価格.com

自動車・バイク

タイヤの選び方【機能・スペックをチェック】

3.機能・スペックをチェック

タイヤの性能や個性の細分化は年々進み、分類されるカテゴリも増えています。愛車の性能と自分の志向から最適なタイヤを選ぶために、車とタイヤのタイプを見極めましょう。

詳しいタイヤのタイプをチェック

タイヤにはさまざまなタイプがありますが、車のタイプによって対応するタイヤタイプの分類は異なってきます。車のタイプ別にタイヤタイプの分布を図示しましたので、これを参考に自分の車に対応するタイヤにはどんなタイプがあるのかを把握し、そこから希望のタイヤタイプを選ぶとよいでしょう。

「詳しいタイヤのタイプ」一覧

セダン/ワゴン(ハッチバック)・軽自動車・ミニバンの場合

トータルバランスに優れたタイヤが適しています。軽自動車から300馬力級の高出力車まで、性能の幅はかなり広く対応。ミニバン専用などピンポイントでジャンルを絞ったタイヤも人気です。また、大衆車ではタイヤがよくなると車の性能や質感が補える効果も。

セダン/ワゴン(ハッチバック)・軽自動車・ミニバン向けのタイヤ分類

各タイプの特徴と代表的なブランド

プレミアムコンフォート

乗り心地や静粛性を重視しながら、ウエット性能やハンドリング性能も高い次元にあり、大衆車に履かせると車格が上がったかのように感じます。

ハイパフォーマンス

走行性能に加え、それ以外の要素も高めたタイヤ。一部の実用車に設定される、スポーツカー並みの走行性能を発揮するグレードなどに適しています。

スタンダードコンフォート

スタンダードなタイヤよりもワンランク上のコンフォート性を備えたタイヤ。大衆車クラスの車などで乗り心地の向上効果が期待できます。

プレミアムスポーツ

ストリート向けとしては最高レベルのスポーツ性を発揮しながら、コンフォート面でも優れた性能を備える高性能タイヤです。

カジュアルスポーツ

スポーツタイヤとしての性能はトップクラスではありませんが、低価格で耐摩耗性が強く、気兼ねなくスポーツ走行に興じることができます。

スタンダードエコ

燃費性能を最重視したエコタイヤ。昔の製品と異なり、ウエット性能も十分なレベルにあります。エコカーやハイブリッドカーに最適。

エコノミー

経済性を最重視したタイヤです。最近では基本的な性能はしっかりしているので、コンパクトカーに最適です。

エコノミースポーツ

コストパフォーマンスに優れながら、負荷の高いスポーツ走行にも対応。コンフォート性は期待できませんが、低予算で走りを重視する人にオススメ。

SUVの場合

SUV向けのタイヤもかなり多様化が進みました。大別するとオンロード型とオフロード型に分かれますが、基本はオンロードでいざという時はオフロードを走るといった使い方に応えるタイヤもあります。自分の車の走破性能とも照らし合わせながら選ぶのがよいでしょう。

SUV向けのタイヤ分類

各タイプの特徴と代表的なブランド

マッドテレーン

泥や砂地などの不整地でもグリップ力を発揮。オフロードに強い半面、アスファルト上でのハンドリングや燃費性能は多少犠牲となります。

オールシーズン

ある程度の積雪路にも対応可能で、通年使用できるタイヤです。ただし、氷上グリップ性能はノーマルタイヤと変わらないことを忘れずに。

ハイウェイテレーン

アスファルトなどのオンロード走行を重視したSUV用タイヤ。泥濘地や雪上路でのグリップはほとんど期待できません。

マッド&スノー

泥濘地と雪上路もある程度は走行可能。タイヤのサイド部分に「M+S」の表示があればマッド&スノータイヤであることを意味します。

ハンドリング

舗装路での走行性能が高いハイパフォーマンスタイヤ。高重量・高荷重・高出力のSUVに合わせたセッティングが施されています。

スポーツの場合

比較的高価格なスポータイヤですが、最近のホイール径大型化傾向に伴いますます高額になっています。それだけに求める性能にぴったりと合うタイヤを選びたいもの。まずサーキットを走るか否か、加えてウエット性能や静粛性が選ぶポイントとなります。また、耐摩耗性の幅も大きく、その見極めも重要です。

スポーツ向けのタイヤ分類

各タイプの特徴と代表的なブランド

リアルスポーツ

基本は一般の舗装路向けながら、サーキット走行時にラップタイムの向上を狙うための性能も重視。燃費や耐摩耗性は二の次となる場合も。

スポーツコンフォート

ラグジュアリーカーに適した静粛性や乗り心地のよさを追求しつつ、ハンドリングやウエット性能も高い次元を追求しています。

プレミアムスポーツ

運動性能に第一のプライオリティを置きながら、サーキットでのラップタイム向上のようなとがった性能よりも上質感を重視しています。

カジュアルスポーツ

軽めにスポーツ性を高めながら、トータルバランスのよさを追求。本格的なスポーツタイヤほどの性能は不要という走り好きの人に選ばれています。

モータースポーツ

モータースポーツ競技で使うことを前提としたタイヤで、耐摩耗性などの日常性は考慮されていないなど、公道で乗るには注意が必要です。

便利な性能をチェック

ランフラット

ランフラットタイヤとは?
特殊な構造によりパンクしても走れるタイヤ

サイド部分の硬度を高くするなどの特殊な構造により、パンクをして空気圧が低下しても80km/hを上限にそのまま走行可能となるタイヤのこと。

ランフラットタイヤを探す

低燃費(エコタイヤ)

エコタイヤとは?
履くだけで燃費の改善効果が期待できるタイヤ

転がり抵抗の低減などにより低燃費をもたらす性能を備えたタイヤのこと。相反するウエットグリップも年々向上し高性能化しています。

低燃費タイヤを探す

「サイズ表記項目」をチェック

外形とリム径の詳細

ホイールサイズ

ホイールの外径を示し、リム径とも呼ばれます。ホイールのリムはタイヤとホイールが外れないように押さえる役割を果たすため、ホイールに適合するタイヤを選ぶ必要があります。

ホイールサイズから探す

タイヤ幅

タイヤを前後方向から見たときの幅の数値で、サイド部にあるもようや文字などは含みません。太いとハイグリップ、細いと低燃費傾向になります。

タイヤ幅から探す

外径

負荷を加えていない状態のタイヤの直径のこと。外径を変更すると速度計が狂ったり、ギヤ比が変わることで駆動系を痛めたりすることも。

外径から探す

総幅

タイヤをリムに装着して空気圧を規定値に満たし、接地しない状態にして計測した幅のことをいいます。サイド部の文字や飾りも含みます。

総幅から探す

偏平率

タイヤの幅に対する断面の高さを示したもので、単位は%。数値が小さいほど横から力を受けても接地面積が減少しにくく走行性能が高くなり、高いとタイヤのたわむ量が増えるので、乗り心地がよくなる傾向に。タイヤの断面幅をタイヤの高さ(mm)で割った数字に100をかけると算出できます。現在の感覚では50以下になるとスポーツ寄りといえます。

偏平率から探す
偏平率のメリット・デメリット表

ロードインデックス

荷重指数とも呼ばれ、そのタイヤが1本で支えられる最大の負荷能力を示します。一般的な乗用車では選ぶ際に気にする必要はありません。

速度記号

そのタイヤが走行可能な速度の上限を示す記号。アルファベットで表示され、Lなら120km/h、Hなら210km/hなど上限速度が定められています。最高速度に余裕があるとそれだけ性能にも余裕があるといえます。

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止