住宅ローンを組んでいてもカードローンを利用できますか?

ホーム > ローン > カードローン比較 > よくある質問 > 住宅ローンを組んでいてもカードローンを利用できますか?

カードローン よくある質問

正しい知識を持って利用すれば、カードローンはとても便利な商品です。ここでは、みなさんが抱いているカードローンのよくある質問についてお答えします。

住宅ローンを組んでいてもカードローンを利用できますか?

住宅ローンは総量規制の対象外のため、利用可能です。

住宅ローンを組んでいても、カードローンを利用することはできます。カードローンなど無担保のローンについては「総量規制」の対象で、年収の3分の1以上の借り入れはできません。しかし住宅ローンは総量規制の対象外です。住宅ローンだけでなく、マイカーローン、事業者ローンなど、借り入れの目的が明確に決まっていて、さらに担保があるローンについては総量規制の対象ではありません。

カードローンの審査でも、他社のカードローン借り入れについては必ずチェックしますが、住宅ローンなどについてはあまり問題視されません。銀行によっては、住宅ローンの貸し付けを行っている利用者向けに使途自由のローンカードを発行していることもあるぐらいなので、住宅ローンの延滞などがない限り、カードローンは利用できると考えて良いでしょう。

ただし逆の場合、つまり、カードローンを組んでいる状態で住宅ローンを利用するのは難しいです。住宅ローンの審査において、カードローンの借り入れ実績があったり、さらにまだ完済していなかったりするのは、減点対象となるからです。借り入れの残額や年間の返済額によりますが、カードローン利用中には住宅ローンの審査はなかなか下りません。もちろん、自分以外の家族が名義人となって住宅ローンを組む場合は、あなたがカードローンを利用中であっても問題はありません。

住宅ローンとカードローンは、借り入れる順番や方法に気をつければ併用可能なローンです。しかし内容は違っても、ふたつのローンがあるとそれだけ家計に負担がかかることは間違いありません。特に、住宅ローンが返せないからとカードローンを利用するのは負債が膨らむだけなので、絶対に避けたいところです。

カードローンよくある質問トップ

このページの先頭へ