三脚・一脚の選び方

ホーム > カメラ > 三脚・一脚 > 三脚・一脚の選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

カメラを固定して撮影するのに必要な三脚や一脚。手ブレを抑えた、きれいな写真を撮るためにぜひ持っておきたいカメラ用品の1つです。三脚や一脚を使うメリットをはじめ、積載重量など選び方のポイントや基礎知識、用語を詳しく解説します。

三脚・一脚選びの前に

三脚・一脚を使うとこんなに便利!

三脚・一脚はカメラを固定するための“脚”です。地面に設置して安定させて撮影することで、夜景や花火のような光の軌跡をきれいに撮りたいときや、構図を固定して風景や鳥が飛び立つ瞬間などの一瞬を捉えたいとき、大勢で記念写真を撮りたいときなどに威力を発揮します。

三脚を使うメリット

夜景や暗い室内でも手ブレを抑えた撮影が可能

夜景や暗い室内でも手ブレを抑えた撮影可能

手持ちで夜景や暗い室内を撮る際、手ブレを抑えるにはシャッタースピードを速める必要がありますが、明るさが不足して暗い写真になってしまいます。これにはISO感度を上げることで対応できますが、ノイズも目立ちやすくなるのが欠点です。三脚を使えば手ブレを防げるので、ISO感度を上げすぎることなく撮影できて便利です。暗い中での撮影には欠かせないアイテムです。

重い望遠レンズでも同じ構図をキープできる

重い望遠レンズでも同じ構図をキープできる

野鳥や風景を撮影するときは望遠レンズを使うことが多いものです。カメラとあわせて2kg前後の重さを手で支え構図をキープしながら、シャッターチャンスを待つのは肉体的にも厳しくなります。三脚を使えば、撮りたい位置を決めてあとは狙う瞬間をじっと待てばOKです。

セルフタイマーを使い、カメラから離れて撮影できる

セルフタイマーを使い、カメラから離れて撮影できる

1〜2人なら手持ちの自撮りでも十分対応できますが、家族みんなで撮るなら三脚を使うのが一番。カメラを三脚に固定してセルフタイマーの活用や、スマートフォン対応カメラならスマホでシャッターを押せば、カメラから離れて家族や仲間といっしょに写った写真が撮れます。

一脚を使うメリット

スポーツなど動きの速い被写体を捉えて撮影しやすくなる

スポーツなど動きの速い被写体を捉えて撮影しやすくなる

岩場など不安定な場所でも安定した撮影が可能

岩場など不安定な場所でも安定した撮影が可能



一脚は三脚と異なり脚が1本だけなので自立しませんが、カメラの重さを支えて手ブレを抑えてくれます。スポーツの試合など被写体を常に追いながら撮るときは、撮りたい方向をすぐ変えられる一脚が便利です。また、軽量な一脚なら山や岩場などを歩きながら撮るときも邪魔になりくいほか、足場が不安定な場所でもカメラを支えて、しっかり構えて撮ることができます。スポーツ写真やネイチャー写真を撮る人は確認してみましょう。

一脚を探す

このページの先頭へ

選び方のポイント

積載重量をチェック

使用するカメラとレンズをあわせた重量の“2倍”を目安に

三脚・一脚は「脚部」とカメラを装着し向きを調整する「雲台(うんだい)」の組み合わせで構成されていますが、それぞれに積載重量(耐荷重)が決められています。積載重量は所有するカメラとレンズの2倍の重さを目安にしましょう。規定どおりの積載重量でも、揺れやすく、不安定になりがちだといわれています。特に望遠撮影時はよりブレやすくなるので積載重量には余裕を持たせておくとよいでしょう。

積載重量をチェック
使用するカメラとレンズをあわせた重量の“2倍”を目安に

脚の太さも安定性に直結

一般に三脚・一脚の脚が太くなるほど、安定するのでより重い機材を載せられます。ミラーレス一眼カメラとズームキットレンズはパイプ径が20〜25mm、デジタル一眼レフカメラと焦点距離200mmまでの望遠ズームはパイプ径が25〜30mm、デジタル一眼レフカメラと焦点距離200mmを超えるレンズを使用する場合はパイプ径30mm以上を選ぶとよいでしょう。

カメラの向きを調整する雲台のタイプをチェック

雲台(うんだい)は、三脚・一脚に装着したカメラの向きや傾きを調節して構図を決めるためのパーツです。三脚・一脚は、雲台が付属するものと別途購入するものとに分かれています。また、雲台はハンドルで上下と左右の2方向に向きを変えられる「2WAY雲台」と、上下と左右、水平の3方向に向きを変えられる「3WAY雲台」、ハンドルなしでいろいろな角度に変えられる「自由雲台」など3種類があります。

雲台付き製品を探す

カメラの向きを調整する雲台のタイプをチェック

2WAY雲台

上下と左右の向きを変えられる

2WAY

1本のハンドルで上下と左右の角度を調整できる雲台です。ハンドルが1本なのでかさばりませんが、傾きの微調整は苦手。セッティングの際に水平の位置をしっかりとる必要があります。

2WAY雲台付き製品を探す

3WAY雲台

上下と左右、水平の向きを変えられる

3WAY

ハンドルが2本ついており、縦のハンドルで上下と左右の向きを、横のハンドルで水平の傾きを調節するタイプです。水平の微調整がしやすいのが特長です。2WAYと比べて持ち運びの際にかさばりますが、構図をしっかり固めたい人にお薦めです。

3WAY雲台付き製品を探す

自由雲台(ボール雲台)

いろいろな角度に変えられる

自由

可動部分に球を利用しているので、ボール雲台ともいいます。小型で持ち運びに便利です。好きな方向にレンズを向けられるのが特長ですが、微調整は慎重に行う必要があります。

自由雲台(ボール雲台)付き製品を探す

設置・セッティングに役立つ機能をチェック

水準器

水平位置の確認に役立つ

水準器

カメラを水平に保つのに役立つのが水準器。これを見ながら水平に固定しておけば、写真の傾きを防げます。水準器は脚部についているタイプと、雲台に付いているタイプに分かれます。





水準器搭載製品を探す

フリュード機構

重いカメラも動き滑らか

フリュード機構

可動部分にオイルやグリスを封入してあるので、カメラをゆっくり、滑らかに動かせます。超望遠レンズで野鳥を撮るときも、これがあるとカメラを微調整しやすくなります。ビデオカメラ専用のビデオ雲台にも使われる機構のため、ビデオ撮影も行いたい場合は必須です。



フリュード機構搭載製品を探す

クイックシュー

カメラを容易に脱着できるプレート

クイックシュー

クイックシュー搭載製品は、専用のシュープレート(台座)をあらかじめカメラの底にネジ留めしておくことで、三脚・一脚への着脱を容易にできます。クイックシューがない三脚はカメラを雲台に据え付けるたびにはネジで留めますが、クイックシュータイプなら固定レバーを締めたり緩めたりするだけで着脱できます。なお、シュープレートを使用しないときは、雲台に装着したままになります。

クイックシュー搭載製品を探す

撮りたいシーンにあわせて高さをチェック

撮りたいシーンにあった三脚・一脚を選ぶことも重要なポイントです。チェックしたいのは、脚を一番伸ばしたときの高さである「最高全高」と、脚の開脚角度を広げた状態の高さである「最低全高」。これら2つの高さについてご紹介します。

最高全高:野鳥や風景、運動会などの撮影は目線の高さが目安
最高全高

三脚・一脚の脚を一番伸ばしたときの高さが最高全高です。この状態でカメラを置いたときに、自分の目線の高さに近ければ近いほど楽な姿勢で撮影できます。身長170cmの人なら最高全高150cm程度が最適な高さとなります。野鳥や風景など望遠での撮影や、運動会などの撮影は目線の高さが一番撮りやすくなります。

最高全高をチェック
最低全高:花などローアングルで撮るなら開脚機構にも注目
最低全高

三脚・一脚の脚を一番短くした状態が一番低い高さと思われがちですが、多くの三脚はもっと低くできます。脚の開脚角度を広げることで、カメラをより低く構えられるのです。地面に寝ている猫や花などローアングルのシーンを撮るときはその高さに三脚をセットする必要があるので、開脚機構により脚をどこまで広げられるかが重要になります。

最低全高をチェック

持ち運びやすさをチェック

三脚・一脚選びは、機能性だけでなく、持ち運びやすさなども大事なポイントです。ここでは三脚・一脚自体の重さや、脚を縮めたときの長さ(縮長)、1本の脚を構成するパイプの数(段数)について解説します。

本体重量

三脚・一脚の重さは1〜3kgが中心です。素材別に見ると、カーボンファイバー製はアルミニウム製より軽くなりますが、その分価格が高くなります。

本体重量をチェック
縮長

脚をもっとも縮めたときの長さを指します。持ち歩きやすいのは300〜400mm台で、カメラバッグに装着したり、旅行用バッグに入れたりすることもできます。

縮長をチェック
段数

1本の脚は、太さが異なるパイプを組み合わせて作られています。このパイプの数を「段数」と呼び、段数が増えるほど縮長が短くなります。

段数をチェック

このページの先頭へ

主なメーカー

ベルボン(Velbon)

ベルボン

高い伸縮率と軽さの「ウルトラ」シリーズが人気

日本を代表する三脚ブランドで、1955年創業の老舗です。いち早くカーボン三脚を取り入れるなど新しい製品を続々投入しています。独自構造で5段の高い伸縮率と軽さを実現した「ウルトラ」シリーズがヒットしています。


ベルボン製品を探す

マンフロット(Manfrotto)

マンフロット

イタリアらしい洒落たデザインが人気の世界最大手

イタリアの老舗三脚ブランドで世界最大手です。イタリアらしいおしゃれなデザインが人気。比較的がっしりした本格派三脚がメインでしたが、最近は携帯性を重視したトラベル三脚(用語集参照)「BeFree」や、ミニ三脚(用語集参照)「Pixi」で日本での人気も上がっています。

マンフロット製品を探す

SLIK(スリック)

SLIK

ハイエンド系モデルが得意な国産老舗ブランド

ベルボンと並ぶ日本の老舗三脚ブランドで1948年に最初の三脚を作っています。幅広いラインアップを用意し、比較的ハイエンド系が得意。ベーシックな伝統的デザインの三脚がメインですが、最近はトラベル三脚「エアリー」シリーズも人気です。

SLIK製品を探す

SIRUI(シルイ)

SIRUI

2006年に創立した、急成長中の中国ブランド

中国の写真用品メーカーが2006年に始めた自社ブランドで、現在急成長を遂げています。軽量で携帯性が高い旅行向け三脚が中心です。補助的な三脚を装着して自立できるという、ユニークな一脚もあります。

SIRUI製品を探す

GITZO(ジッツオ)

GITZO

世界で初めてカーボン三脚を開発した仏ブランド

ジッツォはフランス生まれの三脚ブランド。世界で初のカーボン三脚を開発した会社です。価格は高めですが、頑丈で信頼性が高く、オプションも豊富に揃っているのでプロカメラマンに人気です。

GITZO製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q脚のロック方式はレバー式とナット式のどちらがよいですか?
Aそれぞれ一長一短があります。
伸ばした脚を固定する方法は、レバーで締め込んで固定するレバー式と、脚の節目にあるナットを回転させて固定するナット式の2種類があります。レバー式は操作は簡単ですが、使っていくうちに締める力が弱くなることがあります。一方、ナット式はナットを回すという手間がかかりますが、レバー式のように締める力が弱まることがないので安心です。
Qどんな素材のものを選べばよいでしょう?
A移動が少なければ金属素材を、持ち運びが多いならカーボン素材を選びましょう。
もっとも普及しているのは金属素材のもので、小型から大型までさまざまなタイプの製品が揃っています。カーボン素材のものは、金属製のものと比べると価格は高くなりますが、軽量で強度も強く安定感があります。スタジオでの撮影など、移動や持ち運びが少ないなら金属素材タイプ、徒歩での持ち歩きが多いのであればカーボン素材タイプを選ぶとよいでしょう。

このページの先頭へ

用語集

トラベル三脚
旅行用に設計された三脚の総称です。一般的な三脚に比べて縮長が短く、脚を180度回転させて縮めることで、全体をより短くできるなどの特長があります。携帯しやすいものが人気です。
ミニ三脚
テーブルの上に置いて使うサイズなのでテーブル三脚ともいいます。高さが10〜30cmほどしかない小さな三脚ですが、バッグの片隅に入るので1つ持っておくと便利です。
エレベーター
センターポールともいいます。三脚・一脚の真ん中にあり、雲台を取りつけるポールを指します。上下に動かして高さを調節しますが、一番上まで伸ばすと安定性が落ちてしまいます。高さの調整は3本の脚で行い、エレベーターは最後に微調整するものとして使いましょう。
ギア雲台
3WAY雲台の一種で、ハンドルではなくレバーを回転して角度を調節するタイプです。内部にギアが入っており、アングルの微調整を行いやすいため、細かなセッティングが必要なときに便利です。
レバーロック式
三脚の脚の長さを調整する方式の1つ。レバーを起こすと緩められ、倒すと締まります。操作は簡単ですが、レバーが緩んだときに微調整が必要になります。
ナットロック式
三脚の脚の長さを調整する方式の1つです。脚の周りについているナットを回して緩めたり締めたりします。構造がシンプルで壊れにくい半面、締めるのに力が必要だったり、回すのに少し手間がかかったりします。
石突(いしづき)
三脚・一脚の脚の先端部を指します。先が尖った金属製(スパイク)と柔らかいゴム製の2種類あります。屋外では先がとがった金属製を、室内や芝の上では床や芝を傷めないようゴム製を使うようにしましょう。

このページの先頭へ

このページの先頭へ