カードローン よくある質問:ネットでの簡易審査や支払シミュレーション、どれぐらい信用できる?

ホーム > ローン > カードローン比較 > よくある質問 > ネットでの簡易審査や支払シミュレーション、どれぐらい信用できる?

カードローン よくある質問

正しい知識を持って利用すれば、カードローンはとても便利な商品です。ここでは、みなさんが抱いているカードローンのよくある質問についてお答えします。

ネットでの簡易審査や支払シミュレーション、どれぐらい信用できる?

簡易審査は、年収や他社借入など、審査に最も重要な項目だけで審査結果を予測します。実際の審査はもう少し複雑。ひとつの目安としてシミュレーションは活用しましょう。

カードローン会社の多くは、ウェブサイト上で「簡易審査」「借入診断」などの名前で診断コーナーを設けています。年収などのデータをいくつか入力すれば、融資を受けられるかどうか、どれぐらいの融資が受けられるかなどを即座に表示してくれます。返済計画をその場で参照できる支払いシミュレーションもあります。利用者にとっては大変便利なサービスで、申し込む前に利用する人も少なくないでしょう。

しかし、これらの審査は100%間違いないか、というともちろんそうではありません。簡易審査で入力する情報は「他社からの借入があるか」「他社からの借入金額はいくらか」「自身の現在の年収」などわずか。審査で重要視される項目をいくつか抜き出して、機械的に結果を表示させる仕組みです。

しかし実際の審査では、上記のデータはもちろん、他にも年齢・職種・勤続年数・健康保険の状況・勤める会社の安定性・住居が持ち家か賃貸か・居住年数などさまざまな要素を踏まえ、融資可能かどうかを判断します。簡易審査が「融資可能」と判断したとしても、必ず審査に通るとは限りません。簡易審査やシミュレーションはあくまで目安であることを忘れないようにしましょう。

また、簡易審査といっても、詳細な情報を入力するようなものは、シミュレーションではなく「新規申し込み」として扱われ、信用情報に登録される場合があります。情報を入力する前に必ず確認しましょう。

カードローンよくある質問トップ

このページの先頭へ