価格.com

ローン

カードローン比較

価格.com カードローン比較 低金利・即日融資可能などからお得なカードローンを見つけよう

カードローン 簡単検索

  • 借入予定額

  • 金融機関

  • 借入方法

  • こだわり条件

  • 職業

    地域

検索結果を見る

カードローン 借入レポート

(ユーザーから投稿されたクチコミ・評判)
  • 4

    借り入れの際には、コンビニならどこでも引き出しができ、返済の際にもどこからでも返せて1000円から出来るのでちょこちょこ返したりしてました。金利も最初は高かったのですが、借り入れの見直しの際に金利が下がり、リボ払いするより全然安かったので高い買い物の 続きを読む 際には利用する前提にできました。

  • 【審査スピード】
    午前中に申し込み→昼過ぎにメールで仮審査結果→30分後には在籍確認が終わって本審査通過の電話連絡
    つまりめっちゃ早かった

    【借入金利】
    借入額が少ないので他社との差はほとんどなし
    それでも消費者金融系ローンに比べると数%低い

    続きを読む サービスの質】
    対応が早く、電話口の人も色々な質問にすぐ答えてくれた

    【借入のしやすさ】
    そこらにほとんどのATMでできるので良
    電話やネットで振り込み手続きもとれる

    【返済のしやすさ】
    定額返済で残高不足の心配が少ない
    私の場合は余裕のある時に一括で返しましたが

    【総評】
    当時、年収100万以下のアルバイトで他社借り入れも30万ほどあったのに10万の枠で審査が通りました。
    クレヒスなどないにしてもさっくり審査通過したので驚いたことはよく覚えています。

    文句なしに最高です

  • 借り入れ上限額が300万円以内での申し込みであれば、ウェブ上で契約が完結するという利便性に惹かれ利用しました。
    ネットで申し込んだ後に、メールで返信があり本人確認資料などをアップロードします。向こうで確認の後、本人確認の電話が自宅にあり、OKであれば
    続きを読む ネット上で契約手続きを行います。一週間ほどでローンカードが到着するので、それをATMなどで利用し借り入れを行うので簡単でした。
    金利は13.5%なので結構安くお得でもあると思います。

  • 初めてカードローンを利用しようと無人店のATMにいって契約したのですがいろいろと審査があります。勤めている会社や免許、過去に他で借入の有無などをしっかりと聞かれますが幸い私は過去にキャッシング会社、いわゆる消費者金融系のカードローンを利用した事がなか 続きを読む ったので1時間ほどで審査はスムーズに進み、即時にカードを発行されキャッシングが可能となりました。はじめてお金を借りると言う行為はなかなか不安と恐怖で思い腰になりがちですが、最近の銀行系のカードローン会社はしっかりと厳しい審査があるので不安等はむようだと思います。

カードローン よくある質問

  • カードローンに表示されている「実質年率」は、「年利」とどう違うの

    実質年率とは、借入金額に諸費用をプラスして計算した実質上の金利を指します。
    カードローン会社によっては、カードローンの月々の返済額に、元金+利息だけではなく、手数料や保証料なども入れてくることがあります。それらの諸費用も「利息」に含めて計算したものが
    続きを読む 「実質年率」です。

    つまり、実質年率で計算すると、元金以外でカードローン会社に支払う金額の全額が分かるのです。対して、手数料など抜きで単純に元金にかかる利息だけを計算したものは「表面金利」と呼びます。単純に「年利」とだけ言った場合は、この表面金利を指すことが多いです。

    実質年率を用いれば、自分が支払うべき利息がはっきり分かります。計算方法は「借入残高×実質年率÷365×借入日数」。たとえば、借入残高15万円で実質年率20%、1カ月(30日)借りた場合、支払うべき利息は15万円×0.2÷365×30=2465円。つまり借入から30日後に15万2465円払えば完済です。

    カードローン会社は利息を実質年率で表示することが法律で定められています。そのため、実質年率の記載がない金融業者は注意しましょう。悪徳業者だと、金利を安く見せるためにあえて「年利」「月利」を表示し、実際には高額な手数料や保証料を上乗せして請求するケースがあります。借り入れ前に契約書類はしっかり確認しておきましょう。

    また、実際のところ、ほとんどのカードローン会社は、手数料や保証料などは無料で、返済額に含めて支払わせることはありません。諸費用を含めた実質年率といっても、ほぼ元金に対する利息と考えても良いでしょう。

  • カードローン契約者が死亡した場合、返済はどうなるの?

    基本的には、相続者に負債として相続されます。
    カードローンで借り入れを行った契約者が、返済途中に死亡してしまったらどうなるのか、契約者や身近な人が契約している人は気になるところでしょう。
    続きを読む

    基本的に、契約者の死亡時に残った返済額はそのまま「マイナスの遺産」として、法律で決められた相続者へ相続されます。他に土地や貯蓄などのプラスの遺産があり、それを相続したい場合は、カードローン残額も一緒に相続しなければなりません。

    プラスの遺産とマイナスの遺産を合算してプラスになれば、多くの人は相続してカードローンを返済しますが、マイナスが残る場合は「相続放棄」を選ぶ人がほとんどです。相続人になったことを知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申し立てれば、相続を放棄できます。この手続きを経ればカードローンの返済は免除されますが、他のプラスの遺産も受け取ることもできません。

    まれに、死亡者がカードローンを利用していたことを知らず、相続者がその他の遺産を相続したあとに残債の支払い督促が届くトラブルがあります。この場合、他の遺産を相続してしまっている以上、それまでの遅延損害金・利息を含めた残債を支払う義務が発生してしまうので注意しましょう。

    かつては、多くのカードローン会社は「団体信用保険」に加入していました。これは一種の生命保険で、契約者の死亡後、残債分が会社に保険金として支払われる仕組みです。この場合、死亡したあとの残債は自動的に生命保険会社が支払うため、相続者の支払いは免除されていました。しかし、団体信用保険に関してはさまざまな問題点が指摘され、大手のカードローン会社は2006年ごろから一斉にこの保険の取り扱いを中止しています。

  • 住宅ローンを組んでいてもカードローンを利用できますか?

    住宅ローンは総量規制の対象外のため、利用可能です。
    住宅ローンを組んでいても、カードローンを利用することはできます。カードローンなど無担保のローンについては「総量規制」の対象で、年収の3分の1以上の借り入れはできません。
    続きを読む しかし住宅ローンは総量規制の対象外です。住宅ローンだけでなく、マイカーローン、事業者ローンなど、借り入れの目的が明確に決まっていて、さらに担保があるローンについては総量規制の対象ではありません。

    カードローンの審査でも、他社のカードローン借り入れについては必ずチェックしますが、住宅ローンなどについてはあまり問題視されません。銀行によっては、住宅ローンの貸し付けを行っている利用者向けに使途自由のローンカードを発行していることもあるぐらいなので、住宅ローンの延滞などがない限り、カードローンは利用できると考えて良いでしょう。

    ただし逆の場合、つまり、カードローンを組んでいる状態で住宅ローンを利用するのは難しいです。住宅ローンの審査において、カードローンの借り入れ実績があったり、さらにまだ完済していなかったりするのは、減点対象となるからです。借り入れの残額や年間の返済額によりますが、カードローン利用中には住宅ローンの審査はなかなか下りません。もちろん、自分以外の家族が名義人となって住宅ローンを組む場合は、あなたがカードローンを利用中であっても問題はありません。

    住宅ローンとカードローンは、借り入れる順番や方法に気をつければ併用可能なローンです。しかし内容は違っても、ふたつのローンがあるとそれだけ家計に負担がかかることは間違いありません。特に、住宅ローンが返せないからとカードローンを利用するのは負債が膨らむだけなので、絶対に避けたいところです。

  • カードローンの利息を下げてもらうことってできますか?

    借入初回・借入直後はなかなか難しいですが、返済実績を作れば下げてもらえる可能性は高いです。
    カードローンで借り入れするときにかかる利息・利率は、据え置きではありません。定期的な見直しもありますし、交渉して下げてもらうことも可能です。
    続きを読む

    カードローン会社は、定期的に利用者の借入・返済状況をチェックしています。会社によって基準は異なりますが、借入金額が数十万円以上とある程度高額で・1年以上利用している状態で、かつ毎月延滞なく返済している、などの条件を満たしていれば、金利引き下げの見直しがされることが多いようです。

    また、一般的には1年以上利用していれば再審査の対象になるので、借り入れ当初より収入が上がった・他社の借入を完済したなど、審査に有利な要素が増えているなら、再審査をお願いすれば利率が下がる可能性があります。

    利息を下げる交渉が一番成功しやすいのは、先ほど挙げた、長期にわたり借入を行い、問題なく返済を続けている優良顧客です。とりわけ、2010年の貸金業法改正・完全施行前から借入している人は、改正前の高い利率で利用実績があるため、利息も下げてもらいやすいです。

    さらに、まったく逆ですが。返済が滞りがちだったり、他社から多額の借入があったりする人も、事情を話せば金利を下げてもらえることがあります。これは、破産や任意整理などで元金の回収が困難にならないようにするために行う、一種の救済措置です。ただし、これで金利を下げてもらうと、完済後は限度額が下がったり、あるいは審査で落ちてしまったりする可能性も高くなることは覚えておきましょう。

  • クレジットカードのキャッシング機能とどちらがおトクですか?

    平均的な金利の低さや返済方法の柔軟さでカードローンが有利なことが多いです。
    緊急時に必要になった金額にもよりますが、カードローンとクレジットカードの2枚持ちにしておけば、金額や支払方法等を組み合わせて、上手に使うことができるかもしれません。詳しく読む

カードローンの基礎知識まとめ

カードローンとは、そもそもいったいどんな商品なのでしょうか?既に利用中の方にも、はじめてカードローンを利用される方にもわかりやすく解説していきます。

  • カードローンとはどんな商品?

    カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関から無担保でお金を借りることができ、借りたお金は分割で返済することが可能なローンのことです。

    銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融などさまざまな金融機関が提供しており、それぞれ金利や返済方法などが異なりますが、いずれも利用するにはカードローン会社の審査を受けなければなりません。この審査によって、金利や最大いくらまで借りられるかという利用限度額が決まります。

    カードローン会社による信用情報の確認後にご利用限度額の決定がある説明図

    カードローンのメリット

    資金使途が原則自由

    カードローンでは、借りたお金の使い道が限定されていないため、お金を自由に使えます。
    住宅ローンや自動車ローンなどの資金使途が定められたローンで借りたお金は、住宅や自動車購入のために利用しなければいけませんが、カードローンは、生活費や交際費の足し、海外旅行の費用に利用することもできます。
    ※銀行系カードローンなどでは、事業性資金として利用はできません。

    また、利用限度額の範囲内であればATMなどから何度でも自由に借入することができます。身近な方法で自由に、借入と返済を繰り返すことができる点が、カードローンのメリットといえます。

    保証人や担保が原則不要

    借入に際して、保証人や担保の差し入れは必要ありません。ただし、学生は親の同意、専業主婦などは配偶者の同意が必要な場合もあります。

    コンビニのATMやスマホにも対応

    最近ではコンビニのATMやパソコン、スマートフォンから24時間いつでも借入れや返済ができるなどますます利便性が高まっています。

    カードローンのデメリット

    ほかのローンに比べて金利が高い

    カードローンは無担保で借入れできるため、カードローン会社はリスクを考慮し、ほかのローンに比べて、金利を高く設定しています。

    また借入限度額までは何度でも繰り返し借入ができるため、癖になりやすく、借金の総額がわからなくなったりするケースもあるので、計画的に利用することが必要です。

    リボルビング方式は、完済までに時間がかかる

    返済方法は、多くのカードローン会社はリボルビング方式を採用しています。リボルビング方式は、毎月の支払額が少なく抑えられていることもあり、返済総額も認識しにくく、すべてを完済するまでに時間がかかり、金利負担も大きくなってしまう傾向があります。

  • カードローンの種類と特徴を知ろう

    カードローンには「銀行系」「消費者金融系」「信販系」の3種類があり、それぞれ特徴があります。審査スピードや金利以外にもサービス内容で差別化を計っています。それぞれの特徴を理解して、自分の目的にあったカードローンを選びましょう。

    カードローンの種類 主な取扱業者
    銀行系カードローン
    (ネット銀行を含む)
    三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、オリックス銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行 など
    信販系カードローン 三菱UFJニコス、三井住友カード、オリックス・クレジット、オリエントコーポレーション、クレディセゾン など
    消費者金融系カードローン プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット など

    銀行カードローンは信頼性と安心感が高い

    メガバンクや地方銀行、ネット銀行が提供するカードローンです。発行元が銀行であることから、多くの人が安心して借りられると感じるようです。流通・信販系や消費者金融系と比べて金利が低く抑えられているところも特徴のひとつです。

    消費者金融は審査が早く即日融資に対応

    他の金融機関のカードローンと比べて審査や融資が早いのが特徴です。金利は、銀行カードローンに比べて金利が高く設定されがちですが、借入から一定期間は無利息になるサービスを実施する会社もあり、急にお金が必要になったときに役立ちます。

    信販系カードローンは独自のサービスで差別化

    クレジットカードを発行する信販会社などが提供しているカードローンです。提携しているホテルやレンタカーが優待価格で利用できるといった独自の特典やサービスを用意している場合があります。金利は銀行カードローンより高めに設定されがちです。

  • ここをチェック!カードローンを選ぶ際の条件

    カードローンには「銀行系」「消費者金融系」「流通・信販系」の3種類があり、それぞれ特徴があります。審査スピードや金利以外にもサービス内容で差別化を計っていますので、それぞれの特徴を理解して、自分の目的にあったカードローンを選びましょう。

    カードローンの選び方として、必ずチェックしたいポイントを5つ紹介します。

    1.法令を遵守している会社であるか確認する

    カードローンは契約してお金を借りるという性質上、万が一悪質業者を利用してしまった場合、大きな損害をこうむる可能性があります。最悪の場合、人生を左右する事態にもなりかねません。そのため法令を遵守している会社のカードローンを利用しましょう。

    2.できるだけ金利が低いカードローンを選ぶ

    金利はできるだけ低い方が、返済総額が少なく済みます。特に長期・多額の借入は返済に時間がかかり支払う利息もかさんでしまうため、できるだけ低い金利のカードローンを選びましょう。

    一般的に、消費者金融系カードローンは審査や融資スピードが早く金利は高めに設定され、銀行カードローンは審査や融資に時間がかかるものの比較的金利は低めに設定されています。
    おおまかに消費者金融系の金利は18%前後が多く、銀行系の金利は15%前後のところが多いようです。

    金融機関が利用者にお金を貸す際の金利は、出資法および利息制限法で定められておりその上限金利は「年率20%」。これを超える金利で貸付けを行った場合には刑事罰が課せられます。そのため、カードローン会社は20%以内の金利を提示しています。

    利限法上限金額と出資法上限金利の説明図

    3.借入や返済時の手数料の有無を確認

    返済方法によっては借入や返済をする際に手数料が必要になる場合があります。特に返済は、毎月行う必要があるため、少額だからといって毎回手数料を払っていると、いつの間にか1万円を超える手数料を払っていた、ということにもなりかねません。

    特にATMについては利用するATMや利用時間によって注意が必要です。
    インターネット返済や口座引き落としは、ほとんどのカードローンで無料ですが、ATMを利用する際は、手数料がかかるケースがあります。

    4.希望の金額を借りることができる

    希望額を借りられるかどうかは、利用者にとっては重要なポイントです。特にまとまった金額を借りたい場合には、最大借入限度額を基準に選ぶのもいいでしょう。

    ただし、審査の結果によっては少額の借入しかできないこともありますが、返済実績を積み重ねていけば、借入上限金額を引き上げることも可能です。

    5.利用・返済の利便性が高いこと

    返済に面倒な手間がかかるようだと、返済遅れや滞納につながります。そのため「日常的によく通る道や立ち寄る場所にATMがある」「コンビニATMが利用できる」「インターネットで借入れ・返済ができる」など、自分の都合に合わせて利用・返済がしやすいことは、カードローンを選ぶ上でも大きなポイントになります。

  • カードローンの金利比較のポイントはココ!

    カードローンを選ぶ際、借入限度額(最大いくら借りられるか)や借入タイミング(いつ借りられるか)など、それぞれ気になるポイントは異なりますが、多くの人が一番気にするのは「金利(実質年率)」ではないでしょうか。金利は適用される利率によって、利息が変わるため返済額に差が出ます。

    具体的な例をもとに、利息を比べてみましょう。
    たとえば、「最低金利3.5%〜最高金利14.8%」のカードローンで、100万円を1ヶ月間(30日間)、最低、最高それぞれの金利で借りるとします。

    例)100万円を1ヶ月間借りた場合の利息の比較

    ・最低金利3.5%の場合
     100万円×3.5%÷365日×30日間=2,877円

    ・最高金利14.8%の場合
     100万円×14.8%÷365日×30日間=12,164円

    ※ 小数点以下四捨五入で計算(カードローン会社によって計算方法が異なる場合があります)

    利息を計算してみると上記のようになり、同じ金額を、同じ期間で借りた場合でも、利息に約4倍の差がつくことになります。

    カードローンの金利は「○.○〜○.○%」と幅がありますが、基本的にはじめて利用される場合は、上限の最高金利が適用されるケースが多いのです。そのため、金利を抑えたい方は、上限金利が低いものから選ぶとよいでしょう。

    金利によって、返済の負担に大きく差が出てくるため、金利はしっかり比較して、できるだけ低金利のカードローンを利用するようにしましょう。

  • カードローンの審査で見られるポイントとは?

    カードローンでお金を借りるには、必ず審査に通る必要があります。「審査」と聞くと、それだけで「厳しそう」「通るか心配」と不安に思う人もいるかもしれません。 ここでは、審査で重視される項目や審査の流れについて解説します。

    審査でみられる4つのポイント

    申し込みをした人が「借りたお金をきちんと返済する能力がある人なのか」を審査します。
    審査の基準は会社によって違いますが一般的には、次の4つの項目が審査のポイントといわれています。

    審査ポイント1:信用情報
    審査において信用情報が最も重要視されています。信用情報とは、住宅ローンやクレジットカード等の借入状況や借入額、返済状況などについて、個人ごとに記載されているデータのことです。カードローン会社が「指定信用情報機関」のデータベースに問い合わせ、申込者の信用情報をもとに審査が行われます。 ここに支払の延滞や債務整理の記録があると、「借りたお金を返済する能力がない」と思われ、審査が通りづらくなります。

    指定信用情報機関に登録される主な信用情報
    情報の種類 主な内容
    @個人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先など
    A取引に関する情報 借入日、金額、入金日、借入残高、入金予定日、完済日など
    B取引から発生する情報 返済状況(支払の延滞などを含む)、債務整理などの措置がとられた場合の情報

    審査ポイント2:継続した安定収入
    年収が低くても、安定した定期収入があれば返済能力があるとみなされます。アルバイトやパートの方などでも、定期的な収入があれば、比較的審査が厳しいといわれている銀行カードローンの審査にも通るようです。

    審査ポイント3:住居状況
    住まいが持ち家の場合は、いざというときに住まいを売却して、返済できるため、審査に通りやすいといわれています。また、居住年数が長いほど「安定した生活をしている」とみなされて審査に有利です。

    審査ポイント4:他社からの借入状況
    他社からの借入件数と借入額が多い人は、審査に通りにくくなります。 また、 一度に複数の会社に申し込んだり、ほかの会社から申し込みを断られたりした事実も信用情報には記載されます。「なぜ一度に複数の会社申し込んでいるのか」「どうして断られたのか」と疑問を持たれることは、審査にとって悪影響を与えます。

    審査にかかる時間は最短30分から

    審査にかかる時間は、会社によって大きく異なります。申し込みから最短30分で結果がわかる会社もあれば、2日程度かかる会社もあります。

    即日審査の会社であっても営業時間外や、14時以降などは即日審査とならない場合があります。また、高額の借入れを希望した場合も、審査を慎重に行うため通常より時間がかかることがあるようです。
    スムーズに審査してもらうには、次のポイントに注意するとよいでしょう。

    • 午前中に審査に申し込む
    • 借入希望額を必要最小限にする
    • 申込書類に不備や間違いがないようにする
  • カードローンの返済方法を知ろう

    カードローンでは借りることに目が行きがちですが、返済も忘れてはならない大事なことです。カードローンでは、返済のタイミングや返済の種類があり、それらの組み合わせによって総支払金額は大きく変わります。

    返済のタイミングと返済額の違い

    ■ 約定返済(やくじょうへんさい)
    約定返済とは、あらかじめ毎月契約で決められた期日(約定返済日)に、決められた金額(約定返済額)を返済する方法です。約定返済額は、カードローン会社によってそれぞれ決められており、借入額(借入残高)に応じて返済する最低金額が定められています。

    ■ 随時返済/繰り上げ返済(ずいじへんさい/くりあげへんさい)
    好きなタイミングで返済する方法を随時返済または繰り上げ返済といいます。随時返済で払った金額はすべて元金の返済にあてられるため、随時返済の利用が利息削減や早期完済のポイントです。資金に余裕がある月などに、毎月の約定返済額に上乗せして返済することで返済総額を早く減らせます。

    返済の種類は大きく4つ

    返済方法は大まかに4種類あり、それぞれ異なるメリットやデメリットを持っています。自分の性格や生活スタイルに合ったものを選んで利用しましょう。ただし、カードローン会社によって取り扱っている返済方法やサービス内容が異なります。事前にホームページなどで気になる点をチェックしておくとよいでしょう。

    ■ ATM返済
    カードローン会社のATMにカードを持参し、ATMから現金を返済する方法です。ATMは自社が運営しているもののほか、金融機関のATMやコンビニや駅、スーパーなどに設置された提携ATMも利用できます。

    ■ ネットバンキング返済
    パソコンやスマートフォンを利用してインターネット上の会員ページにログインし、会員メニューや会員アプリから返済する方法です。カードローン会社によっては、事前にインターネット取引の利用登録が必要な場合があります。

    ■ 口座引き落とし
    銀行口座から返済金額を自動的に引き落としてもらう方法です。事前に返済用口座を登録、または、金融機関指定の口座を開設する必要があります。

    ■ 店頭窓口返済
    カードローン会社の店舗へ行き、店頭窓口で現金を返済する方法です。返済計画などを相談しながら返済できます。

    カードローンを賢く返済するポイントは、「返済総額を減らす」「手数料負担を減らす」「便利な返済方法を活用する」の3点です。

    • 随時返済(繰り上げ返済)で返済総額を減らす
    • 手数料無料のATMを利用する
    • 利便性の高いスマートフォンアプリやネットバンキングを利用する

    カードローンの返済は、リボルビング払いが多く、返済期間が長期で利息も大きくなるため、繰り上げ返済の活用や手数料無料のATMを利用するなど、自分の性格や生活スタイルに合ったものを選び、利息や手数料をなるべく減らすよう心掛けることが大切です。

  • ※ 価格.comカードローン比較に参画する金融機関によって提供されたPR情報が含まれています。
  • ※ 本サービスはローン商品等に関する情報の提供を目的としており、ローン契約締結の代理、媒介、あっ旋等を行うものではありません。カードローン商品は計画的にご利用ください。
  • ※ 当社では各金融機関の商品に関するご質問にはお答えできません。各金融機関に直接お問い合わせください。詳細は「ローン比較サービス利用規約」を必ずご覧ください。
  • ※ 掲載しているローン商品等に関する情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報は各金融機関のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定キャンペーンやその他キャンペーンについては各掲載金融機関において実施されるものであり、掲載金融機関による募集要綱等を十分にご確認ください。

このページの先頭へ

  • カードローンの情報サイト価格.com

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止