クレジットカード比較

ホーム > マネー > クレジットカード比較
国内No.1比較サイト

価格.comで最適なクレジットカードを見つけよう!

価格.com限定キャンペーンから見つける!

価格.com経由でクレジットカードを申し込まれたお客様にもれなく適用される限定キャンペーンです!

キャンペーン一覧を見る

節約シミュレーションで見つける!

現金払いを止めてクレジットカードを使えば、ポイントはどんどん貯まっていきます。節約金額を確認してみましょう!

かんたん3ステップ!節約シミュレーション

モデルケースから選べます

かんたん検索で見つける!

たくさんの機能が付いているクレジットカード。どのカードにしようか迷っているときは「かんたん検索」を使いましょう!

6つの質問に答えるだけ!かんたん検索

6つの組合せから選べます

カード種別×海外旅行保険×マイル×国際ブランド×電子マネー×年会費=3,888通り!

※Nielsen Online 2011年12月調査

トピックス

誰もが知るVisaブランドも「三井住友カード」から始まった。多くのサービスの第一歩。

誰もが知るVisaブランドも「三井住友カード」から始まった。多くのサービスの第一歩。NEW !
国民の5人に1人の割合で三井住友カードの会員に。会員数はいまもなお増加中。世代を問わずに支持され続ける理由が明らかに。

「イオンカード」で毎日のお買物が断然おトクに!

「イオンカード」で毎日のお買物が断然おトクに!NEW !
イオングループのお店が身近にあり、よく利用している人は注目!特典がもりだくさんです!

満足いくスタイル&スペック!「三菱UFJニコス」から注目のカード

満足いくスタイル&スペック!「三菱UFJニコス」から注目のカードNEW !
年会費無料カードながら、信頼のブランドと魅力的なカードフェイス。さらにポイントや保険サービスも充実!

空の旅だからこそパートナーシップを発揮する

空の旅だからこそパートナーシップを発揮する
プラチナならではの上質なサービスが手に入る。空の旅、そして世界へ通ずる重厚なサービスを提供しています。

ピックアップカード

NTTグループカード
NTTグループカード

Web明細利用で年会費無料、ガソリン代、携帯利用料金を節約するならNTTグループカード!

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード

「CM放映中!」信頼と安心の三井住友VISAカード。初年度年会費無料。今なら最大6,000円分プレゼント。

iB(iD×QUICPay)
iB(iD×QUICPay)

実質年会費無料で海外旅行保険が自動付帯&電子マネーiDとQUICPayも同時搭載!さらにいまなら限定キャンペーンも実施中!

JCB EIT
JCB EIT

年会費無料&ポイント2倍のJCBカード!
今なら入会+ご利用等で最大7,000円プレゼント!

ライフカード
ライフカード

ライフカードなら年会費無料!ネット専用VisaプリペイドカードVプリカ3,000円分をプレゼント!

三井住友VISAデビュープラスカード
三井住友VISAデビュープラスカード

「CM放映中!」18歳〜25歳限定。実質年会費無料!ポイントはなんと【2倍】!入会後3ヶ月間はポイント【5倍】でおトク!

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード

ANAマイルが貯まる!3つの機能が1枚に収まった、便利なクレジットカード!

VIASO(ビアソ)カード
VIASO(ビアソ)カード

【年会費永年無料】ポイント還元率は最大で利用額の10%以上。 しかも、貯まったポイントはオートキャッシュバック!

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

今なら最大25,000マイルプレゼント!世界600以上の空港ラウンジがカード会員本人に限り、無料で利用。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

旅行・出張に強いカード。今なら初年度年会費無料でご入会できます。

SBIレギュラーカード
SBIレギュラーカード

年会費永年無料。最大1.2%高還元率のポイントプログラム。海外旅行保険も充実。

エポスカード
エポスカード

マルイを利用するなら持っておきたい一枚!年会費無料、海外旅行保険も自動付帯のクレジットカード

クレジットカード ランキング

※2014年3月のランキング集計結果です
順位 一般カード人気ランキング ゴールドカード人気ランキング
1位

ライフカード

本人年会費(初年度):0円

ポイント還元率: 0.500%〜0.666%

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

本人年会費(初年度):10,800円

ポイント還元率: 0.750%〜1.050%

2位

NTTグループカード

本人年会費(初年度):0円

ポイント還元率: 0.600%〜0.666%

楽天プレミアムカード

本人年会費(初年度):10,800円

ポイント還元率: 1.000%〜2.000%

3位

三井住友VISAクラシックカード

本人年会費(初年度):0円

ポイント還元率: 0.454%〜0.500%

三井住友VISAゴールドカード

本人年会費(初年度):0円

ポイント還元率: 0.500%〜0.500%

4位

楽天カード

本人年会費(初年度):0円

ポイント還元率: 1.000%〜2.000%

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

本人年会費(初年度):33,480円

ポイント還元率: -

5位

REX CARD(レックスカード)

本人年会費(初年度):0円

ポイント還元率: 1.750%〜2.000%

MUFGカード ゴールド

本人年会費(初年度):0円

ポイント還元率: 0.400%〜0.500%

  クレジットカード 一般カード人気ランキング一覧 クレジットカード ゴールドカード人気ランキング一覧
※製品にチェックを入れて"比較"ボタンを押すと製品比較ができます。

クレジットカード クチコミトピックス

クレジットカードのクチコミをすべて見る

クレジットカード レビュートピックス

  • 迷ったらコレで決まり

    年間50万をクリアできて、いろいろカードに迷ったらコレ。楽天市場でさえ楽天カード使うよりコレ使った方が殆どの場合お得です。ポイントも請求相殺式なの...

    満足度:5

  • ANA(Suica+widegold)二枚持ちに

    ETCカードを無料発行できて、web明細サービス、まいぺいすりぼに登録すれば年会費が788円なのでNTTカード(メイン)+VIEWカード(サブ)から切り替えまし...

    満足度:5

クレジットカードのレビューをすべて見る


提携マイレージからクレジットカードを選ぶ

ポイントの交換対象からクレジットカードを選んでみましょう!

ポイント還元率が高いクレジットカードを店舗・サービスごとに探してみましょう!

クレジットカード 特集記事

通信費、光熱費、飲食代をカード支払にして日々のガソリン代をオトクに!

通信費、光熱費、飲食代をカード支払にして日々のガソリン代をオトクに!

ドライバーにとって車の維持費は悩みのタネ。ガソリン代もその一つ。出光カードを上手に使えば、1L最大8円引きに!

ライフカードのポイントはこんなにすごい!入会後1年間は1.5倍!誕生月は5倍!

ライフカードのポイントはこんなにすごい!入会後1年間は1.5倍!誕生月は5倍!

入会直後からポイント特典満載!利用額に応じて通常時最大2倍のポイントも。もちろん誕生月は5倍のまま!

セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード×価格.com限定特別な入会キャンペーン!

セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード×価格.com限定特別な入会キャンペーン!

魅力たっぷりのセゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード。価格.comからの新規ご入会で限定特典をプレゼント!

信頼とサービスで選ぶ「三井住友VISAカード」その魅力とは

信頼とサービスで選ぶ「三井住友VISAカード」その魅力とは

会員数2,000万人超、ユーザーに合ったカードとサービスの提供。三井住友VISAカードのラインナップに注目!

「NTTグループカード×価格.com」限定キャンペーン

「NTTグループカード×価格.com」限定キャンペーン

価格.comのカードランキングで上位を獲得している「NTTグループカード」。新規ご入会で最大18,000円分キャッシュバック!

「MUFGカード」が多くの人に選ばれる理由とは?

「MUFGカード」が多くの人に選ばれる理由とは?

価格.comのゴールドカードランキングで1位を獲得している三菱UFJニコスの新ブランド「MUFGカード」。その魅力を徹底分析!

クレジットカードの基礎知識

第1回:クレジットカードのしくみ

クレジットカードのしくみ

現金がなくてもクレジットカードでお買い物ができるのはなぜでしょう?クレジットカードのしくみを理解して安心・安全なクレジットカードライフを送りましょう。

第2回:クレジットカードのブランド

クレジットカードのしくみ

クレジットカードの券面にはカード番号やマークなど様々な情報が記載されています。その中で、右下にある文字付きのマークを国際ブランドといいます。

第3回:クレジットカードの種類

クレジットカードの種類

クレジットカードには、各発行会社で一番基本となる「一般カード」と保険・ラウンジサービスなどが充実した格上の「ゴールドカード」があります。

第4回:クレジットカードのセキュリティ

クレジットカードのセキュリティ

スキミングなどでクレジットカードを不正に使われることを心配されている人も多いのではないでしょうか。安全に利用するためにどんな点を注意すればいいのか解説していきます。

第5回:クレジットカードのお申し込み

クレジットカードのお申し込み

入会したいクレジットカードが決まったらカード会社に申込書を送る必要があります。この申込書はカード会社に連絡することで郵送してもらうことができますし、カード会社のホームページからインターネット経由で申し込むことも可能です。

第6回:改正貸金業法と改正割賦販売法のココにご注意

改正貸金業法と改正割賦販売法のココにご注意

クレジットカード会社から年収を証明する書類を郵送してくださいというお知らせが来た人もいるでしょう。これは改正貸金業法という法律が施行されたことにより、年収の確認が必要になったため書類の提出を求めてきたのです。

第7回:クレジットカードは何枚まで持つのがいいの?

クレジットカードは何枚まで持つのがいいの?

あなたの財布には何枚のクレジットカードが入っていますか。「数えたことがないからわからない」という人も少なくないでしょう。年会費が無料だからといって、またはカードをつくるとポイントがつくからといって申し込んだものの、あまり使っていないというクレジットカードで財布がいっぱいになっている人も多いようです。

第8回:クレジットカードはどういう基準で選べばいいの?

クレジットカードはどういう基準で選べばいいの?

クレジットカードを選ぶ場合、どういう基準で選んでいるのでしょうか。クレジットカードは買い物で、手持ちのお金がなくても欲しい物を買うことができますし、簡単に支払を終えることができるなどのメリットがあります。しかし、それ以上に大きなメリットとして利用する人の多くの支持を集めているのがポイントです。

第9回:得するクレジットカードは?

得するクレジットカードは?

たくさんあるクレジットカードの中で、どのクレジットカードを選んだらいいのか迷ってしまうという人も多いはずです。 しかし、自分がどのお店を利用したいのか、どんな割引に使いたいのかなど、あらかじめ目的が決まっているのであれば、それほど迷うことなくカードを選択することができます。今回は、既に特定の目的が決まっている人に向けてのクレジットカードの選び方を解説していきます。

第10回:クレジットカードの目的別選び方

クレジットカードの目的別選び方

クレジットカードはお金を支払う目的別に選ぶことを心がけましょう。例えば、趣味が旅行という人、あるいは旅行以外に仕事などで年に何回も飛行機に乗る機会があるという人は航空会社系のカードが向いていますし、毎月支払っている公共料金で得したいという人はガス会社や電話会社などが発行するカードを、そして車で通勤している人など、車に関連する支出絡みで得したいという人はガソリン系カードを選ぶといいでしょう。

第11回:ポイントが貯まりやすいクレジットカードは? その(1)

ポイントが貯まりやすいクレジットカードは? その(1)

クレジットカードを使う目的の一つはポイントです。 普段の消費行動や習慣を振り返ることで、自分にとってどのカードのポイントが貯まりやすいのかを確認することができるので、選ぶカードも自然に決まってくるはずです。日ごろどんなところで買い物しているかを振り返ってみましょう。まず毎日買い物する機会が多い食料品や日用品などをどこのお店で買い物しているか思い出してみてください。また、洋服など、決まったお店で買い物しているという人もいるでしょうが、それが一つなのか、複数あるのかも確認してみましょう。

第12回:ポイントが貯まりやすいクレジットカードは? その(2)

ポイントが貯まりやすいクレジットカードは? その(2)

普段の消費行動を振り返ることで、選ぶべきカードが決まります。手順としては、まずは自分が普段どんなことにお金を使っているのか確認をします。そのお金を使っているところで独自のクレジットカードを出しているのであれば、そのカードを手に入れましょう。そして、普段どおりに使うことで、無理なく自然とポイントを貯めることができます。前回は、毎日買い物する機会が多い食料品や日用品などを買うことで得するクレジットカードを紹介しましたが、今回は旅行やレジャー、また家族や友人、会社の同僚などと外食する際に得することができるクレジットカード選びについて解説していきます。

第13回:ポイントが貯まりやすいクレジットカードは? その(3)

ポイントが貯まりやすいクレジットカードは? その(3)

過去2回、普段の消費行動を振り返ることで選ぶべきカードが決まるという内容で紹介してきました。たとえば、毎日買い物する機会が多い食料品や日用品などを買うことで得するクレジットカードやレジャーに旅行、外食などをする機会が多い場合に利用した方がいいクレジットカードです。いずれも、家計の中で支出される金額が毎月変わる変動費に分類されるものです。今回は家賃をはじめ、電気、ガス、水道などの光熱費や携帯電話などの通信費、そして保険料など、毎月支払うことが決まっている固定費の支払いに利用すると得するクレジットカード、そして電車やバスなど交通費の支払いに利用すると得するクレジットカードを紹介していきます。

第14回:クレジットカードの「付帯サービス」

クレジットカードの「付帯サービス」

自分がカードを利用する目的、あるいは普段の消費行動を確認することで、自分にぴったり合ったクレジットカード選ぶことができます。しかし、利用目的や消費行動などから総合的に判断した結果、該当するカードが複数枚あった場合はどうしたらいいのでしょうか。 ここで決め手になるのが、クレジットカードについている付帯サービスなどです。この付帯サービスとは、旅行の際に役立つ保険などが含まれます。付帯サービスはカードを選ぶときに意外と見落とされがちなことですが、保険や空港ラウンジ利用の有無、サポートデスクなどの体制がしっかりしているかどうかは、実は大切なポイントとなります。

■クレジットカード比較に関するご注意
・情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
・カード情報は各カード会社のサイトや規約等でご確認ください。
・ポイント還元率やシミュレーションによる節約金額は、価格.com独自で算出したものです。
・カードのお申し込みやご利用の際は各カード会社のサイトや規約等をご確認の上、ご自身でご判断ください。
・当社では各カード会社の商品/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各カード会社に直接お問い合わせください。
・本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。

■消費税率変更について
2014年(平成26年)4月1日の消費税率変更により、年会費等に適用される税率が変更となります。適用される金額に関しましては、各カード会社のウェブサイト等をご確認いただき、不明な点は各カード会社にお問い合わせください。また本ページの掲載情報には、新旧税率の価格が混在している場合がございますのでご注意ください。

このページの先頭へ