カードローン よくある質問:公共料金や税金の支払い延滞はカードローン審査に影響する?

ホーム > ローン > カードローン比較 > よくある質問 > 公共料金や税金の支払い延滞はカードローン審査に影響する?

カードローン よくある質問

正しい知識を持って利用すれば、カードローンはとても便利な商品です。ここでは、みなさんが抱いているカードローンのよくある質問についてお答えします。

公共料金や税金の支払い延滞はカードローン審査に影響する?

官公庁系の支払いを延滞しても、信用情報には影響ありません。ただしクレジットカード払いや携帯電話の料金の延滞履歴などは残ります。

結論から言うと、毎月の電気代、ガス代、電話代、水道代などの公共料金や税金の支払いを遅延・滞納したとしても、カードローンの審査に影響することはありません。

カードローン会社は申し込みがあった時の審査に、信用情報機関の情報を照会します。信用情報には、カードローンやクレジットの利用に関する履歴が載っていますが、公共料金・税金の支払いについては記載がありません。つまり、公共料金・税金の支払いの遅延・延滞があっても、カードローン会社には知らされず、審査に影響することもないのです。

ただし、公共料金をクレジットカード払いにしていて、かつ延滞してしまった場合は、この限りではありません。ポイントが加算されるなどメリットも多いので、銀行引き落としではなくクレジットカード払いにしている人も多いですが、公共料金の引き落としができなかった場合は、クレジットカードの支払い延滞と同じ扱いです。この情報は信用情報機関に掲載されるので、当然審査に響きます。

また、携帯電話料金の支払い延滞も要注意です。延滞が続くと携帯電話が利用できなくなるのはもちろんですが、機種代金の分割が含まれている携帯電話の支払い延滞は、クレジットの延滞と同じ扱いになってしまいます。

一般的に、クレジット支払いの延滞が3カ月以上、かつ複数回続くと「金融事故」として扱われ、しばらくの間あらゆるローン・クレジットの利用が制限されます。気を付けましょう。

カードローンよくある質問トップ

このページの先頭へ