レンズ 通販 価格比較

> > レンズ

キーワード検索

関連特集

本当に「自撮りしやすいデジカメ」はどれ?

本当に「自撮りしやすいデジカメ」はどれ?

液晶モニターの可動範囲が異なる3タイプのミラーレスカメラで実験してみました!(2019年1月18日掲載)

【アイテムナビ】映像制作・撮影機材

【アイテムナビ】映像制作・撮影機材

撮影機材や動画編集ソフトなど、映像制作に役立つアイテムをご紹介!(2018年4月1日掲載)

  • ※掲載情報は、2019年01月24日20時55分 の情報です

レンズの選び方

レンズ選びに必要な知識はこちらでチェック!
レンズの選び方ガイド 詳 細はこちら
製品選びの前に 便利な望遠ズームや高品質な専業メーカーのレンズを紹介
選び方のポイント 単焦点とズームの違いやメーカーごとに異なるマウントを解説
主なメーカー キヤノンやニコン、オリンパス、シグマほか主なメーカーの特徴
FAQ(よくある質問と回答集) 「単焦点はズームレンズより高画質?」といった疑問に回答
用語集 「焦点距離」「画角」「開放F値」覚えておきたい用語集
     
     
mm   mm  
m     
メーカー名 価格円以下  

※カンマ(,)は入力しないでください。

 
 
 
 
 
 
  • ※最近6ヶ月の集計です
    ※掲載情報は、2019年01月24日21時05分の情報です

レンズ 製品&レビューピックアップ

買ってよかった! ユーザーレポート

詳しい分析はこちら! プロフェッショナルレポート

レンズに関するメーカー・製品関連の新着クチコミ・レビュー

新着クチコミ

新着レビュー

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM (CANON) 【操作性】  ズームとフォーカス、AF/MF切り替え、手ぶれ補正のON/OFFのみで、  複雑なものは何もあ… 満足度:5 三浦一紀さん AT-X 165 PRO DX 16-50mm F2.8 (ニコン用) (TOKINA) 自腹購入。 先日、ニコンのD500を購入。基本的に望遠側担当にするつもりだが、一応標準ズームレンズも… 満足度:4
  • ※未返信、未解決は直近1年以内の件数を表示しています

レンズ トレンド

  • メーカー
  • 価格帯
  • スペック

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2018年12月のトレンド情報です

レンズ 関連特集・記事

世界最広角レンズ「HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical」実写レビュー NEW !

世界最広角レンズ「HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical」実写レビュー

発売から3年近くが経過しているが、現在でも世界最広角の焦点距離を誇る個性的なレンズをレビュー。他のレンズでは得られない「世界最広角10mmの世界」をご覧ください!(2019年1月掲載)

小型・軽量な“Gマスター”が誕生!ソニー「FE 24mm F1.4 GM」実写レビュー NEW !

小型・軽量な“Gマスター”が誕生!ソニー「FE 24mm F1.4 GM」実写レビュー

ソニーの最高峰レンズ「Gマスター」では初となる広角・単焦点レンズ「FE 24mm F1.4 GM」を実写レビュー。フルサイズミラーレス「α7R III」と組み合わせて試用してみました。(2019年1月掲載)

価格.comで大人気! タムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」実写レビュー

価格.comで大人気! タムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」実写レビュー

タムロンの「28-75mm F/2.8 Di III RXD」は、価格.comの「レンズ」カテゴリーで売れ筋ランキング1位のロングセラーレンズ。実写作例を掲載して、この大人気レンズの特徴をレビューしよう。(2018年12月掲載)

Zシリーズ第1弾の本命モデル! ニコン「Z 6」実写レビュー

関連カテゴリ:デジタル一眼カメラ,レンズ

Zシリーズ第1弾の本命モデル! ニコン「Z 6」実写レビュー

11月23日についに発売となったニコンZシリーズの本命モデル「Z 6」。実写作例を交えながら、操作性や画質をくわしくレビューします!(2018年12月掲載)

オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」と600mmで総火演を撮った!

関連カテゴリ:デジタル一眼カメラ,レンズ

オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」と600mmで総火演を撮った!

根強い人気を誇るオリンパスのマイクロフォーサーズ機フラッグシップ「OM-D E-M1 Mark II」。望遠に強いメリットを生かして富士総合火力演習を撮影してきました。(2018年10月掲載)