価格.com

自動車・バイク

タイヤの選び方【FAQ/用語集】

4.FAQ/用語集

「FAQ(よくある質問と回答集)

カーライフを送るに当たり、タイヤに関する素朴な質問とその答えを紹介します。知らなかったり、勘違いしたりしたままでは思わぬトラブルを招くことがあるのでご一読ください。

Qタイヤの交換時期はどう判断しますか?

Aスリップサインと経過した年月で判断します

一番太い溝の中にスリップサインという凸状部分が見えるようになったら要交換です。スリップサインのある場所は、タイヤの側面に△マークで示されており、3〜4か所あります。また、タイヤは摩耗していなくてもゴム成分が硬化すると本来の性能を発揮しなくなるので、製造から4〜5年たったタイヤは賞味期限切れと認識して、速やかな交換を推奨します。製造年月もタイヤの側面に記されているので、中古車では買う際に必ずチェックしてください。

スリップサインの詳細
Qインチアップとはなんですか?

Aホイールの直径を大きくすることです

ホイールの径を大きくするとホイールのデザインが目立つようになり、見栄えがよくなります。また、タイヤの外径を変えずにホイール径を大きくすると、偏平率は低くなります。タイヤの偏平率を低くするとタイヤのたわむ量が減るので剛性が高くなり、操縦安定性がよくなる効果が期待できますが、乗り心地が悪化する恐れがあります。

外形とリム径の詳細
Qインチアップが可能な範囲は?

A純正サイズから2インチ程度です

車種や元のインチ数にもよりますが、基本的には純正サイズの2インチまでがおおむね問題なくインチアップできる範囲といえます。それでも2インチアップの場合、見た目には問題がなくても、カーブなどで車体が傾いたときにタイヤがタイヤハウスの内側(インナーフェンダーと呼ばれる部分)と干渉する場合があり、タイヤを痛めたり車の挙動を乱したりする恐れがあります。その車の純正オプションで設定されている範囲なら安心です。

Qスリップサインが出たらどうなりますか?

A滑りやすくなり大変危険です

スリップサインが出たら、タイヤの性能はかなり低下していると認識してください。特に雨の日は滑りやすくなり大変危険です。車種や運転の仕方にもよりますが、おおむね3万キロ走ったタイヤはかなり摩耗が進んでいると認識すべきです。溝の深さが1.6mm以下になると道路交通法違反にもなり、きわめて危険な状態に。タイヤの溝がなくなってもドライグリップは問題ないと考える人もいますが、もちろんドライ路面でもすべての性能が低下し危険です。

Q釘が刺さっているけどパンクはしていません。走っても大丈夫でしょうか?

A速やかに交換してください

パンクの原因で最も多いのは釘やボルト類が刺さることです。刺さった釘などが小さい場合は直ちに空気圧が下がることもなく、普通に走れたりするので、整備や点検の際に気がつくことが多いです。その時点では普通に走れていたとしても、やがて内部の空気は抜け始め、高速走行などでタイヤへの負荷が大きくなれば急激に状態が悪化したりするので速やかに交換してください。刺さった釘などは抜かないほうが状態は悪化しづらいです。

Q空気圧を変えるとどうなりますか?

A車の挙動や燃費などの性能も変化します

規定値から高くすると燃費はよくなりますが、乗り心地は悪化します。一方、低くすると接地面が増えてグリップがよくなる半面、ふらつき量も増える傾向に。いずれも耐久性が悪化するなど弊害もあり、総合的には規定値から変えることのメリットはほとんどありません。変えるなら上下0.1〜0.2kgf/cm2の範囲で。また空気圧は自然に下がるものなので、パンクなどの異常を発見するためにも2週間に一度程度はチェックしたいところ。無料で実施してくれる給油所もあります。

Qスタッドレスタイヤは夏でも走れますか?

A最新モデルならおおむね問題ありません

日欧米のタイヤメーカー大手が発売している最新モデルのスタッドレスタイヤなら、真夏でもおおむね問題なく走行可能です。ただし、ノーマルタイヤよりもグリップ性能、特にブレーキ性能やウエットグリップは低い状態のままであることを忘れずに。スタッドレスタイヤを通年履き続けることは推奨できませんが、最新モデルはドライ路面でも摩耗が進みにくい構造なので、早めの時期から履き始めてください。

Qスタッドレスタイヤに交換する時期はいつ頃?

Aなるべく早めがオススメです

日欧米のタイヤメーカー大手が発売している最新モデルのスタッドレスタイヤは、いずれもドライ路面での耐摩耗性が高くなっているので、なるべく早めの交換を推奨します。関東甲信越地方でも11月末にまとまった積雪を記録するなど、近年は気候の変動が激しいので、関東、東海、関西の都市部でも11月下旬ごろから履き替えておけば安心でしょう。雪が降ったり、積雪の予報が出たりすると整備工場はタイヤ交換客で大混雑します。

Qスポーツカーに低燃費タイヤを装着するとどうなりますか?

A安全性が損なわれる場合も

燃費がよくなる効果は得られますが、実用車向けの低燃費タイヤを装着した場合は、スポーツカーらしい走行性能が損なわれます。スポーツカーは高出力である場合が多いので、スポーツ性能の低いタイヤではグリップ力が追いつかず安全性が損なわれる恐れもあるので、できれば避けたい組み合わせです。スポーツカーはタイヤ幅、インチ数とも大きくなっており、低燃費タイヤではサイズ設定がない場合が多いことも含め、あまり現実的ではありません。

Q低価格のアジアタイヤを選ぶ場合の注意点はありますか?

Aおおむね安心できますが、低価格品の性能はそれなりです

ひと昔前までは不安要素が多々ありましたが、最近は技術力が向上し、日本市場で普通に流通しているものに限れば、危険性を伴うような粗悪品はほぼなくなりました。韓国のハンコックは日欧米並みの性能と品質になったといえるでしょう(値段も上がりました)。低価格品は、燃費や極限域での限界性能、摩耗が進んだ後の性能の落ち幅の大きさなどに関する品質がまだ日欧米製タイヤに及ばないものが多く、それらの性能が気になる人は避けたほうが気分よく乗れます。

用語集

トレッドパターン
タイヤが路面と接する面にある溝の模様やデザインのことで、駆動力を伝えたり、衝撃を吸収したりします。進行方向に対して縦の溝をリブと呼び、主にぬれた路面の排水を担い、ラグと呼ばれる横の溝は路面をかむ役割を果たします。これらの溝とゴムの材質がタイヤの性能を左右します。
片減り
左右、またはタイヤの内側と外側で極端に摩耗の進み具合が異なっている状態のこと。タイヤは駆動方式や車体の重量配分、車輪の位置により摩耗の仕方が変わってきますが、アライメントが狂っていたり、乱暴な運転をしたりすると片減りしやすくなるので、点検や調整が必要となります。
ローテーション
たとえばFF車(フロントエンジン・フロントドライブ方式の車)はフロント部分が重く、タイヤに掛かる負荷が大きいのでフロントタイヤのほうがリアタイヤよりも早く摩耗が進みます。多くの車は前後でタイヤの摩耗速度が異なるので、定期的に前後タイヤの位置を入れ替えることで四輪の摩耗を均一化させる必要があります。
更生タイヤ
再利用タイヤのこと。トレッド面の摩耗が進んでも、骨組みや側面部分などに損傷がなく強度が保たれていれば、摩耗したトレッド面をはがして新しいトレッド面を貼り付け、再び新品に近い状態にすることができます。資源の有効活用になりますが、すべてのタイヤで実施できるわけではありません。
非対称パターン
トレッドパターンの形状が内側と外側で異なるタイヤのこと。旋回状態になるとタイヤは内側と外側で掛かる負荷の質が異なるため、それに合わせた性能を与えると効果的です。たとえば外側は踏ん張るためのグリップ重視のパターン、内側は排水性をよくするためのパターンを採用します。
ハイドロプレーニング現象
走行中、タイヤが水たまりの上に乗ってしまい、路面との密着性を完全に失った状態のことで、すべての操作が効かなくなる危険な状態です。ステアリングの手応えがなくなることで気がつきますが、グリップが回復するのを待つしかありません。摩耗が進んだタイヤで起こりやすくなります。
ラジアルタイヤ
タイヤの骨格部分に当たるカーカスをタイヤの進行方向と直角に、タイヤを横から見ると中心から放射状に重ねて構成し、その上に進行方向の向きにベルトを巻きつけて作られるタイヤのこと。乗用車向けタイヤの主流ですが、かつてはカーカスを斜めに交差して構成するバイアスタイヤも使われました。
スリックタイヤ
トレッド面に排水用の溝がないタイヤのこと。路面との接地面が最大限に大きくなるのでドライ路面では強力なグリップ力を発揮しますが、ぬれた路面ではきわめて滑りやすくなり、著しく安定性が損なわれるため公道での使用が禁止されています。レースやサーキット走行専用のタイヤです。
テンパータイヤ
パンクしたときに備えた応急用のタイヤのこと。正式にはテンポラリータイヤと呼ばれ、トランクルーム内の省スペース化や軽量化のため、標準装着されているタイヤよりも小さくて細くなっています。あくまで応急用のため、速度は最高でも80km/hまでに抑える必要があるなど制約があります。
タイヤバランス
どんなタイヤもホイールも厳密には完全な真円ではなく、ごくわずかながら各部の重さにバラつきがあるため、ホイールの内側にバランスウエイトと呼ばれる小さな重りを装着して回転時のバランスを調整する必要があります。

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止