カードローンを使用したいとき、まずはHPで自分がローンを組めるのか確認を

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. カードローン比較 > 
  4. ケーススタディ > 
  5. 借り方 > 
  6. カードローンを使用したいとき、まずはHPで自分がローンを組めるのか確認を

2014年8月5日掲載

ケーススタディ

カードローンを使用したいとき、まずはHPで自分がローンを組めるのか確認を

カードローンを使用したいとき、まずはサイトで自分がローンを組めるのか確認を 病気や怪我による入院や、出産、結婚など、急にお金が必要になることも。万が一に備えて知っておきたいのが、安全なカードローンの組み方です。まずは、カードローンを利用したいときの最初のステップを紹介します。

急に大金が必要になってカードローンを利用したいけれども、その利用方法がわからない。そんな時、最初にまず確認するべきことは「自分はカードローンを利用できるのかどうか」です。なぜなら、カードローンは利用者の年齢、年収、雇用形態など様々な条件によって、ローン利用の可否はもちろん、借りられる金額や条件は変わってくるからです。

カードローン会社のサイトのチェック診断を利用しよう!


まずはカードローン会社のサイトをチェック!

では、どうやって自分がカードローンを利用できるか確認すればよいのでしょうか。

方法としては、店舗や電話でローン会社に直接問い合わせをしたり、無人のATM機で審査を受けるなど様々なものがありますが、なかでも最近主流になりつつあるのは、カードローン会社のサイトを利用するというもの。誰にも会わずに済む上、自宅でほんの数分で融資可能かどうか診断することが可能です。

手順としては、カードローン会社の公式サイトにアクセスし、まずはそのサイト内にある融資可能かどうかのチェック診断を受けてみましょう。診断といっても、年齢や職業、年収やほかの金融機関からの借入金額などを入力するだけ。ほんの数秒で融資が可能かどうかをチェックすることができます。

また、すでに借入金額が決まっている場合は、サイト内にある仮見積もりサービスを利用すると、返済期間や毎月の返済額など、自分の借入希望金額に対する返済プランをシミュレーションができます。

低金利カードローンを探す

自分の条件に合わせて、金利や審査期間、手数料などをじっくり比較

カードローン会社は多々あるので、ひとつのローン会社だけでなく、複数のローン会社を比較検討することがオススメです。そのなかでも、特に忘れずにチェックしてほしいのが「金利」。長期間に渡っての借入や多額の借入をする場合は、金利が低いほうが返済額を低くおさえることができます。ほんの0.1%程度の差でも、金額や借入期間によっては返済額がだいぶ変わってきてしまうので、ここはしっかり確認しましょう。ただ低金利なローンは銀行系の金融機関から融資されるケースが多いため、審査が厳しい可能性が高いです。

また、カードローン会社によっては無利息期間で借入が可能なローンも存在します。この場合、定められた一定期間内に借入金を完済できるようであれば、利子はまったくかからずお金を借りることができます。期間内に返済の目処が立っている人は、こうした無利息期間つきのカードローンを利用するのも手です。ただ、一方で無利息期間内に完済できないと普通のローンに比べて割高になってしまうケースもあるので、ご注意を。

金利以外では、審査期間も金融機関によってばらつきがあるため、すぐにローンを利用したい場合は即日融資に対応してくれるローン会社を選ぶとよいでしょう。ほかにも、返済日が自分で選べるタイプか、出金や返金などの際には提携ATMのほか、コンビニや郵便局なども利用できるのか。また、入会金や年会費、手数料なども確認しておきましょう。

即日融資可能なカードローンで探す

文:藤村はるな

このページの先頭へ