価格.com

クレジットカード

クレジットカード比較

比較リスト(0件)

価格.com クレジットカード比較 還元率・年会費などからお得なカードを見つけよう

クレジットカード検索

  • カード種別

  • 国際ブランド

  • 年会費

  • 追加カード

  • 還元率

  • 電子マネー機能

  • スマホ決済

  • 付帯保険

  • カード名・会社名

レビュー・評価

  • 「Yahoo! JAPANカード レビュー・評価」を見たところその評価の悪さにカードを取得しようか迷いましたが、天下の孫正義さんのやっているYAHOOのカードだからそんなに心配することもないと思って申し込みました。最初の期限付き特典の5.000円もY 続きを読む AHOOショッピングで買い物をして、あとの3.000円分も消費しました。
    私はカードはあと楽天カードやJCBカードも持っていて、家用は楽天、車関係はJCB、自分個人用はyahooカードと使い分けています。YAHOOショッピングは○マゾンや楽天市場と比較し、値段が高い所が多いけれど、送料無料(実際はかかっている)の商品を探したりして楽しんでいます。このカードを新規に購入する方は当初のレビューに惑わされないようにして申し込むと良いと思います。

  • 大きく2つの点についてレビューします。

    1.悪評について
    2.入会ポイントを2倍以上もらう方法

    悪評について代表的なものをまとめると、
    ・リボ払い
    ・メールが多い
    ・カスタマーセンター
    ・突然の利用停止
    ・入会ポイントがもらえ
    続きを読む ない

    それぞれ簡潔に解決策を示していきます。

    ・リボ払いは何があっても選択しない。(選択すると間違いなく損をする)

    ・メールは我慢するか、捨てメールアドレスで登録する

    ・カスタマーセンターは利用しない。楽天のサイトだけで大抵の問題は解決する。
    (個人的にはカスタマーセンターに不満を感じることはなかった)

    ・突然の利用停止の原因は分からないので、停止してもいいように他のカードも持っておく笑
    (ポイント目的だけで入会するのはアリ)

    ・入会ポイントをもらうには、いろいろと条件があるので確認しておく
    (最後に説明します)

    というか、結論をいってしまうと
    一部の批判の声が大きく目立っているだけで
    全くもって悪いカードではないです。

    実際、JCSIによる顧客満足度の調査では
    楽天は5年連続で1位をとっており問題ないどころか優れた評価を受けています。

    さらに楽天カードは現在1400万人以上が利用中。8秒に1枚の割合で増え続けているくらい人気です。

    こんなにも発行数が右肩上がりに増加しているこのカードは本当に悪いカードなのでしょうか?

    仮に何か問題があったとしても、発行するのにお金はかからないし年会費も無料です。

    入会するだけで大量のポイントがもらえることも考慮すれば、むしろ得ですらあります。

    なので作ろうか迷っている方は、本当にレビュー通り悪いカードなのか確かめる意味でも、お試し感覚で入会してみるのもアリですよ。

    今から紹介する方法を使えば、15000ほどもポイントが貰えてしまうのでぜひ参考にしてみてください。


    入会ポイントを2倍近くに増やす方法ですが、

    ズバリ「ポイントサイトを通して入会する」です。
    これだけです。

    たったひと手間加えるだけでより多くのポイントがもらえるのでやらない手はないですね。

    ポイントサイトの利用の仕方や入会ポイントについての説明は、下記の記事が詳しく書いてあって分かりやすいです。

    よろしければ参考にしてください。
    http://yossi001.com/archives/111



  • 今まではYahoo!JAPANカードメインでした。
    JCBだとnanaco入金も出来るし。


    ただ最近ふと気づいたのですが
    ドコモユーザーの場合、どうせ同じ100円で1PならTポイントよりもDポイントの方が使い道あるのです。


    T
    続きを読む ポイントってヤフーショッピングってぶっちゃけ送料かかると割高にほとんどなるし、ヤフオクで欲しい物がないと思ったより使い道がない(+_+)


    Dポイントなら最悪携帯料金にしちゃえばいいじゃん!
    って最悪のポイントの捌け口がある事に気付いたのと、何より大きな点は期間限定のdポイントでもマクドナルドとか普通のお店でも普通に使えてしまし、dデリバリーって手もあるんですよね。


    期間限定Tポイントで買いたいものが無く、期間限定Tポイントの使い道に振り回されて、泣く泣く損だけどJCBギフトカードとかに変える事も無くなりました笑


    同じ期間限定ポイントでもTポイントとDポイントでは雲泥の差です。


    期間限定ポイントはYahoo関連でしか使えない期間限定Tポイントいらん笑


    ETCカード無料なのもいいです。


    あとはYahoo!Japanカードのようにnanacoチャージした時もポイントが付くようにして欲しいのと、DOCOMOの携帯料金にポイントが付かない意味不明な仕様は止めなさい笑


    今では文句無しの☆5でメインカードですが、ゴールドはいらん笑

  • 呆れた対応にがっかりしましたので同じ思いをしないように事実を書きます。不正利用が発覚しすぐさまカード会社に連絡。金額も高額な為引き落としされずに滞納状態(8割が不正利用分)のまま話しが進み、利用されたショップから不正利用の確認が取れたと連絡を入れたら 続きを読む 滞納金を支払えと言われこちらも面食らいました。オペレーターも曖昧な回答ばかりで「カードの停止も滞納金支払いが済んだら解除します」と、こちらが不正利用されてるカードをまた使えたらまずいのわかるでしょ?と話すとこちらは担当ではありませんと別の部署にたらい回し。警察にも相談しましたが楽天カードはセキュリティが甘いうえに改善もしていないみたいです。今回我が身に降りかかって来た為改めてカード会社をしっかりと選びたいなと思いました。8年ほど利用してきましたがこんなにもいい加減な対応されてはもう利用できません。もちろん楽天カードは解約します。

クチコミ

    • ナイスクチコミ4
    • 返信数6

    イオンカード(WAON一体型)を持っています。
    イオン系のお店(ダイエーなど)でWAON POINTを貯めています。

    iPhone版smartWAONアプリを起動したら、ホーム画面に本日9月16日付けで
    「重要なお知らせ」
    のリンクがあり
    続きを読む タップしたら添付写真の通り、smartWAONウエブサイトが不正ログインされWAON POINTが別のカードへ移行されたとのこと。
    被害者は40名でポイントは全額を復元したそうです。
    ちなみに私のWAON POINTは全額無事でした。

    dポイントでも「リスト型攻撃」でポイントを不正に使われる事件がありましたが、犯人グループは色々なサイトを狙って攻撃を繰り返しているみたいですね。
    早く犯人を捕まえて欲しいです。

    なお、アプリ上で表示された内容と同じ文章は以下のPDFでも閲覧できます。
    ttp://www.aeonmarketing.co.jp/pdf/news_20180915.pdf

  • ライフカードを持っています。

    http://www.lifecard.co.jp/card/campaign/keitai/201807/
    携帯電話料金をライフカードで新たにお支払いいただくと、もれなく500円相当のサンクスポイント(100ポ
    続きを読む イント)をプレゼントだそうです。
    エントリー不要です。

    ただ、対象携帯会社は NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileのみで私は対象外なのでこのキャンペーンには参加できません(泣)。
    もっとも対象になっても月々の 携帯代金はゼロなので「 お支払いいただく」ことは出来ませんw。

  • ちょっと前にネットニュースでも見たのですが、クレジット利用額の支払いにポイント(通常ポイントのみ)を利用することができるようになりましたね。

    https://www.rakuten-card.co.jp/point-pay/

    クレジット利
    続きを読む 用額の1%がキャッシュバックされるカードとしてはポケットカード株式会社のP-oneカードが有名ですが、P-oneカードは支払いごとに1%引きとなり、99円以下の支払い金額部分については無駄になってしまい、ひと月分の合計では無駄になる金額が大きくなるのに対して、楽天カードの場合はひと月分の合計金額の99円以下の金額部分が無駄になるだけなので、私はこれまで99円以下の金額部分を含まない支払い金額の時のみP-oneカードで支払っていたのですが、今後はこのような時も楽天カードで支払ってポイントを利用することも検討しようかと思います。
    楽天カードの場合は、ポイントを利用したい時に毎回 e-NAVIで利用するポイント数を指定して手続きする必要がありますし、クレジット利用以外で取得した通常ポイントも利用できますので、P-oneカードとは単純には比較できませんが。

    また、今のところ毎月、楽天では通常ポイントをEdyにチャージをした場合に2%分のチャージ金額を追加でもらえるキャンペーン(エントリー要)を行っていますので、Edyを多用される方はこちらのキャンペーンを利用した方がいいかもしれません。

初心者向け基礎知識

価格.comマガジン クレジットカード記事

新着記事

クレジットカードの基礎知識まとめ

  • 一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの違い

    「一般カード」は、高くても1,000円程度の年会費で持てるにもかかわらずポイント還元やキャッシュバックといったサービスが備わっており、クレジットカード保有者の多くが利用しているカードです。

    「ゴールドカード」は年会費が1万円以上かかりますが、その分、付帯保険による保障額が大きかったり、一般カードと比べて還元率が高かったりと、一般カードと比べサービスや特典が充実しているカードになります。

    「プラチナカード」「ブラックカード」は多くがカード会社からの招待で初めて持つことができます。いずれもカード会社から選ばれた消費者だけしか持てないカードであり、ステータスの高さはもちろん、年中無休のコンシェルジュサービスや世界700か所以上の空港ラウンジサービスが無料で使えるプライオリティパスなど、ゴールドカード以上の付帯サービスを備えています。

    いずれのカードも基本的な支払い機能は同じため、はじめてクレジットカードを持つ方は一般カードがおすすめです。利用可能枠を引き上げたり、付帯サービスを充実させたりしたい場合は、ゴールドカードやプラチナカードへの切り替えや、複数枚持ちなどを検討するとよいでしょう。

  • 国際ブランドの種類

    国際ブランドとは、世界中でクレジットカードでの決済サービスを提供している企業の商標のことです。国際ブランドの加盟店であれば、加盟しているブランドのクレジットカードを使うことができます。

    国際ブランドの種類にはVISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club Card、銀聯(Union Pay)、Discover Cardの7ブランドがあります。中でも加盟店が世界で一番多いのがVISAであり、国際ブランドのVISAを選んでおけば、世界中のいたるところで利用できます。

    国際ブランド一覧
    VISA
    (ビザ)
    VISA(ビザ)は、世界でのカード発行枚数、加盟店数が1位の国際ブランド。利用できる店舗が多いので、1枚持っておくと安心のカードです。
    MasterCard
    (マスターカード)
    MasterCard(マスターカード)は、VISAに準ずるカード発行枚数、加盟点数を誇る国際ブランド。海外ではMasterCardしか利用できないお店もあります。
    JCB
    (ジェーシービー)
    JCB(ジェーシービー)は、日本発の唯一の国際ブランドで、国内加盟店の多さが強みです。海外加盟店も年々増加しています。
    American Express
    (アメリカン・エキスプレス)
    American Express(アメリカン・エキスプレス)は、富裕層向けのカードで、独自の優待サービスが充実しています。通称はAMEX(アメックス)。
    Diners Club Card
    (ダイナースクラブカード)
    Diners Club Card(ダイナースクラブカード)は、富裕層向けのカードで、入会審査が厳しく、ステータス重視のカードです。加盟店は高級ホテルやレストランが中心になります。
    銀聯
    (Union Pay)
    銀聯(Union Pay)は、中国発の国際ブランドです。中国人観光客の増加に伴い、日本国内でも銀聯ブランド対応店舗が増えました。日本人向けの銀聯カードは三井住友カードや三菱UFJニコスが発行しています。
    Discover Card
    (ディスカバーカード)
    Discover Card(ディスカバーカード)は米国発の新興勢力で、JCBと提携しています。国内で利用できますが、発行しているクレジットカード会社はありません。
  • クレジットカードの付帯サービス

    クレジットカードの選び方に迷ったら、付帯サービスの内容で比べてみましょう。クレジットカードの付帯サービスとは、支払い機能以外のサービスのことで、ポイント還元や保険、ラウンジ、サポートデスクなどがあります。

    たとえば、付帯サービスの旅行保険なら「利用付帯」なのか「自動付帯」なのかを確認することがとても大切です。利用付帯のカードは旅行代金などをカードで支払っていることが条件となりますが、自動付帯のカードは持っているだけで保険に入っていることなるのでおすすめです。

    ほかにも付帯サービスには空港ラウンジ利用やトラブル発生時のサポートデスクなどがあります。まずは自分が利用したいクレジットカードにどのような付帯サービスがついているか、チェックしてみましょう。

  • クレジットカードの支払い方法

    クレジットカードなら1回払いやボーナス払い、分割払いなど、6種類の中から自分の都合に合った支払い方法が選択できます。ただ、一括での支払いは手数料もかからず気軽に活用できる一方、分割払いに関しては、購入金額に対しての手数料も割高である上に、支払期間が長ければ長いほどより手数料もかさむので注意した利用を心がけましょう。

    支払いの種類と返済方法
    支払いの種類 返済方法 手数料
    1回払い 商品などを購入した翌月に一括して支払う なし
    2回払い 商品などを購入した翌月と翌々月、2回に分けて支払う なし(必要な場合も)
    ボーナス一括払い 商品などを購入した翌ボーナス時期に一括して支払う なし(必要な場合も)
    指定月一括払い 商品などを購入した翌月(または翌々月)以降半年以内の指定月に一括して支払う なし
    分割払い 利用金額と手数料の合計を指定の回数に分けて、毎月支払う方法 あり
    リボルビング払い 利用件数や金額に関わらず、月々の支払額を一定額に決めて支払う方法 あり
  • クレジットカードの利用限度額

    クレジットカードの利用限度額は、年収や生活維持費などをもとに計算した支払可能見込額の90%と決まっており、利用限度額の範囲内でショッピングやキャッシングが可能です。

    利用限度額の上限は、カードの利用頻度を増やし、遅滞なく支払いをすることで少しずつ引き上げられます。また、カード会社へ増額申請を行い審査を通じて、恒久的にも一時的にも利用限度額を増やすこともできます。ただし、利用限度額が増えたからといって、無計画な使いすぎには注意しましょう。

    カード別の利用限度額設定
    学生カード 10〜30万円
    年会費無料一般カード 10〜30万円
    一般カード 10〜100万円
    年会費が安いゴールドカード 10〜100万円
    ゴールドカード 10〜300万円
    年会費が安いプラチナカード 100〜200万円
    プラチナカード 100〜500万円
    ブラックカード 無制限(?)
  • クレジットカードの仕組み

    クレジットカードを使ってお店で買い物できるのは、クレジットカードを通じて消費者、お店、カード会社がつながり、お互いを「信用」しているためです。

    この信用関係を壊さないために、クレジットカードを利用する消費者は、カードの利用代金を銀行口座などにきちんと入金し、立て替えてくれたカード会社に支払う必要があります。もし支払いが滞ったりするとペナルティとしてカード利用がとめられたり、消費者自身の信用力に傷がついたりするため、注意が必要です。

    クレジットカードの仕組みや信用の重要さをよく理解し、ルールを守ってただしく活用しましょう。

    クレジットカード決済の流れ
    図:クレジットカード仕組み
  • クレジットカードの審査

    クレジットカードの審査で特に重要なのは、「仕事と収入に関する情報」と「信用情報」です。収入が多いだけで審査に通過できるわけではなく、過去に延滞や債務整理など、その人の信用に傷がつくような金融事故があれば、信用情報機関に情報が一定期間残り、カードを発行してもらえない可能性が高くなるので注意しましょう。また、いったんカードを作ったらきちんと返済を続け、カード会社に「この人はきちんと返済してくれる人だ」と思われるような信用力を積み上げていくことも重要です。

    審査に必要な情報
    図:クレジットカードの審査の項目
  • いまお使いのクレジットカードよりも
    お得なカードがないか探してみませんか?

    決済機能としてクレジットカードを使うだけではもったいない。クレジットカードには高還元率のポイントがついたり、年会費が無料だったり、保険やラウンジなどの付帯サービスが充実していたりと決済機能以外にも特徴がたくさんあります。

    これからクレジットカードを新たに作ろうと考えている人、いまお使いのクレジットカードよりもお得になるカードがないか考えている人は必見。特徴別にクレジットカードをまとめてご紹介します。自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

閉じる
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカードの情報サイト価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止