カードローンの借り換えってどうすればいいの?

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. カードローン比較 > 
  4. ケーススタディ > 
  5. 借り方 > 
  6. カードローンの借り換えってどうすればいいの?

2015年4月13日掲載

ケーススタディ

カードローンの借り換えってどうすればいいの?

カードローンの借り換えってどうすればいいの? 複数のカードローン会社から借入をしていると、実は知らず知らずに損をしていることが多いことはご存知でしょうか?そんなとき、頼りになる「借り入れの一本化」、おまとめローンについて、紹介します。

「身近にあったから」「同じ会社から大金を借りるのが抵抗感がある」。そんな理由で、複数のカードローン会社を利用している……という人も案外多いのではないでしょうか。

でも、実は複数から借りてしまうと、損することもしばしばあります。いったいどんな問題点があるのでしょうか。

複数のカードローンを使えば使うほど、審査は通りづらくなる!

まず、カードローンを利用すると、その履歴は個人信用情報に登録されることになります。この個人信用情報はすべての金融機関に共有されるため、短期間に何社ものカードローンに申し込むと「多重申込者」として認定されてしまい、新たにローンを組もうとするときに審査に通りづらくなってしまいます。
なお、この情報はカードローン会社だけではなく、銀行やクレジットカード会社などの金融機関で共有されてしまうため、カードローン以外のローンを組もうと考えている人などは、特に注意したほうがいいでしょう。

少額を複数から借りるより、一括で借りてしまったほうが断然お得!

また、もうひとつの問題点は、「一箇所のカードローン会社から借りた金額が少額であればあるほど、金利が高くなる」ということ。

仮にみずほ銀行カードローンを例にとってみると、同社の場合100万円未満借り入れた場合の金利は14.0%ですが、100万円以上200万円未満の場合は12.0%と、2%も金利が変わります。さらに、借入限度額である1,000万円の場合は4.0%と金利は3分の1近く安くなります。


たとえば、現在3社から年利14.0%で80万円ずつ借りている人の場合、そのまま借り続けていれば利息は33.6万円になりますが、1社にまとめて年利9.0%で240万円で借りた場合は、利息は21.6万円と年間利息が12万円も安くなるわけです。つまり、複数社から少額ずつ借りるよりは、一社からまとめて借りてしまったほうが利息の返済額が少なくなるのです。

そのほかにも、複数のカードローン会社からお金を借りることで、返済時期や返済金額がバラバラになってしまい、うっかり返済日を忘れてしまって延滞金が追加される……なんて事態もよく起こるようです。

おまとめローンを比較する

金利の低いカードローン会社へ、ローンの一本化を!

こうした面倒くさい事態を避けるべく、複数社にカードローンの申請をしてしまったときに有効なのが「カードローンの一本化」です。まとめられるローンとしては、銀行系のカードローンや消費者金融系。さらに、クレジットカードのキャッシング枠のローンなどが対象となります。一般に「おまとめローン」という愛称で親しまれています。

基本的に借入金額が大きければ大きいほど金利が低くなるのは、どこのサービスでも同じこと。ただ、そのなかでも借り入れる金額によって年利が多少変わってくるので、一本化するカードローンを選ぶ際は、現在借入しているカードローンのなかで、自分の合計借入金額に対して最も安い金利の会社を選ぶとよいでしょう。また、審査こそ厳しいものの、銀行系のカードローン会社のほうが比較的金利が安く設定されているので、一本化する先に向いているとも言えます。

さらに、東京スター銀行の「おまとめローン」のように、一部カードローン会社では複数のカードローン会社から借入をしてしまった人を対象に、複数社からの借入を一本化してくれるローンを用意しているケースもあるので、こちらを利用してみるのもいいかもしれません。

なお、実際の手続きや相談には、各社店頭に直接出向くほか、郵送、インターネット、もしくは電話で対応してもらえます。HP上でスピード診断ができる会社もあります。先にそちらで自分の年収や借入金額で一本化が可能かどうかを事前に調べておくのもおすすめです。もちろん、即日で融資が可能なカードローンもありますから、その利便性の良さから候補にあがってくることでしょう。

とはいえ、おまとめローンにはデメリットもあります。まとめたものの金利があまり安くならなかったり、まとめたことで月々の返済額が減っても返済期間が長くなり、トータルでは返済金額が増えるケースなどもあります。また、おまとめローンを騙る詐欺も存在します。「なんとか負担を減らしたい」その一心でおまとめローンを探す心につけ込んでくるのです。おまとめローンを検討している人は、その点にも注意し、信頼できるカードローンを選びましょう。

おまとめローンを比較する

文:藤村はるな

このページの先頭へ