審査時の在籍確認の電話を回避することはできませんか?

ホーム > ローン > カードローン比較 > よくある質問 > 審査時の在籍確認の電話を回避することはできませんか?

カードローン よくある質問

正しい知識を持って利用すれば、カードローンはとても便利な商品です。ここでは、みなさんが抱いているカードローンのよくある質問についてお答えします。

審査時の在籍確認の電話を回避することはできませんか?

基本的に在籍確認は回避できません。ただし、カードローン利用の申し込みだと知られることはほとんどないので安心を。

カードローンを申し込む際、学生や専業主婦などでない限り、勤務先の記入は必須。さらに審査時には、記入した勤務先に本当に働いているかどうか確認の電話が入ります。この「在籍確認」の電話は、ほとんどのカードローン会社が行いますが、抵抗がある人も少なくありません。勤務先にカードローンを利用していることがバレたくないから、というのが理由のようです。

しかしカードローン会社も、電話の際にわざわざカードローン会社であることを名乗ったり、カードローンの審査のための在籍確認です、と伝えたりすることはありません。基本的には個人名や、銀行と提携している会社であれば銀行名でかけてきます。また、在籍確認はカードローン会社だけが行うものではなく、クレジットカードの申し込みなどでも行います。自分から話さない限り、カードローン申し込みのための在籍確認であることはまずわからないでしょう。

ちなみに、在籍確認の電話は基本的に非常に短い時間で済みます。カードローン会社側からすれば、在籍してきちんと働いていることさえわかればいいので、会社の電話で長々と話すようなことはありません。

もし、勤めている会社が個人情報保護の観点から社員個人への電話を取り次がないなど、電話での在籍確認が難しいのであれば、申込時にカードローン会社に相談しましょう。収入証明や在籍証、社員証などのコピーを用意すれば電話はなし、などの対応を取ってくれるはずです。

カードローンよくある質問トップ

このページの先頭へ