防湿庫の選び方

ホーム > カメラ > 防湿庫 > 防湿庫の選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

防湿庫とは?

カメラ関連アイテムを収納するケースで、内部の湿度をコントロールすることによりカメラ本体やレンズ等にカビが発生するのを防ぎます。 扉に鍵がついたものもあり、高額な機材を盗難から守るのにも役立ちます。 除湿機能で電力を使うため、設置場所を検討するときには配線を考慮する必要があります。

選び方のポイント

選び方のポイント

所有レンズの長さが収まるか確認必須
特に望遠レンズは注意が必要

購入した後に、レンズが収納できなかったということのないように、所持している一番長いレンズのサイズを計っておきましょう。とくに尺の長い望遠レンズには注意が必要です。また、レンズの配置をある程度想定しておくこともポイントです。

少し大きめのサイズを選べば
将来の機材増加に備えることができる

所有する機材がちょうど収まる大きさよりも少し大きめのサイズを選んでおくと、あとで機材を追加するときにも安心です。防湿庫はサイズが大きくなっても、消費電力はほとんど変わりませんので、大きめを買っておいたほうがコストパフォーマンスに優れます。

カメラボディ・レンズが少ないならドライボックスを選ぶのもアリ

所持する機材が少ない場合、配置スペースが必要で高価な防湿庫ではなく、手軽に導入できる小型のドライボックスに乾燥剤やカビ防止剤を入れて使うのも1つの方法です。ドライボックスは低価格で買い足ししやすいため、万が一機材が増えることになっても安心です。

ドライボックスを探す

製品を探す

このページの先頭へ

機能・スペックをチェック

製品の細かな仕様までじっくりと吟味して選びたい人は、各機能でできることやスペック項目の意味を理解することでより選びやすくなります。製品選びで重要な項目を以下で詳しく解説していきますので、自分にぴったりな製品探しに役立ててください。価格.comでは、これらの項目を使って製品を絞り込むことが可能です。

容量をチェック

容量をチェック

防湿庫の容量を決めるときのポイントは、所持しているカメラの台数です。目安としては、カメラが12〜21台なら50〜80L程度の小型サイズ、22〜33台なら100〜120Lくらいの中型、そして、30台以上なら150L以上の大型サイズを選びましょう。また、機材が増えることを想定して少し大きめのサイズを選んでおくこともポイントです。

内容量で選ぶ

機材のサイズに応じて内寸で製品を絞り込む

容量でうまくサイズをイメージできないときや、大きい機材があってちゃんと収まるか不安な場合は、内寸をチェックしましょう。その場合、奥行きはとくに重要ですので、所持しているカメラのサイズをしっかりチェックしたうえで選ぶようにしましょう。

内寸で絞り込む

棚板をチェック

棚数

庫内の棚数です。一般的に棚数が多いほど収納に便利です。ただ、高さがあるカメラやレンズを同じ棚に前後2列で配置する場合、上下の棚の間隔が狭いと、奥にある機材が見えず管理しにくくなります。そのあたりも加味しながら棚数を選ぶようにしましょう。

棚数で探す
棚耐荷重

棚がどれくらいの重さに耐えられるかを示します。一般的に、一眼レフは本体のみで500g〜1.5kg、レンズも500g〜1kgほどの重量があります。耐荷重を超過すると棚の破損が懸念され、収納しているカメラやレンズに被害がおよぶことも考えられますので、しっかりチェックしておきたい項目です。

棚耐荷重で探す

除湿方式をチェック

乾燥剤方式

湿気を庫内の特殊乾燥剤に吸着させてから、一定間隔で蒸気として庫外へ排出する方式です。耐用年数が半永久的な点がメリットで、故障しない限り何年も使用できます。デメリットは、乾燥剤に吸着させた湿気を排出する間は除湿が止まるため、扉を開けるタイミングによっては30分程度ですが庫内の湿度が庫外と変わらなくなることです。

ペルチェ方式

庫内に搭載した冷却板に湿気を結露させ、その水分を吸湿剤を経由して放熱板から蒸気として庫外へ排出する方式です。メリットは除湿が連続して行われ、スピーディーであるということです。また、乾燥剤方式と比較して安価であることも挙げられます。デメリットは耐用年数が約10年となっており、それを超えた使用は推奨できません。

その他の機能をチェック

デジタル湿度計

目盛りを読み取るアナログとは違い、ひと目で庫内の湿度がわかるので便利です。なかには庫内と庫外の湿度が別に表示されるデジタルデュアル式のタイプも販売されています。なお、デジタル湿度計は単品でも販売されており、後付けすることも可能です。

デジタル湿度計搭載製品を探す

コンセントタップ

庫外にコンセントタップを搭載するタイプが一般的で、なかには庫内にタップが設置されているものもあります。バッテリーの充電や、庫内へのライト設置などの用途で活躍します。コンセントは複数口のものがあり、電力は500Wが一般的です。

コンセントタップ搭載製品を探す

このページの先頭へ