盛んで、11〜2月などの真冬にも食べることができますが、本来の旬は4〜5月。天然の日の下で育った旬のいちごは、甘くておいしいですよ。

とちおとめ

旬:3〜4月
主な産地:栃木、茨城など

甘みの強さでは右に出るものがいないといわれているいちごの王様。鮮やかな赤色も特徴で、ケーキに乗せても見栄え◎です。

あまおう

旬:4〜5月
主な産地:福岡

「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとって名付けられたという、その名のとおりとても大粒のいちごです。

紅ほっぺ

旬:3〜4月
主な産地:静岡

ほかの品種に比べて、甘みとともに酸味もやや強いのが特徴。「甘酸っぱさ」がお好みであれば、一度お試しあれ。

さがほのか

旬:4月
主な産地:佐賀

酸味が少なめなのが特徴で、酸っぱいのが苦手なお子様でも楽しむことができます。ほかの品種に比べて日持ちします。

あすかルビー

旬:4〜5月
主な産地:奈良

おいしさもさることながら、美しい色も人気の秘密。ルビーの名は伊達ではありません。香りのよさも人気に拍車をかけています。

さくらももいちご

旬:4〜5月
主な産地:徳島

よく締まった果肉にさっぱりした甘さが宿る徳島のブランドいちご。やや手に入りづらいですが、ネットの力を借りてみては?

ホタルイカ

ほたるいか

旬:4〜5月
主な産地:富山

全身の発光器で淡く光ることから名付けられた小ぶりのイカ。沖漬けや刺身など、楽しみ方は多岐にわたります。

はちみつ

はちみつ

旬:4〜5月
主な産地:世界各地

ミツバチが集めた甘い宝石の旬は、やはり花々が咲きほこる春です。香り高い甘味を楽しみましょう。

たけのこ

たけのこ

旬:4〜5月
主な産地:福岡、鹿児島

たけのこがおいしく食べられる瞬間はほんの一瞬で、10日も放っておけば立派な竹に育ってしまうとか。