車用エンジンオイル 通販 価格比較

 >  >  > 車用エンジンオイル

キーワード検索

関連特集

スズキ「バレーノ」インタビュー&試乗

スズキ「バレーノ」インタビュー&試乗

Bセグメントの5ドアハッチバックに、鈴木ケンイチ氏が迫る(2016年5月23日掲載)

「スクランブラー Sixty2」試乗レポ!

「スクランブラー Sixty2」試乗レポ!

久々に登場した400ccモデルのドゥカティに“バイク野郎”が試乗してきた!!(2016年5月20日掲載)

  • ※掲載情報は、2016年05月27日09時30分 の情報です
  • ※表示されている画像は検索される商品例です。

よく見られているショップ

  • ※掲載情報は、2016年05月25日05時10分 の情報です

価格.comで「車用エンジンオイル」を探そう!

「エンジンオイル」の基礎知識

「エンジンオイル」は、どうして交換が必要なの?

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは、エンジン内部の潤滑、密封、清浄、冷却、衝撃吸収、防錆の役割を担っていて、エンジンが正常に回るための手助けをしています。クルマを走行させると、エンジン内部へ燃料やススなどが混入して、エンジンオイルが汚れて性能が劣化していきます。また、クルマをあまり走行させなくても、エンジン内の空気に触れることによって酸化し、オイルは劣化します。

エンジンオイルが劣化したままクルマを走行させると、エンジン内部を正常に保つというオイルの役割が損なわれてしまい、エンジン本来の性能が発揮できなくなるだけでなく、最悪の場合はエンジンが焼き付いて走行不能になるなど、大きなトラブルにつながります。そのため、エンジンオイルは定期的な交換が必要になるのです。

「エンジンオイル」の交換時期は?

エンジンオイル交換

エンジンオイルが劣化しているかどうかは、見た目では分かりにくく、またクルマの使用状況によっても劣化の状態が異なります。そのため、エンジンオイルの交換時期は「走行距離」か「使用期間」で判断します。

車種によって違いはありますが、クルマの取扱説明書などには「10,000km〜15,000km走行、あるいは6ヶ月〜1年。シビアコンディションの場合はその半分」と記載されています。

エンジンオイル交換が「早すぎることによるデメリット」はありません。5,000km走行ごと、または6ヶ月経過後のどちらか早い方で行うと良いでしょう。

エンジンの種類 エンジンオイル交換時期の目安
ガソリンエンジン 「5,000〜10,000km」または「6ヶ月」の、早い方で交換
ガソリンターボエンジン 「2,500〜5,000km」または「6ヶ月」の、早い方で交換
ディーゼルエンジン 「5,000〜7,500km」または「6ヶ月」の、早い方で交換
ディーゼルターボエンジン 「2,500〜5,000km」または「6ヶ月」の、早い方で交換
ロータリーエンジン 「10,000〜20,000km」または「1年」の、早い方で交換

※高速高回転走行、登坂走行、短距離走行の繰り返しなど、過酷な使用条件(シビアコンディション)では、上記の短い距離が交換の目安となります

交換用のオイルは、どのくらいの量が必要?

交換用オイル

軽自動車やコンパクトカーは3リットル強、2000ccクラスは4リットル強と、一般的には排気量が上がるごとに必要な量も増えていきます。

ただし、一部のスポーツカーでは、排気量が4000cc弱でも10リットル前後のエンジンオイルが必要になるなど、車種によって大きく異なります。エンジンオイルを購入する前に、クルマの取扱説明書を参照して、エンジンオイルの必要量を確認してください。

オイル交換の方法は?

エンジンオイルの交換は、ディーラー、自動車整備工場、カーショップ、ガソリンスタンドに依頼するのが一般的です。自分でオイル交換する場合は、ジャッキリジッドラック(ウマ)トルクレンチ、ドレンボルトのサイズに合ったレンチオイルジョッキ廃油受け廃油処理箱、ドレンボルトの新品ガスケット(漏れ防止用のパッキン材)が必要になります。

【オイル交換の手順】
1、車をジャッキアップし、底部のドレンボルトの下に、廃油の受け皿を置く
2、エンジン上部のオイル注入口のキャップを外す
3、レンチを使ってドレンボルトを外し、オイルを抜く
4、ドレンボルトに新品のガスケット(漏れ防止用のシール材)をつける
5、規定のトルクでドレンボルトをしっかりと締め付ける
6、新しいオイルを規定量より少なめに入れる
7、オイルレベルゲージで油量をチェックする
8、エンジンをかけて、30秒ほどアイドリングしてからエンジンを停止する
9、数分待って油量をチェックし、規定量までオイルを入れる
10、ジャッキをダウンさせてオイル交換完了

オイル交換手順

エンジンオイルの性能を表す指標

エンジンオイルの「粘度」

エンジンオイルの粘度表示

エンジンオイルの粘度は「SAE粘度分類」という規格で定められていて、例えば「0W-20」のように表記されます。

Wの付いた左側の数字が低温時の粘度で、数字が小さくなるほど低温でも硬くならず、油膜を形成できます。もうひとつの、ハイフンの右側の数字は高温時の粘度で、数字が大きくなるほど高温でも油膜が保持されます。

エンジンオイルの粘度は、車の取扱説明書で複数指定されているものの中から、車の使い方に応じて選び分けるのが基本です。

エンジンオイルの「グレード」

エンジンオイルのグレードは、一般的に「APIサービス分類」という規格で表示されています。ガソリンエンジン用オイルは、オイルの酸化安定性、サビ・腐食・磨耗防止性、洗浄性、蒸発性、省燃費性など多くの審査項目によって、「SA」から「SN」まで12種類のグレードに分類されています。ディーゼルエンジン用オイルは、日本では「CA」から「CF-4」まで7種類のグレードがあります。そしてガソリンエンジン用、ディーゼルエンジン用ともに、2文字目のアルファベッドの順にグレードが高く、また最新の基準になっていきます。

中には、高品質であるにも関わらず、規格取得にともなうコスト増・価格アップを嫌い、敢えてAPIサービス分類規格を取得していないオイルもあります。

エンジンオイルのグレード

「ベースオイル」の種類

ベースオイルの種類と違い

100%化学合成油
原油から取り出した成分を人為的に分解・合成したものです。劣化しにくく、高温でも油膜が強く、低温でも滑らかで、さらに洗浄作用も高く、3種類のベースオイルの中は最高の性能を誇りますが、高価です。ターボ車やスポーツ走行など、高負荷走行向けです。

部分合成油
100%化学合成油と鉱物油をブレンドすることで、化学合成油の長所を生かしつつコストを抑えたものです。レースのような高負荷をかける使い方をしない限り、100%化学合成油に迫る性能を発揮します。オイル性能と価格のバランスが優れています。

鉱物油
原油の精製過程で抽出されるオイルをほぼそのまま使っているため、3種類のベースオイルの中では最も安価です。原油の品質によってオイルの性能が左右されるという欠点がありますが、普通に使う分には十分な性能を有しています。

エンジンオイル選びのポイント

メーカーが推奨(指定)するエンジンオイルと同等のものを選びましょう

オイル選び

各車種とも、自動車メーカーが推奨(指定)するエンジンオイルがあり、その推奨エンジンオイルは、クルマの取り扱い説明書に必ず記載されています。例えば、トヨタのハイブリッドカー「プリウス」のメーカー推奨オイルは、「SM 0W-20」「SM 5W-30」「SM 10W-30」「SL 5W-20」「SL 10W-30」の5種類です。

「プリウス」の場合、指定された5つの推奨エンジンオイルのうち、どれを選んでも問題ありません。より適したエンジンオイルを選ぶならば、寒冷地の場合は、低温時の粘度が低くて始動性に優れた「0W-20」を、高速走行や登坂走行が多い場合は、エンジンオイルが高温になっても油膜を保持するために、粘度が高い「5W-30」もしくは「10W-30」を選ぶと良いでしょう。

一般的には、粘度が低いオイルを選んだ方が、エンジン内部での抵抗が少なくなり、燃費は向上します。しかし、長時間の高速走行などでエンジンの高回転状態が続いた場合、オイルの温度が上昇してオイルの粘度が低くなりすぎるため、十分な油膜が確保できず、最悪の場合エンジン内部を異常摩耗させるなどのトラブルにつながるおそれがあります。そのため、やみくもに粘度が低いオイルを選ぶのではなく、メーカーが推奨するオイル粘度の範囲内で、運転状況に応じたオイルを選びましょう。

また、メーカー推奨オイルに「グレード」も指定されていたら、指定されたグレードのオイルを選んだ方が無難です。例えば「プリウス」の場合、メーカーが推奨するオイルのグレードは「SL」もしくは「SM」です。

スポーツ走行や、ターボ・高回転エンジンには、粘度が高いエンジンオイルを

高回転型エンジン・ターボエンジンなどには「10W-30」以上の、粘度が高いエンジンオイルが向いています。中でも「10W-40」は、高温粘度での性能と経済性、省燃費性能のバランスが最も良い粘度だと言えます。高温側の粘度指数が「40」以上あれば、夏場に高負荷状態で運転しても十分に耐えられます。

また、レースやチューニングカーなど、相当な高負荷が掛かる使用状況を想定したオイルには、低温から高温まで幅広い温度域で高い性能を保つ「5W-50」や「10W-60」、もしくは低温時の性能を犠牲にして高温・高負荷時の性能に特化した「15W-50」や「20W-50」といった粘度のオイルがあります。

スポーツ走行

ディーゼル車には「ディーゼルエンジンオイル」を!

ディーゼルエンジンの燃料である軽油には、硫黄分が含まれているため、エンジンオイルの酸性化が進みやすく、また黒煙が発生するのでススも混入しやすいという特徴があり、オイルが汚れるのが早い傾向にあります。

そのため、ディーゼルエンジンオイルは一般的に、酸を中和したり汚れを分解する性能が、ガソリンエンジン用よりも高くなっています。ディーゼルエンジンオイルをガソリン車に使用しても特に問題はありませんが、ガソリンエンジンオイルをディーゼル車に使用することは避けた方が良いでしょう。

なお、ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン共用のオイル(ユニバーサルオイル)もあります。ガソリン車とディーゼル車の両方を所有していて、エンジンオイルを共用したい場合に便利です。

ディーゼル車
楽天市場

【同梱不可】HONDA ホンダ純正 ULTRA ウルトラ ...

1

【同梱不可】HONDA ホンダ純正 ULTRA ウルトラ ...

¥12,600

エンジンオイル ホンダ ハンプシナジー SN ...

2

エンジンオイル ホンダ ハンプシナジー SN ...

¥5,692

TAKUMIモーターオイル HIGH QUALITY 5W-30/ 乗...

3

TAKUMIモーターオイル HIGH QUALITY 5W-30/ 乗...

¥12,000

車用エンジンオイル 商品&レビューピックアップ

買ってよかった! ユーザーレポート

車用エンジンオイルに関する質問

役立つ質問&回答がたくさんあります
未解決

このOILを使い続けると、こうなるんですか?

http://blogs.yahoo.co.jp/subaru_sambar_kt/38104510.html >エンジン内部の金属表面が“台所のコーティングされたフライパン”と同じようになります。 >確かに摩擦低減になりますが、…

解決済

20ℓペール缶の蓋

エンジンオイルを20リットルペール缶で購入し初めて自分でオイル交換しました。 ペール缶の蓋の内側にボール紙が2枚ほど詰まっていましたが、これは そのままで蓋をして、取って捨てないほ…

知りたいことや聞きたいことがあればクチコミ掲示板で質問してみましょう。